« 浦和の調ちゃん・第1話 | Start | プラスティック・メモリーズ・第2話 »

暗殺教室・第12話

元野球部の杉野。野球部の練習をしている近くを通った時はちょっとバツの悪そうな顔をしたが、向こうから話しかけて来た。へー、と思ったのも束の間、主将の進藤があーあ杉野は遊んでいられるからいいよなみたいな話に持って行って、いつもどおりのE組を馬鹿にした態度に出る。俺達選ばれた人間とか言っているが、本当にそのレベルにあると多分そんな事は言わないと思うんだ。相手は自分と社会階級が違うと言うのが大前提だとわざわざ言わないでニコニコすると思う。その辺りが成り上がり感がある。

そして球技大会。男子は野球で女子はバスケ。でもトーナメント表にはE組が無い。ABCDで4クラスあるからEが溢れると言う理由を付けられ、E組男子はエキシビションで野球部と対戦する事になっている(女子はバスケ部と)。当然野球部は圧倒的に強いからE組がボコボコにやられるのを見世物にしようと言うものだ。

寺坂は早々に見世物になるのは嫌だと抜ける。他の生徒は杉野に勝つ方法はないのかと聞くが、主将の進藤が超中学校級でとても普通じゃ勝てないと諦めた感じの事を言うが、しかし諦めてはいなかった。殺せんせーにどうしても勝ちたい、何とかして欲しいと頼む。この杉野を始めとして最近のE組の生徒は目標を持って何かをやろうとする姿勢が良いと喜び、いいでしょう、試合に勝てる練習と作戦を教えましょうと言う。
参考資料

そして大会当日。特訓風景は無しなんだね。まあ時間も無いしw

D組の渚の元同級生は決勝で負けた腹いせをエキシビションでE組が嬲り者になるのでウサを晴らそうでなどと、これまた例の調子。もっとも野球部を筆頭に他の生徒もそうなるのを期待してエキシビションを観戦。

しかし殺せんせーの練習と作戦を経たE組は違っていた。超中学校級と言ってもまだ中学生。ストレートの球が早いだけにそれ以外の球種がほぼ無いのを偵察に出た竹林に見ぬかれた。

と言う事で、手堅いバントで球を転がして出塁。速い球なら殺せんせーによって進藤と全く同じ物を練習中に叩きこまれたのでバントは悉く成功。あっと言う間に満塁。焦る進藤。そこを杉野に三塁打を打たれて三点を失ってしまった。進藤も焦るが、野球部の先生も焦る。こんな失態、どうするのか。そこに理事長がやって来て寺井先生を病気として処置して自分が采配をとる事にした。そんな訳で公には寺井先生が「試合前から病気でそれを心配した野球部員が実力を全く出せていなかった」と言う事になり、ここから理事長の反撃の采配が始まる。

動揺していた野球部員の気持ちを立て直し、君たちはちょっとした邪魔者を踏みつぶす事に専念すればよいと吹き込む。そしてどうせE組はバントしか出来ないのだからと全員を内野守備へ。野球のルールはよく知らないけど、古い漫画作品でやはり全員が内野に入ったのを見た事あるなw この程度なら審判が文句を言わなければ問題ないのだそうだ、この作品での解説では。

バント守備されてしまってはE組も処置なしで、このあとは3アウト。
ところで野球のルールが分からなかったみたいでルールブックを見ていたビッチ先生、やっと分かったと見えて「たまとばっとでい(ぶち」
参考資料
何が言いたかったのか教えてくれw

2回表、赤羽の打順からなのだが、殺せんせーが揺さぶりを指示した。こんなバントシフトでいいのかと理事長に文句を言う。そしてさらには観客の他のクラスの連中にも言うのだが、さらに煽ってお前ら馬鹿だから守備位置なんてわからないかというものだから、煽られた連中がこまけーことにイチイチ文句つけるなと言う。このタイミングだけなら何も起きなかった様に見えたこの揺さぶり、実は後で効いて来る。

2回の裏は野球部の攻撃で2点を取られ、3回の表はE組は0点で一点差の3回裏。野球部は「バントの手本を見せてやる」と言うスタンスで二者がバントで出塁。そしてバッターボックスには進藤が入る。進藤が長打を放って二者がホームに帰ったら逆転で野球部の勝利。ここで殺せんせーの指示が赤羽と磯貝に出た。赤羽と磯貝は前進守備で進藤の動揺を誘う様子を見せる。文句を言いたげなギャラリーに、赤羽がさっき守備位置でクレームした時には審判は何も言わなかった、文句ないよね、理事長と確認すると、理事長も選ばれた者はそんな事では動揺しない、好きにしろと言うので、二人はさらに前進。明らかにバットを振ったら二人に当たりそうな場所まで。普通ならバットがぶつかって妨害行為になるが、ところがこの二人の動体視力が秀でていた。
参考資料

動揺した進藤はバットを大振りして球を転がす。渚が落ち着いてボールをさばいて塁上の走者もアウトになってトリプルプレイで一気に試合終了してしまった。

負けて気落ちしていた進藤だったが、杉野はこの勝ちは進藤より上だと言うのを見せたくてやったんじゃなくて、今のクラスの仲間を自慢したかったんだと。進藤も理事長に染められていただけなので、次は高校で対決だと杉野に言う。まあ殺せんせーを殺せないと高校まで地球はもたないんだけどね。

|

« 浦和の調ちゃん・第1話 | Start | プラスティック・メモリーズ・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61423167

Folgende Weblogs beziehen sich auf 暗殺教室・第12話:

« 浦和の調ちゃん・第1話 | Start | プラスティック・メモリーズ・第2話 »