« 春のアニメ新番組 | Start | ユリ熊嵐・第10話 »

純潔のマリア・第10話

天の神が人の願いに介入しないのは愛を知らないから。なぜ愛を知らないのか。それは人が作った物であり、だから知らない。愛も知らない下等なモノがいつまでも私達の上に君臨するな!

言ってやったと言うビブ。
参考資料

すかさずミカエルがエゼキエルを断罪の槍と化してビブを貫いた。落下して行くビブだが一応貫かれた身体の穴は塞いだと言う。自分がビブの血を浴びてしまっているエゼキエルは驚愕。これ程の事をする必要があったのかとミカエルに問うがミカエルはビブが天の父に刃を向けたからだと言う。図星を突かれてキレたんだろ?

続けてエゼキエルが何故人の声に耳を傾けないのかと言う問いには人が麦を植える時、麦が何を言おうと聞くまい、また聞いても従うまいと。傲慢すぎワロタw

地上の教会はマリアの異端審問を行っていた。ジルベールは罪を認めて神に帰依せよと言う様な審問をしていたが言う事を聞かないマリアには拷問の跡が。しかしこの理屈だとあの世界に現代人が行ったら魔女と同じ扱いだなあ。洗礼?してる訳ないだろ?神?そんなもの居る訳ないだろ?と言った挙げ句に現地人が理解出来ない機械使ったりしたら、一発で魔女扱い。

ジルベールはマリアが全く聞き入れないのをベルナールに報告するが、ベルナールはもう既にマリアに対する興味を失っていた。このままでは世俗の権力に扱いを委ねるしかないと言うジルベールの思うところはどこなのか。

その世俗の権力のル・メ伯はマリアの事など頭に無く、進行してきたイングランド軍の事で頭がいっぱいだった。そこへ先のビブとミカエルの戦いの時にビブがイングランド軍の武器を徴収したのが知らされる。ビブがやったとかは分からないが、ともかく武器を失ったイングランド軍が近くの城塞に逃げ込んだと言うのを聞いて、武器が無い今がチャンスだとばかりに攻勢に出る事にする。その時にこれで武勲を立てれば教会に話もつけられようとジョセフに戦いに参加する事を命令する。

自分がどうしたら良いのか悩むエゼキエルはアンの祖母の所を尋ねるが、アンの祖母はマリアに石を投げた事を悔やんで病床に居た。アンからこんな事はおかしい、一体ポッポちゃんはどう思っているのかと問い詰められるが、それは地上の教会のした事だとしか答えられない。

夜目が利かずにぶつかりながらマリアの所に行ったエゼキエルは意志を曲げて教会に帰依しろと言うが、それに対してマリアはそれでは自分が自分で無くなると拒否。マリアがこのままでは殺されてしまうと思いつつ何も出来ずに去るエゼキエル。立ち去り際に「貴方に神のご加護・・」と言いかけてその神を拒否しているマリアには言えなかった。
参考資料

プリアポスもマリアの所を尋ねてジョセフがマリアを助ける為にイングランドとの戦いに出かけた事を告げるが、自分の為に戦いに?と思うマリア。そんな時に広場での工事の音が聞こえてプリアポスが探ってみたら、魔女裁判の結果として翌日にもマリアの火刑が行われると言う話を掴んだ。

ジョセフは居ない、ビブは身体を貫かれて伏せっている、組合の魔女達には連絡が取れない、もうエドウィナしか頼れないがエドウィナはビブですらあんな事になったのに自分がミカエルと対抗出来る訳が無いと承諾しない。大体一回会っただけのマリアに何故そこまでしなくちゃならないのかと言うと、アルテミスはマリアはもうあんたの事を友達だと思っているんだと。

これ以上エドウィナを強要する訳にも行かず、アルテミスとプリアポスは二人でマリアを何とかしようと飛び去った。

火刑場が完成して引き出されるマリア。周りには見物に来た住民達。火刑を見物に来た人々を見てマリアは自問する。一体自分は何故こんな人達を救おうとしたのか。そう、これが人間なんだよ、マリア。魔女の火あぶりを見物に来る、同じキリスト教徒同士で神のご加護を願いつつ戦う、それが人間。或る意味天の教会の言う様に、こう言う地上の人間に手出しするのにどんな意味があるのか。

火が放たれ、これがマリアを助けるチャンスだと自分たちの身を犠牲にする覚悟で飛び出したアルテミスとプリアポスだったが、そこに天上から出現した者あり。エドウィナだった。エドウィナ、マリアに対して何を勝手に火あぶりにされようとしているのかと怒る。魔女は恐れられてなんぼで、このままだと魔女狩りがはじまってしまうではないかと。精一杯の理屈をつけて精一杯の魔力で周囲からの攻撃を防御。マリアと使い魔アルテミスとプリアポスを連れて飛び立った。
参考資料

一方その頃のジョセフ。ル・メ伯の軍は城塞を攻めあぐねていたが秘密兵器「ボンバルデ」の登場。一発の砲撃で城の壁が崩れ、そこからル・メ伯の軍が雪崩れ込んだ。武勲を立てなくてはならないジョセフだったが、そのジョセフにガルファが襲いかかった。ガルファ、何したいんだ、お前。

|

« 春のアニメ新番組 | Start | ユリ熊嵐・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61291882

Folgende Weblogs beziehen sich auf 純潔のマリア・第10話:

« 春のアニメ新番組 | Start | ユリ熊嵐・第10話 »