« 純潔のマリア・第8話 | Start | 美男高校地球防衛部LOVE!・第9話 »

アブソリュート・デュオ・第9話

昊陵学園を襲撃して来た武装集団ISIL。生徒達の異能が効かない。そんな訳で蹂躙される昊陵学園だが、月見先生にリミッターを解除してよいと九十九理事長が命じた事で月見先生出撃。
参考資料
あれ、リミッター解除と言うよりドーピングしたって感じなんだけど、とにかく圧倒的に強い。おかげで外の襲撃部隊はかなり制圧されたが襲撃部隊の本命は九十九理事長の方だった。リーリスが身を挺して守ろうとしたが力及ばず連れ去られる。

異変に気が付いた九重達がかけつけたら負傷したリーリスが理事長が掠われたと言うのでリーリスを放置して追いかける二人。まあ執事のサラが居るからそっちにまかせた、と見れば良いか。

しかしここで二人だけで追いかけたのは或る意味では失敗。外の部隊が陽動なら本命を何とかしなくちゃならないのに何故あの無双の月見先生が一緒に追いかけなかったか。

おかげでリーリスを一撃で倒したKに対して九重とユリエの二人で対峙しなくてはならなくなった。でかい態度を取っているだけあってKは強い。余裕で二人の攻撃をかわすし、二人の連携がうまく行って攻撃をあてられてもそれを跳ね返してしまう。

そして余裕の笑みで九重には「技が効かなかったら平常心を失う」とか、ユリエには「仲間がやられたら平常心を失う」とか講釈をたれたくせに九重が執拗に「ユリエを守る」と繰り返すと講釈をたれた本人が感情を露わにして九重を潰そうとした。

九重の危機にユリエが覚醒。この事態を引っ繰り返すにはどっちかが何とかならないとと思ったがユリエの方だった。黒い気を吐きながらKに切り込む。押され気味のKに連絡が入る。撤退命令だった。目的のモノの九十九理事長は手の中にあるので連れて帰ると言うのを、電話の相手はもう目的のモノなら手に入ったと。
参考資料

そんな訳で痛み分けっぽい形でKと九重・ユリエの戦いは一旦終わる。九十九理事長はこれで救出される訳だが、手に入ったと言う目的のモノはみやびだった。前回・前々回と脚光をあびて、これってまさか死亡フラグかと思われたみやびは、前回九重にふられて、自分が強い力を持たないといけないと思い込んでいた所をつけこまれたらしい。
参考資料

死亡フラグじゃなかっただけでも良かったかな?w

|

« 純潔のマリア・第8話 | Start | 美男高校地球防衛部LOVE!・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61225881

Folgende Weblogs beziehen sich auf アブソリュート・デュオ・第9話:

« 純潔のマリア・第8話 | Start | 美男高校地球防衛部LOVE!・第9話 »