« 美男高校地球防衛部LOVE!・第8話 | Start | 冴えない彼女の育てかた・第7話 »

艦隊これくしょん -艦これ-・第8話

敵の待ち伏せを撃退した第五遊撃隊。翔鶴が傷ついたが金剛によるとこちらの方向へ行けば前線基地がある!と言う。最後にmaybeが付くけど。

到着した島でしゃなりと出現した撫子の雰囲気から(原作やってないので未知だったが)これが大和か?と思ったらその通りに大和だった。既に先に到着している艦むす達が入渠したりしていると施設に案内。睦月と夕立が吹雪を迎えてくれて、例によって赤城が大食いをしていた。

吹雪達も飲み物を供される。何かと思ったらラムネなんだけど、ラムネである意味があるのかな。まあ見た目が未成年みたいな艦むすなので酒類って訳には行かないだろうが。そして料理も豊富で(これが日本軍をモデルにした描写とは到底思えない)思わずホテルみたいだと言うと、大和が謎の強い否定「ホテルじゃありません!」
参考資料

あとから噂であの大和が秘密の最新鋭艦で主砲は46cm砲だと聞くと、夕立は「深海棲艦なんてぽいぽいぽーい」って、なんだか初めて「ぽい」の意味が本来の意味で使われた気がする。

翌日は休息の海水浴。普段制服で海に出ているくせにこう言う時は水着になるんだな。しかし制服でなくなるとイマイチ識別が難しくなる。先日覚えた第六駆逐隊は分かる。そして期待通りと言うか予想通りと言うか全員スク水だった(艦これTL見たらスク水のせいで第六駆逐隊が潜水艦化したと書かれていた)。

しかしひとりだけ陸に居る大和を見て吹雪は一緒に泳ぎましょうよと誘う。逡巡していた大和だが、吹雪に連れられて水着で海の方に向かうとそこに長門が立ちはだかる。ダメだ!と。原作未プレイだとこの時点では国家機密の新鋭艦だから海にも出せないのかなと思ったのだが、あとからもうちょっと違う理由があるのが分かる。


その夜、大和がじっと海を見つめているのを見て吹雪はやっぱり海に出たいのだろうと、今ならこっそり大丈夫ですよと誘い出す。しかしすぐに問題が露呈した。ちょっとだけ航行したのに大和はお腹が空いてしまった。そして赤城を凌駕する程の食糧を補給。この有様を見て、どうだ、ダメだと言った理由が分かったかと吹雪を叱る長門。大和を連れ出した罰として吹雪にはバケツいっぱいの貝を集めるのを言いつけられる。大和がやって来て、自分も片棒を担いだのだからと吹雪と一緒に潮干狩り。

その貝を使って夕食にはまた豪勢なディナーが出て、暁などはレディに相応しい食事ねとか良いながらほっぺたにクリームを付けて一生懸命食べていた。かわいいなw
参考資料
金剛は無神経にも流石大和ホテルね!とか。大和ホテルってあれか、大連や奉天などにあったヤマトホテルか。
さらに翌日、今度は吹雪はこれなら命令違反にならないだろうと大和を艀に乗せて自分が曳航する事にする。大和が海上に出るのを禁止しているのが食糧(燃料)なら、まあこれなら良いのだろうが、大和が重すぎて吹雪が頑張っても動かない。そこに睦月と夕立がやって来た。三人で艀を曳航して晴れて大和を海上へ。動き始めたら抵抗も減るから睦月と夕立が側面に回って陣形を変えてみせたりする。大和、出撃はした事がないがいつも勉強をしているからそれが分かる。

と、その時に敵機の反応。そう言えば第二艦隊が撃ち漏らした敵機があるらしいと言う事で、あれがそれらしいが、吹雪・睦月・夕立の装備ではあの高度の航空機は到底落とせない。私にまかせなさいと、艤装をした大和が敵機目がけて砲撃。ぽいぽいのぽーいと全機撃滅するが、その轟音は当然長門の方にも聞こえた筈だ。
参考資料

帰還した吹雪の前に長門が立つ。当然叱られるだろうと思った吹雪だが、第二艦隊が撃ち漏らした敵機を撃墜した、それだけだと。長門のアマアマさが今回もよく出た話だったw

いつか大和と一緒に出撃出来る日が来るかもと言うけど、史実ではその日は悲しい日になるんだよね・・・

|

« 美男高校地球防衛部LOVE!・第8話 | Start | 冴えない彼女の育てかた・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61199902

Folgende Weblogs beziehen sich auf 艦隊これくしょん -艦これ-・第8話:

« 美男高校地球防衛部LOVE!・第8話 | Start | 冴えない彼女の育てかた・第7話 »