« 艦隊これくしょん -艦これ-・第2話 | Start | 暗殺教室・第2話 »

冴えない彼女の育てかた・第1話

倫也はある春の日、東京でも有名な急坂ののぞき坂である少女と運命的な出会いをした。桜舞い散る中、風で飛ばされた少女の帽子を見てのぞき坂を自転車で下った倫也が拾ったのだ。あの坂道、急だから自転車で下ってあんな止まり方して大丈夫なのか。しかもそれを坂の上に居る少女にまでまた登って届けたのか?w
参考資料

倫也は大変な二次元オタク。バイトを増やして働く姿を近所の人に見られても、その人からは「今度は何のアニメにはまったのかね」などと言われる始末。

新学期、クラス替えの発表で倫也のクラスを気にする澤村・スペンサー・英梨々。ごきげんよう、とか、良きお嬢様っぽいフリをしているが、その裏では倫也から初回限定版のエロゲーを受け取っていたオタク。それのみならず、18禁同人サークルのイラストレーター。
参考資料
今回、倫也の運命的な出会いを契機に作ろうとしているゲームの絵を担当して欲しいと言われる。

プロットを見てくれとノートを見せられた英梨々だが、ほんの数行のメモの様な内容で、しかもそれがありきたりの、最近のラノベみたいなものだから英梨々はノートから剥ぎ取って丸めて倫也に投げ返す。その上、運命的な出会いと言う割には倫也はその少女の顔を全然覚えていない。それでも諦めない倫也は放課後視聴覚室に来て欲しいと言う。

次は霞ヶ丘詩羽。三年間学年トップの座を明け渡した事が無い程の彼女だが、始業式の時も眠り込んでいるなど教師も扱いに困る存在。この詩羽が実は女子高生ラノベ作家として売り出していて、今回も新シリーズの開始が決まったのだと言う。

詩羽も倫也のプロットをぐちゃぐちゃに丸めてゴミはゴミにと突っ返す。やはり諦めない倫也は放課後に視聴覚室で待っていると言う。あーあ、英梨々と鉢合わせだな。

放課後になって勇んで視聴覚室へ倫也は向かう。その途中で加藤恵から声をかけられた。先生からの依頼で荷物を視聴覚室に持って行ってくれと言う伝言だったが、倫也はこれから重大な話し合いがあるから先生には明日の朝にやっておくと伝えてくれと答える。それを受けて恵は春休みに帽子を拾ってくれてありがとうと言うものだから、驚愕する倫也。慌てて恵に聞き返すのだが、倫也は恵の名前すら性格に覚えていない始末だった。昨年一年間同じクラスだったのに(まあ倫也は三次元に興味無いってのもあるけど、それとは別に恵が特徴が無くて影が薄かったと言う意味もある)。そんな記憶にも残っていない恵が、あの春休みの出会いの少女だったのだ。
参考資料

倫也と恵の出会いはこの話の冒頭ではあの坂道シーンが最初なのかと思ったらそうじゃなかったんだね。それだけ「冴えない彼女」だった訳だ。さて第一話でイラスト担当・シナリオ担当・作中ヒロインの登場で、すったもんだと音楽担当は第二話ですか。

|

« 艦隊これくしょん -艦これ-・第2話 | Start | 暗殺教室・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60985110

Folgende Weblogs beziehen sich auf 冴えない彼女の育てかた・第1話:

« 艦隊これくしょん -艦これ-・第2話 | Start | 暗殺教室・第2話 »