« ユリ熊嵐・第2話 | Start | 艦隊これくしょん -艦これ-・第2話 »

美男高校地球防衛部LOVE!・第2話

生徒会の地球征服部が優雅にお茶会。生徒会長の草津錦史郎はお茶をむらす時間もきちんと守らないと気が済まない正しき世界を求める性格。その為、この世にみちみちる無知蒙昧な愚民の存在が許せない。この世は全て高潔な人間だけで構成されねばならないと考えている。

その為に彼らが送り出したのが前回のちくわぶ怪人だった。愚民と愚民をぶつからせて両方とも潰れれば良いと言う。ところがそれを妨害する連中が出現した。それがあのバトルラヴァーズだった。しかし、録画された映像では顔にモザイクが、声には変更が加えられている。だから先日ちくわぶ怪人がやられた時に見ていても、あれが鬼怒川達とは分からなかったのだ。草津達を動かしているズンダーによると彼らと同等の科学技術を持った相手だろうとの事。
参考資料

ウォンバットによると顔と音声が隠されているのは個人情報保護の為だそうだ。おかげで校内であの恥ずかしい格好と恥ずかしい台詞を吐いているのが自分達じゃないとバレずに済んではいる。蔵王に言わせるとあの格好は許容範囲らしい。コスプレみたいで。

ところで前回から気になっていた俵山先生の状態。ウォンバットが離れると死んだ様な状態になる。事情を聞いてみたら、あの日銭湯に出現したウォンバットが箱根に追いかけられて必死に逃げた時、学校内で俵山先生と衝突して俵山先生はそのまま階段を墜落。ほとんど死んだ様なそれでいてウォンバットの仕掛けたメカで何とか生命維持していて少しづつ治癒させていると言う、生きている様な死んでいる様なシュレディンガー的な言い訳だった。

バトルラヴァーズを一体いつまでやらなくちゃならないのかと聞いてみると、ウォンバットは地球が愛で満たされるまでだと言う。そりゃ一生無理だ。鳴子ならケイマン諸島に10億円貯まったら愛を感じるらしいが、暗殺教室では100億だったぞ。おまえの懐は10億程度で満たるのか?

さてお昼休み。草津はカレーの臭いが死ぬほど嫌いだと言う。なかなか珍しい。そして今回の怪人候補の橋田割男君。割り箸がきちんと割れないと我慢ならない性格。ところが今回に限ってか割り箸が途中で割れてしまう。何本やってもダメ。こうしてストレスが溜まったのを見たズンダーがあいつが今回の素材だと指示する。

それに従って生徒会の3人が変身。彼らの名称は「カエルラ・アダマス(caerula adamas)」だそうだ。そして怪人化の為のズンダーニードルを発射。「アウルム!(Aurum)」「アルクゲントゥム!(Argentum)」「ペルラ!(Pearl)」「ドヌム!(donum)」

これ、何言ってるのかと思ったら、カエルラ・アダマスが「ブルーダイヤ」。ここまではへーと思ったのだが、次の種明かしで「アウルム!」「アルクゲントゥム!」「ペルラ!」「ドヌム!」が「金!銀!パール!プレゼント!」だと分かって崩れ落ちたw
参考資料

ズンダーニードルを撃ち込まれた橋田は割り箸怪人に。おまえは隅研吾のスタバかよ!
参考資料

怪人出現に反応するラブリング。俺面倒だからパスと言う由布院に対して、箱根は奇数が好きだと言う。だから5人で行こうと。いや、奇数が好きならもうひとり鳴子あたりがサボって3人で行ったらどうなんだ。ウォンバットは愛の王位継承者は以前から5人に決まっていると言う。王位継承者が5人も居たら王位継承争い起きるんじゃないのか。

仕方ないと、割合素直に5人で変身して出撃。しかし周りの生徒は何あれって目で見ている。まあ恥ずかしい格好だからなあ。でも顔バレしていないから大丈夫。一方、割り箸怪人、結構強い。箱根・・・スカーレットの攻撃を受け止めつつささくれだった破片を飛ばす。ヴェスタの攻撃もかわして逆に吹っ飛ばす。戦いは食堂から庭へ。ところでその破壊された部分の補修はだれがどうやるんだろう。

ここでスカーレットの説教タイム。割り箸がちゃんと折れなかったからと言って棄てるな。あれは子供ライフルなんだぞと。その発想はなかったと怯む割り箸怪人に棄てずに洗って使えと叫んで浄化。

これで二人目の怪人もやられたカエルラ・アダマス。正体は分からないながら、あのバトルラヴァーズは我々の敵だと認識した。

|

« ユリ熊嵐・第2話 | Start | 艦隊これくしょん -艦これ-・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60974649

Folgende Weblogs beziehen sich auf 美男高校地球防衛部LOVE!・第2話:

« ユリ熊嵐・第2話 | Start | 艦隊これくしょん -艦これ-・第2話 »