« ユリ熊嵐・第4話 | Start | 艦隊これくしょん -艦これ-・第4話 »

美男高校地球防衛部LOVE!・第4話

黒玉湯でウォンバットを洗う箱根有基。でも麦人の洗われてくすぐったがる場面を延々と続けられても辛いです。箱根有基はガキだなあと言う所から逆に由布院は老けてるなと言う方向にも話が進んだ。それを盛んに気にする由布院だが、そこに入って来た角刈りがいかにもおっさん風だったものの、実は箱根達と同じ眉難高校の五十顔親治。五十の顔を持つ男と言われたので、どれだけ表情が変わるのかと思ったら、全然変わらなかったね。・・・あ!五十個の顔を持つんじゃなくて、五十代の顔を持つって意味か!w 五十代なめんな、もっと老けてるぞw
参考資料

それにしても上がり際に全員の裸体を見せられても辛いです。

しかしこの五十顔、自分の顔にコンプレックスを持っていた。いつもいつもいつも人の事をおっさん扱いしやがってと。もう今回のターゲットは決まり。さっそくズンダーがズンダーニードルを撃つのだ!と言うと草津達がはやばやとコンクエストしてドムヌ! ありゃアウルム・アルゲントゥム・ペルラは省略ですか。

かくて五十顔怪人の影響で防衛部の部室ではさっそくその影響が出ていた。箱根が由布院の身体に触れてくすぐっているうちに、まるで小学生だなと言っていた他の鬼怒川達もくすぐりっこを開始。辛い。

そうやっているうちに五人は子供化してしまった。これはきっと怪人の仕業だと外に出てみたら、若返り怪人が魔力をふるってそこら中の人間を子供化してしまったのだ。

これを阻止せんとする地球防衛部。よせ、やめろ、だって若返られるんだぞ。こんな素晴らしい能力をキャンセルしてどうする。高校生の彼らじゃ聞く耳持たないか。
参考資料

ところが変身してみると服がぶかぶか。攻撃技も子供になった分、途中までしか届かない。好機とばかりに攻撃をしかけて来る老け顔コンプレックス怪人。バトルラヴァーズは「わー」とか言いながら攻撃を避ける事しか出来ない。

今回、一体どんな手段でこの苦境を脱するのかと思ったら、箱根が酷い事を言い出した。あの老け顔から若返ってもあんな綺麗な顔にはならない筈、不細工は不細工に!と。酷いなあ。しかしそのおかげで敵はひるんでラブアタック→ラブシャワーのコンボが可能となった。うーん、前回までは説教でなんとなく納得させていたのに、今回は傷口をえぐってねじ伏せたなあ。
参考資料

そんな目に遭った筈なのに、五十顔は満足そうな昇天顔。

こんな五十顔が最後は救われる。またも黒玉湯で会った五十顔は彼女が出来た事を明かす。なんでも老け顔が頼りがいのある顔に見られたのだそうだ。別に五十顔の考え方があのラブシャワーで変わった訳でもないが、彼女が出来た事で救われて変わったな。

|

« ユリ熊嵐・第4話 | Start | 艦隊これくしょん -艦これ-・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61050103

Folgende Weblogs beziehen sich auf 美男高校地球防衛部LOVE!・第4話:

« ユリ熊嵐・第4話 | Start | 艦隊これくしょん -艦これ-・第4話 »