« 結城友奈は勇者である・第11話 | Start | 天体のメソッド・第12話 »

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第12話

なんだか世界を統治する統治会議の様な物が行われている。EDのキャスト欄から見てみると、ミスルギ皇国の治天の君になったジュリオの他は、ローゼンブルム王国国王、エンデラント連合大統領、マーメリア共和国書記長、ヴェルダ王朝女王、ガリア帝國皇帝、そして神だそうだ。因みにガリア帝國は人類史上に本当に存在した帝國。
参考資料
ミスティを娘と言っていたのでこれがローゼンブルム王国国王。

今のアルゼナルの状態に頭を痛めている首脳達だったが、そこに居たエンブリヲはドラゴンに全面降伏するかドラゴンを皆殺しにするか、そうでなかったらこの世界を作りなおすかだと言う。素晴らしいと言うジュリオなのだが、作りなおすってなんだ。

正体不明の敵に襲撃されてアルゼナルは大打撃。破壊された所の片付けに勤しむ一方、出撃部隊は第一中隊ぐらいしかなくなってしまった。命令違反でヴィルキスに乗って出撃したサリアは反省房入り。残った隊員の中で指揮経験者はヒルダだけ、と言う事で再編された部隊はヒルダが率いる事になった。文句を言いかけたロザリーだったが、だったら自分がやってみろと言われて引き下がる。クリスもなんかおとなしい。
参考資料

敵を撃退する功績で謹慎を解かれたアンジュはドラゴンやらアルゼナルやらの何もかもについてジルの知っている一切合切を教えてくれと言う。仕方ない、と言うことで、ジルは風呂でアンジュに話をする。秘密の話は風呂だ、とか言っていたが風呂シーン描きたいだけなんじゃないのか。

ジルはアンジュにノーマの歴史を語る。争いの絶えぬ人類に「神様」は人類を改造して穏やかな性格となんでも叶うマナの力を与え、それで平和な世界が訪れた。訪れた筈だった。しかし何人に一人の割合で突然変異的にマナの力を持たぬ子が生まれた。システムに綻びが生まれるのを避ける為にそう言う子達をノーマとして社会の異物とする事で安定化を図った。しかし古い人類の生き残りが反乱を起こす。古い人類はラグナメイルを奪ったものの乗りこなす事が出来ずに兵士を失って行く。この古い人類とアルゼナルのノーマが手を握ったものの長くヴィルキスに乗れる兵士が居なかった。そこに現れたのがアレクトラ・マリア・フォン・レーベンヘルツ、ガリア帝國の第一皇女。それ、ジルじゃん、やっぱり。皇族の血と指輪がヴィルキスを動かせた。これによってリベルタス計画、この世界をひっくり返す計画を始めたもののアレクトラは右腕を失う結果に。

途中、いくらかの部分は闇に葬られた歴史だろうが、大本の人類がどうやって発展したのかは普通は歴史でやってる筈だろうに。今更の様にアンジュは聞いてるけど。

つまるところジルはアンジュにリベルタス計画を率いて欲しい旨を示すが、アンジュは人に決められるのは嫌だ、自分で目で見て決める、今はドラゴンを退治して金を稼ぐのが楽しいと言う。これ、実はとんでもない事言っていたんだな。

アンジュの言葉を聞いた時のジルの口元が皮肉な笑いに歪む。それはこの時に起きていたヴィヴィアンの身体が全てを語った。今回ここまでずっと描かれていなかったヴィヴィアンは基地内を歩きまわっていると、ヴィヴィアンに遭遇した隊員が驚愕する。それもその筈、ヴィヴィアンの身体はドラゴンになっていた。抑制剤が切れてヴィヴィアンの身体に何か変化が起きるのだろうとは思ったが、ドラゴン化かよ!

基地内に残存したドラゴンが出現したと言う緊急招集がかかって、銃を手に第一中隊の面々が追う。遭遇したサリアとエルシャが発泡。しかし逃げ出したドラゴンが歌う鳴き声にアンジュが気づく。あれは私が歌った歌じゃないか。今回も急に歌うよ!

アンジュの歌で慰撫されたドラゴンはアンジュが手を伸ばすとヴィヴィアンの姿に。ドラゴンから人間の姿に戻ったヴィヴィアンは抑制剤をうたれてマギーに連れて行かれるが、ここでアンジュはひとつの事に気がついた。先日の襲撃で掃討した大量のドラゴンの死骸がブルドーザーでかき集められ、焼却されようとしている。ヴィヴィアンはドラゴンの姿をしたがまた元に戻った。ではあのドラゴンは何なのか。

ジャスミンが焼却処分するドラゴンを見たアンジュはその姿が人間化しているのを見つける。それにしても凄い燃え方だなw 自分が今まで殺戮していたのはドラゴンに見えた人間。それに気がついて嘔吐するアンジュ。ヒロインが嘔吐するアニメは(ry

ここでジルの皮肉な言葉が出る。気に入ってたんだろう?ドラゴンを殺して金を稼ぐのが。
参考資料

騙されてドラゴン殺しをやらされていたアンジュは怒りに震えてもうドラゴンは狩らない、ヴィルキスにも乗らないと言うが、じゃあ「神様」の手の上で踊るだけになるのか。嫌でもジュリオがやって来るぞ、きっと。

|

« 結城友奈は勇者である・第11話 | Start | 天体のメソッド・第12話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60844945

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第12話:

» クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 #12 「右腕の過去」 [ゆる本 blog]
年内最後の放送でいろいろ種明かし。 「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」の第12話。 竜と共に現れたパラメイルの存在を見ていろいろと打ち合わせる王家の関係者。 まあこの手の会議でよくある責任のなすり付け合いとなるが 「どうしようもないな」とその場をまとめてしまう謎の男「エンブリヲ」。 「全面降伏」「全滅させる」「世界を作り直す」と三つの案を上げると 三つ目の案に強く賛成するジュ...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 22. Dezember 14 um 01:36

« 結城友奈は勇者である・第11話 | Start | 天体のメソッド・第12話 »