« 結城友奈は勇者である・第4話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン・第16話と新EDの飯能 »

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第5話

ヒルダの策略でヴィルキスがエンストを起こしドラゴンに撃墜されたアンジュ。第一中隊はアンジュの捜索をせずに一旦帰投した。整備班長のメイは完全な状態だったからエンストを起こす筈がないと悔しがる。ヴィルキスの回収とアンジュの生死を問わない回収班が編成された。それにエルシャとヴィヴィアンも同乗。エルシャは別にしてあんな事をやられても一向に気にしないヴィヴィアンは凄いな。

アンジュの方は前回の最後の場面の通り、裸で手を縛られてベッドの上。男(タスク)がどうしてここにと、飲み物を持って来ようとしたらToLOVEるに勝るとも劣らないラッキースケベ。

これはひどいw
参考資料

制服を奪って逃げたアンジュはヴィルキスの所に辿り着く。よくもまあ闇雲に走って辿り着いたものだ。起動しないヴィルキスの様子を調べると吸気口の奥に焦げた下着が付着していてヒルダの仕業と知る。でもその下着、誰の?ブス雌豚の(ry

タスクが追い着いて来たが、弁解をしようとしたところでまたも最善最悪のラッキースケベ発動。タスクを木に縛り上げた。

潮が満ちて来てヴィルキスの所に居られなくなったアンジュは森の中に入るがそこで雷雨に遭う。目の前で落雷で木が真っ二つに裂かれたのに、木の虚に入るとか、どんな神経だ。そしてそこで蛇に噛まれて毒が回り出す。フラフラになって運良くタスクの前で倒れる。タスク、本気を出して捕縛状態から抜け出し、蛇に噛まれた後を見つけて毒を吸い出し、連れ帰った。

毒を吸っている場面です。他の何物も吸ってません。
参考資料

二度も命を救われた上に未だ身体の自由が利かないアンジュはおとなしくタスクの作った海蛇料理を食べさせて貰う。流石にここ迄来ると、口に合わないとか皇女殿下だった頃の我儘は言わないね。言わないと言うか、口が慣れたんだな。

こうしてアンジュとタスクの二人の睦み合う生活が始まる。
参考資料
相変わらず酷いなアンジュw

初日はタスクを木に縛り付けたアンジュだったが、段々馴染んで行って寝るときはカーテンで仕切るだけに進展。

そしてある晩二人で星空を見上げているうちに手を取り合って・・・いや、そのまま行く筈が無いと思ったらドラゴンの襲撃が始まった。手負いのドラゴンに追われながらヴィルキスの所へ。森の中に入ってドラゴンの目をくらますってのはダメだったんだろうか。

タスクがヴィルキスを起動させる作業をしている間、アンジュがドラゴンと格闘。本当に強くなったな。でも携行武器だけでは流石に敵わない。アンジュが危機に陥った所で指輪が発動。おお、凄い、ヴィルキスが勝手にドラゴンに照準を合わせて撃ち抜いたぞ。動けなくなたったドラゴンの首にまたがり何度も何度も刃を突き立てるアンジュ。それはタスクが止めるまでやまなかった。そして離れてからも昂ぶる気持ちがおさまらない。

ドラゴンを片付けた後でタスクがアンジュにここで一緒に暮らさないかと言うが(プロポーズですね)、丁度そこへ回収班が到着。アンジュは自分の帰る所は無いと思っていたのに、こうして自分を捜しに来てくれる者がいる。アンジュはアルゼナルでドラゴンと戦う道の方を選んだ。

まあ、どのみちヴィルキスが起動した時点でヴィヴィアン達には場所は見つかると思うのだが、戻ったアンジュはヴィヴィアンもみんなもちゃんと名前で呼ぶ様になったし、ヴィヴィアンのストラップも受け取る。今回の遭難で第一中隊への気持ちが大きく変わったようだ。

|

« 結城友奈は勇者である・第4話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン・第16話と新EDの飯能 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60584271

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第5話:

« 結城友奈は勇者である・第4話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン・第16話と新EDの飯能 »