« 甘城ブリリアントパーク・第8話 | Start | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第8話 »

結城友奈は勇者である・第7話

バーテックスを全部倒した(と思っている)慰労に大赦から海辺の旅館のプレゼント。この海水浴場は瀬戸内海で、嘗て「瀬戸の花嫁」で登場した場所だそうです。と言う訳で振り返って見てみたら、瀬戸の花嫁第1話の冒頭で登場してた。満潮永澄が溺れて瀬戸燦に助けられた海水浴場。

東郷の車椅子がやたらと巨大だと思ったら、水陸両用だった。いいね、この車椅子。風は瀬戸の花嫁ならぬ瀬戸の人魚と呼ばれていると自称しているらしい。などとのどかな始まりなのだが、風と樹を見ていると満開後遺症から未だ復活していない(と言うか復活するか分からないんだけど)のがちょっと痛々しい。それでも夏凛も含めてお休みを満喫していて、瀬戸の人魚と夏凛の競泳も。威張った割には夏凛に負けたらしいが。

東郷「友奈ちゃん、これ押し花に使えるんじゃない」
参考資料
海藻キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
アニメにまともに海藻が登場したとあっては私はこれを同定(identify)しない訳には行かない。瀬戸内海に生育する紅藻でこのタイプの形態とすると、カバノリ(Gracilaria textorii)あたりだろうか。絵では凄く薄くて色が鮮やかなのでちょっと疑問なのだが。色と質感からいったらヤレウスバノリ (Acrosorium flabellatum)の破片の方が合っていそうだ。これだけ紅藻らしい海藻を描いたのは大したものだ。緑のコンブやワカメが頻繁に描かれるアニメが多い中で。因みに海藻を押し花(花じゃないんだけ)にするには、水分を多く含んでいるので陸上植物と同じにしたらだめで、台紙の上に載せてガーゼみたいなのをあてて、古新聞ではさみ、それを何度も交換する。
作り方はこちらをどうぞ(→海藻おしばの作り方[せとうちネット])

旅館に帰ったら豪華な夕食。普通の人には。私は偏食なのであそこに登場したのは何一つ食べられないけど。妙に豪華なので風が間違ってるんじゃないかと言ったら、これでよいのだそうだ。大赦がおごってる。豪華すぎて怖い。

でも友奈は味が分からないんじゃ、とみんなが心配したが友奈は食感やのどごしでそれなりに楽しんでいる。これ、本当にそうで、近年味覚が急に失われた(ちょっと残っているけど)私は、以前はお米の味が品種でコシヒカリやミルキークイーンやつや姫などを色々楽しめたのにそれが出来なくなって、でもふっくら感やモチモチ感でそれを味わっている。かなり悲しいけど、友奈は前向きだ。

夕食が終わったらお風呂。お風呂に入ったら格差が!w
夏凛、そんなに隠れるなよ、いいじゃないか。

お風呂から上がって布団に入り
風「女5人集まって旅の夜、どんな話をするか分かるよね、夏凛」
東郷「正解は日本と言う国のあり方について存分に語る」
参考資料
流石や、東郷さん。

コイバナがあったのは風だけで、しかもひとつのエピソード。仕方ないので電気を消したら東郷の怪談が始まる。電気消すの待ってたね。

翌早朝。友奈が目を覚ましたら既に東郷が窓辺に腰掛けていた。頑張ってそこまで行ったんだろうか。ここで以外な話があった。東郷って事故で記憶を失った経歴があるらしい。この話、後に関係して来るのかなやっぱり。そして東郷はバーテックスが12体で終わりと言うが、星座ってもっとあるじゃないかとも言う。心配する東郷に友奈は何かあってもその時はその時。真珠様もついてるしと。

お泊りの海水浴ももう帰る時間。帰りの車の中では学園祭でやる事にした劇の打ち合わせをする事になった。

そんな感じで平和な日々を過ごした勇者部だったが、風の所に大赦からのメールが届き、学校に行った風は以前のスマホが戻って来ているのを見る。しかも風には犬神の他に新しい精霊も。敵の生き残りって、それだけ強力なんじゃないかと言うのが予感される。
参考資料

|

« 甘城ブリリアントパーク・第8話 | Start | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60694452

Folgende Weblogs beziehen sich auf 結城友奈は勇者である・第7話:

« 甘城ブリリアントパーク・第8話 | Start | クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第8話 »