« 結城友奈は勇者である・第7話 | Start | 天体のメソッド・第8話 »

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第8話

アルゼナルに慰問団が到着。年に一回、慰問団がやって来てお祭りとなるそうだ。ノーマを集めたアルゼナルやドラゴンの件は世界中には極秘だと言うが、ローゼンブルム王国はアルゼナルの管轄に関係があるらしい。ミスティがエマとの会話の中で言っていた。到着したミスティはこのアルゼナルにミスルギ皇国のアンジュリーゼが居る筈だ、会わせろと言う。
参考資料
ところでエマはミスティの事を妃殿下と言っていた。ミスティはもう結婚してるのか。

フェスティバルの最中は隊員はみんな水着。戦闘スーツやノーマルスーツではお祭り気分が味わえないからだとの事。うん、取ってつけたような理由で水着回にしたね。

フェスティバルらしく賭博もあり、遊戯設備もあり。て言うか、アルゼナルに子供のノーマが居るな。子供のうちに発覚して連れて来られたのか。

優勝賞金をかけた大運動会も開催されている。レースで金を失ったロザリーと、それと一緒のクリスも参加。第一レースはなんでまたスク水なんて着てるのかと思ったら(そもそもこの世界に何故スク水なんてあるんだ)水に溶ける水着でのパン食い競争だそうだ。そこまで言っておいてその場面無しとかどうなってるの。
参考資料

アンジュ(モモカ)の所にエマからの通信が入る。ミスティが会いたいそうだからすぐに来いと。しかし今更ミスティに会ってどうするんだと言うアンジュはそれを放置。ペロリーナのきぐるみを来てトンズラしてしまった。そのペロリーナのきぐるみを着ている時にメリーゴーラウンドから落下した子供を助ける。この場面の回想で、どうやら過去にアンジュはシルヴィアを馬に乗せて落馬させ、それで足を不自由にさせてしまったらしい。アンジュのシルヴィアに対する殊更な思いはそれがある様だ。

しかしアンジュはペロリーナのきぐるみを被ってミスティの所へ。ミスティの来た理由を聞いたところで、じゃあ自分の脱走を手伝ってくれと。一応ミスティは人質で、武器を買い込んでローゼンブルム王国の輸送機へ。

一方その頃ひとりになったモモカに対してヒルダが銃で脅してやはりローゼンブルム王国の輸送機に向っていた。マナを使えるモモカならローゼンブルム王国の輸送機を離陸させられるだろうと言う事で。モモカが言う事は聞いているが全然動じていないのはマナでどうにでも出来ると思っているからかな。

ここで両者の思惑がたまたま一致してしまう。ヒルダはじゃあ休戦して脱出しようじゃないかと言うが、アンジュは拒否。でもアンジュは輸送機の拘束装置を外せない。ヒルダは外す方法を知っていると言う。仕方なくアンジュはヒルダと組む事にしたが、実際にヒルダが外したら、そのまま離陸してヒルダを置いてきぼりにしようとした。

ハッチを閉めろと命令するアンジュに、しかしモモカがためらう。その躊躇いがヒルダに取り付くチャンスを与えた。この為に何年も待った。ゾーラのおもちゃにもなったし、面倒な奴らとも付き合った。って、おいおいw それもこれもママに会うその一心で。

なるほど、これはアンジュがヒルダを蹴落とす展開ではなく、ヒルダが落ちそうになるのをアンジュが助ける展開だなと思ったらそのとおり。
参考資料

こうしてアンジュ・ヒルダ・モモカはアルゼナルを脱出した。
本当に脱出しちゃうんだね。まあアルゼナルの中だけでくすぶっていても話の展開は広がらないからなあ。


今回、折角水に溶けるスク水パン食い競争なんてのがあったのにその場面が全くなかった。いくらなんでも全くと言うのはおかしい。そしてアンジュがペロリーナでひとりで格納庫に行った時にレズレズしていたのがほとんど絵に反映されなかった。

これって円盤になったらこれらのシーンが追加されるって事かな?w

|

« 結城友奈は勇者である・第7話 | Start | 天体のメソッド・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60700928

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第8話:

« 結城友奈は勇者である・第7話 | Start | 天体のメソッド・第8話 »