« 大図書館の羊飼い・第8話 | Start | 結城友奈は勇者である・第8話 »

甘城ブリリアントパーク・第9話

甘城ブリリアントパークに西也が初めてやって来ていすずにアトラクションを紹介された時、一番まともそうだと思っていたエレメンタリオだったが、実は全然ダメだった。チームワークがなってない。その後の話を聞いたら、4妖精って以前のメンバーが居なくなって新しく採用されて未だ日が浅いらしい。モッフルにはお前達は実は仲が悪いんじゃないかとか言われてしまった。

そんな4妖精を慰労する為にラティファがメイプルリーフ城に呼んで食事の場を用意する。しかし何故またあの調度でスキヤキ。ミュースはなんとなくラティファに遠慮してるけどシルフィーは全く遠慮無し。サーラマはスマホいじってる。ミュースがこんな事してるサーラマだけど、SNSにはこんな事書いてるんですよとフォローしてはいるが、それでもやはり人前でスマホは失礼だなあ。

途中でいきなりラティファが気が付く。わざとらしく。割り下が足りないので取って来ますと。そんな事は自分がすると言うミュースだがそこを強引に立ち上がるラティファ。しかも極めつけは奥の方にボタンがあるけど絶対押しちゃダメだよと言う。
参考資料

押すなよ!絶対押すなよ!→押す事になる未来が確定。

案の定サーラマが触るなと言われると触りたくなるとか近寄るが、実際に押しちゃうのはピタゴラスイッチの連鎖でミュースだった。

押しちゃいけないボタンは自爆ボタンではなく、自動防衛機能の発動ボタン。ラティファ様を護る為にメイプルリーフ城に仕込まれた、近づく者は何人(なんぴと)なりとも撃ち漏らさぬ完全防衛装置。ティラミーやマカロンが特攻をかけるが敢えなく撃退される。24時間経てば自動解除されると言うが、それだとかき入れ時の土曜日を休業しなくてはならなくなる。

勇者モッフル卿がインドア派ドラゴンに乗って空中から攻撃をかけ、エクスカリバーで突破出来そうだったもののこちらも失敗。

マニュアルを見たら、中に緊急停止ボタンがあるらしい。ラティファの部屋の壺を動かすとその装置への道が開く。そんなものが!とわざとらしく驚くラティファ。もうここら辺で仕込みはラティファと思って良かったんだろうな。しかも途中に4つの試練があってそれは4人で乗り越えないといけない。
参考資料

携帯は繋がるので連絡が通って4妖精は緊急停止ボタンを押すべく試練の道を歩む事になった。最初の試練はカラオケで4人の合計が300点を超えないとクリア出来ない。しかも失敗したらきついお仕置き(期待)。

ミュースから歌い始めて地味だと言われたコボリーも良い点だして、シルフィーはのりのりだし、ああじゃあここで足を引っ張るのはサーラマかと予想されたが、案の定サーラマはカラオケがうまくない。その結果300点を割ってきついお仕置き。

骨まで見える電撃。
え?そんなもの?
もっと、こう、触手とかに責められるおしおきじゃないの?

再チャレンジでサーラマが点数が伸びない分はミュースが100点を叩きだしてクリア。

第二の試練はダンス。ここで点数が出ないのはやっぱり地味なコボリー。ダンスは苦手と言う。やっぱり300点に届かなくてきついお仕置き。

粉が降ってくる。
え?そんなもの?
もっと、こう、オイルまみれになるおしおきじゃないの?

このステージはシルフィーが高得点を出してコボリーを補完。

第三の試練は、タイピング。なんでまたタイピング。こんな試練、誰が苦手なのかと思ったらミュースだった。まあ誰にも何か苦手があるのかもしれないが、ミュースの場合はタイピングか。つまりこれらの試練は4妖精が何が苦手かを知っている人が作ったって訳ですな。やっぱりなかなか300点に届かなくてきついお仕置き。

金盥が降ってくる。
え?そんなもの?
もっと、こう、泥だらけになるおしおきじゃないの?

こちらはサーラマが脅威のタイピングで150点を叩きだしてクリア。

最後の試練は個室に入れられて上から降りてくるドリルを止めるには犠牲になるメンバーの投票で全員が1票以下にならなくてはならない。4人が全員自分のボタンを押せば良いと言う展開にされたが、4人が各々憎んでいる相手が別々でも良かったんじゃないのか?w 或いは押さなかったら全員0票でクリアとか、それは投票しないからダメか。

悩んだミュースだったが、みんなを信じて自分のボタンを押す。全員がそうしたらしく、無事クリアして喜び合う。
参考資料
かくしてバラバラだったチームワークがうまく行く様になてエレメンタリオは満員御礼。
最後のCパートでラティファがこの事は西也には秘密ですよといすずに言っていたので(ひょっとしたら言わないでと言うのはラティファ自身に関する話かも)、まあ今回の4妖精に対する仕込みはラティファがやったんだろうなとは思うが、

だとすると、あのきついお仕置きを考えたのは姫様です。


うーん、ちょっと作りが単純だったかなあ。特に第一試練で歌唱部分が長かったのは飽きた。
それから致命的なのがお仕置きが面白くない点。
折角の4妖精なのにあの平凡なお仕置きって何さ。

|

« 大図書館の羊飼い・第8話 | Start | 結城友奈は勇者である・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60728229

Folgende Weblogs beziehen sich auf 甘城ブリリアントパーク・第9話:

« 大図書館の羊飼い・第8話 | Start | 結城友奈は勇者である・第8話 »