« 舞台探訪・四月は君の嘘・第6話の大泉学園 | Start | 天体のメソッド・第7話 »

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第7話

アンジュ、相変わらずの命令違反で一人で勝手にドラゴンを倒す。この命令違反は必然的に副作用を生んでいて、アンジュが稼ぐせいで他の隊員が稼げない。勝手な行動に怒りを買う以上に自分たちの収入に影響するとあってはヒルダ・ロザリー・クリス達の反感はいや増すばかりだった。アンジュが自分の命令を聞かないのもさる事ながらが、アンジュを御しきれないサリアに対してヒルダが見くびる様な事を言うせいで挟まれたサリアはストレスが貯まる。

そんな訳でサリアはジャスミン・モールに行ってストレス発散を。てっきり個室でモナピーすると思っていたピー。しかし個室に入ってサリアがやった事と言えばこの世界では割合標準的なストレス発散方法。魔法少女になってあなたのハート直撃よ!
参考資料

不幸だったのはアンジュがモモカのネグリジェを買いに来て、試着室に行こうとしたらジャスミンがサリアに宛てがった試着室に誘導してしまった事だった。モロにアンジュに見られた魔法少女サリア。

見られたからには生かしてはおけないと、入浴中のアンジュをサリアは襲う。しかしアンジュって身体を使った格闘戦も既に上達していてサリアと互角に戦っている。サリアは口封じだと言うが、アンジュは誰かに話すつもりなんて毛頭無かった。と言うか、一体誰に話すんだと。中隊の中で浮いているアンジュが確かにヒルダにわざわざ告げ口する訳は無い。そりゃそうだ。しかしサリアは頭に血が上っているから、そんな理屈は通らないし、日頃の命令違反の鬱憤がチームの連携を乱すなと言う言葉になって出て来る。それとてもアンジュは自分を背後から撃ったり機体を落とそうとする連中をサリアが止めないで何がチームプレーかと言う。ああ、これも全くもってごもっともな話です。サリア、ヒルダを止めてないよね。ほどほどにしろとしか言ってない。

そこに入って来たヴィヴィアンとエルシャ。モモカが止めてくれと言うのに対して、溜まっていたものはすっきりさせましょうとモップを渡してモモカを連れて出て行ってしまった。

風呂場で暴れた責任でアンジュもサリアも反省文を書くことになった。翌朝、モモカが反省文は昨晩のうちに書いておきましたよとアンジュを甘えさせる様なまねをして起こしかけたが、アンジュの返事が無い。ふと見ると熱を出してうなされている。風呂であんな事をして身体が冷えて風邪をひいたらしい。

そんな訳でアンジュは練習を欠席。1日休むと罰金がかなりあるらしい。ノーマの社会だからこうだと言うのもあるかもしれないが、風邪や病気は自己管理が出来ていなからだとか言う風潮は嫌だ。身体が弱いとどんなに頑張っても風邪をひくときにはひくんだ。普通に丈夫な人間にはそれが分かっていない。

アンジュが居ない練習は特に問題もなく終了。それをサリアはアンジュが居ないせいで部隊に規律が戻ってきた気がすると日誌に書く。これが部隊の規律です。
参考資料
まあね、私生活でこの程度の事してるのは別に規律とは関係無いからね。
この場面は規律がどうとか、視聴者サービスだとか、そんなんじゃなくて(そんなんかもしれないけどw)、今回の最後と関係していると思うの。

しかしサリアはメイから予想外の言葉を聞いた。アンジュのヴィルキスを整備していたメイはこの機体からアンジュが一身に危険を引き受けているみたいだと言うのだ。ただ単に無茶をしているから損傷していると思っていた、そして隊の事など歯牙にもかけていないと思っていたサリアには驚きの言葉だった。だってアンジュがヴィルキスに乗ってから誰も死んでないでしょと。

そんな時に出撃命令。アンジュ抜きのサリア隊がドラゴンの出撃ポイントめがけて発進した。そして出現したドラゴンはサリアも今までに見た事の無いドラゴン。いわゆる「初物」だった。初物ドラゴンは情報を持ち帰るだけでも沢山の賞金が貰え、しかもそれをやっつけると一気に大金が手に入ると言う。

逸るヒルダがロザリーとクリスを率いてサリアが止めるのも聞かずに突出した。背中の装甲が硬いと見たヒルダはだったら腹の方が弱点だろうと地上に着陸。案の定柔らかそうな腹を見て貰ったと思った次の瞬間、ドラゴンの角が起動して大きな重力がヒルダ機などにかかる。行動不能。

しかも未だドラゴンに到達していなかった飛行中のサリア達にもその重力反応が影響して落下を余儀なくされる。あの角がこの重力の根源かと、意地でも破壊しようとしたヴィヴィアンだったが、それも途中まで。6機とも動けなくなって、ヒルダ達を見捨てて3人だけでも機体から脱出すべきかと考えたサリアだったが、そこにアンジュ機到来。

未だ風邪が抜けていない頭に、体を冷やさない様にとモモカが厚着をさせての飛来。アンジュが熱で頭が働かないのを良いことにサリアはアンジュを利用してドラゴンの上空にヴィルキスを飛ばせ、急降下飛び蹴りでドラゴンの角を破砕。動ける様になったサリア隊がドラゴンを屠った。

全員で倒した事で賞金は分散したものの、それでも初物で大金が入ったロザリーとクリス達。アンジュが来てくれたおかげで命拾いして大金も入った。もうこれでアンジュを後ろから狙う様な真似はやめろと言うサリア。アンジュにももう勝手はするなと。それをヒルダはサリアの命令なんて誰も聞くかと言いかけたところでアンジュは命令を聞くと断言。そしてクリスもロザリーもサリアの言う事を聞くと言った。特にクリスは自分から進んで言い出した。
参考資料

これに対してヒルダは納得しない。ロザリーとクリスを裏切り者と切り捨てた。
部屋で一人になるヒルダ。これがあのベッドシーンとは対照的。


さて、モモカのところにはシルヴィアからの皇室極秘回線。助けてくれと叫んで回線は切れた。シルヴィアが生きていたと言う事で、ミスルギ皇国関係の新展開か。

新展開は水着回w

|

« 舞台探訪・四月は君の嘘・第6話の大泉学園 | Start | 天体のメソッド・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60663809

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロスアンジュ 天使と竜の輪舞・第7話:

« 舞台探訪・四月は君の嘘・第6話の大泉学園 | Start | 天体のメソッド・第7話 »