« トリニティセブン・第6話 | Start | 練馬産業プラザの「四月は君の嘘」展示コーナーと練馬区内ロケーションMAP »

大図書館の羊飼い・第6話

とうとう京太郎の前に姿を現したナナイこと羊飼い771号。良い機会だからと京太郎を魔法の図書館へ連れて行く。その巨大な図書館にはあらゆる人達の未来に起きる出来事が記載されていて、そこで働く羊飼い達はその中から危うい未来をちょっと手助けして救うと言う事をやっていた。

羊飼い達ってこんなにいるんだ。
参考資料

そして京太郎はその候補に選ばれたと言う訳だ。なんだかこれには色々突っ込みたい。京太郎は確かに最近ではつぐみの主導したハッピープロジェクトを手伝っているが、それまではそんな事していなかった。人に関わる事を避けていたし。そんな程度のヤツが何故候補になるのか。これじゃ凪ならずとも不満に思うだろう。

別の点だが、まあ確かに羊飼いがやっている事はよい事なのかもしれない。善意で人を救っているので、やりがいを感じる人達も多いだろう。でもどう?視聴者はあの中に参加したいと思ったか?気が向いた時とか、ふと気が付いた時とかに人を救えるのならまあ良いけど、あれをお仕事みたいにさせられるのはちょっと勘弁して貰いたいと思うのは、私の心が冷たいからだろうか。ただ、凪は京太郎をけ落としてでも羊飼いになりたいらしい。その理由が「あんな世界から抜け出したい」だそうなので、何か別にメリットがあるのかもしれない。ひょっとして羊飼いやると寝食に困らない収入が約束されるとか?w

京太郎も流石に迷いがあって少し考えさせて欲しいと元の世界へ戻る。

京太郎の人を助けると言う事は、助ける人を選ぶと言う事なのかと言う質問に、凪はその通りだと。だから彼女も親友も作らない、それぐらいが丁度良いと言う。ほうほう、羊飼いの必要条件はそれですかw


図書部のハッピープロジェクトにまたも依頼。今回はヒョウモントカゲモドキを一緒に探してくれと言うものだ。うわ、なんかやだなw 京太郎は千莉と捜索中。千莉は爬虫類は何でもない、虫じゃないからと言うが、じゃあ虫が苦手なんだと言うその千莉の肩にまさに毛虫が。毛虫が肩にあったら虫が苦手でなくともうわってなっちゃうが、うわっとなった勢いで千莉が京太郎にひっつく。

そこに出くわした少女・・・誰だっけ?芹沢水結は千莉に対してこんな事やってるのかと。練習も出なかったでしょうと。千莉が図書部に居るのをこころよく思っていない。千莉は知った事ではないとそこから立ち去り、それを京太郎が追いかける。追いついた京太郎にさっき言われた事が不愉快だったと思われる千莉がどこかに遊びに行こうと。この子こんな性格だったのか。
参考資料

但し、そこに凪が割り込み。京太郎は私と約束があるからと連れて行ってしまった。その有様を図書部の部室で不愉快そうに語る千莉と、例によって動揺するつぐみ。

凪は確かに京太郎に用事があって、あの羊飼いの仕事をやって見せる事がそれだった。手伝いだったっけ。対象はあの紗弓実。彼女の将来は人類に大きな影響を及ぼすプログラムを開発すると言うのがある。但し、このすぐあとで起きる事故に巻き込まれると左腕に酷い怪我をしてそれがきっかけでプログラム開発からは離れてしまい、その後の人生も良くない状態になるとの事だ。プログラムも出来ない程の怪我ってなんだ。まあ両手があった方がキーボードを叩ける早さは全然違うが。

羊飼いの人助けはあくまでもさりげなく。食堂で椅子をひとつ倒しておいて、これでタイミングをずらそうと言うのが凪の計画。その通りに紗弓実がその椅子に気が付いて元に戻したのだが、なのに京太郎には紗弓実が大けがをするイメージが沸いた。凪にもそれが分かったらしく、自分の仕込みは間違っていた、どうしようと狼狽。なりふり構わぬ京太郎が紗弓実を追いかけて呼び止める。君のハートをヘッドショット!ぱきゅ~ん。
参考資料

見事にその場を凍り付かせて紗弓実も含めた全員の動きを止め、ドアによる紗弓実の大けがを回避。代わりに京太郎には拭い去れない恥ずかしい過去が出来てしまうけど。

これで凪の失敗は食い止められたし、紗弓実が悲惨な目に遭うのも避けられた。凪はこれのお返しと言うか、図書委員会で図書部が今の部室を使える様にする後押しをしてくれた。と言う訳で、部室は今のまま。

この事は生徒会にも伝わって、図書部が活動を継続できる様になったと聞いた会長が喜ぶ。しかし副会長がそんな表情してるとスキャンダル物だと言う。あの程度でスキャンダルか!ひょっとしてちょっとした表情を大げさに捏造するどこかの捏造新聞みたいなのがこの学校にあるのか。

そしてこの副会長がなんだか曲者っぽい。


ところで思うのだが、紗弓実は酷い目に遭わなくて良かった。それは良いとしよう。しかし羊飼いは今起き様としていた事をねじ曲げた訳だ。何らかの力が働いての事件が発生しそうだったのを食い止めたのではなくて、起きそうだった物を起きなくした。人間世界には非常に多くの人間が居て、もし紗弓実が大けがをしてプログラム開発から身を引いていたら、紗弓実の次に有能だった人間が日の目を見て順調な人生を送れたかもしれないのに、紗弓実の陰に隠れたせいで悲惨な人生になってしまった、なんて因果関係が引き起こされないのか?

|

« トリニティセブン・第6話 | Start | 練馬産業プラザの「四月は君の嘘」展示コーナーと練馬区内ロケーションMAP »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60646133

Folgende Weblogs beziehen sich auf 大図書館の羊飼い・第6話:

« トリニティセブン・第6話 | Start | 練馬産業プラザの「四月は君の嘘」展示コーナーと練馬区内ロケーションMAP »