« 天体のメソッド・第5話 | Start | トリニティセブン・第5話 »

神撃のバハムート GENESIS・第5話

船でヘルヘイムに行けると聞いてヘルヘイム行きの船を調達したものの、実はそれは追い剥ぎ詐欺でファバロとアーミラ、そしてそれを追いかけていたカイザルとリタを襲おうとしたものの逆にやられ、一息つきそうな場面で上空からの触手でアーミラが捕らわれ、それを助けようとしたカイザルも一緒に連れて行かれた。と、言うのが前回まで。

あんなのに持って行かれちゃどうしようもないと思ってしまったファバロだったが、リタが全く諦めていない。小舟を出して追おうとするが、ゾンビのリタは紐を解く事すらうまく行かなかった。それを見たファバロが小舟は海に落としたものの、実はリタはその先がノーアイデア。

どうするの?と思ったらバッカスの所に戻って馬車で追えと脅す。剣を突きつけられても悠然と拒否するバッカスは、覚悟を見せてみろとファバロに言う。ファバロの覚悟は何かと思ったら賞金稼ぎの腕輪を壊す事だった。
参考資料
と言う事で、途中まで馬車で運んでやるからあとは自力で何とかしろと。

その頃アーミラはパズズから拷問にかけられて鍵は誰の差し金で奪ったのかと問われていたが、アーミラは全くの無反応。ケルベロスは埒があかないから次は自分にやらせろと言う。これを見ていたカイザルがその人は何も悪くない、悪いのはファバロだ、ファバロに唆されたんだと叫ぶが、まあ悪魔達から見たらお笑いぐさ。アーミラにくっついて来てしまったカイザルが生かされていたのはこんな笑える状況が見られるからだと言うアザゼルの気まぐれだった。アザゼル、悪くなったな(つい、呼んでますよの方を思い出して)。

そこにバッカスに連れて貰って来たファバロが潜入。ファバロとリタの二人なら雑魚悪魔程度だと割合簡単に片付けられる。これを察知したアザゼル達だったが、ファバロの姿を見てあれこそがアーミラを謀ったファバロ・レオーネ、この私カイザル・リドファルドの仇だ!と叫んだ事でアザゼルが反応。どうもカイザルの父の宝物護送にファバロの父の盗賊が絡んだのと関係がありそうだ。リドファルド家没落の真の黒幕はアザゼルか?ともかく、面白い事を聞いたと、ファバロ退治にはカイザルを送り出す。

と言う事で、ファバロの前に立ち塞がったカイザル。今度こそここで決着をと斬りかかって来る。その頭に登った血を殴りつけたのはリタのロケットパンチw
参考資料

そしてまさにこの時にアザゼルの移動城はコキュートスへのゲートを通らんとした所をオルレアン騎士団に襲撃された。へー、人間達の軍団でもこれだけの事が出来るんだ。混乱するアザゼル城。手の止まったカイザルの代わりにファバロの所に行ったパズズだが、まずはここを脱出するのが先だと手を組んだファバロとカイザルにやられる。

アーミラを確保しようとしたアザゼルだが、アーミラの瞳の反応に妨げられ、カイザルとファバロとアーミラはリタの操るドラゴンゾンビでこの場から脱出した。

そうかw、ドラゴンをゾンビ化したらリタが操れるんだ便利だな。
参考資料

|

« 天体のメソッド・第5話 | Start | トリニティセブン・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60598861

Folgende Weblogs beziehen sich auf 神撃のバハムート GENESIS・第5話:

« 天体のメソッド・第5話 | Start | トリニティセブン・第5話 »