« 天体のメソッド・第1話 | Start | 繰繰れ!コックリさん・第1話 »

グリザイアの果実・第1話

警察の職質を拒否して警察署に連れて行かれた風見雄二だったが、名前から素性を調べようとしたら「市ヶ谷の関係者」だと判明。その筋から電話が入って「うちの犬を解放してくれ」と通告を受ける。

無事釈放されたところで学園長の橘千鶴が待っていた。千鶴が雄二を車に乗せて私立美浜学園へ。雄二が望んだ普通の学校なのだそうだ。でもその普通の学校なのに、塀がやたらと高い。それじゃまるで監獄。そしてあれだけの校舎に生徒は雄二も入れてたった5人。凄く普通じゃないのだが、千鶴は雄二が普通の学校だと思えばこれが普通の学校になると言う。

そして寮の到着したら早速妙なメイドが居る。実は一年生の小嶺幸。メイド姿が似合っていると言われた経緯からその姿だそうだ。そして追いかけっこをした挙げ句に雄二の方にぱんつをみせながらダイブした周防天音(三年生)と入巣蒔菜(一年生)。天音の方は雄二がぼそっと呟いた背の高い女は苦手だに該当する身長だろうか。さらに教室に行ってみたらツンデレの練習をしている松嶋みちる(二年生)。ツンデレ練習をしているばかりか、ツンデレは金髪ツインテだと定義して自分の髪をわざわざ金髪に染めている。但し雄二には本物の金髪はそんな色じゃないとすぐに見破られていたが。

こうして教室で授業がはじまるとその寮に居た4人と雄二が揃って5人。しかし千鶴は生徒は6人だと言っていた。榊由美子が居ないと聞いてやっぱりねと反応する千鶴。残りの一人は気をつけないとだめかと考える雄二。

放課後に由美子が教室で一人で居る所に雄二が入って来る。朝挨拶出来なかったから放課後なら居るんじゃないかと。しかし由美子はそんな雄二にカッターナイフをふるって来た。気をつけていた雄二はそれを受け止めるのだが。

寮に戻ってみたら、ドアにしかけておいたテープが破られて何者かが侵入した形跡を認めた雄二、部屋にいきなり入ってみたら天音が勝手に入ってシャワーを使って下着姿の状態だった。いくら入口から一番近いったって、その理屈は無理があるよなあ。

とは言っても鍵をかけておいた筈の雄二の部屋に天音はどうやって入ったのか。ピッキングをする様な子には見えないから合い鍵でも持っているのかと。しかし次の場面で描かれた天音はピッキングをした雰囲気だった。

その後次々と映し出される5人はカッターナイフを雄二に向けた由美子を筆頭にピッキングした天音、時限爆弾でも作っているのかと言う幸まで。この学校に居る生徒6人は雄二も含めて普通じゃない連中ばかりじゃないか。あの高い塀はこれに似つかわしいと言う訳か。

なんだか久しぶりにアダルトゲーム原作の雰囲気が色濃く出たアニメだった。声優さんもそっち系だったし。
何もかもが懐かしい感じ。

|

« 天体のメソッド・第1話 | Start | 繰繰れ!コックリさん・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60434556

Folgende Weblogs beziehen sich auf グリザイアの果実・第1話:

« 天体のメソッド・第1話 | Start | 繰繰れ!コックリさん・第1話 »