« モモキュンソード・第10話 | Start | 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・第11話 »

まじもじるるも・第10話

西高の生徒が揃って学生服で電車に乗って出かけているので、修学旅行か何かかと思ったらチロも居る。115系電車で山奥に入る姿はまるで吾妻線の様だ。どうせなら八ッ場ダム水没前の日本最短トンネルをくぐる姿でも描いてくれれば。
参考資料

これは学校行事ではなく、例によってFHK主催の旅行だった。オオカミ伝説のある尾々神村へ向かうFHKが同行者を募って、例のメンバーが参加。逗留地は混浴温泉の為、いやが上にも高まる耕太。それにしても耕太が参加する混浴温泉の旅行なのによくもまあこれだけ集まったな。

混浴に入る為にFHKの部活は後回しと強調する耕太に対して部長はこれをあっさり認め、但し耕太には別にやって貰いたい事があると言う。

後顧の憂いを断って、力強く混浴の女子エリアに突撃をかける耕太。流石に最初から混浴と了解して入っているから女子も耕太がやって来ただけでは騒がない。ここまでは了解済みでこの温泉旅行に来たんだな。恐るべし温泉の魅力。しかし、耕太はこれでおさまらなかった。真綾達のタオルを力ずくで剥ぎ取る。いや、そこまでやったら犯罪だろ、耕太。
参考資料

しかし女子も流石に耕太と一緒の混浴とあって防御をしていた。バスタオルの下はタオルを使って作った水着。ここから出て行けと言う澄子のバスタオルをも剥ぎ取ろうとする耕太には強子の鉄拳制裁。これで耕太のほか西野達も吹っ飛んで行ってしまった。吹っ飛ばされた所から耕太が戻って来て再び混浴女子エリアに行ってみると、もうそこにはじーさん、ばーさん、お相撲さん、しか居なくて女子は居ない。

女子達はおたのしみ風呂の方に行ってそちらを満喫していた。チロは満喫しすぎてのぼせるんだけど。

その頃、FHKの方はオオカミ伝説の祠を見つけ、さらにその奥にある泉も発見。これを飲むとオオカミ化すると言う。これをペットボトルに汲んだ部長達。そしてそれを女子はどこだー!と探す耕太に渡して、お前の今回の仕事だと飲ませる。あんなもの何の躊躇いもなく飲み干すのかとか思いそうだが、耕太だってまさかそんな怪しげな泉の水とは思わない・・・でもあの部長の差し出す物だからなあ。

洞窟風呂に女子が行くのを隠れて聞いた耕太。またも大勝利とばかり中に入って行くが、脚が何か毛で包まれていると指摘され、ここの浴場は混浴だけどタオル以外、水着も持ち込み不可だと指摘されて引っ込む。

ところがこれがあの泉の力によってオオカミ化が進んでいたものだった。なんだこれと驚く耕太だが、オオカミ化はどんどん進行して頭もオオカミの頭に。こんな事があろう筈がない、これはきっと幻覚で他の人が見たら何ともない筈だ、朝食べたあのキノコの影響だと逃避する耕太。でも発端は脚が毛むくじゃらになったのを指摘されたからだろう。そこをチロとばったり。チロはオオカミ化した姿が耕太だとは気がつかない。これで耕太は本当にオオカミ化してると認めざるを得なくなる訳だが、相手がチロなんだからこの場は必死で自分が耕太であって、なぜかこんな事になってしまっていると説明すべきだった。

そこから逃げた耕太は真綾と衝突して、まさに狼男に襲われた感の真綾が悲鳴を上げる。これで旅館中にオオカミが出現したと知れ渡り、駆除対象とされてしまった。

布団部屋に隠れた耕太はとうとう全身が完全にオオカミ化。声も出せない。ましてやオオカミの手で魔法のチケットを切る事も出来ない。そのうちに発見されて山奥に逃げ込む。そしてそこでるるもに遭遇した。ここまで変化してはるるもにも分からないだろうと思った耕太だったが、るるもはオオカミの耕太をかくまい、追っ手を別の方にむけてやる。そしてオオカミ耕太を抱き、私が契約者を見間違えるはずがあるまいと。さらには、魔法のチケットがここになくても強く願えば魔法は発動出来ると。ああ、確かに、強く願う事で魔法は発動出来たね。私も忘れていた。

耕太の願いでるるもの再構築の魔法が発動し、耕太は元の姿に。
参考資料
全裸なんだけど、るるも、大丈夫か?w

|

« モモキュンソード・第10話 | Start | 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60299400

Folgende Weblogs beziehen sich auf まじもじるるも・第10話:

« モモキュンソード・第10話 | Start | 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・第11話 »