« 魔法科高校の劣等生・第21話 | Start | ハナヤマタ・第8話 »

さばげぶっ!・第8話

提供のバックでモモカがしゅごキャラ!のあむみたいな格好をしていたのでどうしたのかと思った。なかよし由来アニメだしさ。
参考資料

麻耶の所属する事務所で撮影会で欠員が出てしまったのでモモカに出てくれないかと言う依頼があった。モモカは最初は無理無理と言っていたがバイト代出すと聞いて飛びつく。その結果があの服装での公園での撮影会。

普通の女子高生がモデルやってみただけだからポージングとか出来ないしーとか言いながらノリノリである。こんなノリノリで撮られている姿を知り合いに見られたら、などとフラグを立てたらしっかりした。しかもあの恥ずかしい過去のあるからあげ☆レモンだった。からあげ☆レモンの方はあれ以来すっかりモモカファンになっているらしく、鬱陶しい以外は無害。そしてそれ以上にこの後登場する強敵に対しては味方の戦力となる。

からあげ☆レモン、モモカに「死のカメラマン」には注意しろと言う。死のカメラマンは「ソロモンの赤い虎」「白い堕天使」「暁の撃墜王」の三人だと。そんなタイミングでモモカの足下に500円玉が転がる。それを拾おうとしたモモカの後ろからぱんつを撮ろうと構えたのが死のカメラマン達。TDNキモイおっさん達。

にしても所謂キモオタのメガネ率高いな。

500円玉作戦はまだ直接攻撃じゃないとしても、近寄ってスカート扇ぐとかその手法は直截すぎるだろう。怒ったモモカが死のカメラマン達のデジカメを破壊したが、そんなもので怯む死のカメラマン達ではない。さらに高いカメラを用意。

エアガンさえあればこんなヤツらと思ったモモカ、他のモデルが輪ゴムを使っているのを見て思いついた。自分もあれがあるじゃないかと。輪ゴムの銃撃で一度は怯む死のカメラマン達だが、それをすぐにかわし始める。からあげ☆レモンによるとカメコ達は軟体動物並の柔軟性があると言うが、身体は硬そうなんだがなあ。

その銃撃の流れ弾を受けてからあげ☆レモン斃れる。それを見て怒るモモカだが、それやったのモモカだし。

こうなったら見えない様に防御すればよいとスカートの裾をストッキングの中に入れてかぼちゃパンツ状態にした。モモカ。もうこれで無理だなと思ったら死のカメラマン達は強力な扇風機でそんなもの吹き飛ばしてしまった。暴かれたくまさんパンツ。

遂に撮られてしまったモモカだが、ここでからあげ☆レモンが自分を犠牲にして死のカメラマン達の注意を引き、その好きにモモカが三人を縛り上げてカメラを取り上げる。メモリの中にあるパンチラ写真を全部消してやると息巻くが、ソロモンの赤い虎の胸に挟み込まれているプリントされた写真に目が行って、まだこんなのを持っているのかと取り上げてみるとそれはパンチラ写真にはあらず。

ソロモンの赤い虎が未だ花や虫の写真を撮っていた頃の写真だった。彼らは虐げられているうちにその復讐やアイデンティティの為にこのパンチラ写真の道に入ったのだった。なんとなくいい話ぽくした所で、それがゲス主人公のモモカの心に響く訳もなく、そんなの関係なく撮られた方は悲しむんだと。まあ最後は正論だ。

こんな三人に怒るモモカではあるが、大型扇風機を片付けようとしてスタッフがスイッチを入れてしまい、あの花の写真が吹っ飛んでしまったのを見た時には水たまりに自分が落ちるのも顧みずにキャッチ。ああ、でもこの作品だといい話で終わらせる訳が無いから、水で濡れ透けになったのを撮られるオチかなと思ったら、スライディングでめくれ上がったスカートでぱんもろになったのを撮られるオチだった。


先日の撮影会で酷い目に遭ったと言うモモカに摩耶はファンに悪いヤツなんていないよと脳天気に答える。当然ながらこれは後半冒頭で登場した純白清純女子大のファンにやられる展開なのだろうと予測がつく。

案の定、美煌はその純白清純女子大との雪山模擬戦の話を持って来た。

そして当日の現地。
参考資料
あんな山中の雪上でサンタコスしているモモカ達は寒くないのか。
サンタコスって事はクリスマスが近い季節なのかな。

装備は本格的だが、そのマスクの下の表情は普通のお嬢様達とみくびったモモカ。そう言うのは負けフラグなんだぞと思ったら、予想以上に早々と討たれる。うららもやられ、かよもやられ、そして美煌も多勢に無勢にやられて最後に残ったのは麻耶となる。それにしても今日は一番最初にやられたくない、せめて2番目って、麻耶は普段は影も薄いし弱いキャラだなあ。

しかし今回は主役。麻耶のファンはうららの様なクレイジーサイコレズの集団。弾をサンタコスに少しずつ当ててひんむいて行く。いくら原作とアニメが全然別物と言ってもここまでやるかw

まあ麻耶に襲いかかるヤツらもヤツらだが、こんなブロマイド出してる麻耶も麻耶だよなあ。
参考資料

そしてとうとう理解不能な力によって全裸にされてしまった麻耶は雪庇から墜落。
参考資料
しかし落ちた先にはドラム缶風呂が待っていた。先にやられた美煌達は純白清純女子大の用意してくれていたこのドラム缶風呂に入っていて、もてなしを受けていた気分だったが、麻耶のだけはスケスケになるドラム缶風呂で、嫌がって暴れた麻耶のドラム缶は転倒して転がり、川に墜落。それを追って純白清純女子大のメンバーも。

酷いオチだw
ゆるゆりにもあったな、ドラム缶風呂で川に落ちるオチが。

それにしても酷い回(褒め言葉)だった訳だが、さばげぶっ!公式アカウントがまたこんな事言ってるし。


繰り返しますが、なかよしのさばげぶっ!と、アニメのさばげぶっ!は別物だからねっ!

|

« 魔法科高校の劣等生・第21話 | Start | ハナヤマタ・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60208979

Folgende Weblogs beziehen sich auf さばげぶっ!・第8話:

« 魔法科高校の劣等生・第21話 | Start | ハナヤマタ・第8話 »