« 魔法科高校の劣等生・第18話 | Start | ハナヤマタ・第5話 »

さばげぶっ!・第5話

美煌部長が突如信仰の道に目覚める。そしてさばげぶを解散すると言い出した。

事の発端は美煌が屋外活動をしようと言い出した事だ。さばげぶで屋外と言ったら屋外演習だろうと思いがちだが、美煌は寺で行うと言う。変だなと思ったら最近読んだ一休さんにかぶれたせいらしい。坐禅を組んでさばげに必要な精神修養をしようと言うのが建前。

坐禅をしに来た寺は、住職が一見易しそうに見えたのに、その実は骨をも砕く打ち込みを久々にやりたいとか。何でこんな寺を選んだのかと美煌に聞いたらたまたまキャンペーンで今は無料だからハードなコースにしたと言う。

さっそく5人が座って始まるが、煩悩の塊のうららが先ず警策の餌食となる。次に麻耶が居眠りで打撃を。あざになっちゃったよと言う痛さに次はどっちだと牽制し合うモモカとかよ。お互い相手を先にけ落とそうとしているみたいだが、これって相手が脱落しても自分には何も良い事ないんじゃないのか。モモカは強硬手段に出て、かよのしびれた足をつねったからかよも住職に打ち据えられて脱落。

残ったモモカではあったが、この先もちそうにない。そこでこんな事もあろうかと100均で買っておいた肩パッドを装着。
参考資料
しかしそんなものお見通しじゃ!と住職は尻を打ち据える。

残ったのが美煌。なんとか美煌も脱落させたい、なんとか美煌を打ち据えたい、そんなモモカと住職の利害が一致して様々な妨害を試みるものの全く動揺しない美煌。

この境地にとうとう住職はこの寺を継いで欲しいとまで言い出す。しかし美煌にその気は無かった。そんな美煌を釣ったのは寺に入ったら「とんちし放題」と言う甘言だった。一休さんにかぶれてここに来た美煌はそれに釣られてしまう。お寺の住職ってそんなに簡単になれるの?と言う疑問には200万円用立てたらならせてやると言うので、払ったと言う。

ところがその頃流れていたローカルニュースでは偽住職逮捕の報。これに怒った美煌が復讐を決める。住職の服なんて喰ってる場合じゃねー!w


トイレの個室で突然の悲鳴。

うららがいたしたばかりの大を流そうとしたらレバーをへし折ってしまったのだ。こんな状態を他の子に見られたら乙女の危機。ドアの外から迫る声にモモカは近くの窓から外に脱出した。とは言っても4階の梁にへばりついて身動きが取れなくなる。

たまたまモモカが通りがかり、うららを見つけてナニやってんだとみんなも集める。危機的状況が分かっていないらしいと言う事で、コンパクトを使ってモールス信号でSOSを送る。SOSなのか!と美煌は救援部隊を呼ぶ事にした。どこからともなくヴァルキューレの騎行とともに飛来するヘリの一群。事が大きくなってこれでは不味いとうららはヘリを銃撃。エアガンの銃撃でヘリ撃墜。
※あくまでイメージ画像です。

次にクッションを用意したものの、モモカめがけて迫り来るうららを見て思わずモモカが布を強く引っ張ったから、弾き戻されてうららはまた4階の梁へ。いや、戻りすぎだろw

すると麻耶がうららのすぐ近くに窓が開いているのを見つけた。あそこから助けたらいいんじゃないかとモモカを行かせようとする。しかしモモカにトイレ側からこられたら始末していないアレを見られる事になり、モモカに見られる位なら、いっそここからと飛び降りたうらら。
参考資料
飛び降りた・・・って、手と足を校舎の壁面に打ち込んで普通に降りて来ましたがな。

あっけにとられたさばげぶの一同。そこに先ほどトイレの外からうららを助けようとした子がやって来て、レバーが壊れてそのままになったアレはちゃんと始末しておきましたよと耳打ちする。とってもよい子だったのに、このひそひそ声を「モモカイヤーは地獄耳!」(デビルマンかよ!w)で聞いてしまったモモカ。

しばらくはうんららと呼ばれる事になってしまった。
相変わらずモモカひでー。


部室の中で銃を探し回るさばげぶ部員。古い銃だが、美煌に言わせると人間国宝が作った銃だと言う。ふーん、と聞いていたモモカだが、ここには無さそうだから下を探しに行こうと美煌達が立ち上がって歩き出した時にモモカがそれらしいものを見つける。あった、と言おうとした時に美煌があれはオークションに出したら100万円程度かなと口から漏らしたところで手が止まった。

これが100万円。どうしようと迷っているモモカの後ろから声がする。モモカの良心だそうで、ネコババしないでちゃんと美煌に渡しなさいと。モモカに良心があったのにはびっくりだw

良心が登場したら当然悪い心も登場する。自分のものにしちゃえよと。良心と悪い心の争いになるが、言っても聞かない悪い心に対して良心が銃を取り出して始末しようとした。さすが、良心とは言ってもモモカの良心だ。銃で実力行使に出て来たぞ。

ここから良心と悪い心の銃撃戦が始まる。
参考資料
ちゃんとさばげやってるじゃん!w

銃撃戦は良心の勝ち。しかし、モモカの前に降りて来た良心を今度はモモカが撃ち抜く。これでこの銃は私のものだ!と。悪い心要らないじゃん。

しかし足を滑らしたモモカが頭を打って気絶。どこかの五島の習字の先生みたいだな。その中で鬼にまで責められる夢を見るモモカだが、ここまで全部が100万円の銃を手にしたモモカの妄想。美煌は仕方ない、夢から覚まさせてやると頭に一発。

|

« 魔法科高校の劣等生・第18話 | Start | ハナヤマタ・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60098857

Folgende Weblogs beziehen sich auf さばげぶっ!・第5話:

« 魔法科高校の劣等生・第18話 | Start | ハナヤマタ・第5話 »