« 六畳間の侵略者!?・第5話 | Start | 舞台探訪・ハナヤマタ・鎌倉 »

魔法科高校の劣等生・第19話

新しい横浜騒乱編に入って、まずは港に不法入国者。千葉警部と稲垣警部補が向かうが、千葉と言う名前からエリカの身内と推定。Wikipediaに書いてるんだけどw その実力は示したものの、目標はハズレ。その頃別の経路で不法入国をしていた。どうでも言いけど、中華がらみで井戸が登場するとどうしても劇場版カードキャプターさくらを思い出してしまう。
参考資料

季節が進んで第一高校の生徒会役員は改選されて会長があずさ、副会長が深雪、書記がほのかになっていた。でも後から出てきたカレンダーは10月を示していたので、三年生は未だ在学中。鈴音が登場していたしね。

お兄さまは賢者の石の性質と製法を調査中。賢者の石は非金属を貴金属に変換するのに触媒として使われる。その事から賢者の石は魔法式を記憶出来るものだろうと。魔法式を記憶出来ると言う事は、例えば飛行魔法で核融合炉を稼働させる事が出来るもの、その飛行魔法の為に魔術師がつきっきりでは単なる道具になってしまう。だから魔法式が記憶出来る物があればその魔法を維持出来る筈で、魔術師は開放される。それが取り敢えずの達也の研究内容。

その達也が論文コンペの事で鈴音に呼び出された。論文コンペは「武」の九校戦に対して「文」の論文コンペと並び称される各校対抗のコンペティション。それに第一高校からは鈴音が主著者として参加して、他に二名が補助で参加する筈だったが、その中の一人の平河小春が辞退した為の代わりに入って欲しいと言う。平河小春はあの九校戦のミラージ・バットでCADがノーヘッド・ドラゴンの妨害工作で動作しなくなって墜落した小早川景子のエンジニアをやっていたと言う。あんな事故があったので責任を感じて辞退したらしい。あれは平河小春の責任じゃないんだけど、どこまであの事件は公開されたんだろう。

九校戦の時もそうだったが、候補にもなっていなかった達也がいきなりメンバーになるのは他の学生に言い訳が立たないのではないかと言う疑問に、今回も「時間がないから」「方向性が合う人間が達也だから」の二点でねじ込まれた。これじゃ要らぬ恨みを買うなあ達也。外された人間は理屈で納得出来ないから。

と言う訳で達也が参加する事になった鈴音の論文の主旨はまさに達也が興味を持っていた重力魔法制御型熱核融合炉の件。しかしそれにしても論文の査閲とかで締め切りはもうあと僅かしかない。
参考資料

達也と深雪が家に戻ってみると来客あり。話の雰囲気から達也と深雪の「今の」母らしい。実母が亡くなってすぐに後妻として実父と結婚した模様。そして二人ともこの小百合は好きではなく、深雪は嫌悪、達也は無視を決め込んでいる。

そんな扱いを受けているのに小百合がここに来たのは軍から請け負った勾玉のレリックの複製を達也にやらせようと言う理由だった。高校で遊んでなんかいないでFLTに入れと言うのだが、深雪をおいて達也が高校をやめる訳もなく、それに例の飛行デバイスの受注で前期の利益の20%をたたき出していると言うのだから、遊んでとか言う言い草は全く当を得ていない。

色々聞いてみると、複製なんか普通は出来ない勾玉のレリックの複製を国防軍から請けたのは小百合自身の功績の為の様に見える。この勾玉のレリックに魔法式の記憶能力があるらしいと聞いて達也は手伝う事にしたが、FLTの開発第三課にまわしてくれと言われてまたもほぞを噛む小百合。小百合は開発第三課にも含むところがあるのか。それにしても達也にいいように言われて、基本的にこの義母は色々ダメな人らしいと言うのが分かった。
参考資料

そんなダメな人のフォローを達也がする。あんな軍から委託された勾玉のレリックをノコノコと一人で持ち歩いたら、そりゃ狙われますわな。直接の襲撃犯はあっさり達也が仕留めたが、遥か遠くからの狙撃犯は撃たれる直前まで気が付かなかった。魔法を使わずに光学スコープで狙ったからで、達也は例の修復魔法で身体を癒やすが、運が良かったと言うのは心臓を射抜かれたのではなくて、少しずれていたから助かった、と言う意味だろうか。

風間少佐への報告の中では、1,000mから狙えるスナイパーを雇えるのは普通の組織ではなさそうだと言う話が出てくる。そして例の不法入国した二人は大亜連合の陳祥山と呂剛虎で、今回勾玉のレリックの強奪には成功したものの、司令部での会話からすると既に魔法師協会への潜入に成功していたり、現地協力員の確保もしていたり、流石中共の工作員。この勾玉のレリック強奪で大亜連合の武力を強力にアップしようと言うのが目的らしい。

|

« 六畳間の侵略者!?・第5話 | Start | 舞台探訪・ハナヤマタ・鎌倉 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60127263

Folgende Weblogs beziehen sich auf 魔法科高校の劣等生・第19話:

» 魔法科高校の劣等生 #19「横浜騒乱編 I」 [ゆる本 blog]
技術者としても選手としてもタッちゃんが大活躍した体育会系イベントの 九校戦から今度は文化系イベントの新章へ。「魔法科高校の劣等生」の第19話。 ネタ「こころぴょんぴょんする魔法科高校のうさぎですか?」もどうぞ。 公安(?)の裏をかいて横浜中華街内の井戸から上陸する怪しい人物。 秋になり生徒会も代替わりをして副会長となった深雪。 達也の興味は「賢者の石」関連で「魔法式の保...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 10. August 14 um 18:56

» 魔法科高校の劣等生 第19話 「横浜騒乱編I」 感想 [犬哭啾啾]
g_harute: 早速テロリスト上陸・・・・ nefiru: 警察の強さが異常や g_harute: 船を沈める警察・・・・ nefiru: 完全に人間兵器だよ g_harute: 警察が兵器とか・・・ nefiru: やっぱ一般人からしたら魔法師怖いよな g_harute: あんなのが一部しかいないと分かっていても怖すぎる n...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 10. August 14 um 22:11

« 六畳間の侵略者!?・第5話 | Start | 舞台探訪・ハナヤマタ・鎌倉 »