« さばげぶっ!・第1話 | Start | 月刊少女野崎くん・第1話創刊号 »

アカメが斬る!・第1話

普通の日本の高校生の服装に無理矢理装備を追加した様な格好でタツミが登場したから、てっきり現代日本と繋がりのある話なのかと思ったら全くのファンタジー世界の話だった。
参考資料

村を助ける為にイエヤス、サヨと帝国の首都を目指して出立したタツミだったが、途中ではぐれて一人で帝都へ。しかし助けた二人からは帝都はもっと酷い化け物=人間が住む街だと教えられる。帝都到着後、さっそく兵士募集に申し込もうとしたものの、書類を出して漸く一兵卒からスタートと言う話に、それじゃ村を救う事が出来ないと文句を言ったらあっさり拒絶された。

そのタツミを拾ったの胸の大きなおねいさん。でもこれってどう見ても詐欺師だよね。
案の定、折角貯めたお金をほぼ有り金全部持っていかれてしまい、橋のたもとで夜を過ごしていると拾う神あり。貴族なのか裕福な一家のアリアに拾われた。タツミの事情を聞いてアリアの父は軍に紹介しようと言ってくれる。
参考資料

ところが話は急転回。「日記が楽しみ」と言う妙な台詞の夫人が侵入した賊に一刀両断に真っ二つ。えー、こんないい人ぽいキャラをいきなり殺しちゃうの?賊の侵入を察知したタツミが加勢に回るか護衛に回るか悩んでいるうちに賊は次々と護衛士を殺し、しかもあの父親も殺される。アリアが逃げている場面に漸くタツミは追いつくが、作品タイトルにもなっているアカメには全く歯が立ちそうにない。タツミがやられそうになった所であの胸のでかいねーちゃんがアカメを止める。

ここから種明かし。実はここの一家はタツミの様な食いっぱぐれたのを家に連れて来て、食事を供して油断したところを牢に入れて死ぬまで弄ぶ一家だった。アカメ達はその一家を殺しに来たナイトレイド。そんな話を俄に信じられるか?と言うタツミには都合良く捕まっていたイエヤスが死に際にこれは全部アリア達の仕業でサヨはアリアに苦しめられて死んだと明かす。これでタツミの気持ちが決まって、アリアはタツミが斬り殺す。

そんな訳でナイトレイドの仲間となるタツミだが、殺し屋稼業を明るいノリでやって行く作品なのかな。

これ、ファビョ顔アニメ?
参考資料

|

« さばげぶっ!・第1話 | Start | 月刊少女野崎くん・第1話創刊号 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59945056

Folgende Weblogs beziehen sich auf アカメが斬る!・第1話:

« さばげぶっ!・第1話 | Start | 月刊少女野崎くん・第1話創刊号 »