« ばらかもん・第1話 | Start | 人生相談テレビアニメーション「人生」・第1話 »

魔法科高校の劣等生・第14話

ついに達也の存在を掴んだ第三高校のクリムゾン・プリンスこと一条将輝とカーディナル・ジョージこと吉祥寺真紅郎。達也が異名の方で呼んだと言う事は、恥ずかしい呼称を本人に投げかける事で喧嘩を売っていると言う意味ですね?w
参考資料

名乗りあったあと、一条と吉祥寺はこのあとは明日のモノリスコードに出場すると言ったが、達也にはその予定が、この時点ではなかったのでそっちには出ないと言うと、いつか対戦する日を楽しみにしていると別れる。でも、やっぱりこれは対戦しちゃうフラグだった。

この後の達也の回想で恥ずかしい異名の二人は、しかしその実力はかなりのもので、それがペアを組んでいるのは反則に近いとも言う。一条が数少ない実戦経験のある人間てのが危険な香りだ。

新人戦は達也の援助が光ってほのかは勝ったし、女子アイス・ピラーズ・ブレイクは決勝リーグ戦は第一高校で独占する事になった。大会運営からはどのみち得点は全部第一高校に行くのだから対戦抜きでどうかと言う打診があった。英美は他の二人がアレ過ぎてw、辞退したが、雫はどうしても深雪とやってみたいと言う事で二人の決戦。でも雫は深雪に全く歯が立たない結果に終わる。この結果、深雪の圧倒的な強さを示したのか、雫に何か気持ちを残した事になったのか。
参考資料

第一高校、頑張っていたのに例の香港マフィアの妨害が入る。モノリスコードで事故。あの「絶対優勝するぞ!」と言っていた森崎達が開始直後の魔法攻撃で瓦礫の下敷きになって重症。以降の試合に出られなくなる。しかし、廃ビルの中でそんなものを使うのは危険行為で反則だし、それに開始直後と言うのは開始前から場所をスキャンしたから出来た訳で、それも反則だ。雫はどこかの高校が反則をしたと憤っている。達也は会長と二人きりになった場面で、この妨害事件が他校の仕業ではなく、どこか外部の者によるものだろうと明かす。会長びっくり。

ところで棄権せざるを得ない状況に陥った第一高校。香港マフィアはこれで第一高校が大きな点を失うだろうとほくそ笑むが、第一高校が取った方針は、達也にモノリスコードに出てくれと言うものだった。

達也は驚いて辞退。そもそも、技術スタッフの達也がそんな時間を取れるものだったのだろうか。その点は置き去りにされたまま話は進む。

達也の言い分は自分が選手に選ばれたら他の選手のメンタルに影響すると言うものだ。しかしそれを十文字が甘えるな!と一喝。いや、甘える以前に達也の言い分は正しいと思う。ただでさえ二科生にして一年で技術スタッフに採用されたのに、他に選手が居ながら達也を採用したら戦意を失う選手だって居るだろう。それはこの後のプレーに影響する。

ただ、今回は森崎達が重症と言う事故があったので、それに恐れをなした選手たちはていよく達也にお鉢が回ったと思うかもしれない。

しぶしぶ受諾した達也は、他の二人を自由に選べと言われて選手に選ばれていない幹比古とレオを推薦した。流石に生徒会のみんなは驚いたが、二人を選んだ最大の理由は二人をよく知っているからだと達也は言う。確かに、もう明日には試合があるのに全く知らない人間とチームを組むのはリスクがありすぎる。これはもっともな意見。

しかし摩利は鋭い。じゃあ最大じゃない理由は何か?と。
達也は二人の実力だと言う。二科生の実力。
参考資料

とは言え、これで恥ずかしい異名の二人と対戦する事になったね。

|

« ばらかもん・第1話 | Start | 人生相談テレビアニメーション「人生」・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59939717

Folgende Weblogs beziehen sich auf 魔法科高校の劣等生・第14話:

« ばらかもん・第1話 | Start | 人生相談テレビアニメーション「人生」・第1話 »