« ヤマノススメ セカンドシーズンのススメ | Start | RAIL WARS!・第1話 »

グラスリップ・第1話

第1話は人物と舞台となる場所の紹介。舞台はさらりと、人物は区別となんとなく関係が分かる程に。 P.A.WORKSの作品らしく。

舞台ははっきりとした地名は画面上では描かれていないが、よく書き込まれた描写からすぐさま特定されていて、すぐさま巡礼されているw P.A.WORKSの作品らしく。
参考資料

人物は男の子に曰く有りげな異分子沖倉駆が既に出来上がっている友人関係の中に入って来る。凪のあすからの木原紡みたいな感じがした。でも未だ第1話だし。
参考資料
透子に言わせると、ダビデみたいだそうです。あそこも含めてw

既存の5人グループはタイトルから見て主人公らしきガラス工房の子の深水透子が屈託の無さそうな子。そしてその透子を露骨に好きそうな井美雪哉。こいつはP.A.WORKSの作品には珍しい三白眼系の顔だな。そして雪哉が透子にばかり良い顔するのを気にしている活発そうな高山やなぎ。この二人が何故か同じ家に住んでるね。そして家がカフェの白崎祐。病弱そうだったのでそんなには登場しなかったメガネの永宮幸。

透子←雪哉←やなぎの微妙な関係の中に駆が入って来て、雪哉はなんだこいつ透子に馴れ馴れしくしやがってと怒りの形相をし、やなぎがあれこの男子ちょっと格好良いなんて顔して眺め、そして分からないのが何だか幸がやはり駆に対して怒りの目を向けた。はて、幸のこの反応は何だ。
参考資料

ともかく、色々一方通行な気持ちが存在する場所に一石を投じて物語が始まる。
でも透子や駆が感じたみたいな何かは、やはりこの物語に不思議現象を加える何かなのだろうか。


P.A.WORKSの作品としては、TARI TARIみたいなあまり男が出しゃばらない話が好きなんだがなあ。花いろもどっちかと言うと女の子メインだったし。

|

« ヤマノススメ セカンドシーズンのススメ | Start | RAIL WARS!・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59928129

Folgende Weblogs beziehen sich auf グラスリップ・第1話:

« ヤマノススメ セカンドシーズンのススメ | Start | RAIL WARS!・第1話 »