« RAIL WARS!の何がダメなのか | Start | 今期アニメの通りぬけ »

六畳間の侵略者!?・第2話

一切の戦争を禁じられ、十の盟約によって六畳間のぶん撮り合戦を行う事になった孝太郎・早苗・ゆりか・キリハ・ティア。だったら勝負はゲームで決めようぜと。それってどこからどう見てもノーゲーム・ノーライフじゃないか。

それしてもころな荘って他に空き部屋無いのか?孝太郎の場合、5,000円であればこの部屋である必要はないのだから、大家さんも別の部屋が空いていればそっちに移せば良いのに。それから早苗、こいつは成仏してしまえば問題なさそうだが、Wikipediaを見たら幽霊としてこの部屋にどうしても居なくてはいけない理由が書いてあった。第1話で出てたっけ?あとの三人はゆずれない願いなので三人で争って貰えばよい。

トランプ勝負と言う事で、多分やった事のないだろうキリハとティアは不利と見越したゆりかは楽勝と侮る。
参考資料
すげえ負けフラグ。
と言うか、負けフラグ立てなくともゆりかのポンコツぶりは到底勝てる筈のない勝負だった。

一日目、ゆりかの一人負け。

翌朝(なのに、もう一勝負あった様な描写がある。これはどう解釈すれば良いのか)、慌てて起きた孝太郎は早苗に他の連中がおかしな事をしないか見張っていてくれと頼んだ。この部屋をこのままちゃんと維持してくれそうなのは早苗だからなあ。行ってきますと出て行く孝太郎に思わずいってらっしゃいと言ってしまった早苗。あれ、いい感じ?w

自分の部屋があんな有り様なので学校の、しかも編み物研究会の部活が心のオアシスとなった孝太郎。しかも先輩はおいしいお茶を淹れてくれるし。一方その様子を見ていたゆりかはあんなにちゃんと孝太郎が話を聞いてくれるゆりかを羨ましがっていた。

事態がそんなに進展しないのを、キリハとティアは搦め手から崩して行こうとする。今の部屋の状態では心が落ち着かないと言う孝太郎にキリハは家庭的な環境を提供。ご飯を用意する。うーん、地底人のくせに何故地上の材料で普通に和食が作れるのか。露骨な懐柔には乗れないが、食事の代償を払う事で、孝太郎とティア達は夕食会となるが、美味しそうな様子を見て早苗が堪らず孝太郎に憑依させてくれと願う。しょうがないので孝太郎はそれを許すが、憑依って中に入るんじゃなくて後ろから抱きつくだけで良いのか。みんながおいしそうに食べようとするのを今度はゆりかが羨ましがる。でもゆりかは何も代償を持っておらず、泣きべそをかいたので仕方なく孝太郎は自分のを分配。

しかしゲームの方はいよいよゆりかが崖っぷち。
参考資料

ころな荘の106号室はちょっとはまともになったかと思いきや、ゆりかとキリハとティアとルースまでもが孝太郎のクラスに転校生として入って来てしまった。しかもキリハとティアはもうすぐに馴染んでいる。そしてゆりかは・・・お前は勉強までポンコツなのかよ!

こうなったらと孝太郎は仕掛けた。一番弱いやつから脱落させようと、ゆりかを呼び出してコスプレ研究会にはめ込む。まあ孝太郎はゆりかがコスプレ少女と思い込んでいるので、その気持を満たしてやれば部屋に固執しないんじゃないかと、そう考えてやればちょっとは悪意も減るだろう。

ところがこれが逆効果。部活で疲れたゆりかは疲れから眠気で意識が朦朧としてしまい、そのせいで正気だった時のポンコツさが隠れてしまってトランプ勝負に勝ってしまう。
何と言う裏目。

その結果、脱落しそうだったゆりかが復活してトランプゲームによる領土獲得合戦は振り出しに戻りかける。こんなのでは拉致があかない。もうトランプは飽きたと言うティア達の訴えにキリハは別の勝負を提案。
参考資料
部活動対応障害物マラソン。

孝太郎とティアは大いに乗り気なのだが、部活動対抗なんだよね。
誰がどこでどう頭数を揃えるのか。
大体、早苗はどう参戦するんだ。

|

« RAIL WARS!の何がダメなのか | Start | 今期アニメの通りぬけ »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/60008013

Folgende Weblogs beziehen sich auf 六畳間の侵略者!?・第2話:

« RAIL WARS!の何がダメなのか | Start | 今期アニメの通りぬけ »