« 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・第2話 | Start | 東京ESP・第1話 »

六畳間の侵略者!?・第1話

涼宮ハルヒが聞いたら喜びそうな物件である。里見孝太郎が入居したころな荘の106号室は地縛霊・魔法少女・地底人・宇宙人が一気に押し寄せる(地縛霊は最初から居た)部屋だった。

父親の転勤で一人暮らしをする事になった孝太郎は父親の金になるべく手を付けない様にと言う孝行心から安い物件を探し月額5,000円ぽっきりのころな荘を見つけた。まあボロいと言えばボロいけどそれでも5,000円は安いよね。普通だったらいわくがある筈だが、後から大家の笠置静香の雰囲気を見てると地縛霊が居る事は知っていなかった様だ。

入居したその夜から地縛霊の東本願早苗はラップ音などで孝太郎を脅しにかかっていたが、孝太郎は全く気がつかない。しかしある日発掘現場で自分を呼ぶ声が聞こえ、そっちの方向に歩いて行った先の地盤が崩れて意識を失っている時にその声の主と何かの繋がりが出来たらしい。それ以降、地縛霊の早苗が見える様になった。

今までラップ音に気づきもしなかった孝太郎が早苗が見えるばかりか触る事も出来る。しかしそれが争いの発端。ここは自分の部屋だから出て行けと、まるで七々々の様な地縛霊の早苗だったが、おめでたグッズにはちょっと弱いと言う弱点もあった。えー、そんな、ダルマとか招き猫とこかもダメなのか、早苗。
参考資料

しかし、その孝太郎と早苗の争いの中に窓を突き破って魔法少女の虹野ゆりかが乱入して来る。106号室に集まる膨大な魔力が悪用され様としているのを防ぐ為にやって来たと言うが、孝太郎はおろか早苗にも信じてもらえずコスプレ少女扱い。

そこにさらにやって来たのは地底人のクラノ=キリハ。嘗ての大地の民の失われた祭壇が実はこの106号室にあったと言うのが判明したので明け渡して欲しいと言うのだ。礼ならちゃんと用意してある、と言って金の延べ棒をどっさりと。キリハの言い分は少しは理解出来る上に、これだけの金額を積んでくれるとあれば孝太郎は部屋を譲っても構わないと思ったものの、うっかりキリハがこれで霊力を集めて地上を征服する事が出来ると口走った為に孝太郎は断然拒否。いーじゃん、孝太郎は客人として扱ってくれると言うんだから他の地上人がどうなったってw
参考資料

またその上にさらにやって来たのは宇宙人のティアミリス・グレ・フォルトーゼ。実は母国の神聖フォルトーゼ銀河皇国の皇位継承権儀式としてこのポイントを平和裏に征服すると言う使命があったのだが、野蛮人の孝太郎に胸を触られた挙句に貧乳呼ばわりされたので俺の怒りが有頂天。忽ちに交戦状態に突入し、キリハがよく防御したものの惑星ごと吹っ飛ばす勢いに流石にそれもかなわないと思われたところでお目付け役のルースカニア・ナイ・パルドムシーハが諫止。これでは僅か何分かで皇位継承権儀式の失格者となってしまい、母上様に顔向け出来なくなると。

取り敢えずそれで矛を収めたティアだった、ここに至って騒ぎを聞きつけた大家の静香が怒鳴りこんで来る。そして部屋の惨状を見て怒髪天を衝き、全員を正座させ、事情を聞いた上で今後は局地戦でしょぼい戦闘をしろところな陸戦規定を締結させた。
参考資料

まあ、最初の早苗の騒動の時に来なくて、その後もあれだけ騒いで来なかったのだから、ラスボス扱いかなとは思っていたよ。しかし、他に住人は居ないのか?ひょっとして他の空き部屋に4人が入居して106号室を虎視眈々と狙う事になるのかな?

|

« 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・第2話 | Start | 東京ESP・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59973178

Folgende Weblogs beziehen sich auf 六畳間の侵略者!?・第1話:

« 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。・第2話 | Start | 東京ESP・第1話 »