« 精霊使いの剣舞・第1話 | Start | モモキュンソード・第2話 »

ハナヤマタ・第2話

予想通り才色兼備・秀外恵中・才貌両全と言うヤヤだったが幼馴染みのなるがハナとよさこいを始めて自立しそうになるとモヤモヤとした気持ちで心が落ち着かない。その挙げ句、なるはハナに唆されてよさこいやってると、ハナを攻撃する様な事を口走るからそれを聞いたなるとの言い合いになってしまう。

攻撃対象にされたハナがかえってふたりの諍いに困惑しちゃうと言う状態に。
参考資料

その結果、なるは自分がちゃんとよさこいを踊れると言うのを一週間後に見せてあげると宣言。こんな不本意な事態になってしまったヤヤと、ヤヤに自分がちゃんとやれる事を見せるんだと焦るなるをハナが取り持つ事に。

なるの一生懸命の練習を見てヤヤはあんな事言ってごめんねと。
うーむ、ヤヤが自分もよさこいやると言う宣言は未だですかねえ。
ありがちと言えばそうかもしれないが、少女達の葛藤がなかなか良かった。
参考資料

それにしてもよさこい専門店なんてものが存在するのか。ネットで検索してみたら、確かにネットショップはある。その傾向を見たら和装やお祭り用品のお店がやっている所もありそう。でも鎌倉にあるんだろうか。

ヤヤの実家はささやと言う蕎麦屋だった。
参考資料
ちょっと調べてみたが、鎌倉では全く同じ外観の店は無さそうで、似た雰囲気の店はあった。いずれにしても今度鎌倉に行ったらその蕎麦屋さんに行ってみよう。GO!GO!575の舞台探訪で鎌倉に行った時は東京亭と言う蕎麦屋さんに入ったのだが、まあ普通だったなあ。

|

« 精霊使いの剣舞・第1話 | Start | モモキュンソード・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59990296

Folgende Weblogs beziehen sich auf ハナヤマタ・第2話:

« 精霊使いの剣舞・第1話 | Start | モモキュンソード・第2話 »