« 星刻の竜騎士・第9話 | Start | ノーゲーム・ノーライフ・第9話 »

ブラック・ブレット・第9話

室戸先生の所にティナを連れて来たのはどんな理由なんだろう。蓮太郎のアジュバント勧誘の途中でたまたま立ち寄っただけ?まあそのおかげで蓮太郎の本性が室戸先生からティナに伝えられる訳だ。幼女ハーレム計画を推進中と言う。
参考資料

蓮太郎の序列が上がった事でこれまでアクセス出来なかった情報にもそこそこ辿り着く様になった訳だが、そこで見つけたのはガストレア戦争末期の消滅した筈の記録。ただ、そこにアクセスしようとするとアクセスキーレベルが不足していますとなる。一体どんな権限管理してるんだか。タイトルだけ見せて中身を見せないとか、なら最初からタイトルも見えなきゃ良いモノを。

室戸先生がそう言えば薙沢彰磨が来て、蓮太郎が居ないと聞いたらすぐに帰ったと言う。この彰磨は蓮太郎の天童式戦闘術の兄弟子だったが、ある日急に姿を消したと言う。しかし蓮太郎に会いにまずここに来るとかどう言う事なのか。天童民警に先に行けば良いのに。

バラニウム浸食液を注入されて2日。いよいよモノリスの白化が隠し通せなくなりマスコミがこの事を報道する。それを受けて聖天子の会見。モノリス 号はあと4日で崩壊する。代替モノリスは建造中であり、崩壊時に侵入して来るガストレアは自衛隊がこれを迎撃すると。

とは言っても、完全に防げるかどうかなど保証の限りではないので金持ち連中はさっさと脱出の準備中。地下シェルターに入れる人間も選別中。でも今回に限ってはもし東京が蹂躙されたら地下シェルターに入っても意味無いよね。何十年もそこに居られるのなら別だけど。

そんな訳で愈々ガストレア迎撃戦が本格的に動き出し、蓮太郎達は駐屯地へ。アジュバントって蓮太郎が集めている以外にもあったんだ。2000体のガストレアに対して蓮太郎のアジュバントだけだと悲愴な戦いになるなとは思っていたのだが、これだけ居たら何とかなりそうなんじゃ。ボロ雑巾の様なテント一張りに対して、こんな変態と一緒に寝るのは嫌だからねと言う弓月

ここでもアジュバントに勧誘する相手を探す蓮太郎に今度は延珠がつきそう。まず延珠が指摘した者はガチガチの防具を着ていて、あれは自分を護りたい一心からそうしているのだろうが、ガストレア相手にあまり意味がなく、かえって軽装で早く動いた方が良い、それが出来ていないヤツじゃダメだろうと言う蓮太郎。じゃあと言って軽装のを探す延珠で、一瞬スケスケなコンビを見つけてくれるのかと期待したが、ムキムキなプロモーターを見つけてしまった。やめてー。

そうやって歩いているうちに騒ぎを聞いて行ってみると、そこの鉄道線上で誰かがばっさり斬られたのを目撃するが鮮やかな斬り口で相当な手練れが相手と思われる。放置されている電車が営団3000系っぽいんですが・・・
参考資料

そしてまた駐屯地での喧嘩。片方の相手を見たら彰磨だった。腕の差は歴然としている。それにしてもこの喧嘩の理由が情けない。俺の酒が飲めないのかとか、いくらなんでも喧嘩の発端がしょぼすぎるだろ。

案の定、彰磨の相手の幼女はあっさり吹っ飛ばされるし、相手のプロモーターは彰磨の幼女に銃を切り刻まれる。彰磨との再開を喜ぶ蓮太郎に、彰磨の方から蓮太郎のアジュバントに入れて欲しいと言って来た。これは願ったりかなったり。その時に、線路上の件を聞いてみるが、何の事かと聞き返す彰磨。

でもあまりにすんなりと蓮太郎の欲する彰磨がアジュバントに入ったので、どうしても裏がありそうで気になる。

これで蓮太郎・延珠、片桐兄妹、彰磨・布施翠の3組6人のアジュバントになったが、蓮太郎はあと2組を加えて10人の構成にしたいと言う。この時点で当然ティナが頭数に入ってるんじゃなかと思ったら、入ってなかったんだね。木更がやって来て「あと1組よ」と言う。ティナが序列剥奪中だったから入ってなかったのを、木更が聖天子から序列復活を認めて貰って入ると言うのだ。でも透析を受けている木更をアジュバントに入れて危険に曝したくないと言う蓮太郎に、ティナが自分が加わるのはダメですかと、ロリコンに対して鋭い殺し文句。
参考資料
これで4組8人になるのだが、あと一組増えるんだろうか。

駐屯地のアジュバントに召集がかかって、彼らをとりまとめる我堂長政が演説。
長政、キャラを見た瞬間にこいつはガストレアに殺されそうな雰囲気だなと思った。
ひととおりの演説の後に、何か質問のあるヤツは居るかと睥睨すると、蓮太郎がさっそく聞きにかかる。我々は自衛隊の後詰めだが、なぜその場所なのかと。長政はここが一番自衛隊からの呼び出しに駆けつけられる位置だと言うが、蓮太郎のつぶやきはそんな時があるかと言うものだった。

ここで疑問なのだが、対ガストレア戦って、自衛隊でも可能なのか。だったら普段から治安維持部隊が東京内のガストレア掃討してても良さそうなもので、何故民警なんて組織が必要なんだろう。そして民警を動員するのに、呼ばれないかもしれないとか、どうしてそんな事が起きるのか。てっきり最前線に立たされて「俺たちは捨て駒かよ」と言う方の展開になるのかと思った。

|

« 星刻の竜騎士・第9話 | Start | ノーゲーム・ノーライフ・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59759558

Folgende Weblogs beziehen sich auf ブラック・ブレット・第9話:

« 星刻の竜騎士・第9話 | Start | ノーゲーム・ノーライフ・第9話 »