« ご注文はうさぎですか?・第12羽・最終回 | Start | 魔法科高校の劣等生・第13話 »

シドニアの騎士・第12話・最終回

第12話「旗艦」。今晩放送の「それでも世界は美しい」第12話最終回のサブタイが「帰還」なのは単なる偶然です。いや、ホントにw

全長がシドニアの20倍、体積が8000倍の巨大ガウナ542が小惑星を内包してシドニアにやって来る。回避行動をとってもガ542は追随して来る。纈司令補は対惑星誘導飛翔体をぶつけて粉砕する事を決意。ただ、対惑星誘導飛翔体はガウナによって無力化される為、それを防ぐ為に衛人を出撃。第一小隊は前面のガウナを破壊して対惑星誘導飛翔体が小惑星に衝突出来る様に、第二小隊はガウナ集合体の推進源を破壊する任務に。ところが第二小隊は出現したガ490通称702ベニスズメによって第二小隊長が血祭りにあげられ、あっと言う間に第二小隊が全滅。ベニスズメは第一小隊にも迫る。戦力を減らされた第一小隊ではガウナ正面を削り取る事が不可能となったのを見た纈はガ542の内部に空洞が多いのを見てヘイグス粒子砲を撃って穴を開け、内部から衛人でガウナを撃ち、外側のエナを泡状分解させようとする。

と言うのが前回まで。

ヘイグス粒子砲の攻撃は成功してガウナに開口部が出来る。第一小隊の各衛人には突入指令が出るが、仄煉は仲間の救出作業中、イザナは日和って傍観状態。長道は救援活動を仄煉に任せてガウナの中へ。この時に煉が烽の仇を討つために取っておいた弾を長道に託したのが後で役に立つ。
参考資料

開口部突入に向かった第一小隊の背後からベニスズメが迫るが、ベニスズメとの交戦は長道が引き受けて他は内部へ。ここから長道とベニスズメの格闘戦ですよ。それにしてもガウナの模倣能力は異常で、継衛の特別搭載装備を上回る。それでも互角に交戦する長道機にガウナ本体側からの攻撃が当たって長道は気絶。このままだと落下してやられそうになるのを外で傍観状態だったイザナが救出。日和っていてよかったなw

再びベニスズメと交戦状態に入った長道機だが、最後のヘイグス粒子弾を「あたれー!」と撃ったもののかわされる。ベニスズメ、まるでそれを見越したかの様に正面から接近。この時に長道は煉から貰っていた弾を思い出して装填しようとしたら、それを見たベニスズメが攻撃をかけて(あの反応はヘイグス粒子弾が空になったのを理解していたよね)弾体加速装置を破壊。弾体加速装置の破壊を確認したベニスズメは「星白、一機撃破」と言いながらゆっくり長道機へ。しかし長道は左前腕強制射出装置を起動してヘイグス粒子弾をベニスズメへ。誰もが、シドニアの司令部もそしてベニスズメさえも予想していなかった方法でヘイグス粒子弾がベニスズメに撃ち込まれる。

ガ490は泡状分解。そして第一小隊もガウナの本体に辿り着いてヘイグス粒子弾を撃ち込みガ542も泡状分解。
参考資料

イザナは煉に助けられ、そして第一小隊の生存者7機も掌位で脱出に成功。結局出撃48機のうち、10機だけが旗艦した。

そのニュースを見ていた岐神の所へ長道がやって来ていた。のこのこ何しに来たんだと思ったろうが、以前やった岐神の事は許せないがこのシドニアの為に岐神にまた戻って来て欲しいと。自分の存在意義を見失っていた岐神があの長道によってまた居場所を見つけられた思いがした様だ。

ひととおりめでたしめでたしで区切れそうだったが、字を書ける様になりはじめたエナ星白の所へ太書き用マーカーを持参した長道を待っていたのは空っぽになった部屋を見つめる田寛ヌミだった。ガ490の泡状分解とともに、エナ星白も消滅したんだろうか。

でも二期制作決定の直前の絵では人型ガウナがまたもや「谷風さん」って呟いていたね・・
参考資料

毎回がギリギリの戦い。相応に面白かった。二期もあるのでそっちも楽しみ。

|

« ご注文はうさぎですか?・第12羽・最終回 | Start | 魔法科高校の劣等生・第13話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59890978

Folgende Weblogs beziehen sich auf シドニアの騎士・第12話・最終回:

« ご注文はうさぎですか?・第12羽・最終回 | Start | 魔法科高校の劣等生・第13話 »