« 東京MXが「お前達にはフルセグでなくサブチャンネルを見せてる」と挑発をして来た件 | Start | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金第9話に俺妹の舞台の護国神社前登場 »

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金・第9話

重護がまたもめかしこんでお出かけ。また雪姫と?と聞く七々々に今回は委員長とだそうだ。重護はそれまでの様子もそうだが、委員長の夢路百合香が相当に好き?ごめんなさい嘘ついてましたと言うが、4人で行く映画とは言っても他の二人がゆんと鉄なのだからもうあと一歩で委員長とのデートみたいなものじゃないか。

映画はホラーだったらしいが、話は面白かったらしく映画後の軽食も和気藹々な雰囲気。しかし、そこに殺気を感じる重護は、やばいとすかさず委員長を押し倒す。殺気にかこつけたスキンシップですね!ところで殺気を飛ばしていたのはやっぱり雪姫なのか。
参考資料

同じ頃、唯我に依頼されて戦場を尾行していた徒然だったが、あっさり見破られる。唯我は見つかったら無理はせずにすぐに逃げろと徒然に言っておいたのだが、逃げられるものじゃなかった。あの先回りする能力もやはり七々々コレクションのおかげなんだろうか。そうやって追い詰められたらあの肆季へやったのと同じ様に暗示をかける戦場。その通りに崩れ落ち、もう立てない徒然。前回に続いてのこれはもう絶対何か七々々を使っている筈。動けなくなった徒然を徒然を戦場はメタクソにしたらしい。後から徒然が包帯人間になって登場する。

こんな感じで戦場がうろつくヤバイ状態なのに、重護&委員長と別れた鉄&ゆんの方は、あんな暗い夜道なのにゆんがもうここでいいよと言ったら鉄はそれじゃなと別れた。とは言ってもそれは上辺だけでこっそり後を見張ってるのだろうとは思ったが、ゆんが戦場に目を付けられてから鉄が登場するまではかなり時間があった。そのかなりの時間の間に戦場がゆんに向かって何かを引きだそうとしていたのに、ゆんの方は戦場に怯えていて、しかも今回が初対面と言う感じだ。戦場の方は過去に会った事がある様にしているのに。この事態と、ゆんがスリー・スカルと関係しているらしいと知って困惑する戦場。

そこに漸く鉄が参上。真剣を以て迫ると流石にあまり余裕をかましていられないと言う感じに戦場は上着を脱ぐ。これってひょっとしてやはり何かが使える様にした訳だろうか。鉄の動きを断然上回った動きでねじ伏せる。鉄が敵わないんじゃこりゃダメだと思ったが、ゆんの「おまわりさん、こっちだぞ」の声に、警察はまずいと退散する戦場。

でもそれはゆんの芝居で、それにしてもあまりに見え透いたよくある手口に戦場があっさり引っかかったものだ。

自分一人の力ではゆんを守れない。それを自覚した鉄は重護にゆんを守ってくれと頼む。若干筋違いと言うか、重護で良いと鉄は思うのか、と思ったが、これは参差が重護を名指ししたからだった。重護もそんな指名を受けたら引き受ける気持ちになるが、それにはちゃんと背景を言ってくれと。

そこで繋がる戦場の件。さっそく冒険部に行って戦場の事を聞いてみる。冒険部が出来た時の初代部長は今生霞。その頃は楽しく部活をして順調に七々々コレクションを集めていたが、霞が卒業して戦場が次の部長に就いてからは無茶な探索をして、部員がひとりふたりと抜け、ついにはある部員を捨て駒にして七々々コレクションを得た時には唯我も怒った。それがあのアバンの場面。でも唯我はちゃんと言い返せてないんだよね、あの時もクソメガネって言われて。

それにしても戦場がゆんを狙うのは何故だろうか。その謎は名探偵天災が解明してくれた。
参考資料
やはり天災が登場しないと盛り上がらないな。前回一年生が天災の所に来てごめんなさいと謝ってお金を渡し、なのに天災が非常に不機嫌だったのは全部ゆんのせい。ゆんが行方不明になったので探して欲しいと言われて動き始めたのに、天災が本格的にとりかかる前に帰って来ちゃったから依頼はもう不用になった、でも依頼料は払いますと言う話だったらしい。しかし天災にとってはお金がどうのと言うよりも、自分の推理が働く前に事件が解決していしまったのが非常に腹立たしく、無事にゆんが帰って来ても、何故行方不明になっていたのかを調査していた。

その結果、ゆんは行方不明になる前に戦場から遺跡の情報を探らされていたらしい。それが行方不明になり、スリー・スカルの庇護を受けて今回戻って来た。ゆんと戦場が何故繋がったのかとか、どう見ても今のゆんは過去の戦場をちゃんと覚えていなさそうだとかが謎なんだけど、経緯は以上。したがって、ゆんの知っている遺跡から冒険部が先に七々々コレクションを確保したら、もう戦場はゆんにつきまとう必然性を失い、その結果としてゆんを守れると言う事だ。

急を要する事なので、重護は七々々に直接遺跡のヒントを聞いてみる。七々々はショッピングモールの中にあるって分かっているのならちゃんと探しなよ、教えないと言うが、理由は言えないがどうか頼むと言う姿勢に気持ちを変える。得てして理由が言えない頼みほど本当に必要な頼みってのはあるよね。

七々々はひとつだけ条件があると言い出したので、天竺堂の和風黒蜜プリンですね!と重護が言ったら、いきなり二つだけ条件があると条件を増やしたw
参考資料

プリンのほうはおいておいて、その条件とは、そこで見つけた七々々コレクションは重護は絶対に使っちゃだめだと言う。一応その条件はのむ重護だが、七々々が成仏するのに必要な七々々コレクションなのにこれは一体どうした事だろうかと疑問を抱く。

でも使わないと七々々を殺したヤツへ辿り着けないんだろうか。
重護以外が使ったらどうなんだ。

|

« 東京MXが「お前達にはフルセグでなくサブチャンネルを見せてる」と挑発をして来た件 | Start | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金第9話に俺妹の舞台の護国神社前登場 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59770711

Folgende Weblogs beziehen sich auf 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金・第9話:

« 東京MXが「お前達にはフルセグでなくサブチャンネルを見せてる」と挑発をして来た件 | Start | 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金第9話に俺妹の舞台の護国神社前登場 »