« 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金・第6話 | Start | 舞台探訪・一週間フレンズ。・聖蹟桜ヶ丘編 »

悪魔のリドル・第7話

今回の犠牲者は「じゃのう」首藤涼さん。
7月14日、またこの日が来てしまったかと。

首藤が面白い物を見つけたのでここで一時の休息を取ろうと行った先は巨大な室内プール。学校の中に何故こんなものを作ったんだ。水着は色々用意してあると言うので、ロッカーの中を見繕う兎角達だが、兎角がスポーツ水着を見つけたロッカーの中に黒い手紙が。例の殺害予告状だ。

その瞬間、晴の後ろから時限爆弾を首に括りつけた首藤。
参考資料
一応予告状の方が一瞬先なんだね。

無理に外そうとしたら爆発する。タイムリミットの今夜0時が来ても爆発する。そして首の後には4桁のパスワードを入れられる様になっていて、パスワードが通れば外れる。しかしトライ出来るのは3回まで。この施設の中にこのカード4枚を隠したからそれを見つけてその4桁の数字を入れれば良いと。でも4枚見つけても順番が合ってないとドカンだよね。

そのパスワードを教えろと首藤に詰め寄る兎角だが、馬鹿だなあ、教える筈ないじゃん。

但し、カードの場所のヒントは予告状に。
一枚は森の中 隠すのに最適な場所に
一枚は水の中 大切なものと引き換えに
一枚は闇の中 声が導いてくれる
一枚は光の中 眩しくて見えなくなる前に
森の中は例の「木の葉を隠すなら森の中」だから同じ物のある所だろう。これはすぐ予想がつく。

兎角と晴は水の中から捜索を始めたが、他の連中は呑気にスイカ割りを始める。晴がドカンと逝っちゃっても所詮その程度のゲームだとか言うが、これまで失敗した連中がかなり必死だったのと比べたら執着がないな。

しかしスイカ割りがヒントになる。闇の中で声が導く、と言う事でスイカを裁断したら中にカードが。ダイヤの7。でもそんなカード、どうやってスイカに仕込んだ。

ここで英純恋子がトランプのカードならすぐさま4枚分かる方法があると言い出した。番場も気づいたらしい。そう言われて兎角も気がつく。首藤がさっき示したカードを広げて無くなっている4枚が何かを見れば良いと。すると7が全部無くなっているので「7777」だろうと言う事になるが、そんなに簡単なカラクリか?

案の定、入れてみたらエラー。罠でした!w

でもこの後、他の番号のカードが見つかるがたまたま最初に見つかったのが7なんだよね。だから欠落させるカードは後から決めなくちゃならなかったのに。例えば先に1が見つかって7が4枚抜けていたらこれは罠だってすぐ分かっちゃうから。すると首藤は兎角が7を発見した瞬間に手早く7を全部抜いたと言う事になる。

そうこうするうちに日が暮れて来て、真昼が真夜に。鳰が大仰に「ナイター証明も完備っす!」とポーズを取るが、これこそが「光の中」。照明が点いてしまって眩しくて見えなくなる前にカードを見定めようと睨む兎角。そしてその中に一枚があった。見つけたのは晴だけど。

2枚めはジョーカー。番号じゃなかったのかよ、と思ったものの、首藤がジョーカーはゼロ相当だと言う。

夜もふけてきたところで漸く「木の葉を隠すなら森の中」の発想を晴が気づいて首藤が持っていたカードをもう一度調べてみる。すると一枚だけ模様は同じながら濃さが若干違うカードを発見。

3枚めはスペードのA。

この時、ドカンと爆発音。でも何だか重々しさが無かったので何かと思えば溝呂木先生が「今日は首藤の誕生日じゃないか!」とクラッカーでお祝いに来たのだ。まあ、何か、色々外す先生ではあるが、実はこれが重要なヒントになるんだよね。

鳰が今日が誕生日なら、このミッションに成功したら誕生日プレゼントにもなるっすねなどと言いつつ、未だ聞いてない首藤の望みを聞いてみた。ナイス鳰w つーか、照明のヒントも鳰じゃないか。
参考資料

そこで首藤は「ハイランダー症候群」の説明をしてくれた。ある年齢で若いまま歳を取らなく病気で、過去に好きだった1歳違い、そして誕生日が366日(閏年じゃないとして)違いの男性と、身体が吊り合わないで別れてしまったのだと言う。だから普通に年をとって死にたいと。

馬鹿ですね、大馬鹿です。その男性。
何故こんな素晴らしい子と一緒にならなかったのか。
もう、ホントに馬鹿としか言いようがない。

それはともかく最後の1枚は水の中。そろそろ時間が無くなって来た。焦りながら探すから判断力が鈍って、ウォーターチューブの中に入ってみたのはよいものの、あっさり罠に捕まって籠の解錠キーとなったカードを使わざるを得なくなる。ここ、ちょっと描写が良くなくて、籠が落下したプールの底に解除カードがある。そんな場所とっくの昔に探している筈だから今更見つかるのはおかしい。だから本当なら籠に括り付けてある解除カードを見つける、と言うのが良かった筈。

兎角を救出に来た晴がカードが消えるのを躊躇わずに解除カードを使用。

残り3分を切りました。ここで伊介様が勝手に番号を入れてみる。7019。
まあ普通、ハズレだよねw

ここで兎角が気がついた。今日は首藤の誕生日の7月14日。まさか、誕生日?
ここでも鳰がナイスサポート。それってパスワードに使っちゃいけない数字ナンバーワンっす。

はい、その通りでした。これで0714を入れていたら、オシマイ。
それでも他に選択肢が無いのならと兎角は0714を入れようとするが、晴が止める。
首藤に大切な人が居た。その人とは誕生日が366日ずれていた。
大切なもののキーワードはここに効いてくるんじゃないかと。

正解です。

でもエラーの時は4桁目を入れた瞬間にエラーになったんだから、正解の時は最後にENTERを押さなくても正解だと分かるよね。まああれが解除ボタンって事か。

潔く敗北を認めた首藤。これまでで一番綺麗に立ち去れる。
参考資料
望みは叶わなかったけど、歳を取らない子を好きになるロリコン男性を見つけたらいいんじゃない?

|

« 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金・第6話 | Start | 舞台探訪・一週間フレンズ。・聖蹟桜ヶ丘編 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59659661

Folgende Weblogs beziehen sich auf 悪魔のリドル・第7話:

« 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金・第6話 | Start | 舞台探訪・一週間フレンズ。・聖蹟桜ヶ丘編 »