« 星刻の竜騎士・第1話 | Start | さよなら東京MX。画質劣化した東京MXから他局へ乗り換えのススメ »

マンガ家さんとアシスタントさんと・第1話

タイトルどおりだと主人公のマンガ家が愛徒勇気、アシスタントが足須沙穂都。勇気は考え事をしていたかと思ったらいきない「おっぱい揉みたい」と言う様なヤツで、当然の事ながら沙穂都は嫌がるが、作品の為にどうしてもやわらかい感触の様子を見たい(チラと言う。仕方ないので沙穂都は自分で揉んでみせる訳だが、どうして編集はこんなセクハラ野郎に女性アシスタントを付けたんだろう。
参考資料

人間としてはどうしようもないヤツかもしれないが、創作活動をする人間としてはこれだけの執着がある方が良い作品が出来るんじゃないだろうか。

編集は音砂みはり。勇気の「恋人だったらいつでも揉み放題」みたいな発想のマンガを矯正してるのだが、大変そうではあるものの、その馬鹿な話がマンガ的には実は面白いとかないんだろうか。

そんなみはりが下着の買い物に行った時に勇気と遭遇。勇気、作品の参考資料にと100,000円も買い込んでいたし、この店の常連らしい。変態の道連れにされたみはりは大迷惑。サイズまで見破られているし。
参考資料

OP見るとこの後も色々女性キャラが増えるみたいだが、みんなこんなのと付き合わされる訳か。
原作者のヒロユキ氏はあの懐かしのドージンワーク以来のアニメ化なんだね。

|

« 星刻の竜騎士・第1話 | Start | さよなら東京MX。画質劣化した東京MXから他局へ乗り換えのススメ »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59435548

Folgende Weblogs beziehen sich auf マンガ家さんとアシスタントさんと・第1話:

« 星刻の竜騎士・第1話 | Start | さよなら東京MX。画質劣化した東京MXから他局へ乗り換えのススメ »