« ノーゲーム・ノーライフ・第2話 | Start | 悪魔のリドル・第3話 »

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金・第2話

第2話が始まって何の話をしているのか?ひょっとして録画ミスって途中からの録画になったのか?と思ったが、第1話の最後の場面をちゃんと覚えていなかった事に気がついた。気がついただけ覚えてない訳じゃないのだが。

あのチカチカと光りながら落下して来た物体を拾って帰った重護。七々々に見せたらこれは七々々コレクションの一つだと言う。これを通して見ると相手が嘘をついている場合には黒っぽい影が見える。へーとか感心する以上に仕組みに疑問を抱かないのか、重護。

こんな物が何故空から勝手に降って来たのかと言うと、実はこれを盗んだヤツらがいた。不義雪姫と椴松鷲のふたりだが、椴松がヘマをした(と言うか、非常に偶然)せいで椴松はおそまつと雪姫から罵られる。トド松とおそ松が居るのなら、カラ松、チョロ松、一松、十四松はどこですか?ところで能登さん、今回は雪姫だそうだけど、昨期のウィッチクラフトワークスでは白姫やってましたな。

この盗まれた七々々コレクションの行方は別のペアも追っていて、そのペアは怪盗団に対して探偵団の壱級天災と星埜ダルク。「てんさい」って天才じゃなくて天災かよ。ゴミ収集所を探った結果、犯人達は盗んだ物にパラシュートと発信器をつけてこちらに飛ばしたものの、ゴミが散乱している上にパラシュートと発信器だけが残されている事から、どうやら先に誰かに奪われたのだろうと推理する。そう言う痕跡からそう言う推理は良いかも知れないが、そもそもトド松くんがパラシュートと発信器をその場に残すと言うのが間違っている。ゴミを漁って散らかしたのは放置しても、普通は痕跡を消す為にパラシュートと発信器は回収するだろう。

天災、周囲の状況を観察した結果、そのちゃっかり者は近くのコンビニで買い物をして通りがかった時にそれを拾い、そして持って家に帰っただろうと推理し、コンビニに防犯カメラに該当時間に写っていたヤツとそれが住んでいそうな所をしらみつぶしにして重護の所に辿り着く。さらに、防犯カメラの映像から、重護がメイドさん好みと判断して、最初にドアを開けさせる役目にはメイドコスのダルクを使って反応を眺めていた。

これもまあ推理はいいんだが、コンビニはこいつらに勝手に防犯カメラの映像を見せちゃダメだろ。

ゴミにまみれたせいで臭くなった天災は重護の所で風呂に入ってさっぱり。そして上に書いた様な推理の過程を開陳するのだが、ビデオの中で重護がアレな雑誌を見た後でポケットに手を突っ込んでナニしたのとか、わざわざ分析するのは酷い。しかしそこに分析が至るのはいかがなものか。私はポケットに手を入れたのは財布を確認する為だと思ったよ。それなのに七々々はダルクの解説前に気がついていたみたいだね。

ここまで責められて、盗品を返せと言われたので重護は天災にあれを渡してしまうのだが、重護も重護で、身分がはっきりしないこいつらに元に返すからと言われて渡すのはどうなんだ。その後のテレビのニュースで盗品を返そうとした天災が犯人扱いされている画面があったから返そうとしたのは事実と認識したが、それにしても間抜けなオチのある天災であった。
参考資料

この天災とダルクは重護のクラスに転校して来る。転校とか、安易な接近だが天災にとっては重護はどんな価値があるのだろう。七々々との同居にはさして興味を持っていなかった様だし、天災は七々々コレクションを返しに行った位だから集めている訳でも無いだろう。

そして重護にはまたもメイドさんがアプローチ。大切な用があるのと迂闊に釣られて行ってみればそこには冒険部部長の唯我一心が待っていた。男に用はねえと帰ろうとしたらさっきの優しそうな顔をしたメイドさんが一転して態度を変えて重護を殴る蹴る。
参考資料

仕方なく話を聞いた重護だが、一心は七々々コレクションや七々々の事を知っていて、重護のアパートに来て七々々と会った時には既に顔見知りの様だった。しかも極上のプリンの献上品まで携えて。コンビニの防犯ビデオの様子には怒った七々々だったが、もう機嫌は直していてそんな七々々に重護は成仏したいか?と聞いてみた。七々々は私に居なくなって欲しいのかと聞き返すが、重護としてはもし望むのなら七々々をちゃんと成仏させたかったらしい。でも同棲ごっこでもないのに、ずっと居られるのもどうなんだw 幽霊のくせにプリン代もかかるし。

そんな事もあったせいか、重護は冒険部に入ってみる事にした。入部テストがあると言うが、これに天災とダルクもついて来た。ある部屋にある宝箱に辿り着けと言うものだが、重護が部屋に入ってみれば部屋の中の机などが変形してダンジョンに。どこにそんな仕掛けがあるのかと言うのは置いていておいて、それに重護は挑むものの落とし穴とかに阻まれて外に放り出される。普通死ぬぞ、それは。でも重護は受け身を取ってなおも繰り返す。これだけの事が出来るんだから、前回七々々に勝負を挑んだ理由はそれなりに納得出来る。

何回か目に天災とダルクも参加。ダルクはあっと言う間に外に放り出されるが、天災はその場にある物に注目し「木曜日の時間割で忘れ物が無い様に」本をしつらえたら安全な道が表示される。最後の一歩はお弁当。これを踏んで目的の宝箱まで辿り着いて入部テストはクリアされる訳だ。

ちょっと抜けた面もあるが天災はちゃんとした推理キャラだった。
そしてあすみんはちっちゃいキャラの方が似合うw
参考資料

|

« ノーゲーム・ノーライフ・第2話 | Start | 悪魔のリドル・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59491433

Folgende Weblogs beziehen sich auf 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金・第2話:

« ノーゲーム・ノーライフ・第2話 | Start | 悪魔のリドル・第3話 »