« ディーふらぐ!・第10話 | Start | いなり、こんこん、恋いろは。・第9話 »

東京レイヴンズ・第22話

「このわしが夜中に携帯で呼び出されてつきあわされるとはの」

この時の会話で大友先生は夏目の復活ではなく、春虎の救出が目的の陰陽庁への殴り込みと分かる。正面から陰陽庁への攻撃をしかけたのは道満。マリリンが迎え撃つが木暮が片付けた筈の道満が出現して浮き足立つ。マリリンは結界が専門みたいだから及び腰になるんだろうな。あっと言う間に陰陽庁の建物に道満の式神が取り付く。そこに宮地の声。陰陽庁全体に結界を張れと言われて、宮地が来てくれて心の支えが出来たマリリンは陰陽庁全体に結界を張る。それを受けて宮地が道満の式神を焼き尽くす。
参考資料
おお、ここから道満と宮地の術比べかなと思ったのだが、道満さんの活躍は今回はこれ位か。

その隙に陰陽庁の中に入った大友先生の方は鏡と対決。こっちも大友先生と鏡の術比べかなとも思ったが、やはりここまで。なんだよー、二人の活躍をもっと見せろ。

陰陽庁の中では春虎が六人部によって長官室に呼び出される。その過程で六人部や多軌子が今回の夏目の事は全くの予定外だったのを春虎に話す。多軌子に至ってはこの結果に心を乱して鎮静剤で寝込んでいるらしい。でも長官室の二人は別だ。

源司は自分が黒幕なのを春虎が知ってもそんなには驚かないのを訝る。実はアバンで登場した蜘蛛が真の敵は源司だと伝えていた。この時点ではあの蜘蛛は道満の式神なのかと思っていたが、違った。

春虎は源司に自分を手に入れて何がしたいのかと聞くが、以前の夜光のやろうとした事が土御門と倉橋と大連寺の合作で、それを今改めて成し遂げようと言うものらしいが、それによって何が起きるのか。夜光がやろうとした時代は戦時中の事だから戦局を引っ繰り返す為の物だったんじゃとも思えるが、今の時代に何するんだ。ひょっとして我が帝國を再び世界に冠たる国家にしてくれるとでも言うのか。だったら応援しちゃうよw

泰山府君祭によって夏目を生き返らせると言うが、至道の様に多軌子の式神になるだけじゃないのかと疑問を呈する春虎に対して、泰山府君祭と言ってもやり方は色々、鈴鹿の様に自分の命との引き替えにする方法もあるが、そうじゃない方法だってあるのだと。そしてそれが出来るのは我々だと言う答だ。

だから我々と一緒になって夏目を蘇生させるか、否かを選べと。

夏目を生き返らせるにはそれしかないと思う春虎はその道を選ぼうとするが、ここにコンが出現。春虎の前に平伏して必死の諫止。
参考資料

あの者達を信用するのか?信用していないが仕方ないと言う春虎に、仕方ないでその道を選んで良いのかと。あの悪党達の周りで死んで行った者達がどんな顔をしていたか。春虎の腕の中で満足げに亡くなった夏目とは対照的ではないか。よしんば彼らに任せて夏目が生き返ったとして夏目が笑顔を取り戻せるのかと。それでもなおも夏目をと言う春虎にコンは思い違いを知らせる。夏目を生き返らせるのは春虎自身の手で出来る筈だと。春虎、ここまで自分の未熟さを毎回思い知らされていたから自分で泰山府君祭が出来るなどとは全く考えていなかった。それをコンが示したのを見て至道は舌打ち。

やれやれここまでやっても思い通りに行かないものだなと言う至道は甘言を弄するよりも実力行使に出ようとするが、そこに例の蜘蛛が介入。その扇とその声は神扇天海か。あの蜘蛛は天海が残した意識なのか、それとも天海が未だ生きてるのか。
参考資料

天海の抵抗も、人ではない至道には効かず扇はへし折られるが、今度は外に冬児が。
冬児達、秋葉原駅前に集まって陰陽庁に来たものの、来てみたら道満が陰陽庁を襲撃。或意味好機なのだが、その時の京子の様子がちょっとおかしい。あれってひょっとして京子の目を通して源司が彼らを見ていたのか?前回天馬を見た時の京子の視界がゆがんだのもそれなのかもしれない。そしてひょっとしたら天馬は別行動を取ってどこかのタイミングで両親が残したスワローウィップを膨大に使用して冬児達を助ける場面があるんだろうか。

|

« ディーふらぐ!・第10話 | Start | いなり、こんこん、恋いろは。・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59281972

Folgende Weblogs beziehen sich auf 東京レイヴンズ・第22話:

« ディーふらぐ!・第10話 | Start | いなり、こんこん、恋いろは。・第9話 »