« 舞台探訪・そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-・小岩 | Start | ウィッチクラフトワークス・第8話 »

ゴールデンタイム・第19話

帰京した万里を香子が、いや光央達が出迎える。この後万里の帰京会を焼肉バイキングレストランやるのだが、やっぱり「ききょう」って聞くと「帰郷」の方を先に連想してしまって1秒ほど「あれ?」と思ってしまった。

焼肉バイキングの席上で光央が万里と香子におまけんのビデオを撮らせてくれと頼む。11月にある学祭の個人制作ビデオの題材にしたいのだそうだ。映研だからね。話は分かったが、一存で決められる訳でもなく、先輩に聞いてからと言う事だが、そもそも何故おまけんなのか。そうしたら光央がここで早々とぶっちゃけた。おまけんに目当ての人が居る。リンダ先輩がそれでこれを機にもっとお近づきになりたいと言うのだ。うは、躊躇いなくぶっちゃけたね。ここまではっきりと事情を聞いたので万里と香子はじゃあ先輩に話をとおしておくと約束。ありがとうと頭を下げる光央だが、その横の千波の表情が微妙。
参考資料

肉を取りに行く時に光央は万里達が既に気づいていた事を知る。とは言ってもあの場面じゃ割り込んで行くよりも本人達に任せておく方が良いとなった訳で、それは仕方あるまい。一方で光央が今まで黙っていたのは万里に気兼ねしていたからだと言う。確かに万里とリンダは仲が良いし、しかも郷里が同じ静岡だし、なんだか特別な関係がある感じがしたからだと。俺に黙っている事は何か無いのかと言う光央にとまどう万里。これじゃ万里とリンダの関係をいつまでも光央に黙っているのは良くないと思いつつ、かと言って一言で言える関係でもない。迷っているうちに光央の方が引っ込んだのでこの場では何も話さないまま。でも万里は早い内に香子と一緒に光央に話しておいた方がいいね。こう言うのって物語中では絶対バレるからw

その晩、万里のマンションに来た香子にその話をしたのかと思ったら、そっちではなくてミラーの方。確かにこっちも大事な事だ。香子はこのミラーが万里を守ってくれたんだろうと全然気にしていない。ちゃんと話せばこんなもんだ。代わりに・・と、実家で母から貰った指輪の事を思い出す。これを香子にと思ったものの、はたと思い止まる。指環のプレゼントって言ったらまるで求婚じゃないか。それをここでこんな形で渡していいのか。て言うか自分は香子と結婚していいのかとか。あのラーメン親父が着いて来ていいのかwとか。悩む万里に逆に香子からのプレゼントがあった。

万里が指環で悩んでいたからあの立派な包みの中にはひょっとして高価な物がとおもったら、なんじゃそりゃ。私は東京タワーかと思ったが、エッフェル塔だそうだ。エッフェル塔って、それって即ち・・・OKサイン!

万里を押し倒し、つつつ、つまりそう言う事なの!で電気を消した香子。とうとうやっちゃうべる。
むすばせさせられるぞ。私達は今宵漸くおとなのかぬけなになにぬるなろ。

香子、本気だ。これは隣のNANA先輩が割り込まない限り邪魔が入らない筈だから行く所まで行くのか・・・と思ったら香子の様子がおかしい。食べ過ぎて吐きそうらしい。緊張すると消化器の運動がおかしくなるしなあ。せっかく妖艶な下着姿にまでなったと言うのに吐きそうだし、例のエッフェル塔は額に落下するし。そんな訳で今日もお預け。

先輩の許可が通り、部員の同意も取れて光央はおまけんの撮影に入る。しかしリンダが酷い目つきでこれを見る。凄く不機嫌そう。当然光央は声をかける機会もない。練習終了後にリンダが目で万里に対して「おまえ、ちょっとツラかせ」と言うシグナルを送る。それを感じた万里が香子に話してちょっと言って来るから光央を頼むと。
参考資料

路地裏に連れて行かれた万里は怒りのリンダにケツキックを受ける。何でそんなに怒ってるんだ、何故そんなに光央の事で怒ってるんだと言う万里とリンダは知らないうちにため口の言い争い。そのうちにリンダが突き飛ばして万里が犬の糞の上に倒れたから大学に洗いに戻る事になる。人気が無く、静かな大学・・・ああ、文系ってこうなのかな。理系だと実験とかで残ってるのが多いんだけど。

とりあえず漸く落ち着きを取り戻して話をする事が出来る。リンダは近づいて来た光央にどう接していいのか分からなくなっていたのだ。あんな女の子がみんな寄って行く様な男が何故私みたいのを気に入ってるのか。いやあ、人の好みなんて分からないからw それはともかく、リンダの様なさっぱりした性格ならそんな事に悩まないんじゃないのか。どちらかと言うと万里が差し金した方に怒ってるのかと思ったよ。

そんなため口の言い合いをしてた所に千波がやって来る。千波が万里に話があると言うのでリンダは先に帰るのだが、リンダが居なくなった時に千波が豹変した。

変だよ。何故あんなにリンダ先輩と仲が良いのか。光央が好きな相手なのに何であんな関係なのか。香子にだって申し訳ないと思わないのか!と。怒りの言葉をぶちまけたまま千波は立ち去ってしまった。
参考資料

えー。
千波、どうしたんだ。そこまで言うか。
所謂男女関係が無くても仲の良い男女って居るんだよ。そう言うもんなんだけど、妙につっかかる。
多分、根底に光央があるよね。

|

« 舞台探訪・そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-・小岩 | Start | ウィッチクラフトワークス・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/59186699

Folgende Weblogs beziehen sich auf ゴールデンタイム・第19話:

« 舞台探訪・そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-・小岩 | Start | ウィッチクラフトワークス・第8話 »