« Januar 2014 | Start | März 2014 »

舞台探訪・ジュエルペット・サンシャイン・東急プラザ蒲田屋上のグレ太の観覧車

明後日(平成26年3月2日(日))で無くなる東急プラザ蒲田屋上のグレ太の観覧車です。
放送中は気づかなかったのですが、昨年頃にグレ太の観覧車が無くなると言うニュースを初めて聞いた時にここがジュエルペット・サンシャインの舞台になっていたと言うのを知りました。

無くなる前に一度行っておこうかなと思いつつ、とうとう最後の週となり、やはりそうなると行かざるを得まいと意を決して行って来ました。

ジュエルペット・サンシャイン第28話Aパート「ダブルデートでイェイッ!」
「ここはメザワヤの屋上よ~ん」(皆口さんの声で再生)
参考資料
参考資料
これは蒲田駅南にある環八の陸橋から望遠気味で撮れます。
建物の外からなので、明後日を逃しても何日かは大丈夫かと思います。

観覧車のゴンドラ
参考資料
参考資料

花音様は待望の御影君とのデートでふたりきりの観覧車に乗ります。
乗ります・・・乗ります・・・

さて私はどうしましょうw
還暦が射程内に見えて来たと言うのに、別に孫連れと言う訳でもないのに、果たして一人で観覧車に乗るべきか?

ここまで来て乗らないと言うのはいかがなものか。ましてやこの観覧車はもう無くなるのだ。
意を決して観覧車に乗りました。
一人で。
御影君は花音様と一緒なのにね。
参考資料
参考資料
ゴンドラはジュエルペット・サンシャインみたいな広さがありません。
真ん中に支柱はあるし。
そこまで広角なカメラじゃないので、これが限度。

ついでと言うと申し訳ないですが「殺し屋さん」第7話で登場したのもグレ太の観覧車かと。
参考資料
参考資料
観覧車自体は形が違いますが、観覧車の手前にある建物が同じですね。

| | TrackBack (0)

銀の匙 Silver Spoon 第2シーズン・第7話

過労で倒れて出られなかったエゾノー祭の写真を見ている八軒だが、気にくわない写真は削除。あれ?削除してるって事は誰かが八軒のカメラで撮っておいてくれたのかと思ったら、それ別府のカメラだった。ひどいよ八軒、他人のデータ消すとか。
参考資料

祭の後、ばんばレースをやった畑は元の状態に戻されるし、ばんばのソリも痛ソリから普通のソリへ。なにもかも元の生活に戻るのだが、駒場だけは選抜高校野球大会出場を目指した北海道大会に出場する為に札幌へ行っていた。高校野球の仕組みを知らないのでちょっとぐぐったら「出場校の決定は秋季都道府県大会と地区大会の実績と地域的なバランスを考えた選考を前提としている」のだそうだ。ニュースではよく各高校に電話で出場が決まったと言う連絡が入るシーンが写されるので、大会優勝で確定と言う訳でも無さそうだが。

馬術部では本日は中島先生がお休みと言うので代わりに校長がやって来て、学祭で馬も疲れているから本日の部活はお休みと告げる。ぽっかりと空いてしまった時間をどうするか。八軒はエゾノー祭の前に御影と今度二人で出かけたいと約束したのが未だ有効と確認して、話題に上った大蝦夷神社に行かないかと御影を誘う。実際ではどの神社なのかと馬の形の絵馬で検索をしてみると、帯廣神社らしい。エゾノーのモデルの帯広農業高校からは市街地を挟んで反対側の北側。

寮から八軒と御影が外出しまーすと出て行くと、その後を常磐が無神経にも追って来る。せっかく八軒と御影が初デートみたいなお出かけの筈なのにこいつと来たらと思った矢先、刺客が常磐に次々と襲いかかるw
参考資料

女子の結束力凄い!
ささ、行きなさいと言うサポートでめでたく二人でバスに。御影は彼女らが何故あんな事を知ってる訳だが、八軒は理由が分からずきょとんと。

ところが大蝦夷神社に行ってみたら他にも先客が居る訳ですよ。相川とか。あちゃー、初のデートはお預けですなあ。神社に来たからと言って必ずしも絵馬を書かねばならないって事もあるまいが、御影にとっては馬の形をした絵馬と言うのがちょっとポイントだったので、御影も八軒も相川達と一緒に絵馬を書く。とは言っても何を書くか悩む八軒。

「健康とか願ってもじじむさいしなあ」
がーん、がーん、がーん!
じじむさくてごめんなさい。
参考資料
しかし、聖地巡礼のおかげで神社に行ったら(大体)必ず絵馬を描く習慣がつきましたw

相川は獣医になる!と言う目標があるが、それが無い八軒は駒場が野球部が勝つのを願った。そして同様に御影も。八軒は神社からの帰り道の堤防で、相川がなりたいものが決まってるのを羨むが、でも高校で決めちゃわないといけないって物でもないだろう。

大会第1戦、エゾノーの試合は終盤でピッチャーが駒場に交代。相手の攻撃を封じ込めて1勝。ベスト8。あと3勝したら優勝して甲子園の可能性が出てくる。決勝戦になったらみんなで札幌に応援に行って、八軒に札幌を案内して貰うなどと盛り上がる。次の試合、授業中だが先生がBGMを流してくれたw 相手は甲子園常連の強豪校だが、今回も駒場が最後をしめて準決勝へ。八軒はこれなら札幌行きもありそうだとか言うが、それは何か負けフラグだなあ。

次の相手は夏の甲子園出場校。試合を見たい八軒達はテレビを求めて牛舎の監視室へ。監視モニターがTVになるらしい。牛の出産の合間を見てTVの方にするのだが、良いところで産気づいた牛の出産に八軒が手伝いにかり出される。序盤は負けていたが中盤で逆転。そして再び八軒が戻って来ると駒場がマウンドに立っていて最終回1点リードながらノーアウト満塁の場面。こんな緊張する場面で登板なんて絶対耐えられないと言う八軒だが、駒場は激しい闘志を見せて次々と打者を打ち取る。そして3人目、打率や本塁打が化け物の様な強打者登場。しかし今日は負ける気がしねえと言う気迫の駒場はストレート勝負。打球は打ち上がって詰まり気味。これなら確実に取れると思われた打球は、運命のいたずらで捕球直前に吹いた風で落下地点がズレてヒット。エゾノーの秋季大会は終わってしまった。

決勝には進めなかったものの、これなら来年は駒場で行けると言い合う八軒とクラスメイトだが、こんな来年の話はどちらかと言うとポシャるフラグ。その証拠になるのか御影の表情が暗い。既に「八軒には関係ない」と言われていた御影と駒場の相談があったので、駒場の甲子園の道は暗いものがありそうだ。
参考資料

| | TrackBack (0)

いなり、こんこん、恋いろは。・第7話

文化祭のクラス劇の配役で丹波橋と恋人のペアの役を引き当てようと気合いで籤を引くいなり。
参考資料
気合いの結果、見事に丹波橋との恋人役を引き当てる。しかしアバンの時はこれは単なる演出かと思ったのだが、実は後から大事な話の前提になっていたんだね。

嬉しい気持ちでいっぱいのいなりはこの事をうか様に話す。ただ、あまりに良い話なので不安になっているらしく、この先に何か悪い事が待っているんじゃないかと。いなり、そう言うのは好事魔多しと言うのだ。普段以上に気をつけていればいいんだが。神無月はうか様も出雲に行ってしばらく居なくなるのでそれが不安だと言ういなり。

そこにうか様の母の神大市比売からの手紙をミヤちゃんが持って来る。とっとと見合いして良い男神と結婚しないと高天原に置いてあるグッズを全部廃棄すると言う脅し。震え上がるうか様だが、何故伏見稲荷みたいな大きな社を持っていてグッズを高天原に置いて来るか。

いなりの心配はとりあえずは何があっても私がいなりを護るよと言ううか様の言葉で解消して、劇の練習にいそしむいなり。そしてここで劇を盛り上げる為と言う事でキスシーンが入る事になった。いくら見せかけとは言ってもキスシーンと言う事で舞い上がるいなり。そりゃ中学生だし。しかし、ここから不穏な方向に向かい出す。これも神通力のおかげですねなんてコンが言うからいなりが驚く。あの籤引きは神通力のせいだったのか。無意識に使ってしまったのか。自分はズルをしてしまったのかと。

それ以降はどんどん負の方向の考えがいなりの頭の中を覆い出す。練習もその事が頭にこびりついてうまく行かない。おまけに桃山からはいなりが丹波橋と仲が良いからと言う事でラブレターを渡すのを頼まれ、自分の神通力が丹波橋と他の子を邪魔しているんじゃないかとこれを引き受けてしまう。それにしても他の女の子にラブレター渡すのを頼むとかどうなんだ。仲の良い男の子の方を選ぶんじゃないのか。

一方の丹波橋だが、またも学校に出現した大年神を見かけたいなりが言い合いになっているのを見かけて、あれがいなりの彼氏なのだろうかと思い違いをしてしまったりする。ただ、このおかげでいなりへの意識が明確になり出すのだが。

いなりが悩んでいた頃、うか様の方は兄の燈日が会っていた。最近遊びに来ないからと言うのが理由なのだが、いやあそれってどう見ても彼女を誘ってるみたいなもんじゃないか。歩いて話しているうちにうか様の見合いの話になる。ただ、見合い相手が自分の官位だけを目当てにしているのが嬉しくないと言ううか様に、これだから女はとか、口を滑らす燈日。ガキじゃ有るまいし(いや、ガキかw)もっと正直な言い様があるだろうが、そのせいで言い合いが始まる。まるで中坊ですな、二人共。二人っていうか、一人&一柱なんだけど。
参考資料

いなりを護ると言っていたうか様がこんな有様なのだが、いなりの友人達の方も文化祭の準備でいなりの様子に気がついていない。桃山からのラブレターを丹波橋に渡さないとなと屋上で思っていたいなりだが、その一方でこのラブレターが無かったらなどと思ってしまった為に風に飛ばされて無くなってしまう。またも自分の神通力でこんな事にと思ったいなりは桃山に変身して告白する事にした。こんが言う様にそんな事に神通力を使っても誰も幸せにならないと思ったが、丁度屋上に来た丹波橋に対して桃山の姿になったいなりはすんなりと自分の気持ちで「好きです」と言える。その結果が丹波橋の改めてのいなりへの気持ちと、それによる桃山へのお断りの返事。でもこの丹波橋、告白した相手に断っておきながら好きって気持ちはなんだろうななどといけしゃあしゃあと問いかける。これ、中身がいなりだったから良かった様なものの、本当の桃山だったら泣き出したんじゃないのか。

ともあれ、そう言われていなりが思ったのは夢中になる事じゃないかと言う答。自分が丹波橋をどう見ていたかと言う点からの答えだった。そして丹波橋は丹波橋でそう言う事だったのかと。丹波橋に断られちゃったと桃山に伝えたら、桃山も自分で何もして来なかったから仕方ないと納得して、結果的にはあのいなりの変身は全部丸く収めた事にはなった。

いなりは劇の練習がうまく行かないのもあって、自分の神通力で取ったと思う劇の姫役を降りる事を言い出す。当然ながら今更とびっくりするみんなだが、代役に手を挙げた子が居て姫役はその子に。泣きながら辞退したいなりを見てキスシーンがあるのが彼氏に憚れるのだろうかと思う丹波橋だったが、そんな感じの話を監督と丹波橋がしているのを墨染達が聞きつけて激しく迫る。特に墨染w
参考資料
いなりに彼氏が居る訳ないじゃない。それは友人の私達が分かってる。大体そんな事を丹波橋が思ったらいかんと。何故か怒られた形になった丹波橋だが、その一方でいなりに彼氏がいなくてとほっとしている自分を見つける。

こんな墨染達の抗議があったからひょっとして劇はいなりが復帰するのかと思ったが、いなりは大道具係を忙しくこなして劇は終了。

学祭が終わってうか様と久しぶりに会ったいなりが劇の姫役を降りた事、それは自分の神通力で獲得したものだから仕方ないと言う話をしたが、それをたまたま燈日が聞きつける。なんだそれは。いなりには何もしていないと言ったじゃないかとうか様を責める燈日。しかし弁解の間もなく、うか様は高天原への銀河鉄道へ。

まーた、燈日はうか様に悪い印象を持っちゃったね。

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第20話

陰陽師界に激震が走る。土御門夏目は女の子だった。

そんな事になっているとも知らずに夏目達は平和な花火大会の日を迎えようとしていた。夏目はもう女の子である事を隠す必要が無いので春虎とコンビニに行くのにもそれらしい服を選んで出かける。たかがコンビニに行くのになんて春虎は言うけれども、一日前のディーふらぐ!の高尾だってたかがコンビニでも好きな男の子との場合はそれなりの身なりで出るものだw
参考資料

かき氷を二人で食べていたら、夏目が春虎の方のを物欲しそうに見ていたので春虎が食べるか?とスプーンを差し出してくれる。これは「あ~ん」の場面なのだが、そのままいっちゃうのか。まあ、別にあ~ん程度なら邪魔が入らなくても良さそうではあるが。しかし、夏目が春虎の膝にかき氷が溶けてたれてしまったのを発見して未遂で終わる。

春虎がズボンを洗いに行った時に嘗て渋谷の街で遭遇したあの片腕の男が夏目の前に現れる。彼曰く、春虎の状態が良くない。下手に封印が解かれたせいだと言い、何かあったら早乙女涼を頼れとも言う。

春虎とのコンビニへのお出かけはまだ本番じゃない。本番は花火大会。花火大会の場所は隅田川、浅草で、ありゃ、夏目はいつもの制服姿になってしまった。もうみんなは女の子って分かってるんだからコンビニに行った時の格好とか、この後やって来る京子の様に浴衣姿で良かったのに。もっとも、浴衣は持ち込んでいないかもしれない。

冬児・鈴鹿・京子・天馬と落ち合って赤い橋桁で目立つ吾妻橋から見物。花火の上がる方向には駒形橋。なんだか橋のスパンが狭い気がするが・・・
参考資料
と思ったが、その後ろにスカイツリーが見えたりして、色々あり得ない風景に思えた。

前回仲直りした夏目と京子はすっかり仲良くなっていて、どうやら京子との約束で今日こそは夏目の気持ちをはっきりと春虎に告げる事になっていたらしい。そのお膳立てを京子がする。喉が渇いたから春虎が飲み物を買って来てちょうだいと。それに便乗してみんなが次々と注文。冬児は麦系の炭酸飲料って、いいのかそれ。その春虎に夏目も一緒に買いに行くと言う事で二人きりになれる計算。これ、偏食だと他人任せに出来ないから「一緒に買いに行く」と言うのは不思議じゃない。

しかしそうやって飲み物を買いに行った先が人気の無い川縁ってのはいかがなものか。そんな場所に飲み物を売ってるのかと思ったし、あんな花火大会の日に隅田川の近場であれだけ人気のない場所なんてあるのかとも思った。ともあれ二人は人気の無い場所に行った訳であります。

そこで夏目があの祭の日の絵馬の事を話し出した事で、漸くにぶい春虎君も北斗を式神としていたのが夏目だと確信が持てる様になり、この機会に夏目が告白を・・・と言う場面で当然のごとく妨害が入る。

多軌子が鴉羽織を持って来て真の土御門泰純の子供に鴉羽織を着せて夜光を顕現させようとするのだ。京子からの話で夏目が実は女の子だと聞いて、泰純の本当の子供が女の子では無いと言う倉橋源司の指摘で、本当の夜光の生まれ変わりは春虎だと分かった為だ。それにしても多軌子の理論はちょっと奇妙で、夏目が土御門泰純のせいで犠牲になったと言う部分が妙に強い。まるで鴉羽織を春虎に着せるのは夜光の顕現もさる事ながら、夏目を土御門家の呪縛から解き放つのも大目的みたいな口ぶり。

こうして多軌子は夏目や春虎の意向を無視して、相馬家の宿願を果たす為に鴉羽織の発動を開始。夏目が北斗を使ってそれを防ごうとするも、六人部の強さが尋常じゃない。そこに急を知った(どうやって知った。やはり呪術戦を感知したか)京子・鈴鹿・冬児が応援に駆けつけるが、これだけ総掛かりになっても六人部が止められない。冬児がくるくるっと弾き返されたのは今日の見所ですw
参考資料

そして遂に鴉羽織が春虎に。しかし、それは多軌子の期待した格好ではなかった。鴉羽織に取り込まれた様な春虎が暴走。これではまるで霊災ではないか。夏目や鈴鹿・冬児が追うが、まるで手が付けられない。どうしたら春虎を止められるかと考えぬいた夏目はこれまでの言葉を思い出す。春虎が中途半端に封印を解除された事。そもそも土御門泰純の実子である春虎が見鬼の能力すらないなんて筈は無かったのだ。それを見える様に夏目がしたと言うのは、泰純の封印のごく一部を夏目が解いたと言う事。だから中途半端だと言われた訳だ。だったら、春虎の全封印を解くしかないではないか。

春虎の封印を解く為に夏目が特攻を仕掛ける。鴉羽織による攻撃を身に受けながら、春虎に辿り着いて、封印の解除。そのおかげで春虎は本来の姿を取り戻すものの、その代償として夏目が・・・

えー、(最期に)告白出来て良かった。でも春虎の返事を聞きたかったな、なんてのはこれで終わっちゃう人の言葉ですよ。いや、いくらなんでも、夏目がここで完全に死んじゃうとかは。

| | TrackBack (0)

ディーふらぐ!・第8話

チャックボーン事件について呼び出された堅次と高尾。

あの事件以来真似をする連中が続出なのだとか。いや、勝手に真似されているのを堅次と高尾にどうのこうの言われても。特に堅次に。高尾にしたって単にジャージのファスナーを(無理に)しめただけなんだし、そもそも真似する方がどうかと思う。それを男同士で再現しようとする連中だけしめあげろ。

逆に堅次はいつも生徒向けのジャージを着ている大沢先生はどう思ってるんだと聞き返す。大体、なんで生徒向けのジャージなんか着てるのか。すると語られる大沢先生の過去。昔、この学校に赴任した時に、八王子から通勤するだけでボロボロになっていた(そもそも府上高校ってどこにあるんだ)。そのボロボロになっていた大沢先生に卒業生のと・・・登戸がジャージを残して行ったのだ。そんな大事な話なのに、顔も名前も覚えていない大沢先生。
参考資料

なにはともあれ、この件で高尾は関係ないだろと先生方を説得する堅次。何かと言うとすぐに自分のせいと思い込む高尾がこれでまた堅次にフラグを立てられてしまう。

だから生徒指導室から出た後で、高尾は堅次に今回の件で庇ってくれてありがとう、今度の日曜日に何か奢らせて、と言うのをしどろもどろに言うと、深い意味など考えない堅次が奢ってくれるのかラッキーとばかりに承諾。そんな訳で高尾と堅次は日曜日に二人で食事をする事に。それってデー(ry

当日、長い行列に並んでいる二人の姿。奢る店になんでまたこんな行列の出来る店を選んだんだと思ったが、この行列は食べ物屋の行列じゃなかった。当日朝、未だ嘗て無い気合いで服を選んで出かけようとしていた高尾に母が思いがけない言葉を投げかける。今日のゲームの発売はいつになく気合いの入った服で出かけるのねと。ここで初めて今日がゲーム発売日と気がついた高尾、堅次との約束とダブルブッキングした訳だが狼狽したあまり堅次に別の日にしてと言わずに堅次をゲーム発売の列に並べてしまった。何故俺はこんな場所にいるのだと文句のひとつも出る堅次。大体、何のゲームなんだとうっかり聞いてしまったばかりに、高尾の長口上を聞く羽目になる。そりゃゲーム部の部長だからなあ。

やっぱり俺は帰る、また今度な、と立ち去ろうとした堅次だったが、ちょっとは察してやれよ、高尾の気持ち。だから高尾は以前の貸しをたてにしてこの行列に付き合えと命令せざるをえない。大事なカードを1枚使ってしまった気もする。こんな行列、一番先頭のヤツはどんなヤツなんだとふと見てみると。
参考資料
これは嫌な予感しかしないw

いつもテントをはる人が一番に並ぶらしいが、高尾は今迄それがどんな人なのか確認した事がなかった。いつも列が動き出す時には寝落ちしていたから。でもあれはどう見ても芦花を示唆するテント。そして中から出て来たのは案の定芦花。それを知ると堅次とふたりで一緒にいるのを見られたらまずいと慌てた高尾は隣の魔道師のコスプレを奪って堅次に被せて自分はその背後に隠れる。

列を歩いて来た芦花は目ざとく堅次を見つけ、堅次がしらばっくれてもダメ。高尾が後ろに隠れているので早く追っ払いたい堅次だったので、さっさと行けと言うが芦花は堅次が魔道師のコスプレまでしているのだからファイアーアーチャーを使っている場面を再現するまで立ち去らないと言い出す。しかし、そんなにずっと列から離れていていいのか芦花。

仕方ないからやろうとするが、あのコスチュームは短いから立ち上がると後ろに高尾の脚が見えてしまう。そうやってバレない様に、堅次が立ち上がる時に高尾は堅次におぶさった。堅次にしがみつく形になるので、高尾のでっかい胸が堅次の背中に「あててんのよ」。

とは言っても、堅次はこのゲームなんてよく知らない。やれと言われても出来そうにないのに、となりの元々の魔道師のコスプレのヤツはもとよりもう片方のヤツも含めてノリが良いから一緒にやってくれて、なんとか乗り切った。去り際に芦花はあの袋はどうしてるかと堅次に聞くので、堅次はどうしていいか分からないから鞄に入れて持ち歩いてると答えると、芦花は満足そうに先頭に戻る。でも高尾は堅次が芦花の袋を大事にしているのが残念。芦花が去ってもうコスプレは要らないと外に出た高尾だったが、気持ちが悪いと言って走り去ってしまった。後にはゲームを買うのにつきあわされただけの堅次が取り残し。丁度そのタイミングで発売が開始。

思わず堅次の所から逃げ去った高尾だったが、ふと気がつくと今日の目的だったゲームを買わずに一体自分は何をしているのかと。でもここにゲームを買って堅次が追いつく。あんなに長い行列だったのに何故こんなに早く追いつけたかと疑問に思った高尾だが、あの場の列に並んでいた連中が高尾の気持ちを思って堅次に順番を譲ってくれたのだ。さあ、買って早く彼女を追いかけろと。
参考資料
なんだよ、このやさしい連中は!

今回初登場の高尾家、三姉妹なんだが、母の胸の遺伝子を受け継いだのは高尾だけか・・・って、名前が出てこないからどの高尾か特定出来ないじゃん。

| | TrackBack (0)

ウィッチクラフトワークス・第8話

アバンでかざねがいつもと全く違う格好をしていたので、屋敷を破壊されてとうとうこんな状態にと思ったら、過去の話だった。綾火が中学生になった頃の話。鬼灯火苗と氷尾凍子を呼び出してこれまで学校生活をした事の無かった綾火の学友とさせた。凍子は生徒会で副々生徒会長になったとかで記憶には残っているが、鬼灯の方は全然残っていなかった。この時から綾火に付き随っていたのか。

中学校に通い始めた綾火だが、勉強は出来るがそれ以外の社会順応性が無い。それをいちいち鬼灯が口添えしてやる。さされたら前に出て解答し、テニスでは球を打ち返す。

綾火はあんなに無愛想なのに当時から一般性とにちやほやされ、世話役としていつも傍にいる鬼灯が邪魔者扱いされると不機嫌そうにする場面とかもあった。そしてあれだけ目立つと校内の不良にも目を付けられ、取り囲まれたらちょっと血液の温度を上げてやって、全員その場に倒してしまう。今度やったらぶっ殺すつもりで。

そんな綾火が図書室で調べ物を始める。近辺の中学校を列挙してしらみつぶしに観察しに行った結果、見つけたのが仄らしい。しかし何を目的に探して、何を基準に仄が選ばれたのか。仄はその時に一瞬だけ綾火とすれ違ったが、あれでは記憶には残るまい。
参考資料

でも夢の中では綾火の意識が流れ込んだのか、仄は何となく過去の綾火の事を見る。それにしても、ずっと添い寝していて、目覚ましの鳴る頃に一旦部屋から出て仄を起こしに部屋に入るとは。この妙な一途さが綾火なのか。

起こされた後に仄には綾火の診察が待っていた。封印の一つが解けて白姫が出て来てしまい、このままだといずれは全部の封印が解けてしまうが、それは避ける様にとの事。しかし、ナースな格好での診断とか、またも霞に見られてしまう。おまけにKMM団の5人までもう隠れずに一緒に朝食を摂っているので霞にはこの事態が許せない。
参考資料

綾火によって生徒会長に祭り上げられた仄は、地位に相応しい力量を見せようとするが、先生に指されて解こうとした問題も解けない。それは綾火が中学生の時に解いた問題。って言っても何だか分からない高分子の問題をどう解けと。

そこに追い打ちをかける様に校内の風紀の紊乱が突如として発生。綾火がこれは反乱、権力者に不満を持つ民衆の反乱よと言う。つまるところ、現在学園の頂点に居る仄のふがいなさに反乱が起きたと言う話だが、いくらなんでも突然のこれはおかしい。これには首謀者が居て、乙女橘りのんが仄に反旗を翻した結果だった。放課後体育館に一人で来いと果たし状を仄に渡す。これは自分ひとりで行って解決しなくちゃならないと、綾火には一人で行くと言うが、今回の綾火は妙に素直であっさり仄をひとりで行かせてしまった。

体育館に行ってみると既に決闘の用意が出来ている。りのんの怒りは友人の元生徒会長が理不尽にも仄によってその地位を引きずり下ろされたのが原因。いやまあ、現象的には確かにそうで、問答無用でりのんは仄に殴りかかって来る。例によって仄の痛みは綾火に置き換えられているから激しいりのんのパンチも受け止める事が出来、綾火に教わっていたトドメのストレートに対してカウンターを入れる。

でも仄にはいくらあんなりのんでも女の子を殴れない。そのまま固まってしまった所で電源が落ちる。

KMM団が飛来するが、謀ったな!と言うりのんはKMM団を一蹴。相変わらず雑魚だなKMM団。そして逆に仄に一撃を加えようとするが、綾火がそれを許さず、りのんをボコる。その結果、照明が再点灯した場面では仄がりのんを打ち倒した事に。いくらなんでもその格好はバレるんじゃと思ったら、観衆には綾火やKMM団は見えないらしい。
参考資料

この後、怒濤のからくり暴露。りのんを煽った元生徒会長は綾火の仄支持率上昇作戦の片棒を担いだだけで、ただ、これが芝居と言うのをりのんが仄をボコるのはいいかもなんて考えて芝居だと言う所まで話さなかった為にここまで荒れた。そんなに荒れたら干渉して来そうな理事長のかざねは仕事で不在でクロノワールが理事長代理。クロノワールじゃ面白がってどんなに荒れようと干渉して来ない。他にも干渉して来そうな霞は母の迎えで不在だった。綾火が仕組んだからこそのタイミングか。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第19話

帰京した万里を香子が、いや光央達が出迎える。この後万里の帰京会を焼肉バイキングレストランやるのだが、やっぱり「ききょう」って聞くと「帰郷」の方を先に連想してしまって1秒ほど「あれ?」と思ってしまった。

焼肉バイキングの席上で光央が万里と香子におまけんのビデオを撮らせてくれと頼む。11月にある学祭の個人制作ビデオの題材にしたいのだそうだ。映研だからね。話は分かったが、一存で決められる訳でもなく、先輩に聞いてからと言う事だが、そもそも何故おまけんなのか。そうしたら光央がここで早々とぶっちゃけた。おまけんに目当ての人が居る。リンダ先輩がそれでこれを機にもっとお近づきになりたいと言うのだ。うは、躊躇いなくぶっちゃけたね。ここまではっきりと事情を聞いたので万里と香子はじゃあ先輩に話をとおしておくと約束。ありがとうと頭を下げる光央だが、その横の千波の表情が微妙。
参考資料

肉を取りに行く時に光央は万里達が既に気づいていた事を知る。とは言ってもあの場面じゃ割り込んで行くよりも本人達に任せておく方が良いとなった訳で、それは仕方あるまい。一方で光央が今まで黙っていたのは万里に気兼ねしていたからだと言う。確かに万里とリンダは仲が良いし、しかも郷里が同じ静岡だし、なんだか特別な関係がある感じがしたからだと。俺に黙っている事は何か無いのかと言う光央にとまどう万里。これじゃ万里とリンダの関係をいつまでも光央に黙っているのは良くないと思いつつ、かと言って一言で言える関係でもない。迷っているうちに光央の方が引っ込んだのでこの場では何も話さないまま。でも万里は早い内に香子と一緒に光央に話しておいた方がいいね。こう言うのって物語中では絶対バレるからw

その晩、万里のマンションに来た香子にその話をしたのかと思ったら、そっちではなくてミラーの方。確かにこっちも大事な事だ。香子はこのミラーが万里を守ってくれたんだろうと全然気にしていない。ちゃんと話せばこんなもんだ。代わりに・・と、実家で母から貰った指輪の事を思い出す。これを香子にと思ったものの、はたと思い止まる。指環のプレゼントって言ったらまるで求婚じゃないか。それをここでこんな形で渡していいのか。て言うか自分は香子と結婚していいのかとか。あのラーメン親父が着いて来ていいのかwとか。悩む万里に逆に香子からのプレゼントがあった。

万里が指環で悩んでいたからあの立派な包みの中にはひょっとして高価な物がとおもったら、なんじゃそりゃ。私は東京タワーかと思ったが、エッフェル塔だそうだ。エッフェル塔って、それって即ち・・・OKサイン!

万里を押し倒し、つつつ、つまりそう言う事なの!で電気を消した香子。とうとうやっちゃうべる。
むすばせさせられるぞ。私達は今宵漸くおとなのかぬけなになにぬるなろ。

香子、本気だ。これは隣のNANA先輩が割り込まない限り邪魔が入らない筈だから行く所まで行くのか・・・と思ったら香子の様子がおかしい。食べ過ぎて吐きそうらしい。緊張すると消化器の運動がおかしくなるしなあ。せっかく妖艶な下着姿にまでなったと言うのに吐きそうだし、例のエッフェル塔は額に落下するし。そんな訳で今日もお預け。

先輩の許可が通り、部員の同意も取れて光央はおまけんの撮影に入る。しかしリンダが酷い目つきでこれを見る。凄く不機嫌そう。当然光央は声をかける機会もない。練習終了後にリンダが目で万里に対して「おまえ、ちょっとツラかせ」と言うシグナルを送る。それを感じた万里が香子に話してちょっと言って来るから光央を頼むと。
参考資料

路地裏に連れて行かれた万里は怒りのリンダにケツキックを受ける。何でそんなに怒ってるんだ、何故そんなに光央の事で怒ってるんだと言う万里とリンダは知らないうちにため口の言い争い。そのうちにリンダが突き飛ばして万里が犬の糞の上に倒れたから大学に洗いに戻る事になる。人気が無く、静かな大学・・・ああ、文系ってこうなのかな。理系だと実験とかで残ってるのが多いんだけど。

とりあえず漸く落ち着きを取り戻して話をする事が出来る。リンダは近づいて来た光央にどう接していいのか分からなくなっていたのだ。あんな女の子がみんな寄って行く様な男が何故私みたいのを気に入ってるのか。いやあ、人の好みなんて分からないからw それはともかく、リンダの様なさっぱりした性格ならそんな事に悩まないんじゃないのか。どちらかと言うと万里が差し金した方に怒ってるのかと思ったよ。

そんなため口の言い合いをしてた所に千波がやって来る。千波が万里に話があると言うのでリンダは先に帰るのだが、リンダが居なくなった時に千波が豹変した。

変だよ。何故あんなにリンダ先輩と仲が良いのか。光央が好きな相手なのに何であんな関係なのか。香子にだって申し訳ないと思わないのか!と。怒りの言葉をぶちまけたまま千波は立ち去ってしまった。
参考資料

えー。
千波、どうしたんだ。そこまで言うか。
所謂男女関係が無くても仲の良い男女って居るんだよ。そう言うもんなんだけど、妙につっかかる。
多分、根底に光央があるよね。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-・小岩

そにアニ第7話のそに子一人旅胎内編がとてもよくて、すぐにでも新潟県に行ってみたい程でしたが、何しろ今は未だ雪のシーズンで(2/20に早々とそに子聖地巡礼で胎内スキー場に行った方の写真)、先週雪の飯能で大変な目に遭った程装備が脆弱な私にはちょっと無理。

その代わりには全くなりませんが、第2話でフウリが総武線の運転見合わせで秋葉原のライブ会場にこられなくなって小岩で足止めされている場面です。
参考資料
参考資料

美鈴がタクシーで迎えに行きます。
参考資料
参考資料
この道、アーケードがある立派な道かと思ったら凄い狭い。
そしてこの道は小岩駅から東に向かってる道なのです。一方秋葉原はずっと西です。強いて理由を考えると蔵前橋通りをタクシーは東進して柴又街道との交差点を右折してそちら側から小岩駅前に入って来たと見なせます。

この仮説は美鈴がそに子にタクシーの中からフウリを迎えに行ってるのと電話する場面で荒川を渡っていると思われる橋が上一色橋らしいと言うのが支持します。
参考資料

大きな地図で見る

| | TrackBack (0)

のうりん・第7話

命と食を学ぶ農林高校生として一番大切な事「お残しは許しまへん」

とは言っても、食べきれなさそうな量の料理と言うのは本来の主旨からは外れているのではなかろうか。でもお残しは無しと言う事で規格外の野菜が大量に貰えた分を全部たいらげる。それが何回も何回も何回も。

必然的に肥える訳だが、(ノ∀`)アチャー林檎まで。
参考資料

肥えた分は農作業にせいをだして、一杯身体を動かしてなんとか元の体型へ。しかしここで林檎の大豆畑に異変が発生していた。根っこの所に白いもやもやが出て来たと。え、それはどう見ても菌類。菌類はやっかいなんじゃないの?と思ったが耕作は割合あっさりと黴かな?水をやりすぎると今の時期黴が生えるんだよねとか言ってくれる。まあ林檎は水をやりすぎていたのは事実。休み時間に様子を見に行こうと畑に行ってみる。しかし、状態を見た耕作の顔は曇った。土を掘ってみたら生やさしい事態ではなかった。白絹病。
参考資料

対処は糸状菌にやられた大豆は全部焼却処分。土の中に菌が残るとまた後で発症するので、土ごとの入れ替え。つまり林檎の大豆は全滅と言う事か。大ショックの林檎。

食事にも出て来ず、寮の部屋でそっとしておいてやるしか無いが、農は耕作が話をしてやってと言う。耕作ならと。耕作は農業の話を林檎にしてやる。農業は嬉しい事もあるが大変な事もある。大変な割には現代社会ではあまり報われない。しかも天候や病害虫や伝染病などで収入が不安定だし。だったら何故農業をするのかと言う林檎の問いかけに耕作は今はまだ答えを見つけていないと。

答えの出ていない会話ではあったが、農業をやって誰しもそう言う困難には向き合うのだと言うのだけは林檎に分かって貰えたかも知れない。

林檎の心配をする耕作と継であるが、その二人の様子を見ていたバイオ鈴木がBL物としてキャッチ。突発本を1部500円として壁サークル「フランケン」なら1,000部は固いとそろばん・・・電卓を弾くマネー金上。えー、もしそれがコミケでだとしたらそんな甘い計算じゃないんじゃ。壁サークルなら1部1,000円で10,000部が相場では。ウッドマン林太郎も来るし、ローズ花園も来るし。なんだよ四天王揃って林檎の応援か。バカなだけじゃなかったんだな。

そんな事のあったある日、急な降水。雨の音に耕作が目を覚まし、続いて継も飛び込んで来る。直ちにクラスの総動員がかかってトマトの緊急収穫。アバンであちーと言っていた暑い日々の後、これだけのまとまった降水があるとトマトがいきなり水を吸い上げて実が割れる。割れる前のトマトを摘もうと言う総動員だった。

割れてしまったトマトは刻んでピューレなどに。みんなもくもくと作業をする姿に林檎は疑問を抱く。農業の困難とは何なのだろうか。自分の大豆は糸状菌にやられたし、トマトは雨にやられた。耕作は屋上に林檎を連れて行って自分が思っている農業をやる事の喜びを林檎に話した。自分の作った物が誰かを喜ばせている。食べた誰かが凄い人になったり、そうでなくても誰かが元気を出してくれるかもしれない。そう思って作っていると。耕作が言ったのはミクロなレベルでの人と人との関わりだが、私は個人的には農業は人類そのものに重要だと思っている。食べられなくちゃ生きていけない。産業化前は農は国の根本と言っていたが現代においても将来においても人類は農産物無しで生存出来ないのだから。何年先か何十年先かあるいはもっと先かもしれないが、人口を減らす事を知らない人類はどこかの時点で食料を巡って血みどろの戦いをする筈。

耕作の話を聞いて林檎はアイドルをやっていて酷く疲れて何も食べられなくなった時に耕作が送ってくれた野菜が力をくれたと言う話をする。あれ?耕作が送ったと言うのは秘密だった筈じゃ。確かに林檎は何を調べたのか分からないがこうやって耕作の送った野菜をたよって田茂農に来た。それはそれでおかしいなと思っていただが、林檎はさらに耕作のくれた手紙が楽しみで、耕作と文通してからこの学校に来たくなったと言う。

あれ?あれ?
文通って何だ?

送ってくれた手紙と写真を林檎が見せてくれた。それを見て犯人は分かった。農がそれだったのだ。まあ確かに送り主も書かないでアイドルに野菜を送りつけたら普通はそのまま廃棄だよね。名前と手紙があってもどうかとは思うが、ちょうど林檎が疲れていた時ならマネージャーだってひょっとしてファンの送ってくれた野菜ならとサラダにしてくれるかもしれない。農はサポートしたと言う事なので、耕作は文句は言えないが、名前を騙って騙した林檎にはどうなんだと言うと、それはあっさりと謝る。

しかし、ここで大変な展開が。
あの文通相手が農と知った林檎がずっと会いたかった相手としてすっかり農になびいてしまったのだ。
参考資料
いや~あ、これはこれで良い話なのだが、耕作は報われんねw

| | TrackBack (0)

凪のあすから・第20話

第2クールに入りおまけに作品背景の舞台がここに来てとうとう発見されるなどで盛り上がっている凪のあすからですが、海人の4人組の中で陸上に残ったちさきに加えて5年後に相次いで目覚めた光と要に続き、ガラスが欠ける様な音を頼りに渦の中を突っ切って入った汐鹿生にまなかも見つかる。しかし、すぐに目覚めるだろうと思われたまなかがなかなか目覚めない。そもそもまなかは光や要と違って、汐鹿生の中で眠っているうちにエナが剥がれ落ちているからと無理に陸上に連れて来たので、光や要と同様の手続き(と言っても分からないんだけど)で目覚めるとは限らない。

眠り続けるまなかに対して光が色々手を尽くすが、起きる気配は一向に無し。起こす手段はうろこ様が知っているだろうと連日海に潜ってみてもうろこ様は見つからない。要は海の水が冷たくなってないかと言うが光は否定。本当の所はどうなんだろう。もし冷たくなって来ているのなら光と要が冬眠から目覚めたのとは逆行していないか。

時間を惜しむ光がいっそ学校を休んでうろこ様を捜すかと呟くと、今の生活をまなかのせいで犠牲にする姿勢に美海が反応する。いつ起きるか、ずっと起きないかもしれないまなかの為に学校を休むのはダメだと。そうなんだけど、その言い方はまなかがいつまで経っても起きる気配を見せない為に焦っている光には突き刺さるよね。起きないかもしれないと言うのを心の底で封印しているのに、それを明るみに出すのだから。

だから光は不機嫌になるし、その結果として美海は何て事を言ってしまったのだろうと後悔する。それはまた別の場面でさゆと一緒に目覚めさせる方法を図書室で探していた時にもさゆから指摘された。さゆは方法を探しあぐねて、眠れる森の美女の様な誰かのキスで目覚めないのか、そう言う思いが目覚めさせるんじゃないかと言う。当然それをするのは光と言う事になるのだが、光がまなかにキスと聞いて、根拠も無いのにそんなのダメと強く否定するが、方法が分からない以上色々やってみるべきなのにそれを封じる美海ってまるでまなかがこのまま起きてくれない方が良いと思ってるんじゃないかと。自分の中にそう言う気持ちがあるのかと考えて驚く美海。
参考資料

夕方のメロディをヒントにあのおふねひきの日の歌を聴かせたら目覚めるんじゃないかと言う事で、至に人を集めて再現して貰いたいと光・ちさき・要で頼み込む。その録音が出来て光は眠れるまなかに聴かせるのだが、それがカセットテープかよ!しかし晃が光にいたずらしてしまった為にそのはずみでレコーダーが録音側になってしまった。これが後から悪い事になる伏線かなと思ったが、それはなかった。五感を刺激(「股○を刺激」じゃないよ!)作戦は実は美海も考えていたが、汐鹿生の三人が自分とは別の所で一緒に動いていて、相変わらずその中に入れないと感じる。でも五感を刺激作戦は功を奏さない。やはりうろこ様が鍵を握っていると言う事で、繰り返し海に潜る。今度はちさきも加わって。濡れそぼったちさきは大人の装い。
参考資料

そんな無理を重ねた事で光が過労で倒れる。美海もその光を看病する為に仮病でお休み。そう言う事にしておいてやるかと、あかりも後を美海に任せる。

まなかが起きても自分は喜べるんだろうかと思う美海に紡は自分も光や要が目覚めなければいいかもしれないと思った事があったが、実際に目覚めてみたらこれが嬉しいんだ(だから美海も大丈夫だよ、とは口数の少ない紡はそこまでは言わないけど)と。それでふっきれた感じの美海、さゆに言われた事を光に薦める。

「キスして!」

いやいやw、いきなりそんな事を言ったら自分にキスしてって意味にとられるだろ。慌てて否定するが、美海ではなくてまなか相手だと言ってもそんな事が出来るかと光は声のトーンを上げるが、そんな光に対して

「ひーくん、女の子そんなに怒っちゃダメだよ」
と言う声ありけり

「うぇ?」
参考資料


EDが白いもやの状態から明るくなったね。

| | TrackBack (0)

いなり、こんこん、恋いろは。・第6話

三条さんと仲良くしている伏見さんになりたい!と言う墨染の願いを何とか叶えてやりたいと思い詰めるいなりに反応してうか様の神通力がいなりに流れ込み、またしてもあの高天原での暴走の様になりかける。しかし自分の中の神通力を安定させなくてはならないと言われていたいなりは今度はこれをこのままにする訳には行かない、どうしたら墨染の為になるのかを考え始めた。墨染を自分にさせる?いや、それは以前自分が墨染になっても何の解決にもならなかったではないか。思いと考えが落ち着きを取り戻すにつれて神通力の奔流も収まりだす。

私も墨染になりたかった、と言うのを伝えて自分に無い物をねだってその相手になってもはじまらないと言うのが墨染に分かって貰える。それで漸く神通力が溢れるのが収まった。そこに帰りが遅いと言うのを心配した京子とちかがやって来た。ちかと墨染が顔を合わせて今日の旅行これまでの雰囲気を謝るが、いなりも一緒に。三人になる事でどっちが悪かったとかじゃなくなってる。まあちかも京子より墨染がイイヤツだと分かったしw

そんな訳で、墨染はジュース買って来ると言って出たそのジュースをちかに渡すのだが、強炭酸だったやつをさっき落としたものだから勢いよく吹き出したジュースがちかをずぶ濡れに。

どうせこれから風呂にと言う事で、4人一緒に風呂に入る事になった。
さあ、風呂だ。
参考資料
いくら何でも肉あまりすぎだろうと思ったら、伏見父かよ!

その頃、京都に残った兄の背後にはうか様が。そりゃそんな出現の仕方したら背後霊と言われても仕方ない。こんな時間からゲームがしたいとか言い出すのだが、どんな心境なんだか。親の居ない家にこんな夜中に女人・・じゃなくて女神を家に連れ込む訳には行かないと思ったかどうかは知らないが、明日にしろと。

ところが翌日は朝っぱらからうか様来訪。燈日は最初は怒ったが追い返すのも気の毒と、ゲームの相手をしてやる事にする。燈日の気持ちもよく分からないんだなあ。一緒に遊んでやるものの、全然勝てないとほっぽり出して、自分は中二なサイトの更新に向かってしまう。これって近所のガキが遊びに来たけど、面倒くさくなって好きにしてろって態度と同じで、そんな意識と思っていいんだろうか。それでもうか様がアルバムをひっぱり出すと何だかヤバそうな写真は隠す。

アルバムの写真を見てたった10年でヒトはこんなに大きくなるものなんだなあと、例の大年神の忠告したヒトの時間をしみじみと感じる。まだ燈日が小さかった頃に伏見神社の中で迷ってしまったのを、人間の女性の格好に化身して連れ帰ったのをうか様はついこの間の様に覚えているが、燈日はもう覚えていないかも知れない程の昔。

いなり達の方は翌日は相変わらず海辺で遊びながらバーベキュー。伏見父が何故か意地になってバドミントンで京子と対戦している。バドミントンは素人には無理。いや、どんなスポーツもそうだろうけど、見た目で侮りやすいので特に。素人がやるとまったく羽根の来る方向について行けない。その挙げ句に翻弄されて体力使っちゃう。

その京子の勇姿を見て墨染が宣言。私、三条さんが好き!
参考資料
この発言に萌えるちか。どうやらちかはバラとか百合の漫画を描いてるらしいw

そんな墨染の言葉を受けて、帰りのおみやげ屋ではちかは京子と墨染に色違いのおそろいのストラップを選んでやる。ついでにいなりには丹波橋におみやげ買って行かなくていいのか?と。

おみやげも買って家に戻って来てみれば、2階から降りて来るうか様。
参考資料
事後ワロタw

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第19話

今回の話は何だかバラバラしていてちょっとパリっとしなかったが、つまるところ夏目が女の子なのを隠して男の子のフリをしていたと言うのは、なんだよ友達騙してひでえヤツだな、でも変わらない友達だぜとかそんなレベルじゃなくて、陰陽塾も陰陽庁も揃ってそんな事に気がついておらず、実はそれはとても重大な事だったと言う点に尽きるだろうか。

京子の案内で夏目の所にやって来た多軌子。でも京子は相変わらず夏目達との蟠りが解消されておらず多軌子を夏目の近くまで連れて行っただけでそのまま立ち去ってしまう。ここからの多軌子の行動がなんだか無理な展開で、以前会った時は君たちと同じ陰陽塾の生徒だよとか言っていたのに、今回はそんな事をすっかり忘れたかの様にこんな生活って初めてなんだとか。その話が解決されないまま今度は土御門家炎上についてごめんなさいとか。見てる方は裏事情が掴めているが、夏目や春虎にとっては「訳が分からないよ」だと思う。

腹を割って話をする為に多軌子は夏目に呪術戦をやろうと言い出す。それって大して会っても居なかった相手にいきなり拳で語り合おうって感じに見える。そこそこのやり合いながらも多軌子の方が押していると、土御門の力はそんなものなのかとか、夜光の生まれ変わりがそんなものかとか、言われて応酬が激しくなると、近くで見ていた春虎の方に反応が現れる。とうとうヤバそうな局面で頼りになる大人が登場。
参考資料

大友先生がこの場をおさめ、春虎が暴走しそうだったのも止めてくれる。登場時には怪しい先生だったのが今やすっかり頼れる先生になっている。そして現在夏目と京子が仲違い中でその原因が夏目が女の子だったのを隠していたからと聞くと、もの凄く驚く。私はここまで陰陽塾は夏目が女の子なのを隠して男の子と振る舞っているのを知っていると思っていた。だからこの隠し事は夏目が思っていた様な「家のしきたり」だけで済まされず、大友先生はもっと大きな事を隠しているのだろうと推測する。

その上で、京子との仲違いは今すぐ京子の所に行って謝り倒して来いと言うと、流石信頼されている先生の言は違う。すんなりその言葉を受け容れてすぐさま京子の所へ向かった。一方で大友先生は塾長に夏目の事を話すと、あの狸婆倉橋美代ですら夏目の事に気がついておらず、実は大変な隠し事だったのだ。
参考資料

京子の所にあやまりに行った夏目だったが、京子は自分だけ謝ってそれですっきりしようなんて思わないでよと。京子が幼い頃に土御門家に行って会った初恋の相手が夏目だと思い込んでいたのが違った訳で、それは春虎だったのだが、だとすると夏目と京子は恋のライバル。なんだかこれも妙な感じで、つい最近まで初恋相手だと思っていた夏目が恋のライバルとか、そんなあっさり心の整理がつくものなのか、京子。これからは正々堂々と競い合いましょうと言う代わりに、北斗の事は春虎にちゃんと話す様にと。

さて、陰陽庁長官室に来た多軌子。多軌子の式神と言う新キャラがいまさら登場。つまりはアニメのシリーズとしてはもう終盤だけど原作はまだまだ先があるって事か。多軌子の事を姫と呼び、長官に対してはふてぶてしい夜叉丸。上巳の大祓で死ぬ前までの記憶はあるが、それ以降は今回復中だと言う。そして多軌子にはもうひとり式神が居て、これは夏目との対戦の時にちょっと姿を現したのだが、あの六人部千尋。お前は木暮との戦いの時に死んだんじゃなかったのか。夜叉丸と言い、復活できるのか。

宮地が確保したと言う鴉羽織を見て多軌子は目を輝かす。そんな倉橋源司&相馬多軌子の陣営に京子から予想外の情報が飛び込んで来た。京子と夏目の仲違いは解消したけど、今度は多軌子と夏目が対戦したと聞いた京子がやっぱりあの件で?と、夏目が実は女の子だと言うのを喋ってしまう。驚く多軌子。そんな筈が無いと。ここを見た時に「京子、余計な事を喋って、使えないヤツ」とか思ったのだが、落ち着いて考えると夏目が男の子じゃないと言うのは陰陽塾のクラスのみんなにもう知れ渡ってしまっている事で、ここで京子が話さなくても遅かれ早かれ伝搬していた話なんだよね。
参考資料

それよりも事態は多軌子が「そんな筈はない」と思う程の重大事だったと言う事。

| | TrackBack (0)

ディーふらぐ!・第7話

おしっこによる雑魚振り落とし予選の結果、堅次・芦花・高尾が勝ち残った。他諸々りんかい線を中心に勝ち残った。しかし堅次が高尾の胸(のホック)がはじけ飛んだせいで気を失っているうちにそれらりんかい線連中は全員あっさり負けてしまっていて、準決勝は堅次対八、芦花対高尾となっていた。これ、Wikipediaを見ると一応りんかい線連中も出番はあったらしい。アニメではカットされたが。

気絶している間の堅次の処置は高尾がやろうとしたが、不器用そうと言われた高尾はその通りで包帯が収拾が付かなくなって船堀が処置したらしい。高尾は最後の絆創膏だけ。そしてその船堀はナースコスを着せられて堅次の復活を見届けていた。桜ヶ丘と一緒に。桜ヶ丘・・・
参考資料

そんな訳で、堅次は気絶しているうちに八と指相撲勝負をする状況に陥っていた。手を振り払おうとしても離れない程の握力で握られて。

一方の芦花と高尾の方は椅子取りゲーム。ところが、椅子を巡って牽制しているうちに身体と身体のぶつかり合いの勝負になってしまい、ボロボロの状態。

その二人の様子を見ていた堅次に船堀が聞いてみる。どちらと勝負したいですか?と。高尾も芦花もこの質問には聞き耳を立てたが、堅次はあっさりと勝った方ならどっちでもと。そう、堅次は素直なヤツ。勝った方は強いヤツと言う事で強いヤツと決勝を戦いたいと答えたのだ。でも高尾も芦花もその答えには不満。特に芦花は最初に八が堅次に勝負を挑んだ時は芦花の袋を奪い合う勝負だった筈なのに、その袋はどうでもいいなんて言い出すし、かと思えばお前と決着をつけてやると言った筈だったのにどっちでもいいと言い出すと非常にお怒りの様子。

そしてその怒りが準決勝の相手の高尾に今やぶつけられようとしている。おそろしい気を発しながら高尾に迫る芦花を見て思わず千歳は避けろと叫ぶが、それに立ち向かう高尾。でも芦花はその高尾を通り越して椅子に座ってしまった。観客が一声に汚なっーーと叫ぶが、いや、これ椅子取りゲームだから。まっとうな勝負で勝った訳だから。
参考資料

その様子を見てあっけにとられていた堅次と八。しかし実はこちらも勝負がついていた。思わず茫然としていたその時に堅次の親指が八の親指を10秒以上押さえ込んでいた。こっちにも汚なっーーって、こっちはこっちでちゃんと勝った訳で。

と言う事で、決勝戦は堅次と芦花。

どんな勝負になるかとカードを引いてみると、王様ゲーム。それって二人でやったんじゃ籤の棒を引いただけで勝負がついちゃうじゃん。堅次と芦花の気迫に籤引きの箱を持っている山田が震えている。

一瞬でけりが付く籤の引き合い。これはどっちが勝つでしょうかと振られて稲田が運の良い方が勝つでしょうと答にならない答えをするが、それを契機に運の強さアピール合戦。芦花は何気なく買ったおかしで銀のエンゼルを引き当てた運を見せるが、堅次は登校中に一万円の入ったお年玉を拾った運を披露。しかもその運を使わずに、半年経った今も拾得主として交番に出向いていないと言う。

まあ運の強さをアピールしあっても勝負に影響しないんだけどね。

運まかせの籤引き、の筈だったが堅次は実力勝負に出る。引き抜きかかった棒を出口でひっかけ力任せにへし折って上空に飛んだ「王」を強引に掴み取る。その結果、勝者は堅次。でも割れ口を見たら芦花に王様が行く筈だったんだね。
参考資料

勝った堅次は優勝賞品の芦花袋を大事にしまっておくそうだが、まあこれは船堀が洗ってアイロンかけた品物でもあり、それを阻止しようとした高尾が阻止に失敗したと言う事でもあり、単に勝負に勝ったの負けたのと言う以上の結果があったんじゃなかろうか。

| | TrackBack (0)

ウィッチクラフトワークス・第7話

母小町がおかしな事を言い出したので何だろうと思ったら仄の夢だった。でもおかしいけどありそうな事でもあったw

起きてダイニングに行ってみたら綾火が制服エプロン姿で朝食の用意をしている。休日なのに制服なんだねと仄が言うが、あんな事だから他の服を持って来ていないとの事。そりゃもっともだ。一方で仄も制服なんだが、それは制服のまま寝てしまった為と言うが、そんな状態なのにネクタイを締めてやるとか、そりゃどうなんだ。

その間、チラチラとたんぽぽ達の姿が垣間見られる。ちくしょう、すっかりラヴラヴの新婚さんみたいじゃないかと悔しがるが、メデューサ一派はあの戦いの後、綾火の部屋に匿われていた。メデューサはあの戦いで負けて以来今の境遇は納得ずくの様だ。
参考資料

それでもたんぽぽ達は独力で仄を捕まえたらメデューサも納得するだろうと仄が寝たところを狙ったが、ずーーーーっと綾火が側についている。そして全然寝ない。綾火の身体は魔法で組成を組み替えられているのかもしれないが、睡眠も取らなくていいのか。

朝食後は二人でお勉強会。いたってまじめな生活を送ってる。仄は綾火と一緒なので魔法遣いの勉強かと思っていたが、普通の高校の勉強で、仄が綾火と同じ大学に行く為に成績の底上げをしなくてはならないと言う。綾火から一向に攻撃魔法を襲われない仄はこれでいいのかと。

そこに小町・霞・かざねが帰宅。昨日の夜にかざねが怒気をはらんで多華宮家にやって来たものの、小町によってすっかり毒気を抜かれて飲み明かした挙げ句に買い物に出かけていたらしい。大量の買い物に、綾火の服が入っている様だが、これはあれか、着の身着のままで多華宮家に来たから服を買って来たのか。

玄関に綾火が出ている一方で、洗濯物を取り込む時に雨に濡れた仄は浴室の脱衣所で濡れた髪などを乾かしていると、

お風呂場でどっきり!
参考資料

まあ多華宮家の綾火の部屋に押し込められて、今なら小町達も外出で居ないから風呂に入っておきたかったと言う冥達の気持ちも分からぬでもない。

しかしこのタイミングで冥が仄に攻撃をしかけようとして仄が悲鳴を上げたのはまずかった。ちょうど帰って来たかざねに聞きとがめられ、しかも脱衣所から飛び出して来たからそれを視認したかざねが戦闘態勢に。でも小町は魔法遣いであるのを知られたらまずいから当て身をしたのは分かるが、霞までってのは何故だ。

ところがこの冥達を綾火がかざねから護る。どきなさい、何故庇うと綾火に迫るかざねだが、綾火が口を割る訳もなく、かざねは問いかけ先を仄の方へ。冥達に縛り上げられていた仄ではあったが、綾火が考えてやっている事なのだからそれを信じて支持しなくちゃと、譲っちゃだめだと督励する。

その言葉を聞いた綾火は計画を早める必要が起きたと、メデューサを呼び出して自分と合体。メデューサとの戦いの時に仄が白姫の封印を解いてしまったのを隠す為にメデューサと一体化して万が一のかざねとの戦いに備えていた。それは、かざねが綾火に出した条件が、仄が白姫を封印している限りにおいては一緒の学校生活を送らせ様と言うもので、それを護る為。綾火は何が何でも仄との学校生活を守りたかった。でもこれはハズレ。一度はメデューサの力でかざねを止めたかに見えたが、かざねは易々とそれを破って逆に綾火を捕らえてしまう。白姫の力は不純物を嫌う、だから今の綾火には白姫からの力の供給が細っている筈だと。ありゃ、逆効果でしたか。

そんな綾火を何とかして助けたい仄。あの白姫を召還した時の様に護りたい気持ちで何とかならないかと一心で願ったら、魔法が発動しました!
参考資料
入れ替わりのw

そんな訳でかざねの鉄拳制裁を受けたのは仄。かざねの牢獄に二人は閉じこめられる・・・って、その壁にしみこんだ「ママへの恨み」は何だw 綾火、ここでかざねに育てられたのか。

綾火の炎でも溶かせない格子。でも綾火はここから脱出すると言う。その為には仄の力が必要だと。あのメデューサの石化から解き放ったほっぺにちゅー以上の仄による力の援助が必要だと言う。綾火が真顔で言うと、それにかこつけた要求の様な気もするが、綾火は仄による発情で力も増すと考えたらそれは正しいのかもしれない。

その頃かざねはせっかく捕らえたメデューサをローテンブルクの工房のローランとウィネに拷問前に奪われてしまってその愚痴をクロノワールにこぼしていた所だった。そのかざねの前でまたも吹っ飛ぶ校舎。綾火が仄の力(ひざまくら耳かき)で牢獄を吹っ飛ばし、愈々かざねと正面から対決する決意をしたところだったが、メデューサをあっさり奪われて白姫の封印の事を全然知らないかざねはそんな気がさらさらなく、吹っ飛ばした校舎を元に戻し、明日からまた学校にちゃんと登校しろと言う。ありゃ、なんだか肩すかし。

しかもたんぽぽ達は雑魚とばかりに全然執着しなかったらしいし、かざねは色々抜けてるところがある。
と言う訳で綾火と仄のいちゃらぶ学園生活はまだ無事に続く見込み。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第18話

香子、何やってんだと思ったが、ああ万里が帰省してるうちに万里のマンションに来た訳か。確かに鍵はあずけていたしね。でも留守中に郵便受けチェックするとか彼女として普通じゃねえ。その挙げ句部屋の中の万里のベッドの上でくんくんして悶えてエクソシストーとか、いやもうそれ変質者にして偏執者ですよ。それにしても部屋の鍵は渡しても普通は郵便受けの暗証番号はわざわざ言わないよね。まあ腕が細いと腕を突っ込んで引っ張り出すのは可能かもしれないが。

そしてそのエクソシストーを隣のNANA先輩に見られる。
参考資料
NANA先輩もNANA先輩で、いきなり他人の部屋を覗くのはどうよと思ったが、万里が帰省中と知っていてそれなのに隣の部屋で物音が聞こえたら気になるか。

香子を部屋に入れて事情を聞いたNANA先輩だったが、香子から締め上げられて万里の部屋の中で発情してエクソシストーしてたのを秘密にしておいてくれと頼まれてやむなくそれを飲む。その代わりに何でもすると言ったのでちょっと部屋を出て、その隙にヤバイ兄ちゃんが部屋に押しかけると言う一芝居をうつ。いや、よくもあの短時間にそんな事出来たな。おかげでまたもエクソシストーをした香子。やっぱりステージでやれよと。

さて帰省している万里。家にリンダがやって来ておまけにゴリラもやって来た。万里の元気な姿を見て激しく感激してるが、ああそうか、これがリンダの兄だったっけ。あの彼女が浮気していた。兄の運転する車でリンダと万里は同窓会が行われる高校へ。

その途中の風景が変わっていた。
なんだその沢山のポールは。
参考資料
調べてみたら茶畑の防霜ファンなのだそうだ。
高い所から吹き下ろして地表付近の冷気を攪拌する事で霜が降りるのを防ぐ働きらしい。これがある茶畑は逆説的に過去に霜害を受けた茶畑であるとも言えるとの事。

相変わらず同窓会へ出るのにびびっている万里。お守りに香子がくれたミラーも手にしていた。学校についてからもびびりまくりなので、リンダは目を瞑って、私が連れて行ってあげると言う。手を引いて貰いながら万里はリンダに今日ここまで連れて来てくれた事を感謝するのだが、その万里の手を引いていたのはおっさんコウイチロウでした。あんな恥ずかしい話をおっさんに喋っていたのかw それにしても中学生でもあるまいし、男の手と女の手の感触を間違えるなよ。

到着してみればみんな名前の入ったゼッケンをしている。おまえら僅か1年程度しか経ってないのに名前付きのを着用かよと思ったが、これは万里の為にドッジボールにかこつけて名前付きのをしていたのだと分かる。なんだよ、このクラスメイトみんないいやつじゃないか。

ドッジボールして、万里の過去の話に花をさかせて、今は記憶にはないけれども万里は来て良かったとしみじみと思う。ただ、当時の万里はちょっとどうなのよって感じだけど。女子にヘアゴム貸してって言いたいが為にロン毛目指したり、女子に消しゴム貸してって話しかけたいが為に新しい消しゴムを小さくなるまでこすったり、女子にやせたって言われたいが為にダイエットしたとか。それ本当か。いやジョークかなあ。

先生もやって来て元気か?と。お前はみんなと一緒じゃないと泣くからなあと。これは本当っぽいな。卒業の時になんだったけ、自分の名前だけ入っていないTシャツを見て自分が嫌われているのかと泣いた過去があったから。先生とみんなで集まって集合写真。その勢いでリンダと万里も二人の写真。
参考資料
これ、あの「あほりんだ、ばかばんり」の写真以来の物議を醸しそうな写真だなあ。

暗くなった帰り道、万里と香子はあの橋の近くにやって来る。
過去を捨てると言ったのを謝って、リンダも万里に香子が居るのを認めて、もうすっかり良いポジションに落ち着いた様に見えるが、完全にふっきれたのを確認する為に万里はあの橋の方へ。写真を撮って香子に見せるのだそうだ。しかしそこで当時のあの幻。はねられた過去の自分を助けようとしたが、過去の自分は「置いていけ」と。手を離された反動で転んだ万里は香子から貰ったミラーを割る。これ、お守りになったのかな。そして万里は記憶が戻りつつある感触を。

再び三人の関係が不安定化する?かな


ところで砂利が舗装道路の方にまでちょっと散っているとか、こんな細かい絵を描いた人は誰ですか?
参考資料

| | TrackBack (0)

舞台探訪・最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。・雪の飯能大橋周辺

今週末は先週末に続いて首都圏は大雪警報が出る程の雪となりました。しかし巡礼者とは恐ろしいもので雪が降ったら降ったで作中で雪景色だった場所に聖地巡礼するのです。先週の大雪ではあののんのんびより第11話の「かまくらをつくった」の時の雪景色の旭丘分校の場面を撮るべく下里分校に行った人がいました。私も「雪景色の場面を」と思いつつ、比較的手頃な恋物語「貝木ジ・エンド其ノ貳」の雪の石神井公園駅の撮影で済ませてしまいました。いやまあ、その日はとらのあなで通販物件を引き取る用事もありましたし。

などと思っていたら、放送日が遅くなった東京MXの「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。第6話」で雪の飯能大橋が2月11日深夜に放送されたではありませんか。そして折しも週間予報ではこの週末も東京は雪になるかもーと言う予報で、

一心不乱に週末の大雪を祈りました(をいこら

祈りの甲斐あって金曜はまたもや東京に大雪警報が出る程の降雪。帝都の鉄道は乱れに乱れ、翌土曜日は西武池袋線は小手指・飯能間が昼過ぎまで不通。降り過ぎじゃw(千波に西武池袋線は本数を減らして終日各駅停車のみ運転だったとか。それって確か東日本大震災で電力不足になった時以来なんじゃ。前日の夜には東急東横線元住吉駅で追突事故が起きていたので昭和61年の田無駅での追突事故のトラウマのある西武は慎重になったのかもしれません)

降雪一過、晴れ渡った本日、これなら雪道の飯能大橋を写せるだろうと飯能に向かいました。・・・東横線のダイヤ乱れの影響で地下鉄からの直通快速急行が10分以上の遅れ。いきなりこれかよ。

飯能に到着して南口から飯能大橋に向かいます。ほんの一筋しか人の歩ける通路がありません。これはちょっとヤバイ。何しろ私は短靴しか持っていなくてそれを履いて来たので、水没する訳にはいかんのです。

ちょっと苦労して飯能大橋到着。

まずはOPで登場人物が次々とTSTを持つ場面のひとつから。
参考資料
参考資料

ここをしばらく歩くと右手に見下ろした所に矢久橋があります。
参考資料
参考資料
これだけ近接してるので矢久橋が旧橋って事でしょうか。
この橋はBパート冒頭の場面です。Aパートで歩道橋から落下した美月を夕哉が受け止めて助け、病院から家に帰るタクシーに乗っている場面です。

場面的にはぐっと戻って第1話Aパート冒頭で登場する朝の景色の場所。
参考資料
参考資料
先ほどの矢久橋を右折してちょっと行った先にあるT字路です。矢久橋と言い、この場所と言い、神前家はここを行った先にある様な設定の様に見えます。
場所を確認する為にタブレットと睨めっこしていたら、ここに写っている雪かきをしている人から「道分からないんですか?」と声をかけられました。あ、違いますと答えましたが、ごめんなさいw舞台探訪してるだけなんですw

さて、飯能駅から歩いた順番では本当はこっちが先になりますが、妹ちょ。第6話で夕哉が雪那と渡った雪の飯能大橋です。飯能駅から左側の歩道を歩いて飯能大橋に近づくと・・・なんじゃこりゃあ!歩道が工事中で先に進めないじゃないか!昨年のヤマノススメの時と言い、何故飯能市は私が訪れた橋をいつも工事しているのか。

仕方ないので車道を進みましたが(右側に渡れたと分かるのはもっとずっと後になってからです)工事中なので中には入れません。とりあえず第6話の場面その1。
参考資料
参考資料
降雪を祈った結果がこれだよ!

逆方向を向いて第6話の場面その2。
参考資料
参考資料
第6話ではこの後二人は団地の中を歩くのですが、これが分かりません。私の覚えている風景的には赤羽台団地に似た場所がありますが、完全にマッチする訳でもありません。

と言う事で、飯能の妹ちょ。探訪はこれで引き上げて、飯能まで来たらヤマノススメのゆかりの場所もと思いましたが、冒頭で書いた様に短靴しかなくてそれを履いて来たので、この足下の状態で飯能市内を歩き回るのは不可能と思って駅に戻りました。駅ビルに弁魔士セシルで有名な(そう言うものか)ABC MARTがあったので寄ってみてひょっとしたら雪の中を歩ける靴があれば買おうとも思ったのですが、当然の如く、
参考資料
ですよねー

次に、ヤマノススメをあしらった国際興業のバスが飯能市内を走っていると言うので、飯能駅前からの発車時刻も迫ってきているのもあって見に行きましたが、
参考資料
全線運休\(^o^)/
まあこの雪なのでダイヤ通りに運行出来てないかもと思ったら、もっと重傷でした。

降雪を祈った結果がこれだよ!
大事な事なので二度書きました。

お昼を食べて早々に引き上げ。
毎時40分には快速急行があると言うので、帰りはそれを狙ったところ「本日は雪の影響で快速急行は運休です」との駅アナウンス。降雪を祈った結果が(ry。早めに改札に行ったおかげでその5分前の準急に間に合いました。

| | TrackBack (0)

のうりん・第6話

四天王の5人目(やっと5人目出たかw)金上虎於登場。金上ファンド事件で停学をくらっていて久し振りの登校だそうだ。耕作や農や継達の萌え米が売り上げを伸ばしてるのにあやかって自分達の生産物も何かその路線で売れないかと言う相談に割り込んで来た。それにしても四天王の一人に胡蝶が入っていたのか。バイオ鈴木もウッドマン林太郎もローズ花園も妙なヤツなのにボイン良田は一応人間としてはまともじゃないか。

「とらお」って言うから当初は男かと思ったらどう見ても女の子だね。
参考資料

金上はイラストレーターとして既に「農業高校を舞台にした下ネタ満載のラノベのイラストを引き受けてご家族から仕事を選べ結構マジに説教されたと言うあの切符先生」のOKを貰っていると言う。俄然乗り気の農達。そんな訳で金上の申し出を受けるが、じゃあ商品は何にするかと。

イラストの力があるから品物は気を衒ったものでなくて、数の確保と安定供給が出来る物、と言う事で白羽の矢が立ったのは胡蝶の管理する鶏卵。耕作が胡蝶に話ても断固拒否。しかも金上が登場したらなおさら拒否感を強くする。でも金上が通販をしたら胡蝶の鶏卵が全国の食卓に乗るんだぜと言われて一気に考えを改める。消費者の為。

と言う事でもえたまの販売が始まる。イメージキャラクターは夢星・らん。キャッチフレーズは「ゴムをつけたときのたまごです☆」って、まだあれを引っ張ってるのか!w

反響はいきなり良く、早速フィギュアの版権申請まで。まあフィギュア化は時間がかかるから、早々と来るんだろうなあ。どんどん行こうと言う事で、アフレコまで。
林檎のアフレコかよ!w
参考資料

出荷が追いつかないとか、学校のサーバがダウンしたとか(今時自前サーバかよ)反響が巨大になって来た。でもいくらなんでもあの鶏舎でそれだけ供給出来るんだろうか。胡蝶はもの凄く喜んでるけど。切符先生から来たイラストが結構年齢の高いお色気おねえさん絵でも「半分熟女の半熟卵」のイメージで。

しかしこんな動きに継は降りると言って来た。今の売り方には馴染めないと降りてしまった継。山羊からは降りないけど。

継と金上は事業があたってホルモン焼きで一杯。未成年だから多分麦茶で一杯。今が一番うまい時。そして金上はここで終わりにしよう、もえたまの商標権は地元の鶏卵業者に売却しようと言い出した。売れているうちに手を引いて損失を被らない様にと言う様にも見えるが、金上の言い分はちょっと違っていて農業高校と言う立場でノーリスクで可能性に挑戦するのが大事だと。今は金儲けよりも方法や人脈。かなりまともな事を言うじゃないか、四天王なのに。

もえたまは終わりだが、次を狙うと言う。男の次は腐女子。BL物の農産物。それは即ちキノコ。あらぬ場所に菌を打ち込んでそこから逞しいキノコを生やす!B組のバイオ鈴木もノリノリ。さっそくF組のウッドマン林太郎に話を持ち込むものの、当たり前の様にウッドマン林太郎は拒否。耕作はひょっとして技術的に難しいから断ってるの?と煽ってみるものの、そんな物は簡単だが、そんな事ができるか!と。

ここで金上が囁く。せっかく全国のHな女の子に林科(林業工学科)を売り込むチャンスなのになあと。これにはウッドマン林太郎が食いつく。だって、耕作にいちゃもんつけた時も女の子絡みだったのだから。そしてこの企画が当たれば胡蝶がTVインタビューに出た様に林太郎もTVに出て来年は林科に女の子がざっくざっくだったのになあと。あっさり掌を返す林太郎。その話、詳しく聞こうじゃないかと。

あやしげな商売がこうして始まったものの、あっさりバレて耕作は2日間の停学。生徒の親が客として買ってしまったとか。首謀者の金上はもっと長い停学となったが全く懲りていない。でもまあ確かに5人の四天王の中では一番まともなヤツかもしれん。
参考資料

| | TrackBack (0)

銀の匙 Silver Spoon 第2シーズン・第6話

倒れた八軒は救急車で病院に運ばれたらしい。救急隊員の様子だと深刻な症状ではなさそうだったと言うが、それでも馬術部の部員はすっかり消沈モードで、こんなのでエゾノー祭出来るのかと言う様子。こんな所には無神経・・・と言うか、構わずに元気を振りまくヤツが重要で、あの南九条あやめが登場。御影の馬術部をからかいに来たものの、この様子を見て一転手伝いにまわる。
参考資料

八軒の方は見知らぬ天井状態で気がつく。看護師は過労で倒れて、若いから回復が早いかもしれないけど今日いっぱいは安静に寝てなさいと問答無用でベッドに戻す。八軒が気がついた時はもうお昼をまわっていた。その間に見舞いに来た人はと言うと、担任の桜木先生だけ。これには八軒はへこむ。まあそうだろう。来なかった事情を八軒は後から知るが、御影とかは「エゾノー祭の方はしっかりやるから休んでて」みたいな言づてを桜木先生に託しても良かったのに。それじゃドラマにならないんだけどw

馬術部の方は南九条のはっぱのおかげもあって、騎手の心の動揺が馬に伝わらない様に平静さを取り戻してエゾノー祭の出し物をこなして行く。今回、障害を跳べなかった馬とか、育たなかったジャガイモとか、ダメでも別の道があったり次を頑張れるんだと言う内容を盛ってる。

ばんばの方は、馬と人間の競争だったんだな。だからソリが2台あったのか。屈強な男達の中に混じって南九条までソリを牽く側。そして騎手はスレンダーになったタマコ。勝ったら中島先生秘蔵のチーズが貰えるとあって頑張る参加者。泣き崩れる中島先生。

病院の方には八軒の父数正が現れる。札幌からだと10:20発のスーパーとかち3号でも12:59には帯広に到着するのか。私が北海道に居た頃は未だ石勝線も無くて車輌もキハ80系だったから帯広まで4時間とかかかったなあ。病室に入っていきなり威圧的な数正。隣のベッドの患者もびびってる。こんな事になるなど、エゾノーはお前には合わなかった様だなと言う父に勇吾はそんな事は無いと否定するが、さらに畳みかけてじゃあ誰か見舞いに来たのかと。これはこの時の勇吾には痛い。自分でも心落ちしていた点で、全く反論出来ない。でも俺の作ったベーコンを認めてくれたんだろうと言うと、何の話だと言う父。母が斟酌しすぎて良い返事を勇吾に送っちゃったんだな。

桜木先生が再度やって来たが、父親は桜木先生を責める。保護者としては教師に一言言うのはあるだろう。流石にモンペアみたいに火病らなかったし、桜木先生も全く逃げずに申し訳なかったものは本当に申し訳ないと謝る。ひょっとして勇吾が手配したエゾノー祭をちょっとでも見て帰るのかと思ったが、数正は仕事があるからとさっさと引き上げ。

翌日になって漸く退院できる様になって、母と一緒に病院を出るが、学校へ戻るか?と言う桜木先生に、誰も見舞いに来なかったのがひっかかる八軒はそのままエゾノー祭に顔を出す気になれず、眼鏡が壊れたのもあって眼鏡屋に寄ってからと母と一緒にタクシーに乗車。あれ?初乗り運賃が妙に高くない?
参考資料

例の父のうまかったと言ったと言う件で、途中で降りてしまった八軒。流石にお金が無いので母から二万円握らされたが、悔しさに思わずそれを叩き付けられそうになったものの、御影の所でバイトした時のお金の大切さを思い出して踏みとどまる。あれは良い経験だったね。

眼鏡を作っておつりまで募金してしまったのでバス代すら無くなった八軒は徒歩で学校へ。モデルとなった帯広農業高校だと帯広駅から6km程なので、徒歩で行けない距離ではなく、でもとぼとぼと歩いて辿り着いた頃にはエゾノー祭はもう終わって片付けをしてる所だった。

馬術部の方に行くと豊西がそっけなくも、打ち上げするからさっさと部室に行けと八軒を蹴飛ばしてまで向かわせる。部室には御影が居て、顔を合わせたとたんに御影が目をそらすので八軒は、ああ当日休んだ使えないヤツと思われたかと感じたが、御影は先日はじめて八軒が御影に気があると言うのを知って視線そらせちゃったんだよね。でも元気で良かったと。
参考資料

御影も帰ろうとする八軒を止めるが、八軒の言い訳が「秀忠状態」って、その例えはちょっと難度が高いw
秀忠が関ヶ原に遅参したと言うのはあまり基礎知識じゃないだろ。

御影は八軒が作ってくれたノートのメモのおかげでエゾノー祭の出し物は滞りなく出来たし、その上ノートの残りを訪問者ノートにしたらみんなこれだけ書いてくれたと見せてやる。来訪者って好き放題書くから高校生のやる事だからこの程度かとか書いてる人も居るが、その中に「何もうまく行かずにへんこでいたけど元気が出た。ありがとう」と言うのを見つけて涙ぐむ八軒。人を元気にできて、感謝して貰えるって嬉しいよね。

| | TrackBack (0)

いなり、こんこん、恋いろは。・第5話

家族で海に行く事になったので暫くはいないからとうか様に挨拶に来たいなり。遊びに来てくれたのかと思ったら、暫く居ないと言う話だったのでうか様がっかりだったが、そこは一緒について行けよw

大年神に釘を刺されていたからそこ迄踏み込めなかったと思うが、やはり神様ならひとっ飛びで海で姿態をさらして欲しいw

さて、海に行く面子と言うと、伏見一家(但し燈日は中二病をこじらせてお休み)と墨染と京子とちか。以前もチラと出たがいなりの父は漫画家らしい。燈日が中二病で来られないって言うのはてっきり夏コミにでも行くから来られないのかと思ったら、ただ単に家に居るだけ?

ちかは例によって墨染が居るのがあまり楽しくないらしい。

颯爽と水着に着替えた墨染と京子。
参考資料
対して格差社会のいなりとちか。うーん、まあ、未だ中学生なのでいなりはあまり気にしなくても・・・え?ちか? さっそく海の男どもが墨染と京子に声をかけて来る。奇妙な筋肉男まで。でも、しつこいなと京子がねじり上げる。※中学女子です。

そう言う格差オーラに追われてちかはいなりを誘って水に浮かんでいようと海の中へ。墨染と京子は砂浜に。実は京子が泳げなくて以前波に襲われて酷い目にあったらしい。だから砂浜に留まったままか。でもそれほどの恐怖症になったのによくもまあ海まで来たなあ。つきあいがいいんだろうか。そんな訳で京子はちょっと海の中にまでは行きたくない訳で、墨染に一緒に入って来たらと言うが、墨染は顔を曇らせて私が行ったら邪魔なんじゃと。ちかに避けられているのを感じていたのだ。

そんな訳でバンガローみたいな所に戻っても何となく気まずい雰囲気が漂う。いなりが妙に気を使う時点でこれはあかん。京子はさっさと寝ちゃうし。それに耐えられない様に墨染はジュース買いに外へ。いなりとちかが二人っきりになった(京子は寝てるし)ところでちかは何でいなりが墨染なんて連れて来たんだと言う。自分と住む世界が違うから合わない。墨染もマンガ好きだからマンガの話したらといなりが言ってもオタクに見られると。

そう言うもんなの?今は?
私の時代だと中二なんてマンガ読んでいても全然不思議じゃなかったけどなあ。現代だと中二でマンガ読んでるとオタク扱いでやや差別視されるんだ。世知辛い世の中になったものだ。

そんな意固地な「まるちゃんの分からずや!」と叫んでいなりは外へ。いなり、今回の服だと背の低さもあって小学生みたいに見える。
参考資料

外に出てみればジュースを買った帰りの墨染が昼間の筋肉野郎にまとわりつかれていた。どうやらここでいなりは変身して何とかしようとする様だが、あまり安易な使い方すると後で困るぞーと思ったらやっぱり困った事になる。

とりあえず昼間の京子の睨みが効いていて筋肉野郎は迫り来る京子(いなり)の姿を見ただけで逃げ出した。追っ払うのには成功したものの、このまま一緒に帰りかけてはたと気がつく。京子の姿のママ戻る訳には行かないじゃない。慌てたいなりはトイレに行くと言って、京子を置き去りに隠れてしまった。これはまずいよなあ。ずっと守ってやるとか言っておいてこの仕打ちは。だから代わりにいなりが現れても墨染は京子とどんな顔して会えば良いのか分からなくなってしまっていた。どうすんだ、この状態。

一方で部屋の方では京子の説得でちかが墨染は京子よりずっとイイ子と言うのを漸く自覚していた。
京子、嫌な比較されたけどw
参考資料

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第18話

シェイバの暴走のせいで女の子だと生徒達の間にバレた夏目。特に京子を騙していた形になってどうしたものか、眠れねーとかぬかしておいてぐっすり眠った春虎。翌朝の登校では案の定周囲の目が気になる夏目だったが、天馬などどこふく風といつも通り。鈴鹿が妙な紙筒を持っていて、ひょっとしてそれは吹き矢ですか?

クラスに入ってもちょっと違う雰囲気にとまどうが(こう言う時は一番最初に登校して座っておくもんだ)、クラスメイトの反応は肯定的だった。助けてくれてありがとうと。でも京子はちょっと違う。実は違う理由は騙されたとかではなくて、小さい頃に土御門家に遊びに行った時の約束の相手が夏目ではなくて、春虎だったと言う点の方が大きい。

ひとりうじうじしている京子の所に鈴鹿がやって来てはっぱをかける。何やってんのよ。騙していたあいつらが悪いけど許してやんなよと。鈴鹿のおかげで気持ちが切り替えられた京子だが、ふと目にすると鈴鹿が紙筒を持っている。何それと言うと鈴鹿が妙に慌てて、その挙げ句に放り投げてしまったので京子が中を見てみると花火大会のポスターだった。鈴鹿、それだけの事であんなにもじもじしてたのか。て言うか、どうしてこんな所にまで持って来たんだ。鈴鹿が花火大会に誘いたい本命は春虎なんじゃないのか。
参考資料

そう言えば黙っていると言う話の中で、夏目は春虎に北斗の事を黙ってると言うのを口走ってしまう。夏目の北斗と言われて最初はあの龍の事かと思った京子だが、鈴鹿の説明で春虎が好きだった子の北斗と了解。もっともこの件は鈴鹿は裏を取った訳じゃないのだが、見てると分かると。

などと、陰陽塾の方は平穏を取り戻していたが、陰陽庁で始まった双角会の動きはいよいよ土御門家に及ぶ。本宗家の泰純の所に弓削麻里がやって来ておとなしく同行願いたいと。しかし泰純があっさりこれを拒否したから実力行使に出ようとしたところで土御門千鶴がこれを阻む。激しい雷撃がマリリン達を襲うが、マリリンの結界でこれを防御。

千鶴はこいつ誰だと言う顔をしているマリリンを筆頭とした祓魔官達に「アキバのラムちゃんを知らないの?」と問うが誰一人分からない。挙げ句に「祓魔局の天神小町」「閃光のレディ・サンダー」ととも名乗るが誰一人ピンと来ない。漸く祓魔官の一人が「人間発電機」と指差してみんな納得w まあラムちゃんとか天神小町とかレディ・ダンサーも酷いが、せめてビリビリって言ってやれよ。
参考資料

相手を確認したからか、マリリンは結界を出て屋敷の中へ。土御門の結界に入れるものかと言う泰純や千鶴の言に反して易々と屋敷内へ。結界を破ったと言うより結界を解析理解しての侵入で結界マスターの真骨頂。これに対して千鶴の電撃が放たれるがこれをも防いで、その上で泰純と千鶴を拘束。流石に千鶴に独立祓魔官を相手させるのは大変かとか言う泰純に、ちょっとは手伝えと千鶴が言うが、泰純ってあまりそう言う術は使えないのか。代わりと言ってはなんだが、鷹寛が背後に迫る。雑魚のw祓魔官を倒してマリリンの方へ。結界マスターのマリリンがこれを同じ様に拘束しようとしても全く効かない。確か鷹寛って春虎の父で、陰陽医だがこんな事も出来るのか。マリリンの攻撃も効かず、これはマリリンの分が悪くなったかなと思ったら強力な助っ人参上。

宮地がやって来た。千鶴は宮地と旧知の仲みたいだが、宮地は倉橋源司の下で天海の始末もした程に源司の素性を知って動いているので、泰純や千鶴もそれは認識している様だ。でも、じゃあマリリンはどうなんだろう。自分がしてる事の意味は分かって、双角会として動いているのだろうか。

宮地の力で泰純が持っていた鴉羽織は奪われ、土御門邸は灰燼に帰したが、春虎に届いたメールによると泰純達自身は無事だった模様。

なんだか陰陽庁の方はすっかり双角会にやられちゃった感じだが、大友先生と木暮の会話を聞いていると木暮は取り込まれていない感じだ。うかつに動くなと言われた大友先生の所に不気味な影・・・と思ったら、道満。道満はあれだけの実力者だけあって双角会とは別の自由人で、もうわしは双角会とは手を切ったと。その上で、術比べで勝ったお前には何でも教えてやろうと。
参考資料

大友先生が聞いたところでは、道満が鴉羽織を欲したのは弟子が欲しがったからだと言う。そしてその弟子は大友先生のよく知っているあの早乙女涼。でももう涼は道満の下を去った様な事を言っていた。涼も双角会とは独立で動いているのか。道満は何かあったらまた聞いてくれと大友先生に携帯の番号を教えて行く。ちょっとは頼れるのだろうか。

| | TrackBack (0)

ディーふらぐ!・第6話

芦花が必死の形相で逃げて来て堅次の影に隠れる。一体この芦花をここまで恐れさせる相手は何だろうと逃げて来た方向を見たものの、見た目は普通のヤツしかやって来ない。でもすれ違いざまに芦花の気配がすると言うのでこいつと判明。

一体何がどうなっているのか分からない堅次に親切な船堀さんが解説。この子王八(八王子の逆順かよ)は大企業子王グループの御曹司でここの所父親の所で勉強をしていた為に久し振りの登校なのだそうだ。そしてこいつもゲーム制作部(仮)の部員。堅次が入れられる前は芦花と千歳と桜しか部員がおらず、それで部をやって行けたのかと思ったが、こんな部員が居たとは。

芦花が堅次に懐いているのを見て俄に微妙な対抗意識を持った八は僕は芦花さんの闇の袋に入った事があるんだと語る。こいつが芦花に参ったのは以前芦花に袋を被らされてからで、しかもそれを嬉しがってあの時の袋を大事に肌身離さずに持っているのだそうだ。ボロキレになるまで。

ああ、中と同類だなと思う堅次。

しかし堅次も芦花の袋を被せられたのを知った八は堅次に戦いを挑む。勝負に乗せられやすい堅次が受けてしまうと、それを見た芦花が私を巡っての三角関係に!などと言うが、その三角形の一辺が閉じられる事は一度もありませんでしたw
参考資料

勝った方が芦花の袋を貰えると言う勝負。結構乗り気な堅次だが、そう言えばあの袋は?と思ったら船堀が綺麗に洗って持って来てくれた。でも八にはこんな綺麗な状態の袋は嬉しくないんだけど。芦花の袋争奪戦に芦花も参戦。いや、自分の袋をかけてるのに芦花が参加するとか。嫌な予感を感じた南と桜はうまく逃げたが、千歳と船堀は逃げ遅れて巻き添えに。

このさい希望者参加型にしようと言い出した千歳。燃え上がる参加者。普段ならツッコミ役の堅次がそっちに行ってしまったので今回は船堀がツッコミ役。そしてこの勝負に高尾まで参加を表明。
参考資料

しかし参加自由にしたら学校中から48名も集まってしまった。テキサスチャーシューとかフィフティフィフティとかこの学校個性のあるヤツ大杉だろ。最後に紹介されたのは高尾だが、もの凄く後悔している雰囲気。堅次が芦花の袋を求めようとして勝負に参加したと思ったのに、堅次にはその気持ちが無くてこんな勝負に参加表明したのを後悔しているのだ。

そんな高尾を侮れないヤツと言う千歳。何しろ高一の時に買ったジャージのファスナーがもう閉じられなくなっている。何という発育。それを言われて無理矢理ファスナーを閉じるのだが、堅次に無理するな、お前の為に言ってるんだと言われてあわあわする高尾。

このゲームの勝者への賞品が漸くここで発表されるが、参加者は呆然。聞いていたのと違うって、どう聞いていたのか。でもこれがあの船堀が洗ったものだと聞いて俄然やる気が出てくる。それだけでいいのか船堀人気凄まじい。あれ、船堀、うまく参加者から外れる事が出来ている。

最初のゲームはこれ。
参考資料
ちょw
いや、その前に「押しっこ」ってプレイがあるの聞いてるけどね。

制限時間内に押し合いをして残った者が次のゲームに移れる。さっそく開始。凄まじい押し合いが繰り広げられ、その中でも相変わらず芦花の威嚇のポーズが強い。こんな勝負には弱そうな高尾がおろおろしているとあのフィフティフィフティが50%羅針盤が押すを示したから押すと迫る。アナウンス席からは「押す方に指針動かしてる。とんだ50%野郎だ」とヤジが飛ぶ。恣意的に動かしたんじゃ羅針盤じゃねーw

危うい高尾を救ったのは堅次。でもその堅次をどーんと押して危うく落としそうになる高尾。やっぱり堅次には優勝して欲しくないのだと。芦花の袋も、それを洗った船堀のも渡したくないって事かい。でもその乙女の思いは膨らんだ胸のファスナー弾丸となって堅次を倒したw

と言う事で、この時点で残っていた者が二回戦へ。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-・第6話の豪華客船阿笠II=飛鳥II

豪華客船のレセプションホールが見た記憶がある風景だったので、ひょっとしたら飛鳥IIだろうかと思ったらそに子達が最後に海に飛び込む時に見えた船舶名が阿笠IIだったので、モデルが飛鳥IIと確信しました。

なによりこの上場寺株子(株を上場する気まんまんだなw)の部屋がロイヤルスイートとして掲載されている写真のままでした。
参考資料

そしてそに子達の3人の部屋はトリプル。これも同じ様な写真が掲載されています
参考資料

と言う事で、
こんなこともあろうかと
以前撮っておいた飛鳥IIの写真から。

やはり何と言っても記憶に残っていたレセプションホール。
参考資料
参考資料
偶然とは言え、同じ様な角度で撮ってあったなあ・・・

ここは船の先端の方にあるビスタラウンジです。
参考資料
参考資料

そに子達が座っていたのは多分パームコート。
参考資料
参考資料
なんとなくカットに似てるのはせいぜいここまでw

プールは逆向きしか撮ってませんでした。
参考資料
参考資料

船内廊下。
参考資料
参考資料
私が乗ったのは飛鳥IIが改装する前なので、調度などが色々今とは異なっています。
特にロイヤルスイートは今と全く違います。

| | TrackBack (0)

ノラガミ・第6話

前回、もう手遅れだったとは言え少女を斬ってしまったのがトラウマになった雪音は、ひよりの家でもベッドで丸くなって籠もっている。一応ひよりがクッキー焼いたから食べてねと置いても、そこにあの妖の目を見て家を飛び出す。しかし雪音みたいな神器って普通の人間に見えないだけで相当に物理的な影響を及ぼしてる。クッキー蹴散らすし、ドアを開いて入退出するし。大体、生物でもないのに食べた物ってどうなるんだ。

飛び出した先でぶらついたモールの中で、前に一度ひよりに黙って盗っちゃダメだよと止められたスケボーが目に入る。そう言えばここでも雪音が蹴飛ばす事でガラスが振動していた。本当に物理的な影響ありまくり。と言うか、このスケボーを盗っちゃって乗ると言う行為が物理的な事象そのもの。これは人間が見たらスケボーだけが勝手に移動してる様に見える・・・のか?だったら雪音が着てる服はどうなんだ。強い関係で帯同している独立物は見えなくなると言う感じの原理だろうか。

そんな雪音の心理状態は夜トに直撃する。盗みを働いたのが直ちに反映され、雪音の放浪を止める。多分、夜トは分かっている。そのスケボーはどこで手に入れた物なのか。だって神様なんだもの。その上でそれはどうしたと雪音に問いかける。雪音が自分で買える訳もなく、ひよりに買って貰ったと返答。そこに心配になって夜トを追いかけて来たひよりが到着。あらためて夜トはこれはひよりが雪音に買ってやったものかと問いかけ。

ひより、タイムラグはあったが事情は呑み込んだ。雪音が盗ろうとしていた物が今ここにある。雪音は夜トにこれはひよりに買って貰った物だと答えた。だからひよりは答えた。そうだよと。
参考資料
そんなひよりの気持ちに夜トと雪音が驚いている余韻もあらばこそ、逢魔が時に出現したのは魔ならぬ毘沙門天。

とうとう見つけたぞ、この禍神(まがつかみ)、と夜トを睨みつけ、今日こそ殺してやると。ひよりが買ってやった筈のスケボーはこの時に粉々に。びっくりしたひよりが夜トに何事が起きたのか聞こうとしたものの、夜トは口をきくな、何も見えないフリをしろと指示。

夜トは雪音を刀の姿にしてそのままそこから逃亡する方向へ。ひとり取り残されたひよりは「俺に何かあったらあの二人を頼れ」と言う言葉を思い出して小福の所へ向かう。うーん、でも「俺に何かあったら」は多分お前の身の振り方はあの二人に頼れ」って意味だと思うのだが、ひよりは夜トを助けて貰う方向に解釈した様だ。

夜トを助ける義理は無いと言う感じの小福と大黒だったが、ひよりが必死で助けを求めるものだから、
「あなた、まさか夜トに・・・」
「弱みを握られてるの?」
惚れてるの?とか言われない夜ト。
参考資料

でも確かに弱みを握られていると言うのは無い訳ではなくて、ひよりの霊体が身体から分離しちゃうのを何とかして貰うと言うのは頼っている。

小福はひよりの頼みを聞いてやる事にした。でも夜トは今どこに?

分かる方法があると、ひよりは肉体から分離して高い場所へ。そこで夜トの臭いをみつけて方角を知ろうとする。散々汗が汗がと言われている夜トだが、ひよりには良い香りとして感じられるらしい。ついでながら、他の神様や神器の区別も可能らしい。臭いと言っても普通の人間の嗅ぐ臭いとは違うんじゃないかな。だって光と違って風向きが余程合ってないと漂って来ないよね。

その結果、こんもりと見えている森の方と判明。

その頃、夜トはその森の中で隠れていたが、雪音は夜トが毘沙門天の神器を斬り殺した事があると言うのを知って、自分もそう言う風になるんだろうかと、すっかり戦意を失いつつあった。そこに優秀なナビゲーターを従えた毘沙門天到着。私怨なれどもここで叩き斬ってやると向かって来る。今の雪音じゃ靫巴を防ぎきれない。

そこに追いついた小福。ふたりとも喧嘩やめなさーい、と神器大黒を振り下ろしたらその衝撃で風穴が開いてしまった。吹き出す妖の勢いに、それでも夜トと闘おうとする毘沙門天を兆麻が止める。これ以上は神器を巻き添えにすると。やむなく今日の所は見逃してやると言い捨てて撤退する毘沙門天だが、兆麻から見たら夜トが毘沙門天の神器を斬った理由と言うのが分かってるんじゃないだろうか。


それにしても毘沙門天が裸ジャケットの痴女とかw
参考資料

| | TrackBack (0)

ウィッチクラフトワークス・第6話

多華宮君、朝よ、起きなさい(バキ)あら、ドアが開いてしまったわ。
いやいやいやw、そのバキってドアノブ壊した音だろw

メデューサを探して一晩中街をかけずり回った霞が朝帰り。そして兄仄の部屋に入ってみたら綾火がのしかかって仄の胸に何か描いていた。
参考資料

火々里邸が吹っ飛んで兄と綾火の同棲の話も吹っ飛んだとばかり思っていた霞は怒る。こんな事態を許した母に怒る。しかし怒鳴られて母小町は無気力状態に。この母、よくもまあ二人の子供を育てられたなあ。

とりあえず学校に行く仄だが、学校ではその仄の事が生徒会で大問題になっていた。姫様にひっついている悪い虫を何とかしろ、そうだ生徒会顧問の深影先生が何とかしなさいと。自分のくびがかかった深影先生、仕方なく登校して来た仄と綾火を生徒指導室・・・と言う呼び名の第一理科実験室へ。

そこでこんこんと仄が綾火にくっついている事の問題点を説明する深影先生。仄の方が2年になってから転校して来たのか。そんな訳で綾火の姫と言う特別な地位は今回初めて知る事になる。自分がそんなまずい立場に入ってしまったのかと困惑する仄だが、綾火はそんな事気にしなくて大丈夫と。

姫に仄がくっついているのを何とか出来るんなら、それはそれで良し。ついてはまた別の話をと言って、深影先生はさっきから何か作っていた物で仄と別の世界へ。深影先生は仄と二人で話がしたかったと言う。あのクロノワールから貰った球体(ワイルドカード)を飲み込んだ事が白姫の5つの封印を解き始めている、それは理事長のかざねが許さない事だろうと。さらには綾火が居なければ、本来は仄の護衛の役割は自分だった筈だと言う事まで言う。くせはあるが、色々な事情を話してくれた深影先生。でも綾火に背中を刺されて・・あ、影武者。

生徒会が面倒な事を始めたと言う事で、綾火が行動を起こす。全校生徒を呼び出し、壇上に上がり演説を始める。この学校の事を考えて現生徒会長を解任し、代わりにこの人を生徒会長に任命すると。

するするとせり上がって来る仄。
参考資料
地味な紙吹雪が悲しいw

早速新生徒会長の下で生徒会を開催。しかし「前の生徒会長は立派な方でした」と仄の就任に反対する声が。まあ戸惑うのも分かるし、あの指名の仕方に納得出来ないのも分かるが、あの生徒会長が立派な方だったんだろうか。

綾火は仄に「うるさい黙れ犬共」と言う脚本を見せるが、流石にそれは出来ない仄。とりあえずやらせて欲しい。そしてダメだったら自分は退学でも何でもすると、その場を納める。

帰り道、縫いぐるみ屋に寄った所を奇襲攻撃を受ける仄と綾火。対猛獣用の麻酔薬を3本打たれて眠らされる綾火。襲ったのは霞。仄をかっさらってこの街から駆け落ちしようと。ブラコンが極まってるな、霞。この街を出たら工房長たるかざねは追って来られない。でもどこに行っても仄の中に封じられている白姫の危険はあるじゃないかと言う仄には妹ぱわあで何とかなると。

しかし何とかならない者急接近。

怒れる綾火の砲撃が霞の飛行艇を狙う。逃げまどう霞だが、やがてビルに衝突して粉々。振り落とされた仄と霞を綾火が抱えて地上へ落下。

街中を破壊して仄と霞を回収して帰る綾火。しかしこの一件で霞の行動力は認めた綾火。自分も妹になりたいと言い出す。急に妹になりたいって言っても、綾火さんに姉とかいないでしょとかボケをかます仄。その場合の妹ってのはお前の妹になりたいと言う意味じゃ。でもまあ綾火が仄の妹と言うのはちょっと雰囲気が違うから姉かなと言ったら、じゃあお姉ちゃんと呼びなさいと。

こんな騒ぎになってとうとうかざねが動き出す。
多華宮家の留守電にかざねの不機嫌そうな声が。
参考資料
だから、多華宮家の電話っていつの時代の代物だよ!w
これか!(東信電気グループ)
昭和35年製の物か!w
ちなみに昭和35年なら、黒電話のデザインは上記ページの様な新しいタイプの物じゃなくて、例えばダイヤル部分は金属製だった。東信電気には留守電の機械は自社のが残っていても、古い電話機は無かったんだろうなあ。

昭和35年でカセットテープ録音って凄いレアだ。何しろその何年か後に私が親に買って貰ったカセットテープレコーダーは国産品じゃなくてウェスティングハウス社製の輸入物だったから。

そう言えば、黒電話に代えて自分で買った初めての電話機って、シャープ製のマイクロカセットテープの留守録機能付きのだったなあ。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第17話

おまけんで場所を借り切った店に万里が行ってみると、先輩達の様子がとってもおかしい。凄くおかしい。妙に万里にやさしいし、香子とはおまけんで無くてはならないペアだとも言う。何だろう、万里も戸惑っているが、見てるこっちも何があったのかちょっと分かりかねる。
参考資料

聞いてみたら、万里と香子が別れたらしいと言う事になっている。その理由はロボ子所謂香子に連絡がつかなくなった、万里にロボ子の事を聞いてもあいまいにごまかされる、したがってこれは別れたに違いないと。

結論づけちゃうのは早計ではあるが、一応それらしい理由にはなっている。でもそれは間違いで万里が強く否定して香子もそれを裏付けたら、なーんだ、心配して損したと。ほどなくコッシー先輩到着。いや、まだ内定出てないって。遅れてリンダ到着。

リンダは静岡に帰っていたのだが、香子や万里が事故に遭ったと聞いて東京に戻っておまけんの飲み会にも来たのだ。おまけんの飲み会なら香子にも万里にも会えるしね。事故の話は誰に聞いたのかと万里が尋ねるが、リンダははぐらかす。ひょっとして静岡で万里の親から聞いたんじゃとも思ったが、後からそれは光央に聞いたのだと分かる。光央のあの調子だと万里の事を知らせる為にリンダに電話したと言うよりは、自分の事を電話した時に同時に万里の事も話した事になったのだろう。

花火を見ながら万里が切り出した。自分は高校時代にリンダと一緒に花火をしたのかと。以前万里に過去の事は全部無かった事にしましょうと言われていたリンダは驚いたろう。そして香子がそれをちゃんと踏まえていると言う事にも。万里の左足にある傷は打ち上げ花火によるものだとリンダは教えてくれた。あんな傷前からあったっけ。そして万里はこのあと実家に帰るから、もし向こうで会ったらよろしくと香子はリンダに言う。もうすっかり過去の万里と言うのを受け入れた感じがする。
参考資料

リンダは静岡で高校の同窓会があるけど出る?と万里に聞くが、戸惑う万里に香子が背中を押した。出るよと。万里はみんなが会いたいのは過去の万里で、そこに今の自分が出たんじゃどう思われるか、なんてのを気にしていたが、それ以前に記憶が無いんだから見知らぬ人間の集まりに出席する事になると言うのが重荷にならないのか。元気な姿を見せるのなら、リンダが万里の動画を撮って同窓会の時に見せてやる、と言うのでいいんじゃないのか。私なら出たくないなw

そうして万里は静岡へ。

一方東京の香子は千波の引っ越しの手伝いに来ていた。いや、香子の言によれば、理想とは違う部屋だと千波が言うから大笑いしてやろうと思って来たのだそうだ。でもエプロン持参でw そんな訳で夜までかかりそうだから今日は泊まって行ってね、うちの初めてのお泊まりのお客さんは香子ちゃんだよって。もうすっかり仲良しさんだね。でも前の家の千波の部屋って結構殺風景だったので、あれが二人がかりで夜までかかるとかないんじゃ。泊まって行くけどね。
参考資料

一緒にベッドで寝てる時(夏だからあの程度でいいんだな)に千波は香子がまっすぐ万里に向かって行くのが羨ましいと言う。尊敬しちゃうよと。ちょっと含みのある言葉で、香子もそれに気がつくのだが、それ以上何かを聞き出した風は無い。

翌日か、千波のバイト先(でも千波は片付けで今日は居ない)に集まった香子と光央と二次元くん。香子の元気そうな様子を見て二次元くんは喜ぶが、代わりに光央の様子がおかしい。光央はリンダの帰省先が静岡と知って、そう言えば万里も静岡だったな、高校どこなんだろうと二次元くんにふった事から、万里の過去の事故と記憶の喪失について初めて知る。もっとも二次元くんも、あれは例の宗教団体に拉致された時の方便だったんじゃないかと思っていたりする訳だが、あながち嘘でもないのかもと。

光央はトイレから戻って来た香子に万里が入院していた事を知っていたかと聞いてみる。ほんのちょっとの間をおいて香子は、さあ知らないと答えるが、長年香子を見て来た光央はどう思っただろうか。

光央のリンダへのちょっかいから折角安定しかけた万里・香子・リンダの関係がまた揺さぶられ始める。
香子、良い笑顔してるのにね。
参考資料

| | TrackBack (0)

のうりん・第5話

前回林檎は田植えと言う稲作の実習をしたので今回は大豆を植える畑作を。と言っても今回はまず植える所だけで、いつ芽が出るって、放課後は無理だ。バクテリアの増殖じゃないんだし。

その代わりと言っては何だが、寮のお味噌が切れてしまった。と言う事でB組に借りに行く事に。B組は生物工学科だそうだ。耕作と継はB組の学級委員が変な目で見て不審な動きをするから苦手だなと言うが、かと言って味噌が無いのは困るので貰い受けに行く。興味を持った林檎も一緒。

そこではB組学級委員の鈴木燈が待っていた。農から話は聞いている。持って行きなさいと。あのまま直行して来たのに話は聞いてるって、携帯で先に連絡してあったのか。そんな訳であっさり味噌は貰えたものの、代わりに手伝って欲しい事があると言う。

新しい製品を作ったから実験に付き合って欲しい。作ったのは乳酸菌。って、乳酸菌は作るもんじゃないだろ。それとも新しい株を単離したと言うのか。その後に植物性の乳酸菌だの動物性の乳酸菌だの、いや、乳酸菌自体はLactbacillus spp.だからバクテリアだって。説明が色々すっとんでる気がするが、やはり鈴木燈が作ったと言うのは新に単離した乳酸菌の株らしい。それがANaL BB(アナルBB)。まあ、あなるあなるって連呼していた秩父アニメもあったので、ANaL BBは見過ごしましょう。
参考資料

結局の所、ANaL BBで作ったヨーグルトを試したいと言う話。ANaL BBのヨーグルトをぶっかけてみたいと。そんな訳で耕作と継がぶっかけあい。しかも裸で。これをバシバシ写真に撮る燈。こいつどう見ても腐女子。しかしそれを指摘されたら、
「醗酵の美少女とお呼びなさい!」
参考資料
耕作はそれって腐ってるって意味だよねと言うが、燈は腐敗と発酵は違うと。でも耕作の言う本質は同じって言う方が正しい。

さんざんぶっかけあいして、燈はいい絵が撮れたと、お礼に良い事を教えてやると言う。
「Fが動き出したわよ」
ここがB組だったから、F組が何か蠢動を始めたか。


F組林業工学科学級委員の宮本林太郎が耕作に難癖をつけてくる。ひさしぶりにキレちまったよ。ってその原因は女子が一人もいないF組に対して耕作が農ばかりか林檎までをも傍に侍らしているのが我慢出来ないのだと言う。噂では中三まで農と耕作は一緒に風呂に入っていたと言う話だがどうよと聞くと、耕作は強く否定。中三だなんて、中二の11月までだよと。耕作の家は母がおらず、冬は父が出稼ぎに行くから農の家にあずけられていた。そして農の家は家族が多いから四姉妹と一緒に入っていた・・・って、四姉妹と一緒って何火に油を注いでるんだ。
参考資料

しかもそれを誤魔化す為に言い出した話から、だったら今日一緒に風呂に入っても大丈夫だよねとかいちゃつきだしたものだから、F組はそのガスにやられてばたばたと倒れる。さらには林檎がそれ嘘だよねと言う視線が魔の三角関係を表現して林太郎瀕死の状態。

それでも望みを森ガールに託すF組だったが、そう言えば最近は森ガールってとんと聞かないね。そこに救いの手を伸ばしたのが継。今は森ガールではなく、山ガール。おお、そう言えばヤマノススメと言うアニメがあるではないか。それは説得力があるw

継から天啓をいただいたF組は一路美濃富士へ。


と言う訳で、林太郎を退けた耕作達だったが、Fは田茂農林四天農の中でも最弱。早々と四天農のもうひとりが手を出して来る。それはD組造園学科の学級委員の花園カヲル。大豆畑で林檎を拉致して、耕作をおびき寄せる。林檎は俺が守る!と言う耕作にカヲルは勝負をしようじゃないかと持ちかけた。

それはポッキー勝負。いやあ、それってどう見ても最悪の結果しか予想出来ない。
耕作もこんな勝負は受けなくていいのに。

ところが受けちゃった。逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだと我慢しているうちに耕作の顔のすぐそこまでカヲルの顔が接近。継が飛び込んでなんとか間に合ったかと思ったものの、間に合わず、耕作のファーストキスはカヲルと言うホモに奪われてしまった。

あー、取り返しの付かない事をw

そこにバイオ鈴木、ウッドマン林太郎が駆けつけ、ローズ花園とともに四天農が揃い踏み・・・
一人足りない。
でもサブタイは五人の四天農だったから二人足りないんじゃ。

| | TrackBack (0)

銀の匙 Silver Spoon 第2シーズン・第5話

エゾノー祭迫る。既に部活でもエゾノー祭の出し物を検討していた八軒だが、クラスでも会計処理やってくれと頼まれて引き受けてしまう・・・って、引き受けた役割大杉だろ。今回の話は引き受けすぎて手が回らなくなる話なのかなとこの時点では予測した。

馬術部の方では華麗な乗馬の演技と迫力のばんばを見せようと言う事で、乗馬は就職活動で忙しい中を三年生に頼む。大川は例によってあっさり受けるが、豊西も最終戦でのリベンジと燃える。一方のばんばの方だが、やるには会場を用意しないとならない。そこで先生にばんばに使える畑を貸して欲しいと頼んだらあっさり「何ヘクタール要るの?」と。
参考資料
ヘクタールって・・・w

都市に住む庶民には広さの実感が沸かない。ヘクト+アールだから1ha=100a。1アールは10m x 10mだから1ha = 100m x 100mの10,000平米か。100mって電車1編成(10両)の半分の長さ。電車5両 x 5両が1haか。住宅地としては巨大だけど、体感的には把握できる面積だ。たかだか5両だものねえ。驚く八軒に対して御影が3ha下さいと。練習用にも必要だから。

ばんばをやるからには馬の引くソリが必要で、それは御影が手当した。使い込まれたソリが到着。で、誰が乗るの?と言われて、御影が私がと言うが、1回試した程度じゃ未だ無理だと言われて言葉に詰まる。しかし生徒育成に余念のない校長が、未だって事はこれから練習したら乗れる様になるって事ですよねと。

ソリの方はエゾノー祭の来客の為にも綺麗で目立つ状態にしたいと言う事で、これを西川に頼む。確かあの巨大トラックに萌えていたヤツだ。工作系が得意なのだろうと思ったら、後から大変な事にw

一番大変な作業は借りた農場をばんばのコースにする事。あれってコース途中に障害(山)が必要でしょ。馬術部の部員がスコップでちまちま土を盛って出来る物じゃないので、先生方にもお願いして重機も投入しての障害作り。その他にもコースの柵も作らないとならないし。その結果、コース造成は夜遅くにまで及ぶ。野球部の部活が終わっても続いていて、それを見た駒場が手伝いに。駒場は野球筋と農筋は別物と言うが、まあ手伝ってくれるのはありがたいとしても、それで試合とかに差し障りがあったら心配ではある。

御影が駒場にも考えている事があると何か知っている風な話をするのが、八軒にはちょっと寂しいかな。

クラスの準備もしながら馬術部の準備もと、あまりに過酷な立ち回りに八軒は授業中は爆睡。先生はまあ仕方ないねと寝てるのは起こさないものの、減点のしめしはつける。

そうこうするうちにソリ完成。
参考資料
これは痛ソリwしかもNPKって何だと思ったら、作物に必要な窒素、リン、カリウムだそうだw
御影は放心状態で「イインジャナイデショウカ」

御影の方の練習も始まっていて、大きな体躯の馬に乗って世紀末覇者として登場。

身体も使うが頭も使うエゾノー祭の準備。八軒よくやるよなあ、勉強もそうだしと問われて、数学は綺麗に解けていくのが楽しい、国語は出題者の意図を読めば解けると言う。ああ、確かに受験国語ってそうだよね。文法部分は母語だから一定の法則を覚えれば答えられる一方で、この時の登場人物の気持ちは?とか問うて来るのは文章と格闘するよりも出題者がどの辺りの回答を期待しているのかを読み取ると出てくる。多分これも慣れだと思う。

この時に御影が私って人の気持ちを理解するの苦手だなと言うから、周りがああ分かる分かると。だから、八軒、あんた頑張りなさいとw

頑張りなさいと言われた八軒、とうとうばんばのコースも完成して、コースの見回りをしていた時にたまたま御影と二人きりになった時に一念発起する。エゾノー祭が終わったら俺と一緒に二人きりでどこかに遊びに行かないか?と。「××が終わったら、××するんだ」は、そりゃ死亡フラグだろ。

何も気づかずに(本当に気づいてなかったらしい)御影はこの事を寮に戻ってからみんなに話す。当然他の子達はそれが何を意味するのか分かってるのに、御影は気づいていない。とうとうここでみんなが八軒の気持ちを指摘。
参考資料
ええええ、って漸く気づく御影。農家の婿として優良物件だよと言われるが、そんな物件と言う目では判断できないと言う。吉野にも、あんた以前八軒と不純異性交遊の噂を立てられたでしょ、吉野から見てどうなの?と振られるが、確かに優良物件だけど、一つの事に悩みすぎるのが面倒くさそうで嫌」と明確に否定した。吉野ははっきりしているなあ、良い意味で。

やっと八軒の事を意識した御影は、明日どんな顔して顔を合わせればいいんだろうと布団の中で悩む。

翌朝、早起きしてふくぶちょーの散歩がてらばんばコースのチェックをしていた八軒。
ここまで失敗なく順調にこなしたなあと思われたが、事件はこの時に起こった。
披露が溜まりすぎたらしい八軒は障害の頂上で崩れ落ちる。


再起不能とか、重篤な病気とかにはならないだろうが、ここまで準備したのを見届けられ無さそうで、かわいそうだ。

| | TrackBack (0)

いなり、こんこん、恋いろは。・第4話

いなりが部屋で母に変身したところで兄の燈日が部屋に入って来る。いなりは変身した時の裸身を見られたのかと焦ったが(そっちか?w)、そう言う訳ではなくて兄は部屋にいなりが居なくて母が居た事にちょっと戸惑った様だ。それにしてもいくら兄とは言っても中学生の女の子の部屋に合意が得られる前に入るとかどうよ。まあこの兄はちょっとアレなんだけど。

いなりならいないよと母(いなり)に言われて階下に降りた燈日だったが、下にも母がいる。この事態に燈日はいなりが神の力を授かった?とつぶやくが、それを聞いた父と母が笑ってもういいかげんそんな事からは卒業しろよと。中二病なのは両親も知ってるって訳か。

しかし燈日の疑念は深まって、いなりの事をじっと観察する。あやうく風呂にまで着いて行きそうな勢いだったかと思ったら、いっしょに寝るとまで。この兄も相当なもので、うか様と粘着質の兄を持つと苦労しますねと慰め合う。その折りに、先日の高天原での出来事で、いなりの中の神通力が安定したらうか様に神通力を返せるかもしれない、でも返してしまったらもううか様達を見る事が出来なくなると寂しげに言ういなり。兄が神通力無しでうか様を見えてるので、いなりもその素質はあるんじゃないのか。

さて、今日は宵宮。いなりは浴衣を着せて貰っておしゃれもして出かける。駅で墨染と落ち合って宮の方へ。駅前でやたらと貸した漫画の話をするなと思ったら、その後の展開にちょっと関係あったのか。とまれ同じ作品の話で盛り上がる程の仲になったと言う訳で。
参考資料

ところが混雑を避けて裏道を行く時に、後ろから怪しいヤツが迫る。いよいよ危ないと言う時に颯爽と登場して変態を蹴り飛ばす者ありけり。いなりの名前を呼んだのでいなりの知り合いだろうけど誰だっけと思ったら、京子だったのか。その格好じゃ分からん。そしてぶっとばされたのが、大年神。もう完全に邪神だろこいつ。大年神をぶっ飛ばした時の勇姿を見て墨染が京子に惚れてしまう。と言うか、すっかりまなべ君に重ね合わせてしまう。

無事に京子とちかと落ち合って4人で露天巡り。でもちかは何故墨染を誘ったのかと言う。この後の雰囲気からちかはあまり墨染を快く思ってないみたいに見えるが、その原因は墨染が京子に惚れたからだろうか。
参考資料

京子が射的やりたいと始めたが、その時に丹波橋を発見。いなりを撃って(ひどいw)丹波橋を気づかせる。ここでいなりは別行動。丹波橋の方に行ったいなりは「ぐ、偶然やな」と言うけど、まあ発見までは偶然だったのは嘘じゃない。ひとり?と問われて「ひとりの様なそうでない様な」などと言葉を濁したのを丹波橋母が察知。弟を連れて盆踊りの方に行くからあんたは伏見さんと回りなさいと。母、気を利かせすぎだろ。

と言う事で、丹波橋とふたりっきりで宵宮を廻る事になったいなり。かき氷食べようと言う時に危うくはぐれそうになったが、丹波橋がしっかり腕を掴んでくれてそれ以降は手を繋いで露店を見て廻る。もう今晩死んでもいいと思うほどのいなり。

ところが慣れない草履を履いたせいか足を痛めてしまういなり。無理するなおぶってやるよと言っておぶってくれた丹波橋の背中が、あの入学直後におぶってくれたより広くて大きくなっていたのを実感する。よく分かったなあと言う丹波橋に思わずいつも見てると言ってしまったいなりが、まるで告白になってしまっているのを慌てて人間観察してるからと言い訳したが、まるで脈のない今は否定してしまっても仕方ないといなりは思う。
参考資料
確かに無造作に手を繋ぐ丹波橋はあの時点ではあまり意識が無かったみたいだが、この一言でちょっとはいなりの事を意識する様になったろうか。

いなりの焦がれる気持ちがうか様に伝わるが、そこに大年神がすがりつく。結界を張っている筈なのに、入れるとは、ひょっとして私の神通力低すぎひょっとして私の神通力弱まってる?と驚く。うん、ひょとしたらよくない兆候なのかも。

それもさることながら、縛り上げられた大年神が真顔になってうか様に忠告。神と人間は生きる時間が違いすぎるから誼を深めるのは問題があると。昔からこの手の作品では言われている問題だ。

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第17話

コンの願いが通じた!w

予想通り江藤はシェイバに斬られる。でも江藤は現役の双角会と言う訳じゃなかった。嘗て夜光に夢見た者がいたのを覚えておいて欲しいと言いながら、最後にこいつに呪力を注いでやってくれないかと呪具を差し出すが、そりゃちょっと無理筋と言うものだろう。得体の知れないそんな呪具に。

しかしこの呪具が曲者で、シェイバは江藤を斬った後、江藤の手がその呪具に伸びたのを掌の上から刺してしまった為に霊災が発動。フェーズ3霊災が4体も出現するとか、酷い状態に。夏目や京子の呪術はまだまだ未熟でこいつらを防ぐ事が出来ない。シェイバが江藤を斬った時に他に呪搜官が居た様に見えたのだが、何してたんだ。春虎の攻撃も霊災を倒す事が出来ない。1体はシェイバが切り裂く。この調子で残りもやっつけろと思ったら、シェイバ自身が霊災化するとかとんでもない状況に。

ここに至って漸く呪搜官達がやって来て他の霊災を片付け始めるが、そいつらよりももっと手に負えないシェイバが霊災化してもっと遊ぼうよと迫り来る。食堂の中に逃げ込んだものの、しつこく追って来るシェイバ。天馬と冬児と鈴鹿も参戦して随分とシェイバにダメージを与えた様に見えて、それでも全然こたえてない。どうした鈴鹿、十二神将じゃなかったのか。
参考資料

北斗がシェイバの片腕をちぎるものの、逆にシェイバが北斗を切り裂いてその影響で夏目にダメージ。これはヤバイと逃げにかかる春虎達だが、京子がもうすっかり戦意喪失。どうして良いか分からないと言う感じ。逃げ込んだ先の部屋で一息かと思ったら、他の生徒も逃げ込んでいてこれは巻き添えとかまずい方向になるのかと思ったら、他の生徒が居ると言うのは別の意味を持っていた。封を破って侵入して来たシェイバは春虎を狙って刀を振り下ろしたものの、コンが春虎を庇って逃がした結果、その広報に居た夏目にその影響が及ぶ。

服を切り裂かれた夏目は、今まで隠していた女性の身体が露わに。京子も驚くが、ここには他の生徒も居たので今まで夏目が女を隠していたのがみんなに知れ渡る。もう身動きの出来ない夏目。いたぶられる夏目にいよいよ春虎の焦燥が自分の力を開花させる事に。あの鏡がある意味アドバイスしてくれた歯車が合っていねえと言うのが落ち着いて我が身を振り返る事で、色々なものが見えてくる。シェイバのかたしろが刀である事も。

春虎に良い様に術をかけられて冷静さを失い始めたシェイバ。春虎と夏目によって建物の外に誘き出され、夏目の方にシェイバが向かったところであの大友先生が使った霊災への呪術を発動。今度はちゃんと出来るじゃないか。
参考資料

襲ってきた霊災も利用して火の呪術でシェイバを攻撃。霊災だけじゃ足りないから他にと探した「よりにもよってあいつ」って何だろう。ともかく、この場の一番の霊災だったシェイバは修祓される。

まあこの場はこれで収まったのだが、陰陽庁の方はそうじゃなかった。

天海は長官の倉橋源司に呼び出され、今回の件の話をするが倉橋源司がはぐらかそうとした比良田の件を覆す。やむをえぬと言って部屋に入れたのはあの比良田に化けていた多軌子。これ、前回比良田に化けてたのが幼女先輩と見間違えたけど、多軌子の方だったね。あれは自分で書いていても道満の後ろ支えがある幼女先輩が比良田になるのは妙だなとは思っていた。

倉橋源司は多軌子と繋がりがある。これが倉橋の意志だと言うが、塾長の倉橋美代は直系でないせいでここまでの事に気がついていなかったらしい。そんな会話をしている間に宮地は天海の後ろに回ったりして、これ、もう陰陽庁が双角会にすっかり乗っ取られてるじゃないか。天海さん、これで一巻の終わり。
参考資料

いや、未だだ。
土御門のご当主様は倉橋家とはまた別行動なんだろう。

| | TrackBack (0)

そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-第5話に登場する旧式電車

旧式って、早い話が見た目が国鉄201系です。
COPPELIONもそうでしたが、何故このご時世に中央線快速に201系を描くのか不思議です。おかげで車内風景が昭和風味満載です。

参考資料
つり輪が本当に輪の形してます。今ならもっと掴みやすく三角形とか。
網棚が本当に網状になっています。今なら下から見えやすいガラス棚とか。

つり輪は遙か昔の「つり革」だった頃の形がそのままプラスチック製になりましたが、近年はそこから脱却して三角形の形状です。
網棚は遙か昔は本当に「網」だったのがスチール製の網になり、スチール製の棒になり、一時期下から見えない形状のもありましたが、見えないと忘れ物が増えたせいもあって近年はガラス棚が増えています。


参考資料
座席の下が脚台で埋まっています。今なら車内清掃のしやすい片持ち式ロングシート。
片持ち式だとドア部分との凸凹が床面に出来ないので、清掃時にそのまま直進して掃除する事が出来ます。

参考資料
座席の端の座席袖仕切りが臂より下の大きさで小さいです。今ならドア部分に立つ乗客が座席に座っている乗客にもたれかからない様に大きな仕切りになっています。ドア付近で座っている乗客を全く無視して寄りかかる不届きな乗客が居て、かなり不快でした。
窓が二段昇降窓です。今なら一段下降窓か、はめ殺しです。


一時期、とっくの昔に東京の電車から消え去った吊り掛け駆動の走行音がアニメの中では平気で使われていましたが、最近では吊り掛け駆動の環境音を用意する方が難しくなったのかほとんど聞かれなくなりました。

この車内風景もいつまで「つり輪」「網棚」「脚台」「袖仕切り」「二段昇降窓」が残るでしょうか。
これらは概ね今の電車の仕様の方が好きですが、ひとつだけ気にくわないのは(これはずっと前から始まった傾向ですが)戸袋窓が廃止されてる事です。古い電車は大きな戸袋窓があって、車内が明るいです。車体軽量化と構造強化からは戸袋窓が無い方が有利ですが、快適性からは戸袋窓があって欲しいですね。

最近の西武鉄道の様に、元々戸袋窓があった電車を後からパネルを嵌め込んで戸袋窓をはめ殺し、そこにドア横の広告スペースを作るとか、見苦しい事この上ない改造はやめて欲しいです。

| | TrackBack (0)

ディーふらぐ!・第5話

こいつら何故にそこまで宇宙エロ本争奪ゲームに拘るw

芦花達がプレイしてみせても堅次は覚える気が全く無し。て言うか、4人プレイの筈が3人でも出来てるじゃん。まあ4人が望ましいが3人でも出来ない事は無いと言うカードゲームはあるよね。ツー・テン・ジャックとか。それにしても宇宙エロ本争奪ゲームはどう見てもコマを進めるゲームなので何故人数縛りがあるのか分からない。

このゲーム製作部(仮)に高尾が来ている。今日は本来のゲーム製作部の部活が休みだからと言うが、だからと言ってわざわざゲーム製作部(仮)に来なくても良さそうなものを、ちゃんと部活してるかの監視だそうだ。ここで堅次ははたと気がついた。宇宙エロ本争奪ゲームは4人ゲーム。高尾が入れば自分はやらなくて済む。そこで高尾にやってみないかと誘うが、高尾もやりたい訳ではない。そこをなんとか、なんでも言う事をひとつ聞くから、と言われて高尾が反応する。
参考資料
やったこれで俺は抜けられると思ったら、いつのまにかこのゲームは5人制になっていた。

二人に残されたプレヤーカードは「ガインジー」と「エロインダー」。堅次も高尾も「エロインダー」などを取りたくないから「ガインジー」の方を奪い合う。しかしその奪い合いのエスカレートの仕方が高尾の堅次への質問口論になってしまった。それ、どう見ても気になる相手の事を知りたい乙女の台詞。ふたりの仲に割り込みたい芦花が、仕方ないのでここは部長の私が自分の「ジョー」のカードをそれに加えて三人で選び直そうと言い出す。

ジャンケンで決める事になったが、あっさり芦花が敗北。でも「先に三勝した人からね」といきなりルール変更。二回目は高尾が勝利。これで高尾があと一勝したら好きなカードが選べる。多分高尾は「ガインジー」を選ぶだろう、そしたら俺は「ジョー」か、と芦花が負けるのを決めつける堅次。

次の勝負では芦花は奇手を出して来た。部内ルールで言う、2分間のタイムだそうだ。この2分間で流れを断ち切ると。もう、だんだん宇宙エロ本争奪ゲームよりジャンケン勝負になって来た。

2分のタイムラグの後、ジャンケン再戦。しかし今度は堅次と高尾がタイムを取って来た。流れを引き寄せたかった芦花だったが、はやくも逆襲を。しかも高尾がまた堅次に質問責めのラブコール送ってるし。
参考資料

タイムも終わって、次の勝負で芦花がまたもや奇手。これも部内ルールで、次回持ち越しと言うのだそうだ。でもカード決めで次回持ち越しになったら当然宇宙エロ本争奪ゲームも次回持ち越しになる訳で、これだと宇宙エロ本争奪ゲームはずっと次回持ち越しに出来そうな。


昼休み、芦花と千歳が弁当に堅次を誘う。おまえら何故堅次を巻き込む。女子だけでガールズトークのお弁当タイムにすれば良いものを。しかも前回の魔の十四楽団潰した件は堅次よりも生徒会長と学園の裏ボスの名前を高めて、堅次は生徒会長の手下扱い。それはともかく、左手を怪我している堅次に食べさせてあげようと思って来たと言うのを隣のクラスで聞いていた高尾が「その手があったか」と。

実は堅次も弁当を持って来ていた。不良のくせに弁当かよとか言われるが、妹が自分用に作るついでに勿体ないからと堅次のも作るのだと言う。その妹って、まさか「妹の権利じゃん、妹の権利じゃん、妹の権利じゃん(エコー」みたいな妹じゃないだろうな。

しかもその堅次の弁当を話をしているうちに芦花達が食べちゃう。代わりに芦花のをあげましょうと開けてみたら、早弁して無くなっていた。しかたないなあだったら私のを食べさせてやるよと、箸であーんさせようとする千歳。でもこれが床にポロリ。そんな落ちて汚いのを食べられるかと言う堅次に、千歳は酷いヤツだと。

この床は毎朝早く来た船堀さんが掃除した床なんだぞ。そして船堀さんはそればかりか教室の花も取り替えてくれたりしているんだぞと。感動のあまり教室内にわき起こる船堀コール。
参考資料
これは逆に船堀さんが晒し者なんでは。そう言われちゃなあと堅次は落ちたのを食べるが、千歳はでも掃除は朝した訳で、その後何人歩いたと思うと言い出す。いや、そもそも堅次はどんなに掃除しようと落ちた物は落ちた物と拒否すべきだったのだ。

そうこうするうちにお昼休みの時間が残り少なくなって焦る堅次。不良のくせにまじめに授業受けるのかよとまたも煽られるが、ショーン・コネコネ先生だけは恩人だから別なのだと。子供の頃、デパートの火災で屋上に取り残された時、早々とお姉さんは飛び降りてしまったが、子供がそれのマネをする事は出来ない。勿論、無駄に檜山が入っている普通の人間のヒーローも出来ない。そこにロープを持って助けに駆けつけてくれたのがショーン・コネコネ先生だったのだ。でも知らない人に借りを作りたくないなどとゴネる堅次にショーン・コネコネ先生は、だったらこの借りは君が他の人を助ける事で返せば良いと、あくまでも格好いい。

そんな事をしていると、もう休み時間も終わり。噂のショーン・コネコネ先生が授業始めるぞーと入って来たが、堅次の様子を見て、おっと忘れ物をして来てしまった。5分後にまた来るよと。先生、格好良いと言うか、察しが良すぎる。

後刻、高尾は堅次を呼び止めて、お昼をちゃんと食べてないでしょ、やきそばパンが余ってたから買っておいてあげたわよと差し出す。高尾部長、完全に堅次にらぶらぶになっちゃったの~?まあその様子が可愛いから許すw そしてまたもそれを見かけたショーン・コネコネ先生、「青春を楽しみなさい、若人よ」。

えー、ここまで格好良いと、どこかで変態属性が隠されていないのかと心配にw

| | TrackBack (0)

ウィッチクラフトワークス・第5話

妹の権利じゃん、妹の権利じゃん、妹の権利じゃん、妹の権利じゃん(エコー
参考資料

霞が工房の魔女と分かったものの、仄の分担を平日の学校では綾火が、帰宅時と休日は霞がと言うのでは心許ないのでいっそ一緒に住んじゃいましょうと言う提案を綾火がしたが、それを聞いた仄と霞の母の小町、「仄をよろしくお願いします」と。

あっさり母が認めてしまった事に逆上した霞。母はいいかげんブラコンから脱しなさいと言う、そのブラコンぶりが酷い。添い寝もさる事ながら二日に1度は風呂にも一緒に入るとか。これはひどい。あまりにひどいw

小町はいままで聞かれなかったから言わなかったけどと念を押して、実は仄と綾火は許嫁なのよと。その昔、小町と綾火の母のかざねはとっても深い仲の友達で、結婚したいとまで思ったものの女同士でそれもできず(と言う、同性同士は結婚できないと言う展開はあとどれ位有効なんだろう。誰かアニメ・漫画・ラノベでこの設定が何年に何回出現して、やがて出現しなくなると言うのをデータにしておくと同性婚の社会認知のレポートに出来るかもしれないw)、生まれた子供達を結婚させましょうと言う約束をしたのだそうだ。

多華宮母って今迄はチラとしか登場しなかったので、そう言うキャラにCVで川澄さんがなると言うのはどう言う事なんだろうと思っていたが、こんなキャラだったのかw

霞の反対を押し切って仄は綾火の所に嫁入り。でも二人の間にはそう言う小町とかざねが交わした約束以外の何かの契りがあるらしい。但しそれは仄はもとより綾火も定かに記憶していない。仄が何も覚えていないのに対して綾火は全身全霊で仄を護ると言うのだけは記銘されている。

そんな訳で、火々里家さしまわしのリムジンに乗って火々里家へ。リムジン内の仄君人形を見ると、綾火って単なる義務でやってる訳じゃならしいのが示唆される。到着してみたら巨大な敷地に41階建ての巨大な屋敷。なんでまた広大な敷地があるのに高い建物なんて建てるんだ。

そのままエレベーターに乗って上階へ向かうが・・・あれ?敷地がでかかった筈なのにエレベーターから見る風景はすぐ近くに他のビルが迫っているね。
参考資料

目的階に到着したら、待っていたよと言う妙なヤツが居る。すぐに綾火は仄に12階へ行きなさいと言って仄をエレベーターに戻して扉を閉める。これ、脱獄したメデューサだった。仄は、今迄だったら側にいなさいと言う綾火が自分を遠ざけた事で今回の敵がヤバイいんじゃないかと言う事に気がつく。このままだったら綾火が負けるかも。そのうちにエレベーターの扉の方が破れて中に入ると、綾火が倒されている。慌てて駆け寄る仄だが、自分も闘うと言う仄に綾火はあっさり「あなたには逃げる魔法しか教えていないわ」とw

物理攻撃ではやはり倒せない様ねと言うメデューサは、メデューサ特有の力で綾火を石化。これはもう本当にヤバイ。とうとう仄はクロノワールが「おまえはこれを飲むであろう」と予言した禁断の球体を呑み込む。すると仄の中から「白いアレ」出現。これが噂の白いアレか。
参考資料

白いアレ、強い。メデューサは白いアレをエヴァーミリオンと呼ぶ。エヴァーミリオンはメデューサを火々里タワーごとぶっ飛ばす。その影響は学園にまで。かざねの苦労は絶えない。一旦メデューサを追っ払ったところで仄は綾火を助けてくれとエヴァーミリオンに頼む。助けてもいいけど対価が必要、あなたの両目とか、と言ったところで仄が躊躇無く即答。流石にエヴァーミリオンも驚いてそれは要らないから、石化を解く方法を教えてやろうと。予想通り仄が綾火を信じるキスが石化を解く方法だったが、今はほっぺたが限界と。メデューサが未だ目も腕も拘束されていたのがこれで石化を解く事が出来た様だ。

エヴァーミリオンは時間切れと消えてしまう。復活した綾火にメデューサの部下のKMM団が挑むが、あっさり蹴散らされ、メデューサも「ま、それはともかく」と見捨ててる。仄の信じる心が綾火の力になる。再びメデューサが綾火を石化しようとしても効かない。仄の力を得た綾火がメデューサをぶっ飛ばす。メデューサもまだ完全じゃないんだけどね。

でもぶっ飛ばされたのはメデューサばかりではなく、何とか残っていた火々里タワーも。そんな訳で二人は火々里邸に住むのではなく、多華宮家に一緒に住む事になった。霞のブラコンを非難していた小町だったが、自身も仄が居なくなっちゃった事を嘆いていたので、出戻った仄に喜ぶ。

次回から多華宮家での仄と綾火のいちゃらぶ生活・・・ってのは綾火の雰囲気からちょっとそうはならなくて、浴室でどっきり生活が始まるのかなと思いつつ、かざねが怒り狂って工房の魔女を召集したきな臭さも。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第16話

危ない所で万里が目を覚ましてブレーキを踏んで車をガードレールにぶつけるだけですむ。千波は顔にちょっと怪我をしたみたいだが。しかし深刻なのは香子で、すっかり取り乱した状態。万里が警察に電話し、事故処理。事故を起こした香子は未成年なのですぐに親に連絡が入る。

東京(錦糸町駅北口)に戻って来たら香子の父親が待っていた。父の方に歩み寄った香子に父は平手打ち。
参考資料
何てことをするんだと言う見方もあるかもしれないが、父が子を処罰する場面で同乗者の、就中車の所有者の二次元くんには彼女が罰を受けたと言うのを示せるし、その上に不安定だった香子にも罰を与えられたと言う位置づけが与えられるだろう。

その日以来、メールの返事も無いし電話にも出ない香子。光央からは加賀家の家族旅行のバルセロナ行きが中止になった事を聞き、万里は今日みんなで会えないかと提案。それに向かう途中でNANA先輩と顔を合わせたらいきなりNANA先輩がフランスパンで万里を殴り倒す。一週間もしけた面してんじゃねー。さっさと復活しろ。ダメならまたライブに来い。タダにしてやるからと。ここまで面倒を見てくれる先輩が隣に居るとは。

千波のバイト先に集合して連絡のつかない香子の事を心配する面々。
参考資料
みんな、俺が私が悪かったと言い始めるが、まあ第一義的には事故を起こしたのは香子であって、それ以上に責任を持たなくてはならない者は本来的にはいない。それでも香子が事故を起こす事態に陥らせた気持ちと言うのはみんなあるだろう。昔と違って携帯を持ち歩いている時代だから一定時間毎に強制的に運転手を交代したら良かったのにね。

このまま香子と会えないままなんて嫌だと言う事で、香子に会いに行こうと言う事になるが、まずはまがりなりにも、いや、正式にお付き合いしている万里が会うのがいいんじゃないかと、万里が行く事になる。家の場所は光央が知っている。

と言う事で、香子の家の近くに来た万里。どうもお屋敷町らしい。こんな所に香子や光央が住んでいたのか・・って、あれ、じゃあ光央のあの安そうなアパートは親が厳しくて贅沢をさせていないって事なんだろうか。

ちょうど香子の父が帰って来たところで万里をすんなりと香子の部屋に通してくれる。その時に猫が「私に懐いていてね、どこにでも着いて来るんだ」と言うのはあの後の演出に意味があったのかw

香子は部屋を暗くしてベッドの中に引きこもっている。万里を認めてびっくりし、帰って!こんな私を見ないで!と言うが、聞いてみたら今まで何でも出来る大人になったんだと思い込んでいたのがあのざまで、しかも事故処理は全部親任せ。こんなバカみたいなガキの私が恥ずかしいのだと言う。そりゃそうかもしれない。大学一年生ならこうなっても仕方あるまい。でもそこから現実を見て立ち直らなくちゃならん。

そんな意味の事を万里は過去を切り捨てちゃうのかと言うが、これは万里が過去を失って無い物にしてしまっているせいで香子はあんたには言われたくないと言う。とは言っても万里は好きでこの状態になった訳じゃないから。

香子はそもそも万里がまた過去を忘れて、自分の事を忘れて居なくなってしまうと言うのも恐れていた。それはもうリンダの一件以来。絶対どこにも行かないよと抱きしめる万里。

あw、
参考資料

香子のお父さん、お昼はどうするかと言うのを聞きに来たのだが、抱き合ってる二人を見てしまった。でもあのお父さんなら大丈夫なんじゃ?と思ったのも束の間、あの猫の鳴き声で父がすぐ後ろに居るらしいと言うのに気がつく香子。猫の演出がこんな所に。万里はとっさに誰も居ないよと言ったものの、香子の父裏切るw

まあこんな事もあったけど、香子はちゃんと現実を見つ直す事が出来そうだし、香子父も万里をそれなりに認めるんじゃないか。光央の事はどう思ってるのかな、香子父。

| | TrackBack (0)

のうりん・第4話

畑を荒らす何者かが出現。おっぱ・・・胡蝶の目撃談では灰色の服を着た子供が畑を荒らしたに違いないと言う。しかし農や耕作の見立てではこれは猿の仕業。農と耕作のド農村ではこう言う事がよくあるのだそうだ。それならそうで何か対策を立てねばならない。

と言う事で耕作・農・継・胡蝶・林檎が集まって対策会議。なんでまたこの5人なんだとも思うが、まあこの5人に絞らないと話にならないし。

農は電流ビリビリ作戦。畑の周りに電線を巡らせてビリビリって来る程度の電流を流す。まあ有効なのだろうが、そんな予算はおりない。

林檎は餌付け満腹作戦。腹が満ちたら農作物も盗み食いしないだろうと。でも今回は農作物以外の所もイタズラ被害を受けているからだめだろうと。

耕作はスーパーひとしくん作戦。なんだと思ったら、ロケット花火を発射するガトリング砲みたいなものだった。試しにやってみよと校舎の外に向けて構えたものの、ちっとも発射されない。おかしいな、と覗いた所で全段発射。農が犠牲になって却下になるが、でもこれってちゃんと目標に向けていたら問題無かったんじゃ。

胡蝶は世界は一家人類みな兄弟、哺乳類も兄弟作戦。いや、猿に話し合いなんて出来ないから。

継の提案はハンター大作戦。どうやら侵入して来る猿は一匹らしいからハンターに始末させれば良いと。と言う事で、継の知人の腕の良いハンター大森登場。
参考資料
何のハンターだよ!w

背中のはアニメポスターかと思ったら、吹き矢の筒・・・でもやっぱり物としてはアニメポスター。
参考資料
何故にニャル子さん。

見た目はともかく大森の吹き矢は正確に猿を射止める。しびれ薬で身動きの出来なくなった猿を見てみると、腕に怪我をしてどうやらそれで群れに居られなくなったんじゃないかと思われる。捕獲した以上、始末せねばと言うが、林檎にはこの猿が可愛そうでならないらしい。それは口に出して言えてないが。始末の方法などとうに考えてあると高らかに笑う胡蝶。実は動物園にひきとってもらう手筈をととのえてあったらしい。何だよ、大したヤツだな。でも捕らえる前から雄だと分かっていたのか?


今回も含めてずっと林檎を見てきた耕作。ある事に気がついていた。その件で夜に農の所に相談に行く。ちょっと待っててねと部屋の準備を整える農。もういいよと入ってみれば、
参考資料
なんだこのYES部屋はw

乗り気の農だったものの、耕作は継も呼んであって、しかも話は林檎の事。一気に不機嫌になった農だったが、耕作の相談事はちゃんとしたもので、まあ聞いてくれと。

林檎がアイドルやっていた頃はこんなに明るく笑っていたのに、こっちに来てからはどんな時でも無表情。全く笑わない。いくらビデオの時が愛想笑いだとしても、今この現在、全く笑わないのはおかしいんじゃないかと。だから林檎を笑わせてやろうと言う。

継のダークマターも、農の実力行使も林檎を笑わせられない。まあ継のは笑えないなw

こんな事をして何がしたいのかと問う林檎に耕作は、林檎がこっちに来て全然表情を変えないのを何とかしたかったのだと明かす。その耕作に林檎は東京でアイドルをやっているうちに笑顔ができなくなり、そして他の表情も失われたと教えてくれた。

継は精神的な何かなのかなと言うが、どうしたものかと思い悩む耕作はその晩夢を見た。ガイアが教える。ガイアって、地の神かい。

でもこれが天啓となった。耕作はあそこに林檎を連れて行く事にした。継も農もそれは今の林檎に相応しいだろうと同意。行った先は先輩から引き継いだプロジェクトの地。そこは植物が何も育っていないまっさらな土。固くてぱさぱさの土。これが連作障害の土地だった。ここまで酷くなるものなのか、連作障害。まあ日本は雨が多いから塩分が溜まる事はあまりなさそうだが、海外では無理に干害して塩害になると言う例もあるからなあ。

隣は7年かけて何とかトマトが育つまでになった土地。そのトマトを食べて、こんな不毛の土地でも手をかければトマトが育つのを噛み締める林檎。無表情になった自分もまた豊かな表情を取り戻せる気がしてきた様な笑顔を取り戻す。

あれ?
そう言ういい話になってくの?
いや、いいんだけど。
でも農作物だけを目的にここに来た訳じゃないのか。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ノラガミ・第3話・大泉学園駅と石神井第8号踏切

第3話では夜トは天神様に雇われて踏切事故の発生する現場の妖(あやかし)を切る役割を担います。

しかし最初は夜トは「死にたいヤツは死ねばいい」と言い、それをきいたひよりが頭に来て単独行動を取ります。そこで向かったのが黒い気のある大泉学園駅。大泉学園駅ってそんな場所なのかw
参考資料
参考資料

参考資料
参考資料

ところがひよりは反撃を受けて西武池袋線の上り線へ。
参考資料
参考資料

迫り来る帝都高速度交通営団営団(東京メトロ)7000系!
参考資料
参考資料
なんでこのアニメは営団7000系ばかり出てくるんだ。

結局夜トが助けてくれて、営団7000系の屋根に乗ったまま問題の踏切へ。神様と生き霊なので「架線がー!」とかは言いません。

問題の踏切は石神井第8号踏切、大泉高校前の踏切です。
ここの「こっちに来ればいいじゃん妖(あやかし)」を一刀両断してとりあえずこの事件は解決。

真喩「お役目ご苦労様です」(口に出してないけど)
参考資料
参考資料

この石神井第8号踏切、石神井公園・大泉学園間の高架化工事で今やすっかり様相が変わっています。特に昨年(平成25年)11月24日(日)に下り線が高架化されて今や上り線だけの踏切になっており、やがてその上り線も高架化されてこの踏切は消滅する事になっています。

この踏切がこの様な姿だったのはかなり前で、今でもGoogleストリートビューでは位置によっては辛うじてこの当時の風景が見られます(本日現在)。
参考資料
多分ストリートビューは平成21年衆院選の頃の物。
と言うのも、ストリートビューをぐるっと回すと当時の衆院選の民主党候補の選挙事務所が写っているからです。

これは平成23年6月12日に下り電車の先頭で撮った物です。
参考資料

ところがその一年後の平成24年6月17日になるともうこの姿。
参考資料

したがってノラガミの様な場面は今から2年以上も前の物だった事が分かります。
何を参考にしたんでしょうね。風景写真とか予め撮っておくものなのでしょうか。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ノラガミ・第1話・市場坂橋

第1話で夜トがひよりをおんぶして行った場所。
ここは悩みましたねえ。斜張橋ですよ。大泉学園駅周辺にそんなもの無いです。
参考資料
参考資料

しかもワイヤーが交差しています。
参考資料
参考資料
どうやら支柱がタンデムに立っているらしいのが分かります。
但し実物は手前と奥とで距離がありますから、作画の様な同じ幅でワイヤーが見えると言う事はありません。

しかし二人が立っている所も橋らしいものの、右に見える斜張橋の支柱とは無関係の様です。
参考資料
参考資料

ひよりの背後をよく見て下さい。
ここは道路だったものの、入口を塞いで人道橋にしています。つまりこっちは旧橋で、斜張橋の方が新橋の様です。
参考資料
参考資料

以上の条件を満たす橋はどこか?
悩んでいるうちにツイッターで「ここは市場坂橋」と囁く声が聞こえましたw

地図で見たら、大泉学園駅を通る吉61-1の新座栄行きの終点新座栄の近くにある橋でした。大泉学園駅の北方向に凡そ4kmの場所です。ここはもう埼玉県新座市。遠いなとは思いましたが、大泉学園駅からのバスは大体10分おきに出てるし、どうせ大泉学園に行くならと行って来ました。

上のキャプチャの2枚目では橋の向こう側に市街地の灯りが見えますが、これは演出です。実際は段丘涯になります。

このアングルだと旧橋が車の通行止めになっているのがよく分かります。
参考資料

| | TrackBack (0)

舞台探訪・ノラガミ・第4話・石神井公園

ノラガミが大泉学園付近をポロポロと出して来るので一体どうまとめて良いのか悩み始めました。話数ごとと言うのも、毎回行く訳でもなく、話数と場所の組み合わせで取り敢えずまとめてみます。

と言う事で、これは第4話で登場した小福のお店付近の石神井公園。

ひよりを小福の所へ連れて行く夜ト。
参考資料
参考資料
三宝池のほとり。

そして小福のお店。
参考資料
参考資料
※このお店は店内撮影禁止です。
と言う事で外観だけ撮って来ました。
いつもならある大きな写真もありません。中もぼかしてあります。

さて、恋物語 貝木ジ・エンドで登場した石神井公園駅ですが、本日2月1日から高架下のバスターミナルが暫定使用を開始し、もう貝木ジ・エンドの時の囲いで覆われた風景は二度と見られません。
参考資料
参考資料

こちらは高架化前の石神井公園駅の南口駅舎ですが、もうほとんど使われていない状態なのでやがて取り壊されるのではないでしょうか。
参考資料

| | TrackBack (0)

« Januar 2014 | Start | März 2014 »