« のうりん・第1話 | Start | 鬼灯の冷徹・第1話 »

Wake Up, Girls!・第1話

私はラブライブ!がとても好きで、その一方でアイマスは途中で見るのをやめました。そんな前歴史があるのだが、ラブライブ!の方が近い記憶なのでこの作品もそっちと同じ様な期待をした。

でも第1話見てもキャラをひとりとして強固に識別出来なかった。一応記憶に残ったのはお金持ちのお嬢様らしき子だけど、それでも7人集まるとどの子だったか識別出来なくなってしまう。それぐらい7人が均等に紹介されてしまったからキャラが掴めない。ああ、もうひとり、有名なアイドルグループのI-1クラブをやめた子が居たと言うのも記憶に残った。その二人くらいかな。いいのかアニメの第1話がこう言う構成で。

昨年末に高校生アイドルとして仙台の街頭ステージで1度だけ歌ったWake Up, Girls!の7人だったが、社長が金を持ち逃げして居なくなって、今後の活動が不透明。マネージャーの松田も困り果てていたが、そこに連絡が入った。やり手の   が一緒にプロデュースしてくれると言うのだ。

その話に7人のうちの3人は乗り気で3人は懐疑的で1人がなんとなく中立。

私もそう言う人間は信用出来ない気がしていたが、最後に登場して来たおっさんは見た目は明らかに怪しげでとりあえず水着に着替えて貰おうかとか。
参考資料

果たして見た目どおりの怪しげなヤツなのか、見た目はアレでも実はやり手なのか。
それ次第で話がどっちに転ぶか分からない。


うーん、ちょっと微妙。第1話なのになんだか作画も微妙だし。結局私はアイドルグループ物はあまり好きではなくて、ラブライブ!はそれとは別に全員が同じ音ノ木坂学院の生徒で、一緒の日常があると言う面が好きだったのだなあと自己分析出来た。

あ、巷ではステージの時にぱんつ見えたとか話題になってるけど、あの格好であれだけ動いたらそりゃ見えても不思議じゃないし、見えたからと言ってどうと言う事もないと思った。

それからスマホの画面でステージの動画をおばあちゃん達に見せている子が居て「これが実波ちゃんかい」とか言っていたが、あれはダウト。老眼があんな画面であんな距離からのステージの動画で人が識別出来る訳がない。ソースは私。老眼なめんな。

|

« のうりん・第1話 | Start | 鬼灯の冷徹・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58924595

Folgende Weblogs beziehen sich auf Wake Up, Girls!・第1話:

« のうりん・第1話 | Start | 鬼灯の冷徹・第1話 »