« ノブナガン・第1話 | Start | ノラガミ・第1話 »

ウィッチクラフトワークス・第1話

ごくごく普通な高校生多華宮仄が何かの理由で学園一のお姫様の火々里綾火に守られる事になる。でも、ただひとつ違っていたのは……火々里綾火は魔女だったのです!
参考資料

仄がどうして塔の魔女達から狙われるのか不明。仄がどうして綾火のお姫様で御主人様なのか不明。でもともかく塔の魔女は仄を狙ってくるし、それを綾火が守る。

それにしても綾火はどうしてあそこまで学園でモテモテなんだろうか。背が高くて美少女なのかもしれないが、無表情で愛想が無いのであそこまでと言うのはどうしてか。ワイルドの君とかなら分かるけどw

その綾火が通学の時にいつも仄と同じバスだったり、クラスで机が隣だったり、日直が一緒だったりする影響で嫉妬の攻撃が仄に襲いかかる。

それが塔の魔女の攻撃が露骨に行われて、綾火が今までさりげなく守護についてたのが露骨に仄と一緒になったものだから激しい嫉妬の嵐が。
参考資料

でも昼食会とかでいたたまれなくなった仄が綾火から逃げ去ると、それを狙って塔の魔女の倉石たんぽぽが襲って来る。やられそうになった仄を綾火が身を挺して守った為に串刺しに。これでやっと仄は綾火を全面的に信じる事となり、完全な信頼を得た綾火は圧倒的な力でたんぽぽの白ウサギ達を消し飛ばした。

辛うじて脱出したたんぽぽ。

でもこれが転校して来るんだ。
しかも仲間の4人と一緒にw
参考資料


面白かった。綾火の無表情キャラが良い方向で魅力がある。無表情キャラって難しいよね。ダメな場合は全然ダメになっちゃう。

|

« ノブナガン・第1話 | Start | ノラガミ・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58896977

Folgende Weblogs beziehen sich auf ウィッチクラフトワークス・第1話:

« ノブナガン・第1話 | Start | ノラガミ・第1話 »