« ディーふらぐ!・第1話 | Start | ハマトラ THE ANIMATION・第1話 »

東京レイヴンズ・第13話

道満が動き始める。何か呪符を沢山書いていたと思ったら、あれが今日の最後に登場する土蜘蛛になるのか。しかもそれだけでなくて天馬にも何かしかけられたね、人の良さそうな石田キャラ(比良多篤祢)はやはり油断がならない。
参考資料

そんな事が動き始めているが、陰陽塾では春虎と夏目が青春しちゃってる。春虎は漸くあの北斗のリボンと夏目のリボンが同じ物だと気がつき、じゃああの北斗の言っていた事って夏目の気持ちなんだろうかと懊悩する。一方の夏目はいざ告白と思っていた矢先に春虎に夏目の事を全力で否定されてしまった(この時点の春虎は未だリボンに気がついてなかった)。でも北斗が好きだったと言うのも聞いている。二人はそんな宙ぶらりんな状態で相手の気持ちを確認するのが怖くてぎこちない関係となっていた。
参考資料
冬児はそれを見て溜息しか出てないw

と、こんな状態の時に道満から陰陽庁に宣戦布告。鴉羽織をいただきに参上する!と。いきなり急襲する訳でもなく予告する辺りに自信があるのやら、陽動なのやら。でも陽動と言っても陰陽庁のトップの方は陰陽庁にあるのか陰陽塾にあるのかは知っている事で、当然道満がどう狙って来るのかも分かっているだろう。それでも陰陽庁に守備を固めるか。守備を固そうにして陰陽塾に主力を配備しても良さそうなものだが。

何にせよ、まりりんの鉄壁の結界で陰陽庁は大丈夫と言う宮地磐夫。でもこの宮地も小暮から陰陽庁にある鴉羽織はレプリカらしいと聞かされるまでそれを知らなかった様だ。知ってたのは京子の父の倉橋源司くらい?

この道満の鴉羽織奪取の予告は陰陽塾の塾長倉橋美代にも天海を通じて伝えられる。それを聞いてはしらばっくれている倉橋美代も陰陽塾の防御を固めざるを得ない。大友先生と藤原先生を呼び出す。それにしても京子の家も凄いな。両方のトップが倉橋か。

両方ともそれなりの迎撃準備を整えたところに道満の襲撃開始。
参考資料
固めさせておいての襲撃なんだからやはり余程の自信か、或いは何か瓢箪から駒を狙っているか。

|

« ディーふらぐ!・第1話 | Start | ハマトラ THE ANIMATION・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58908925

Folgende Weblogs beziehen sich auf 東京レイヴンズ・第13話:

« ディーふらぐ!・第1話 | Start | ハマトラ THE ANIMATION・第1話 »