« ディーふらぐ!・第3話 | Start | いなり、こんこん、恋いろは。・第2話 »

東京レイヴンズ・第15話

視聴しているこっちもそうだったが、春虎は先日の道満と大友先生の戦いを見てすっかり陰陽術とは何だろうかとあてられてしまっていた。それが呪捜官江藤との模擬戦にも現れる。春虎が使おうとしたのは大友先生が道満との戦いで使ったものだが、そんなのが今の春虎に使えるのかと言うのもさることながら、江藤が言った様にあれは霊災相手の術らしい。確かに大友先生は道満を霊災相当と確認してから使っていた。しかし、見よう見まねでって江藤が言ったが、あの場面に江藤は居なかったよね。春虎を普通以上に叱責する江藤に夏目が強い口調で反論。あの時、あなた達呪捜官はどこで何をしていたのかと。

春虎は陰陽塾の屋上にあった土御門家の祭壇が気になって夏目と見に行く。いいのか、あんな被害を受けたビルに勝手に入って。しかし、そこに居たのは春虎達と同じ陰陽塾の制服を着た女生徒。春虎は俺たちは陰陽塾の学生だと名乗ったが、それはお互いの制服を見たら分かるんじゃ。女生徒は相馬多軌子と名乗る。この相馬多軌子、馴れ馴れしくて自分の事は多軌子って呼んでよと言い、名前を呼び合う関係を強要。しかもこの祭壇が天壇であって泰山府君祭が行えると言うのまで知っていた。
参考資料

結局、多軌子の素性があまりよく分からないまま。そう言えば幼女先輩の素性もよく分かってないよね、どっちも陰陽塾の女生徒の制服を着てる訳だが。陰陽塾設立時の謎を明らかにしようとして春虎や夏目は冬児も巻き込んで陰陽塾の図書室の資料を漁る。塾長に聞いてもすんなり教えてくれそうにないし。よくすっとぼけるからなあ。でも鴉羽はここにはありませんよ、ってのは本当だった。土御門の当主がいただいて行ってしまっていた。

図書室の資料には初期の塾生の名簿などはなかったが、せっかくここまで発掘したのにと言う事で、そうだ大友先生のを見てみようと開いてみたが、肝心の大友先生はあまり面白い事が書かれていない。しかもその頃は写真無し。同期にはあの木暮も居たが、ページをめくってみたら「早乙女涼」の名も。春虎、誰だっけとか言ってる場合じゃない。鈴鹿が言っていたあの早乙女涼だろ、それは。

あの激しい戦いの結果入院していた大友先生の所に天海が来ていた。陰陽庁に巣くう双角会の分子を愈々一網打尽にするのだと言う。でも道満から情報を聞き出せなかったのに、どんな新しい情報があったのだろう。ともかくそんな出入りがあるけど、陰陽塾の方は専任の護り手を送るからお前は安心して寝ていろとの事。

そこに春虎達もやって来る。しかし、病院に向かう途中で幼女先輩を乗せた車が春虎に横付け。春虎は涼先輩に夏目以外も紹介するが、涼はみんなを知っていた。眼鏡君も含めて。そして同乗者に奇妙なヤツが。新しいOPに変なキャラが居るなと思ったが、これ、あいつじゃん。道満も息災で何よりじゃw
参考資料

大友先生の所で春虎達は天海と鉢合わせ。京子や鈴鹿はそう言う人脈だから天海の事を知っていたが、春虎にとっては初顔合わせだった。鈴鹿はこの取り合わせで思いつく事がある。なぜ大友先生が倉橋源司が施した鈴鹿の封印を解けたのか。

鈴鹿がドヤ顔で全て見抜いた風を見せるが、天海は上手で「あちゃー、知られちゃったか」な切り返しをして見せる。どうやらそう思い込んでくれた方がいいとか言う雰囲気らしい。

天海が帰った後で、今度は大友先生に「早乙女涼」の事を聞いてみるが、それって「りょう」と言う男じゃなくて「すず」と言う女だぞと指摘する大友先生。そりゃそう聞いて涼先輩と同じ名前だなと思っちゃう春虎は仕方ないが、そろそろ涼先輩が何だか妙だな位に気がついて、ひょっとしたら関係あるんじゃと思っても良さそうな。

と言う訳で、陰陽塾の護り手はよりにもよって鏡になってしまったし、天海は天海であんな怪しい石田キャラを頭にした陰陽庁の大掃除とか、それってまるで死亡フラグではないか。
参考資料

|

« ディーふらぐ!・第3話 | Start | いなり、こんこん、恋いろは。・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58992130

Folgende Weblogs beziehen sich auf 東京レイヴンズ・第15話:

« ディーふらぐ!・第3話 | Start | いなり、こんこん、恋いろは。・第2話 »