« ウィッチクラフトワークス・第1話 | Start | ノブナガ・ザ・フール・第1話 »

ノラガミ・第1話

冒頭でいじめの様な目に遭っている子が描かれたのでこんな調子の話だったら嫌だなあと思ったら、タスケテと言う願いを神様が聞き入れる。これが自前の社を持たないノラガミの夜ト。神器の伴音を使ってこの願いは災いの元を叩き斬って解決したものの、伴音から三行半をつきつけられて、社無し、神器無しのノラガミになってしまった。

一方、お嬢様だけど格闘技が趣味の壱岐ひより。蟷野選手以外の男に興味がないとか言っていた子だったが、ある時逃げ出した猫の「ウエサマ」を探していた夜トが道路に飛び出してバスにひかれそうになったのを思わず助けてしまう。でも夜トを突き飛ばして助けた(もっとも夜トはあれしきでは死なないけど)代わりにひよりがバスにはねられる。一旦助かったのかなと思ったら、本体の方は路上に倒れていた。
参考資料

これはなんとも悲惨なと思ったら目を覚ますひよりの場面が出て来て、命は助かったらしい。でもいかにもおかしいので、夜トが何かしたのか、或いはひよりにその素質があったのか。

いずれにしても自分を助けようとしてあんな事があった子だから、夜トは様子を伺いに夜間病室へ。これでひよりは自分が助けた相手が尋常の人間ではないらしいと言うのを知る。一応、夜トは自分の身分を説明したが、どこまで理解して貰えたかどうか。

その後も夜トはウエサマを探して街を徘徊する。首尾良く見つけてウエサマの方から夜トに走って来たかと思ったら、妙な霊まで一緒に来てしまう。この時点で神器を持たない夜トにはちょっと重荷だった所へ、夜トの事をずっと気にしていたひより登場。

夜トを引っ張って逃げるが、霊の方が追いつくと格闘技が趣味だけあって霊に戦いを挑んでみる。そんな、人間が霊になんてと夜トが止めようとしたら、ひよりのキックが決まって霊は倒れ込んでしまった。
参考資料
この隙にひよりを抱えて逃げる夜ト。

よく見たらひよりは本体から抜け出して霊体になっていた。そのひよりのしっぽみたいなのは霊体の時に出るのか。

こんな身体になっちゃった自分を治してと言うひよりの願いを賽銭を貰って請け負う夜ト。
でも賽銭は1回5円。
参考資料
(毎日一万円じゃないの?w)

それじゃ、社は簡単に建たないよなあ。
神様だから食費や住居費や光熱費要らないと言っても。


ノラガミも面白かった。日曜の視聴本数削減計画が難しい状態になって行く・・・

|

« ウィッチクラフトワークス・第1話 | Start | ノブナガ・ザ・フール・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58897025

Folgende Weblogs beziehen sich auf ノラガミ・第1話:

« ウィッチクラフトワークス・第1話 | Start | ノブナガ・ザ・フール・第1話 »