« 東京レイヴンズ・第12話 | Start | 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-・第12話・最終回 »

中二病でも恋がしたい!・第13話

中二病は昨年の10月期アニメで、もう放送から一年。月日が経つのは本当に早い。放送波では第12話まで放送して第13話はBD最終巻に収録されたもの。私は買ってないのでw、今回が初視聴となります。

来月からは「中二病でも恋がしたい!戀」("戀"の字が"れん"で出ないから手で書いてIMEに出させたよw)が始まると言うので復習になるし、丁度クリスマスの深夜に放送と言うので話の内容もぴったりだった。

そう言えば付き合ってる風になった勇太と六花。しかしクリスマスを目前にして二人の間に今は特段の計画が無いらしい。誠に言われる迄それを考えていなかったらしい勇太。六花の方はそれなりに意識はしていたみたいだけどね。
参考資料

結局、極東魔術昼寝結社の夏でクリスマスパーティーをやろうと言う事になったのだが、その日はもう学校に入れません。だから部室が使えない。勇太の家もダメだし六花の家もダメ。しょうがないデスねー、我が拠点に招待しましょう。と言う事で早苗の家でやる事になったのが、凸守家、でかい!なんか執事っぽいのも居るし。あの早苗のドレスが母が着せたと言うので、母のセンスを疑ったが誠の話の母も美人だったと言うだけで終わった。後日トンデモ母親として登場するかも知れない。

凸守家のパーティー会場で極東魔術昼寝結社の夏のクリスマスパーティー。ホテルの会場みたいじゃないか。でもこの家の規模を考えたらさっきの玄関の面積は普通だったなあ。来客の多い邸宅って玄関もでかい筈なんだが。

女の子は早苗が用意したコス・・服に着替えて登場。くみんがサンタコスで六花がブルマ姿で森夏が偽魔法使い。あの大きな会場の隅を使ってトランプの大富豪を開始したものの、早苗が大富豪とか、実生活の階級そのままに。
参考資料

ところがいつの間にか六花が居ない。探しに出た勇太が梁の上に乗ってる六花を発見。なんだか酔っぱらってる感じだが、それも去る事ながらどうやってそこに登ったのか。六花も、そして早苗もリキュールかなにかを効かせたケーキを3個食べてすっかり出来上がってしまった。

よっぱらっちゃって中二病発動。
まあね、境界の彼方はこう言う戦いばかりでちょっとなあと思ったけど中二病はこの場面だけだからね。

眠っちゃった六花を勇太が背負って家まで連れ帰ると言う。これはチャンス!と森夏は六花を勇太に託した。電車の中で勇太が取り出したチケットは、Christmas Mississippi。琵琶湖汽船にミシガン船と言うのがあってナイトクルーズをやってるみたいですね。まあ勇太も一応考えてはいた訳で。

夜のクルージングでふたりが中二ちゅーに迄至りそうだったのに汽笛ごときにはっとして結局は手を繋ぐ止まりとか、しかもそれを早苗達が見てたとか。大体、電車の中で急に行き先を変更したのに何で早苗達は追いついていたのか。さては発信器を取り付けておいたな。

マスターを返せと言う早苗の攻撃で船上でもみ合いとなり、勇太と六花が思わず、ちゅ・・・ってのはその二人じゃなくて、止めようとした森夏と早苗の方だった。
参考資料
森夏、「よくも人のファーストキスを!」とか言ってたね・・・

と言う事で二期に「つづく」事になったね。

|

« 東京レイヴンズ・第12話 | Start | 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58824065

Folgende Weblogs beziehen sich auf 中二病でも恋がしたい!・第13話:

« 東京レイヴンズ・第12話 | Start | 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-・第12話・最終回 »