« 機巧少女は傷つかない・第12話・最終回 | Start | あかりちゃんとともにクリスマス・イヴ »

のんのんびより・第12話・最終回

ここには書いて来なかったけれども、のんのんびよりはこの10月期アニメの中では最高に毎週楽しみな作品だった。田舎暮らしが大変なのは知ってるので、田舎さいこー!とかは言わないが、夏のひとときを過ごすとかは良いよね。

そして小鞠と蛍の話が面白い。それが最終回にもあったのだからとてもうれしいw
参考資料
参考資料

一穂先生は基本的にいいかげんな感じなのだが、生徒の保護者の様な立場の時には他の人にはちゃんとしている。まあでも雪の日に勝手に一人で先に布団で寝ちゃう性格ではあるのだけれども。今の分校の生徒構成だとこれから毎年一人づつ減って行くので、分校が成り立つのか。教師として続けられるのか。

そう言う意味では一年経っちゃった訳だが、時間はリセットされないで進むのかな。そうすると越谷兄は卒業だった筈だが、卒業式やった場面が無い。そう言う意味では同じ分校内とは言え蛍は小学生を卒業して中学生になる訳でこれまた卒業式はどうしたんだろう。

そう色々考えると時間はリセットでもいいよと思ってしまう。
なによりほたるんは小学生である!と言うポジションに魅力の大きな一端がある訳だから。

メインの舞台となる旭丘分校は埼玉県小川町の下里分校がモデルだった様だが、それ以外の所は色々な所がモデルで、特にどこと固定するものではなかった。それはそれで良いと思う。頭の中で思い浮かべる田舎と言う事で。

二期やって欲しいなあ。
ほたるんが小学生のままでw
参考資料

|

« 機巧少女は傷つかない・第12話・最終回 | Start | あかりちゃんとともにクリスマス・イヴ »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58814059

Folgende Weblogs beziehen sich auf のんのんびより・第12話・最終回:

» のんのんびより 第12話(終) 『また春が来た』 蛍の小鞠愛を試すかのような仕打ちの数々。 [こいさんの放送中アニメの感想]
彩りが悪いのは単にババ臭いだけかと。フタを開けると全部茶色&黒。これ母ちゃんとかおばあちゃんの作る食事にありがちですね。見栄えを考えないので煮付けとか茶色いおかずが多くなる。田舎娘小鞠もそんなパターンかと思ったら違った。 漫画レベルの毒物じゃなくて一般レベルで不味い。正直これはキツイ、気絶できないから。・イカスミパスタかと思ったら炭化した焼きそば。・ガチガチに固まってるけどかた焼きそばじゃなくてあくまで普通の焼きそば。・TVで見た、とハンバーグにチョコを入れてくる、というか入れすぎてチョコの味しか... [Mehr erfahren]

verlinkt am 30. Dezember 13 um 18:06

« 機巧少女は傷つかない・第12話・最終回 | Start | あかりちゃんとともにクリスマス・イヴ »