« ワルキューレロマンツェ・第9話 | Start | 東京レイヴンズ・第9話 »

機巧少女は傷つかない・第9話

時計塔を倒したのはシャルロットとシグムント。まさに時計塔100周年行事を行っている最中で、学院長が祝辞を述べようとしていたタイミングだった。しかしなんでまたシャルロットがそんな事をしたのか。

居なくなっちゃったけど、髪が薄茶色のシャルロットに似ている子はフレイによればアンリエット・ブリュー、シャルロットの妹だそうだ。転校して来たものの、何度か自殺未遂をしていてその度に失敗していると言う。シャルロットも居ない、そしてアンリエットも居ない、とりあえず雷真はアンリエットから探す事にするが、それを手伝うと言うフレイがアンリエットの部屋からぱんつを持ち出す。
参考資料

ああ、犬たちに臭いを認識させるのねw

アンリエット、あっさり発見。雷真はシャルロットの事とか色々問い詰めるが、一度にそんな事言われても溢れるだけで、ここは夜々の出番。「あなたは狂言自殺で雷真の気持ちを惹こうとしているのですね?」

どこからそれが。いや、夜々らしいけど。
夜々に代わってフレイが問う。
「あなたは狂言自殺で雷真(ry」
ダメじゃん、フレイ。
参考資料

そんな茶番をやっているうちにアンリエット逃げちゃう。そろそろ夜会の時間と言う事で、フレイはそちらへ。雷真は夜々とシャルロットを探し続ける。と、そこにあのシャルロット登場。実はこの時まであのメガネ娘がシャルロットのふりをしていたんじゃないかと思っていた。でも雷真との会話を聞くとこれは間違いなくシャルロットだ。つまりシャルロットがメガネ娘の姿をしていたのか。

シャルロットとアンリエットはもう出会っていて、それによってシャルロットは妹も両親も無事だと言うのを知ったみたいだが、ひょっとしてこの妹の為にシャルロットは何かをやらされているのか。それにしても、シャルロットとアンリエットが似すぎていて、髪の毛の色が違うって言っても割合同系色だし、暗い場面じゃ区別つかないよ。唯一ネクタイの形が違うと言う点だろうか。喋れば声は違うんだけどね。

色々な謎を整理しようと雷真はキンバリー教授の所へ。時計塔を破壊したのは確かにシャルロットだろう。でもそれで負傷者は出ても死者は出ていない。おそらくシャルロットの標的は学院長だったのではないか。しかし学院長が狙われるのか。学院長を亡き者にする事で、「魔術喰い」騒動を無かったものにし、それによって復権しようというキングスフォート家の策略ではないかと予想された。シャルロットが事件を犯せば元々王太子に怪我を負わせたと言う悪評のあるブリュー伯爵家が騒動の中心であり、キングスフォート家は問題なかったと言う入れ替わりでの浮上を狙ったのだろうと。でもそんな証拠は無い。

その証拠があればいいんだなと言う雷真にキンバリー教授は証拠があれば問題ないと、完全に雷真を焚きつけている。
参考資料

翌日、相変わらずシャルロットとアンリエットを探す雷真だったが、学院長が破壊された時計塔の見聞に来ているのを見つける。ここはまたシャルロットに狙われる。それに気づいた雷真、そしてアンリエット。止めようとする雷真だが、既にシグムントの攻撃は放たれ、時計塔の地盤は崩壊。直撃じゃないから怪我で助かる?

|

« ワルキューレロマンツェ・第9話 | Start | 東京レイヴンズ・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58691190

Folgende Weblogs beziehen sich auf 機巧少女は傷つかない・第9話:

« ワルキューレロマンツェ・第9話 | Start | 東京レイヴンズ・第9話 »