« ゴールデンタイム・第9話 | Start | 機巧少女は傷つかない・第9話 »

ワルキューレロマンツェ・第9話

夏のジョストの大会・・・の前にウィンフォード学園のミスコンが待っていた。などと話をふりながら、冒頭で貴弘が馬の世話をしている場面となったので、はてこの馬の出産が今回の話とどう絡むのだろうかと思ったら、この様子を見ていたアンとエマがベルティーユにその事を伝えた時に上の空で聞いていたベルティーユが勝手に頭の中で情報変換。「来週がマレンゴーの出産予定日。あとは心構えだ」→「レンコンの予定日に水野さんがグライダーに乗る」→「ミスコン、ベグライター」→「ミスコンで優勝した子のベグライターになる」
参考資料
どんな電波が働いてるんだよ!w

その結果、貴弘が今度のミスコンで優勝した人のベグライターになると美桜・ノエル・茜に伝わってしまう。そうと聞いたらと乗り気のノエル、スィーリア先輩が出るのにかなわないよと言いつつも貴弘がベグライターになるならと美桜、そしてそんな方法でと言いながらこれはチャンスなのかもと密かに思う茜、各々ミスコン出場を決めるが、さらにその話を聞いていたのが玲奈。この玲奈がリサにまで話をしてしまう。

水着の試着コーナーでノエル・美桜と茜・リサが鉢合わせ。みんなミスコンに優勝して貴弘を狙ってる。しかし、美桜の水着は「こんなので隠れるの?」とか言っていたのでもっと生地が少ないのを予想していたのだが・・・

買って来た水着を着て、ノエルは貴弘にアプローチするのだが、貴弘、全然気がつかない。強硬手段に訴えてノエルは水着エプロンの姿になってしまう。その場面に美桜が入って来て何やってるのと驚くが、ノエルはそう言う美桜だって下に水着を着てるんでしょ!とめくってみたらふつうにタイツ+ぱんつでした。だが、この場面、タイツ+ぱんつを見せるだけでなく「下に水着を着てるんでしょ」と言う重要なメッセージを実は残していた。
参考資料

リサはピンクのワンピースを選んだ。試着してササミに「どう?」と問いかけるリサだが、これがフィオナの癇に障る場面のみならず実は視聴者に先の場面ですんなりササミの行動を勘違いさせる場面でもある。とりあえずフィオナは最近のリサに腹を立てた。なにそんなに浮ついてあいつらと馴れ合ってるの!と。

しかしミスコン当日、鞄の中にあのピンクの水着が入っていない事にリサは気がついて真っ青になった。あの夜、リサの水着をまじまじと眺めていたフィオナだったが、まさかベッドの上にあった時点でフィオナが隠したらリサが鞄の中を探す訳がない。慌てててあちこち水着を探すリサをウィンフォード君に入っていた玲奈が見つけ、リサの後を追うが、貴弘と出会い頭に衝突。これって単なるラッキースケベイベント?と思ったらそうじゃない。玲奈はリサと一緒に水着を探すから、貴弘は代わりにウィンフォード君に入って案内をしてくれと。貴弘は暇そうだったから良いが、副会長の玲奈が着ぐるみに入って案内とか、生徒会はそんなに人手不足なのか。

ウィンフォード君に入った貴弘はササミがピンクの布を咥えているのを発見。これが玲奈が言っていたリサの水着か!とササミの後を追う。そう、ササミにリサは水着姿を見せた場面があったればこそ、この繋ぎは無理無く視聴者には入って来る。でも貴弘は実はリサの水着の色なんて知らないんだよね。まあ、いつもリサが可愛がっているササミが何か生地を咥えていたからひょっとしてと思ったのだろう。

ササミの後を追って入った部屋でその生地が水着ではなくてソックスだと分かるが、その部屋は実は女子更衣室だった。ぞろぞろと入って来るミスコン出場者、即ちこれから水着に着替える女の子達。貴弘は慌てて中に誰も居ませんよと言うフリをした着ぐるみと化する。

制服を脱いで下着姿になったノエルがウィンフォード君の着ぐるみ発見。この着ぐるみって肌触りがいいんだよねとスリスリする。えーw、あれが?それに乗って美桜もスリスリ。ほんとだーと言う声を聞いて他の女の子達も下着姿でスリスリ。貴弘、生きた心地がしなかったなw

ササミが咥えていたピンクの生地はソックスだった。じゃあリサの水着はどこに?まさかフィオナが手にしている紙袋の中に?フィオナ、そんな事しちゃうの?などと思うのはやはりミスリードで、フィオナが水着ならここにあるでしょ!と示したのは制服の下に水着を着ていたリサだった。いつも水泳の時は水着を下に着てるからと言う訳だ。

司会の東雲さんまでスク水になってこうして始まったミスコンだが、水着姿で一芸って、芸になってるのは茜だけですがな。あんなにミスコンに出て優勝なんて当然とか言っていたベルティーユさんが水着姿を恥ずかしがるとか、でも新鮮でそれはいいぞとか。
参考資料
そしてスィーリアは一芸でテディベアをとやりかけた所でスィーリアシュプレヒコールで今年もやれずじまい。

結局圧倒的な支持を集めて今年もスィーリアが優勝。貴弘は優勝した人のベグライターと聞いていた美桜達はがっかりした表情でひきあげるが、もとよりそれはベルティーユによるガセネタ。トラブルメーカーと言うか、お騒がせキャラとして欠かせないな、ベルティーユ。

結局、フィオナの持っていた袋の中は激辛    。
合宿回に引き続いてフィオナがリサから離れ孤立感が高まっているが、これはこの先に何か絡む事があるかな。

|

« ゴールデンタイム・第9話 | Start | 機巧少女は傷つかない・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58685708

Folgende Weblogs beziehen sich auf ワルキューレロマンツェ・第9話:

« ゴールデンタイム・第9話 | Start | 機巧少女は傷つかない・第9話 »