« November 2013 | Start | Januar 2014 »

今期のアニメの鉄道描写でちょっと言いたくなった事

年末年始でネタ切れwと言う訳ではないようなある様な、ともかく今期アニメが最終回を迎えて、それってどうなのよとふと思ったのをメモする見たいに書いてみます。

COPPELION・第13話

COPPELIONは201系電車が登場した時から、ミリタリー関係の絵に比べてこの201系の絵はちょっとなあと思っていましたが、最終回ではあーあやっちゃったよと言う感じの場面がありました。

でも断っておきますがCOPPELIONは話の内容的には好きでした。生物をどう弄ったら放射線耐性が付くのかの理由は「それは設定」と言う事で目を瞑って話は好きでしたよ。だから作品自体にどうこう言うつもりではないです。

201系に鉄蜘蛛が覆い被さってます。その上にさらにビルから落下した球形の貯水タンクが乗ってます。そしてそれらが201系に被さって進んでいます。
参考資料
架線の高さ、どんだけあるんですか?
201系の屋根から10m近く離れているんじゃ。どこにそんな巨大なパンタグラフ積んでるのか。
この絵も苦心して架線がある様な微妙な絵となっています。

それが今度は上から見たらもう誤魔化しようがありません。
参考資料
架線描けません。
だって鉄蜘蛛より上だとあまりに高い所に架線がある事になるし、鉄蜘蛛の下じゃ架線が支障しているのが明白になってしまいますから。

この絵には何気なく集中冷房装置が2機も積まれている事になっています。
中央快速、混雑するから2機積まないと冷えないんだな(をい
(見返しの時に場面が探せませんでしたが、見てる途中で3機積んでいた場面もあった記憶が)


荊(戸松キャラ)が歌音(堀江キャラ)を見捨てずに助けようとする感動の場面。
荊が201系の扉から手を伸ばして今にも落ちそうな歌音の手を握っています。
参考資料
参考資料
普通ならここまで手を伸ばすと、吊られている人間は道床に足がついていて、バラストの上(かスラブ軌道の上)を引きずり回されている事になりますが、それではまずいと言う事で、高架橋が201系の走行している線路のすぐ近くで下が見える状態に崩壊している事になっています。

しかしそれは不味い。何しろ201系が走行する架線がちゃんと張られていなくちゃならないので支柱が残ってなくちゃおかしい。もし支柱が残っていたら、支柱にドカンドカンと歌音はぶつかっていなくちゃならないです。多分ここも作画が苦心して、これ以上引いた絵にしてません。引いちゃったらおかしい事がバレるから。


原作マンガは静止画ですから、多分一枚絵で描くとあまり変じゃなかったかもしれないのが、動画になると恐ろしい状況を燻り出します。アニメはそれを誤魔化して描かなくちゃならないですね。

| | TrackBack (0)

バディ・コンプレックス・先行第1話

戦闘中に次元の歪みに飲み込まれて辿り着いた先は過去の地球。そこにはヒディアーズが!(違

時計表示だと来年の9月1日みたいですね。
参考資料
それにしても未だ西暦使ってるのかよ。

サンライズアニメにしては珍しく現代日本のちゃんとした風景とかが登場するので、これは珍しいと期待したらどうやら第1話だけが現代日本でそれ以降はまた元の時空に戻ってしまうらしい。

このタイムスリップのせいで青葉と雛とあの男の間とかに色々一悶着が起きた様だ。そして青葉が未来に飛ばされたらいきなりロボットとシンクロ率が上がって、しかも操縦モニタには「NICE COUPLING」とかほもほもしいメッセージが。
参考資料
まだニンゲンヤメマスカの方が味わいがあったんじゃw と言うか、最近の初期起動モニタは妙なメッセージを表示しないではいられないのか。

と言う事で現代日本とはさっさとおさらばしてしまって、チラと津田沼駅が登場しただけで未来に行ってしまった。それにしてもここ最近はゴールデンタイムと言い、WHITE ALBUM2と言い、そしてこのバディ・コンプレックスと言い、総武緩行線がひっぱりだこだ。
参考資料

完全にロボットアニメと化しそうなので、今期の日曜深夜の異様な放送本数から見て外す事に決定。

| | TrackBack (0)

物語シリーズ セカンドシーズン・恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸・最終回

「貝木さんも私を騙すんだね」
ここからこの恋物語のありとあらゆる伏線が次々と回収されて行く。

翼が言っていたじゃないか。撫子は誰も相手にしていない。誰も信じてなんかいない。

嘘をついた貝木とそれを唆した相手に神罰を下そうと言う撫子。殺すのは暦だけじゃない。ひたぎだけじゃない。暦の目の前で火憐も月火も翼も真宵も駿河も殺そうと。恐れていた神罰の発動。

蛇に囲まれながらも微動だにせず、いや微動だに出来ないが正しいのかもしれない。貝木は撫子の説得にかかる。しかし撫子は貝木の言葉に耳を貸さない。その中に登場した扇と言う人物がひっかかるが、それはこの時点ではすぐには関係ない。

神様になりたくてなった訳ではないと言う撫子に突如貝木は言う「漫画家になりたかったのか?」

今までの態度を一変させて大動揺する撫子。ああそうか、あの絶対開けるなと言うクローゼットか!w
絵は上手い。しかし、とろける様なご都合主義のラブコメ。80年代かよ。
(いや、ここで80年代かよとか言われちゃうとなあw 私が少女マンガを買い始めたのは70年代後半、80年代なんて血道を上げていた時代だからなあ)
しかもちょっとHだそうだw
参考資料

そしてここから貝木の真骨頂。そして声優三木眞一郎の真骨頂。
大人が子供を諭す。まさにそんな感じで撫子を説得して行く。いや説得と言うよりは教育して行く。
参考資料

そして周囲の蛇がみんな消えた時、撫子は「騙された」と思って神様を止めて漫画家を目指してみる事にするのだ。「騙された」と思って。ここにひたぎの依頼は成就された。

ここに漸く「おっとり刀」(誤用の方の意味で)で暦登場。何を今頃のこのこと。もう暦の出る幕ではない。俺は臥煙先輩の依頼でここに来たのだと。暦にはひたぎの依頼だなどとおくびにも出さない。

撫子のあとを暦に託して貝木は去る。この街に居てはいけない人間なのだから。ここに居ては殺されかねない人間なのだから。仕事が終わった事をひたぎに電話して言い添えた。今度から手紙を出す時は差出人の名前を忘れるなよと。

あの「手を引け」は貝木の性格を知って念押しの為にひたぎがやった事。手を引けと言われれば逆に何としてもやろうとする。そしてそれは実はあの臥煙先輩もそうだったのか。300万円で手を引けと言うのはひたぎの出せない活動資金を提供した上で貝木の背中を逆に押したのか。

そうだろうか。臥煙がひたぎと同じ事を?確かに資金提供にはなったが。
臥煙は手を引けと言う理由も言っていたじゃないか。こう言う時に貝木は絶対失敗すると。

失敗していない。
しかしそれはEDのキャスト欄でこれで終わらない事が示唆される。

背後から不意に殴り倒される貝木。ゴルフクラブの様なもので貝木の頭を砕いた「中学生」は以前貝木が騙したらしい中学生の様だ。そしてその中学生は言う「扇さんの言っていたとおりだった」と。

また扇か!
そして血の中で貝木の話は終わる。
参考資料

えええええええええええ!
そんな!
やめて!

私の貝木泥舟が!

2クールに及んだ今回の「物語シリーズ セカンドシーズン」は、ダントツで恋物語・カイキ ジ エンドがが面白かった。貝木のおかげで今回のシリーズは面白かった!と思えた。それなのにこんな結末が待っていたとは。確かに貝木は臥煙の言ったとおりに「失敗」した。致命的に失敗した。まさに致命的に。

本当に致命的になるなんて。


久々に入れ込んだおっさんキャラだったのになあ。

今日の冬コミのサークルすぺーすで、あまりにスペース番号を確認する人が多かったから臨時でこんなのも描いた程だったのに。
参考資料
今日に限って貝木ならスケブOKだったのにね(をいw

| | TrackBack (0)

舞台探訪・物語シリーズ セカンドシーズン・恋物語 ひたぎエンド 其ノ壹・那覇空港

「今あなたどこにいるのよ」
「沖縄。沖縄の那覇市の喫茶店だ」

冬コミを明日に控えみなさまいかがお過ごしでしょうか。第1日目サークル参加の私です。舞台探訪本とアニパロ本の新刊を出す予定です。出す予定。
と言う訳で沖縄の那覇空港の巡礼写真をお送りします(どこが「と言う訳」)。

流石に今この時期に那覇に行っている訳にはいかないので、先ほど友人から到着した那覇空港の写真です。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
戦場ヶ原さんと会ったお店はそこそこ改変がある様です。
石神井公園駅の支柱を赤く染めたのですから、これ位も普通でしょう。

さて写真を送ってくれた友人ですが、こちらに
参考資料
ガタイがすらりと大きい程度にしか似てませんがw
この写真が到着したので、じゃあ貝木描こうと、一旦引っ込めたタブレットとフットペダル(Ctrl + Zなどを割り当てて手を離さずに一踏みで取り消し出来るとかに使う)を取り出して先ほど描きました。

さて、今晩いよいよ物語シリーズ セカンドシーズン・恋物語 ひたぎエンドも最終回です。
貝木さん、うまくあの状態から撫子神を騙せるでしょうか。

| | TrackBack (0)

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-・第12話・最終回

のんのんびより同様にここでは書いて来なかったものの、毎週楽しみにしていた作品だった。
事前の知識無く見ていたので、メンタルモデルがあんなにみんなデレてw、ファンキー(ファンシーじゃないの、ファンキーなのん)になる展開は全くの予想外だった。とても楽しい予想外だった。

しかし撃沈されたイ400とイ402を除いて(マヤは単なる監視ユニット)コンゴウはデレるより自分の中の葛藤で化けてしまいデススター化。北米の霧の艦隊登場でどうにもならなくなったイオナ達を、あれは私の獲物だとばかりに、世界で最も邪悪な種族の末裔の如く超重力砲で霧の艦隊を薙ぎ払い、結果的にイオナ達を窮地から救う。

とは言え、今のコンゴウとイオナとの戦いでは圧倒的にコンゴウの方が戦力的に上。いくらあのままではコンゴウが自壊するとは思われても、それまで到底持たないだろう。そんな暴走してしまい、接続を断ったコンゴウに物理接触で説得に向かうイオナ。無線LANが繋がらないなら有線で繋げればいいのよ!

直接やって来たイオナに対して攻撃をかけるコンゴウ。いや、攻撃をかけると言うか、直接接触を避けようとしているのが本意じゃないのか。それをかいくぐって遂にはコンゴウと繋がり、抱きかかえて解り合って友達になれば良いと言うイオナにコンゴウの茨の庭園は緑の高原に。
参考資料

コンゴウの気持ち(なんてものがあったかどうか分からないが)は解けたが、かと言ってそのまま他のメンタルモデルと同じ様に千早群像の所に易々とは行けない。

北米の霧の太平洋艦隊は壊滅してしまったのか、イ401はサンディエゴに到着。振動魚雷は無事に米軍の手に渡った。これで霧との戦いも・・・って、コンゴウさんが居れば「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」状態なんじゃ。

とりあえず千早群像の蒼の艦隊はこれでひとつの任務を終えた訳で、メンタルモデルが激増したこの状態で今後はどうするのか。ナノマテリアルが補充できたらしくタカオが元の姿に戻れて群像に襲いかかるしw
参考資料
タカオは元の姿になったのにキリシマはキリクマのまま。ギャラクシーエンジェルのノーマッドの位置を確立してしまったか。
参考資料

それにしてもフル3Dでここまで出来る時代になったんだなあ。ところどころ妙な感覚を覚える場面もあるが、こう言う話ならもう充分だ。学園物だと人の微妙な動きが重要になって来るからまだ苦しいかも知れないが、アルペジオみたいな話なら大丈夫。

米海軍の通信を聞いていて「イ401」が「アイ・フォー・ゼロ・ワン」なんだよね。そりゃそうだ、なんてすんなり英語だけなら受け入れられるかもしれないが、他のヨーロッパ言語では"i"と綴って「アイ」なんて言わない。ドイツ語(ゲルマン系)もスペイン語(ラテン系)もロシア語(スラブ系、キリル文字では"и")も「イ」で発音する。「イ・フィーア・ヌル・アインス」とかだろうなあ。

| | TrackBack (0)

中二病でも恋がしたい!・第13話

中二病は昨年の10月期アニメで、もう放送から一年。月日が経つのは本当に早い。放送波では第12話まで放送して第13話はBD最終巻に収録されたもの。私は買ってないのでw、今回が初視聴となります。

来月からは「中二病でも恋がしたい!戀」("戀"の字が"れん"で出ないから手で書いてIMEに出させたよw)が始まると言うので復習になるし、丁度クリスマスの深夜に放送と言うので話の内容もぴったりだった。

そう言えば付き合ってる風になった勇太と六花。しかしクリスマスを目前にして二人の間に今は特段の計画が無いらしい。誠に言われる迄それを考えていなかったらしい勇太。六花の方はそれなりに意識はしていたみたいだけどね。
参考資料

結局、極東魔術昼寝結社の夏でクリスマスパーティーをやろうと言う事になったのだが、その日はもう学校に入れません。だから部室が使えない。勇太の家もダメだし六花の家もダメ。しょうがないデスねー、我が拠点に招待しましょう。と言う事で早苗の家でやる事になったのが、凸守家、でかい!なんか執事っぽいのも居るし。あの早苗のドレスが母が着せたと言うので、母のセンスを疑ったが誠の話の母も美人だったと言うだけで終わった。後日トンデモ母親として登場するかも知れない。

凸守家のパーティー会場で極東魔術昼寝結社の夏のクリスマスパーティー。ホテルの会場みたいじゃないか。でもこの家の規模を考えたらさっきの玄関の面積は普通だったなあ。来客の多い邸宅って玄関もでかい筈なんだが。

女の子は早苗が用意したコス・・服に着替えて登場。くみんがサンタコスで六花がブルマ姿で森夏が偽魔法使い。あの大きな会場の隅を使ってトランプの大富豪を開始したものの、早苗が大富豪とか、実生活の階級そのままに。
参考資料

ところがいつの間にか六花が居ない。探しに出た勇太が梁の上に乗ってる六花を発見。なんだか酔っぱらってる感じだが、それも去る事ながらどうやってそこに登ったのか。六花も、そして早苗もリキュールかなにかを効かせたケーキを3個食べてすっかり出来上がってしまった。

よっぱらっちゃって中二病発動。
まあね、境界の彼方はこう言う戦いばかりでちょっとなあと思ったけど中二病はこの場面だけだからね。

眠っちゃった六花を勇太が背負って家まで連れ帰ると言う。これはチャンス!と森夏は六花を勇太に託した。電車の中で勇太が取り出したチケットは、Christmas Mississippi。琵琶湖汽船にミシガン船と言うのがあってナイトクルーズをやってるみたいですね。まあ勇太も一応考えてはいた訳で。

夜のクルージングでふたりが中二ちゅーに迄至りそうだったのに汽笛ごときにはっとして結局は手を繋ぐ止まりとか、しかもそれを早苗達が見てたとか。大体、電車の中で急に行き先を変更したのに何で早苗達は追いついていたのか。さては発信器を取り付けておいたな。

マスターを返せと言う早苗の攻撃で船上でもみ合いとなり、勇太と六花が思わず、ちゅ・・・ってのはその二人じゃなくて、止めようとした森夏と早苗の方だった。
参考資料
森夏、「よくも人のファーストキスを!」とか言ってたね・・・

と言う事で二期に「つづく」事になったね。

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第12話

合宿に浮かれる春虎と夏目。なんでまたそんなに二人だけ周りから浮いてテンションが高いんだと思ったら、ああそうか、鈴鹿から離れられるせいか。そんな訳で陰陽塾の二年生は国際興業バスらしき車両に乗って一路富士山の見える合宿所へ。でもどう見ても鈴鹿の影が見えている。合宿する寺らしき場所はかなり階段を昇るみたいだが、誰か京子の荷物運んでやれよ、男子。特にすぐ近くにいる春虎とか天馬とか。

案の定、現地に到着したらそこでは鈴鹿が待っていた。今の今までテンションが高かった春虎と夏目の二人は凍り付く。
参考資料

それはともかくさっそく合宿の特訓が始まる。簡易式式神を使ってカレー作りだそうだ。思うがままに式神を動かせないと細かな調整が利かない。春虎はカレー鍋の火の調整をさせているが、天馬がもうちょっと火力を強くしてと言うのに応じて強くしたら強すぎて燃え上がる・・・いや、どんなに強く吹いても火がそんな爆発的に燃え上がるって事はないんじゃ。

夏目の式神の使い方はほぼ完璧で自分と同じ様に操れる。それだけに人参を切り損なったり、うっかり鍋を直接掴んで熱がってみたり。

何とかカレーは出来た様で、春虎達のはそれなりに食べられる。でも交換と言って持って来た鈴鹿のスープカレーはよほどまずかった様だ。カレーを不味く作れる才能って。片付けの最中に春虎は先輩を見かける・・・って、誰だったっけ?あ、何だか幼女好きのキャラいたなあ。この機会に春虎は式神について質問してみた。簡易式式神を相手に気づかせない程に操れるなんて事があるのだろうかと。先輩はそれは可能だが、使い手は相当な手練れでないと無理だと言う。

遅れて合宿に到着した冬児。遅れた理由は今まで単に封印していただけだった鬼を或る程度呼び出せる様にしていたのだった。施術は春虎の父の土御門鷹寛。その冬児が鈴鹿に話があると言う。生成りの姿を見せてこの姿に見覚えがあるかと鈴鹿に訊く。十二神将だったら他にもいるだろうに何で鈴鹿に聞くのかと思ったら、この鬼は二年前の霊災の時に首謀者が自分の姿をかたしろにして降ろしたものであり、その首謀者とは大連寺至道、鈴鹿の父親だと言う。激しく同様する鈴鹿。
参考資料
だから鈴鹿に話をしたのか。
(ところでここまで鈴鹿がカレーの皿を持って来たのはここで取り落とす為かなーと思ったのだが・・・)

でもこの話は鈴鹿を糾弾する為のものではなくて、これをきっかけに鈴鹿を夏目や春虎と協力関係を結びたかったのだ。既に何度も出ている様に夏目は夜行信者に狙われている。だからそれを守る側として春虎・京子・天馬に協力して欲しいと言うのだ。

至道の娘だったからか、十二神将だからなのか、鈴鹿はそれらに関して春虎達の知らない情報を持っていた。双角会と言うのがあってそれが夜行信者の組織。そして双角会は陰陽庁の中にも入り込んでいる。確かに夏目を襲った呪捜官が居たしなあ。

以前、夜行の生まれ変わりと見なして夏目を襲った鈴鹿に夏目は本当に自分が夜行の生まれ変わりなのか訊いてみるが、鈴鹿はそう思っているものの、断言までは出来ないと言う。そしてそれを確かめるには鴉羽織を着てみれば分かるだろうと。鈴鹿は早乙女涼と言う人間が残した夜行に関するレポートを読み込んでいた。何もよく分からなかった夏目達には鈴鹿は貴重な情報提供者となったが、冬児が取り持った協力関係はうまく行かなかった。冬児は夏目に鈴鹿の実験につきあってやれないかと言ったら春虎が夏目を庇って反対。どうもその様子を見て鈴鹿は考えを変えたらしい。

これらの話を塾長も大友先生も見ていた。大友が言う鴉羽織に関して塾長の反応が微妙。知っていて知らないふりをしている感じがある。陰陽庁にあると言う鴉羽織はレプリカで本物は陰陽塾にあるんだろうとも。しかも大友はその話をあの早乙女から聞いたのだと言う。大友、顔が広いな。

さて、冒頭で「合宿!合宿!」と言っていたので旅館的な合宿所を予想して、となると夏目と春虎が同じ部屋にとか思ったのだが、寺だったので全員でごろ寝でした。眠れないと言う夏目は風呂に入って来ると言うが、一緒に行こうかとか、春虎、お前は何を考えて居るんだ。

露天風呂の「男湯」の方に入っていた夏目だったが、隣の女湯にはあの冬児がみんなを集めた時の鈴鹿の様子を慮ったと思われる京子が鈴鹿を強引に風呂に誘っていた。しかもこの場面は京子が鈴鹿とねんごろになる機会だけでなく、その会話の中で京子は鈴鹿が実は春虎が好きなんだろうと話をふる。これは大きな展開だ。夏目はこれで鈴鹿が実は春虎が好きなんだと分かるし、鈴鹿があいつには好きなヤツが居ると叫ぶ事で京子と夏目に春虎にはそんな想い人が居るのかと分からせる。

このせいで三人の関係が大きく動くのだ。京子が無神経にもw春虎は鈴鹿の事をどう思っているのか、鈴鹿は・・と言いかけたところで鈴鹿突進。春虎は北斗の事が好きだった筈だと。そこで春虎は北斗の事を京子にも話すのだが、そんな式神使いなんて夏目ぐらいしか知らないと言う京子に、春虎はあっさりそれは無い無いと。北斗と夏目は全然性格違うしとも。鈴鹿はこれではじめて春虎が北斗の事は好きだったが、夏目がそれだとは全く気がついていないと言う事を知って、考えを変えた。春虎が夏目を好きだ、と言う訳ではないのなら自分が入れる余地はあると。そしてこれらの話は悪い事に冬児に唆されて春虎に告白・・・までするかどうかは分からなかったが、気持ちを伝えようとやって来ていた夏目が聞いてしまった。

そしてさらには帰りのバスの中で春虎が漸く夏目のヘアバンドに気がついた。これはあの祭の日に北斗に取ってやったリボンじゃないか。
参考資料

今更かよ!春虎。
しかもあんな場面の後で!

| | TrackBack (0)

あかりちゃんとともにクリスマス・イヴ

本日、あにしゅがさんに注文していたあかりちゃんケーキが到着した。
ところでmixiの日記であかりちゃんケーキ到着と書いたら、赤座あかりとか神崎あかりとか言われましたがw、太陽あかりです。幻影ヲ駆ケル太陽の。

冷凍宅急便で到着して、冷蔵庫の中で4~6時間かけてゆっくりと解凍して下さいとの事でした。

解凍後のお姿。
参考資料

よくあるモニタの前に置いて飾る・・・と言うのをやろうとしたのですが、今日は身体の具合が悪くて朝から昼まで寝込んだと言うのもあって、全然食欲が無く、ケーキだけですw
参考資料
やっぱりこのもぐもぐの場面かなあ。

ケーキは美味しかったです。
何かでまた注文したい。

| | TrackBack (0)

のんのんびより・第12話・最終回

ここには書いて来なかったけれども、のんのんびよりはこの10月期アニメの中では最高に毎週楽しみな作品だった。田舎暮らしが大変なのは知ってるので、田舎さいこー!とかは言わないが、夏のひとときを過ごすとかは良いよね。

そして小鞠と蛍の話が面白い。それが最終回にもあったのだからとてもうれしいw
参考資料
参考資料

一穂先生は基本的にいいかげんな感じなのだが、生徒の保護者の様な立場の時には他の人にはちゃんとしている。まあでも雪の日に勝手に一人で先に布団で寝ちゃう性格ではあるのだけれども。今の分校の生徒構成だとこれから毎年一人づつ減って行くので、分校が成り立つのか。教師として続けられるのか。

そう言う意味では一年経っちゃった訳だが、時間はリセットされないで進むのかな。そうすると越谷兄は卒業だった筈だが、卒業式やった場面が無い。そう言う意味では同じ分校内とは言え蛍は小学生を卒業して中学生になる訳でこれまた卒業式はどうしたんだろう。

そう色々考えると時間はリセットでもいいよと思ってしまう。
なによりほたるんは小学生である!と言うポジションに魅力の大きな一端がある訳だから。

メインの舞台となる旭丘分校は埼玉県小川町の下里分校がモデルだった様だが、それ以外の所は色々な所がモデルで、特にどこと固定するものではなかった。それはそれで良いと思う。頭の中で思い浮かべる田舎と言う事で。

二期やって欲しいなあ。
ほたるんが小学生のままでw
参考資料

| | TrackBack (1)

機巧少女は傷つかない・第12話・最終回

強すぎるあくまでグランビル家の執事のシンさん。相変わらず圧倒的でシグムントまで倒してしまう。完全自立型のマシンドールでオートマトンとは違うのだよと言うが、えー、その二つって作中で区別していたのか。そんな事を言われた雷真であったが、それでも雷真の信じる所に基づいて最後の仕掛けをシンに対して行う。

夜々に正面からの攻撃を守らせたと思わせて背中をあけ、シンが背中に回って雷真を攻撃しようとした所を夜々が捕まえる。そして塔に追い詰めた上で間断のない攻撃。流石のシンも攻撃を受け続けて力を失いつつある所にシグムントのラスターカノン。効いたみたいではあるが、それでもシンはバテながらも生き残っている。ただ、この状態から雷真は近くに人形遣いが居る筈だと、リビエラにそれを探させる。臭いを嗅いだ訳じゃないのに探せるのか。

かくてセドリック・グランビル炙り出し。
参考資料
セドリックの喉元に刃を突き出して拘束したつもりだったが、このセドリックがまた何者なんだか。シンの様に雷真の手からするりと抜け出して、同じく夜々の手から抜け出したシンが雷真を狙う。雷真絶体絶命の危機にとうとう夜々が化ける。流石のシンも坊ちゃまを連れて逃げるしかなかった。

坊ちゃま・・・
「彼らはいつか「お嬢様」の掌を飛び出しかねない」

アリス・バーンスタインと言うお嬢様に化けちゃいましたよ。どうやらこっちが本体らしいけど、一体どんな力で化けたり身体を動かしていたのか。これじゃ普通の人間じゃないので、人形遣いとしては卑怯だよ。
参考資料

と言う訳で、一旦は雷真達は普段の生活に。雷真の周りには夜々は勿論の事、シャルロットやフレイに加えてアンリエットまで加わっちゃいました。病室でそいつらがぎゃーぎゃー騒いだら、そりゃロキじゃなくてもキレるわねw
参考資料

キンバリー教授がやって来て、今回の騒動の決着を述べる。時計塔は再建する事になったが、その予算は政府によって凍結されているブリュー伯爵家の金を使う。ぶっちゃけ政府が金を出す。なんでもこの手配はさる資産家が運動した結果らしく、その資産家のお嬢様も学院に入っているのだそうだ。まさかアリス・バーンスタインじゃないだろうな。

アンリエットに関してはそもそも入学が不正操作によるものだったと言う事で取り消しになるが、キンバリー教授の所の保護下になると言う。安全地帯の確保と学院に留まるのとの一石二鳥か。


と言う事でまだまだこの話は始まったばかりだで最終回となった。
うーん、どうでしょう。もうちょっと構成とかどうにかならなかったのか。雷真の事情とか夜々の秘密とかブリュー伯爵家の件とか、未だ全然喉につっかえたままの様な作品となってしまった。すっきり感が無いです。

女の子は可愛かったのにねw

| | TrackBack (0)

ワルキューレロマンツェ・第12話・最終回

スィーリアとノエルの準決勝戦は最後の場面でスィーリアの突きがノエルの突きを上回り、ノエルが落馬してスィーリアの勝利。ごめんねミレイユ負けちゃったと言うノエルだが、ノエルの戦いは無駄じゃなかった。ノエルの健闘に思わずミレイユが立ち上がる。ミレイユの怪我でジョストを憎んでいたアスコット侯爵もノエルの戦いぶりとミレイユの足が戻った事を大いに喜び、お前達は私の誇りだと。

さて、一時間の休憩を挟んで愈々スィーリアと美桜の決勝戦。
参考資料

その間に玲奈に呼び出された貴弘は、昨年大会に出場せず今年もこのまま大会に出場しない場合は規則で退学になると言われる。この規則が貴弘だけに適用されるのがどうにも納得出来ないのだが、貴弘はもう決めていた。決勝戦はベグライターとして参加する。そして来年からは騎士に戻ると。貴弘がここでベグライターだけになるのはどうなんだろうと思っていたが、その後騎士にと言うのは良い選択だ。

しかし決勝戦でどちらのベグライターをやるのだと問うスィーリア。あ、スィーリア居たのか。玲奈が真ん中に座っていたから居ないのかとも思ったが、流石にスィーリアの居ない場所で俺は美桜のベグライターをやりますとなる訳には行かないよね。スィーリアも納得の上での美桜のベグライターじゃないと。

でも貴弘が美桜を選んだ理由は簡単明瞭で、スィーリアはそのままでもきっと勝つだろう。スィーリアはやはり私は孤独なのかと言うが、学園のみんながスィーリアを目標にしていて孤独なんかじゃないと言う。そしてそんなスィーリアに美桜と自分とで挑むのだと。

まあこうまで言われては仕方ない。
それにどのみち貴弘がベグライターをやるのはこれが最後なんだし。

そして始まる決勝戦。不敗のスィーリアに奇蹟の騎士の美桜。って、誰がそんな名称を付けたのかと思ったらやはりベルティーユだったw
参考資料

俺がスィーリアに勝つ戦術を授けると言ったから、また駆け引きが楽しめるのかと思ったら決勝戦はOPが流れる戦いになってしまった。これは台詞や駆け引きの指南を聞きたかったなあ(もう一回見返したらこれはこれで良いとも思ったw)。そしてどうやらポイントが拮抗して最後の手合わせ。美桜の槍が伸びる、スィーリアの槍が伸びる、突き合いの瞬間では美桜の槍がスィーリアに当たった様に見えたが、次の瞬間の羽根飾りが舞う画面で結果が分かった。そうか。

試合後の場面では仕事が終わったスィーリアの執務室には優勝トロフィーと記念写真が飾られている。ここまで表せばスィーリアが優勝したのはもう分かる。あの突き合いの場面をコマ送りして見たら美桜の槍がスィーリアを捉える前にスィーリアの槍が美桜の羽根飾りを飛ばしてフェザーズフライを決めていた。
参考資料

玲奈に連れて行かれたTARTE TIMEではみんながスィーリアの優勝を祝う為に集まっていた。今までの優勝ではこんな祝賀会が無かったと言う事で、とても喜ぶスィーリア。さあ飲んで食べての宴会だよー。最初の提供バックのお好み焼きはこれか。ジェイムスは酒を飲んで酔っぱらったとしても器用なベルティーユ様はジュースで酔っぱらってしまいました。

最後に、マレンゴーのお産に駆けつける前にベグライターをやると言った時は一体誰のベグライターをやるつもりだったのかと詰め寄るスィーリア、美桜、ノエル、茜、リサ。いや、決勝戦とは言え、最後に美桜のベグライターをやったんだからそれ以上問い詰めるなよ。


ワルキューレロマンツェ、面白かった。前にも書いたが、ジョストでこんなに手に汗握る事になろうとは思わなかった。そしてスィーリア様が素敵だし、ベルティーユ様は楽しいw

アニメ化でどれだけ人気が上がったのか分からないが、すぐ目の前に迫っている冬コミ企業ブースでRicottaの所は行列が長くなっちゃうのかなあ。愛しのベルティーユ様のグッズを買いたいと思っているのだが、かえってそっちが心配。

| | TrackBack (1)

冬コミ(C85)各サークルの新作抱き枕カバー事情・圧倒的ではないか艦これは

冬コミを丁度一週間後に控えた今日この頃、みなさんの準備は如何でしょうか。私はここ2回程出している聖地巡礼本の新刊を入稿して、いつものプリントアウト本の準備をしている所です(手つかず)。

葉鍵のジャンルコードが次回から消え、代わって艦これのジャンルコードが新設されるこのご時世、ちょっと気になって各サークルが出す新作抱き枕カバーってどうなのと調べてみました。

情報源はこちらです。
埋もれる抱き枕er
ここの「C85」のタグの付いているのをリスト化しました。
転写間違いなどがあったら私の責任ですが、許して下さい。

その結果はこちら。

サークル名スペースジャンル
47sp.3日目 東コ39a艦これ
ActiveMover3日目 東コ59b艦これ
ALMISM3日目 東M05bオリジナル
CAT=KATZ3日目 東ロ14aのんのんびより
CHROMA OF WALL2日目 東A40bオリジナル
CLOCK☆HEARTS3日目 東ヌ54b艦これ
COMEX2日目 東キ14b艦これ
D・N・A.Lab.3日目 東シ37a艦これ
D.D.D2日目 東ネ03b艦これ・東方
Da Hootch3日目 東A17bTSF物語
ESSENTIA/ぷにとーのお部屋3日目 東A05ab艦これ
Evening Call3日目 東P28b艦これ
FallinMoon3日目 東フ15bアイマス
LilyLilyRose3日目 東A47a艦これ
Petite*Cerisier3日目 東A62aオリジナル
Private Garden3日目 東A74a艦これ
Pussy・CAT3日目 東セ30b艦これ
REI’s ROOM3日目 東シ40b艦これ
Santa☆Festa!2日目 東A74a艦これ
Singleton3日目 東A55aオリジナル
Tears39委託(3日目 東シ33b)オリジナル
TKSpower3日目 東シ64aToHeart2
あかぎれ堂2日目 東シ06b艦これ
あさがや亭 3日目 東ケ34b艦これ
あとりえ雅2日目 東A85a艦これ
いちごさいず3日目 東シ14a艦これ
うに蔵3日目 東シ59aFate
うぱ小屋3日目 東シ88b艦これ
きつねのおやど3日目 東キ14a艦これ
クレスタ3日目 東A21a艦これ
さくらアイス委託(2日目 東H51b、3日目 東C16b)艦これ
しもやけ堂3日目 東シ42b艦これ
しろぷろ。2日目 東A05aオリジナル
ちゅらる庵2日目 東キ16a艦これ
ねこ屋敷2日目 東ネ42b東方
ほわいと☆ぶらうん2日目 東シ26b艦これ
マクラスキィ3日目 東P15b艦これ
やし屋2日目 東ソ28a東方
りくる~と3日目 東タ07a艦これ
リリーマルレーン3日目 東ヒ30aラブライブ
ろり桃2日目 東A56a艦これ
嘘つき屋2日目 東シ16a東方
富士浅間堂2日目 東キ15b東方・種・アイマス・化物語・ゼロ魔
富士浅間堂2日目 東キ15b艦これ・キルラキル
我龍屋委託(3日目 東オ04a)オリジナル
抱き枕本舗2日目 東ヒ22aオリジナル
猫じゃらし3日目 東ク29b艦これ
生クリームびより3日目 東シ25a艦これ
祭社3日目 東A54aオリジナル
福猫モフモフ3日目 東C14bオリジナル
魔法新撰組3日目 東シ75a艦これ・なのは
龍の金曜日3日目 東Z37a艦これ

「艦これのため他の新作が見えません」
「艦これが6分に、他が4分、艦これが6分に、他が4分だ!」

流行ってのは恐ろしいものですなあ。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第12話

狂乱のパーティは続く。光央にはぬるぬるポーズでステージに上がったらさらに1万円上乗せするとか、一緒に写真撮ってくれとか。それは光央のみならずリンダや万里にまで。万里も危うい状態にwこれはリンダが機転を利かせて難を逃れる。

しかしその間に香子が動いていた。南北線に乗ってどこに行くのかと思ったら万里のマンションか。以前万里のマンションに行くのに最寄り駅として西荻窪が描かれていたから香子が南北線に乗ると言うのは飯田橋より北側の駅で市ヶ谷まで行って(南北線の日吉方面のホームに居たから)総武緩行線に乗り換えて向かったと考えると辻褄は合う。

それにしても鬱陶しい女だなあ。電話に出ないからってマンションに迄行くのか。挙げ句の果てに隣のNANA先輩の部屋にも行ってみたりして。

さあどんどん盛り上がって行くざますよ。光央ももう羞恥心がふっとんだしリンダもどんどん写真に撮って貰うし。そんな状態が万里には心地よい。記憶の無い過去の自分、過去の記憶が無いくせに過去に何かあったのかを知ってしまった今の自分、その葛藤した状態から今の万里は切り離されて、今ここでメイドの格好をしているバイトの万里でしかない、それは心の重しが取れた様な状態だ。

その高揚感は客に求められるままにとうとうこんな事まで。
参考資料
参考資料
しかしその場面にやって来たのは香子。

えー!
何故この場所が分かるの?
もうちょっと何か説明入れてよ。説明無しだと香子がここに来られる筈ないじゃない。
そしてその香子はあんな格好しているのに万里だとすぐ分かるのだ。
まあ、これはありか。香子の姿を見て驚く男の娘の顎にあのマークの絆創膏があるのだから。

怒りの香子。あの、第1話の光央への攻撃同様に万里にドリンクを投げかけ、ビンタを食らわす。リンダは慌てて万里を庇うつもりで私だよリンダだよと言うが、香子には相手がリンダだと分かっていた様だ。そんなの分かってると。分かり難いコスの筈だったのに分かっていると、それはもう万里がああ言う事をする相手はリンダなのだろうと直感で感じ取ったのだろう。だから私はリンダだよと言うリンダの弁解は火に油を注ぐ様なものじゃないか。

この騒ぎを一旦収めに来たのがNANA先輩。リンダを引き離し、万里が我に返って香子を控え室へ。とにかく今はバイト中だから後でちゃんと説明するからと、万里の部屋の鍵を渡して部屋で待っていてくれと。

バイトが終わって急いでマンションに戻ろうとする万里はここで初めて香子から大量の着信があったのに気がつく。63通の新着メールwストーカーすぎるだろう、香子。

戻ってみたら真っ暗な部屋の中で香子がうずくまっていた。万里は頭を下げてこのバイトについての一切合切を洗いざらい話す。香子を海に連れて行きたかった気持ちで一晩のバイトをした。反対されない様に黙っていた。リンダが居るのは知らなかった。そう、ここまでは本当に全部。でも香子にとってはそれは「全部」じゃない。あの「あほりんだ、ばかばんり」の写真の事を話してくれていないじゃないか。

ここで漸く過去のリンダとの関係を香子に話す。記憶を失う前の万里はリンダが好きだったのだと。そして今、時折リンダが好きだったと言う感情だけが沸く事があると。

なんでそんな事を話すんだ。良い彼女で居たかったのにまたあんな事をしてしまった。どうしたらいいのよと。あー、香子は残念で可愛そうな子ですなあ。

香子はもうリンダが好きだった記憶は思い出さないでと万里にお願いする。万里は分かったよと。今の万里からしたら確かにそうだろう。香子はこれでやっと落ち着いて、万里の部屋にメイク落としを置かせてと。泊まった時に使う様に。そうですか、そう言う意味ですか。もうパリ迄行く必要ないね。

翌日、万里はリンダの家の方へ。話をする為に。この駅、東武東上線の柳瀬川駅なんだけど、リンダはそんな遠くから大学に通ってるのか。まあ有楽町線直通に乗ったら市ヶ谷まで1本ではあるが。川の堤防で万里は香子とはちゃんと話せた。でももうこんな事が無い様に、過去の事はお互いに無かった事にしようと言う。
参考資料

そう言われたリンダは多分心が痛んだろうが、でも「今の万里」にはそれが一番良い。
あの「あほりんだ、ばかばんり」の写真を破いてそうすべきだと言う。
参考資料
あの写真が・・・

| | TrackBack (0)

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。・第12話・最終回

フィノが魔王になってしまうのを阻止する為にラウル達はフジゼロックス山へ。途中、数多の魔物が立ちはだかり、ロアがヒラマツ老人が、ラムディミアがアイリが、その場に残ってラウル一人がフィノの所まで辿り着くと言うのはお約束。

強いぞアイリ。
参考資料
強いんだけど、いかんせん数が多い。と言う訳で入口を守ってラウルだけをフィノの元へ。
「おまえも損な女だら」「だけん、いい女だに」
ラムディミアはアイリもエルザもラウルに好意を持ってるのを知ってる事になるな。店長あたりも分かってそうだけど。

ラウルはフィノの所に辿り着いたものの、フィノは魔王化が進んでラウルの事が分からない。迫る相手に敵との認識でラウルに攻撃をかけて来る。ラウルは相手がフィノだから多分本気が出せない。致命傷などを負わせない範囲で戦うと言うのは大変だし、なんとかしてフィノを元に戻さないとならない。そんなラウルは目を覚ませ、レオン王都店の店員なのを忘れたのかと接客の基本を叫びながらフィノと剣を交わす。

これが結局は功を奏していく事に。あれだけ頑張って覚えた言葉、それがキーワードになってレオン王都店店員のフィノが一旦は目を覚ます。しかし魔界への扉が開いて魔界からの力が吹き出して来るとフィノはまた魔王の様相を呈する。あの扉のせいか、フィノを魔界なんかに行かせるかと扉を押さえつけるラウルだが、魔界からの影響を受けたフィノがそのラウルを攻撃。もう一度フィノを元に戻そうと語りかけるラウル。そしてとどめはあのフィノが初めてとった注文書。
参考資料
帰って来いフィノ!のラウルの叫びで漸く完全に戻ったフィノ。
普通だと謎の妨害光線のところ、魔界だからなのか謎の妨害影w

フィノが戻って魔界への扉が閉まるとわき出していた魔物は消えるし、フジゼロックス山の噴火も沈静化する。そんな訳でレイドのたくらみは失敗に終わるのだが、今日のところは引き下がりましょうと言うレイドに店長から攻撃に使った大量のマジックアイテムの請求書が。

うちあげはすいのやで。おでんで打ち上げと言うのがレオン王都店らしいと言うか。ニュースによるとフジゼロックス山の噴火による死傷者はゼロだそうだが、えーw、相当派手に掛川王都に噴石を飛ばしていただろうに、あれで幸いにも死者はゼロでも負傷者は無しって事ないんじゃ。まあシエルが頑張ってアマダの巨大店舗に外の人達を誘導してたけど。シエルは客を店に非難させていたのに、防災グッズを売りまくったレオン王都店の留守番役の二人って一体w

そしてそのレオン王都店に新人さんが入社。アイリさんでーす。
参考資料
えー、アイリ、バニーの格好じゃないのか。
まあ他の店員はレオンの制服なのにアイリだけバニーってのはアイリの自尊心を砕くからそれはいかんとしてだ、そうだ、そうそう、アイリは誉れ高き勇者コスで接客ってのはどうだろう?w


勇しぶ、以前も書いた気がするが話はそこそこ、でも楽しめた。頑張り屋さんのフィノと言うのが良かったかな。
掛川に行ってみたいね。

| | TrackBack (0)

アウトブレイク・カンパニー・第12話・最終回

慎一が神聖エルダント帝國でオタクコンテンツの自給自足をしようと提案した事から、コンテンツ供給によってコントロールしようと目論んでいた日本の某政府高官の方針がが崩れかねない状態となった。そこで仕掛けて来たのが慎一暗殺作戦だったが、ペトラルカの親衛メイド隊によって敢えなく撃退。
参考資料

でもこの辺りはちょっと変だなあ。慎一の存在が邪魔になったのなら、一度日本に召還して解任しちゃえばいいのに。暗殺とか事を荒立て過ぎだろう。

ペトラルカに拝謁した的場は一部の過激分子がやった事で、彼らは日本に戻して処罰すると言う。この時は的場の白々しい嘘かと思ったが、今回の最後を見るとあながち的場の指示だった訳じゃないかもしれない。もう一つ変だと思ったのは、あの暗殺犯達は一旦エルダント帝國に拘束された筈で、何故すぐに日本側に戻しちゃったのか。帝國側で一度は取り調べする筈だろう。

古賀沼は的場に「もうこんな事は無いですよね」と念を押す。
その通り、慎一の身の回りでは何事も起きずに日が過ぎた。当初はついていた護衛の親衛メイド隊も居なくなった頃、多分それを待っていたらしく異常は発生。城の外壁が駆逐する炎で攻撃を受け、そして学校の方から煙が上がる。

大変だ!学校が!それを見て駆けだした慎一だが、てっきり生徒が!とか生徒の作ったxxが!とかなのかと思ったらコンプティークル10月号が目的だった。そんなんで身を危険に曝すのかよ、慎一。その結果、図書室に入った所で眠らされて炎上する校舎に置き去りにされる。これもちょっと不思議で、こいつら慎一が図書室に来るところまで見抜いていたの?

飛び出した慎一を、ミュセル、エルビア、ブルークが追う。そんなに慎一が健脚だったかと思う位に引き離されて到着したミュセル達。火の回ってしまった校舎の壁をブルークがぶち抜き、ミュセルとエルビアが中へ。でも未だ中に残っていた隊員とエルビアの格闘となる。その間にミュセルが慎一の所へ。薬で眠らされている慎一を見て、起きて下さいと言うミュセルだが、そんな事言ってるうちに外へ運び出せとも思う。案の定、本棚が倒れて来てミュセルがそれを魔法で防ぐ。でも防ぐだけで精一杯。
参考資料
時間とともに防ぐ力が段々と落ちてくるし、エルビアは隊員との格闘で苦戦するし、このまま加勢が無いと脱出手段が無いなと思ったら、加勢に来たのは古賀沼だった。古賀沼のおかげで脱出成功。古賀沼が来たのも、ここでは的場の拘束を破って来たんだなと思ったのだが、これも後の的場を見ると的場が行かせたみたいにも見える。

しかし事件は起きてしまった。やって来た的場が「やってくれちゃいましたね、これでエルダントと日本は国交断絶だよ」と、何を自分で仕掛けてそんな事を言ってるのかと思ったのだが、これとて的場の意図じゃないとしたら一応つじつまの合う台詞だ。

国交断絶はさせないと言う慎一は、的場に日本の高官と直接話をさせてくれと頼む。実はあった直接回線。高官は慎一君、キミは疲れているから一旦帰国しなさいと言うが、それに乗ってうかうかと病院に行こうとすると事故死って事になるんですよねと切り返す慎一。そこまで分かっているならと高官はとうとう本音を話すが、それが実はペトラルカに筒抜け。神聖エルダント帝國の皇帝直々にバレたと分かった高官はすっかり狼狽して今後も慎一を介してエルダントとの誼を通じて行くと言う事になった。

この場面で高官がペトラルカが日本語を理解出来ない筈だと言う思い込みの演出がすっきり出来なかったなあ。本音を知られた、と言うだけで良さそうな気がした。すんなり来ない演出はこの後にもあって、ペトラルカとの謁見の場面で名前を呼び合う仲と言うのを的場に強調しておきたかったんだろうと思う慎一に対して、でもそれはそんな意味ではなくて実はペトラルカは名前を呼び合う仲がうれしかったと言うのもどうかと思った。的場はずっと近くにいたんだから、今更そんな事はなかろうと。


と言う訳で最終回。私としてはもっと異文化同士の出会いの驚きの内容が欲しかった所だ。
ミュセルは可愛かったけどw
参考資料
多分今期キャラの中では一番好き。

| | TrackBack (0)

境界の彼方・第12話・最終回

白の世界があって黒の世界があり、灰色の世界で終わった。

一番最初にこわっておくと、京アニだからこそ期待がとても高く、だからそこから比較してどうだったかと言う感想になる。他の作品への感想とスタートの地点で物差しが既に違うと言う点を考慮して下さい。

この作品は始まりは異界士が妖夢を退治すると言う比較的単純な構成から始まった。そして異界士が未来であり妖夢(半妖)が秋人。ある日出会ったふたりが異界士の未来が妖夢の秋人を片付けようとしたものの、不死身すぎて全然殺せない、一方で秋人は眼鏡フェチ、と言うそう言うおつきあいで始まる。そしてこれはこの作品の根底をなす。

単純な構図から段々その裏に潜んでいた構図が浮かんでくる。これはいいでしょう。単純なままだったら飽きちゃうから。1クール同じ事を続けるのかよって。秋人が単なる半妖じゃなかったとか、早くから明かされる未来の「呪われた一族」と言う事情とか。この未来の孤立感は未来に対する魅力でもある。事実、私は眼鏡キャラは滅多に好きにならないのだが未来は可愛いと思った。京アニは可愛い子を描くのが上手い。

虚ろな影との対峙はひとつの大きな山で、未来が過去の自分との精算と秋人への決定的な思い入れが行われる場面だった。これもまあいい。でもこの頃までに私としては戦闘回よりも日常回の方が断然面白いなあと思っていた。多分多くの視聴者もそうだろうが、あの臭い第6話は面白かった。

でも藤真弥勒が表だって来た頃から話があやしくなって来た。確かに最後の境界の彼方の出現には彼が必要なのだが、結局彼は何だったんだろうね。そりゃ最終回で内に妖夢を込めたと言うのは明かしたが、単に世界の破滅を望みたかったのか、あるいはもっと変態的に単に名瀬泉をいじめたかったのかw
参考資料

そして一番困惑させられるのが白の世界と黒の世界。あれは二つが表と裏の関係なのかと思い「選べ! 1.未来が秋人を殺す結末 2.未来が自分を犠牲にして秋人を救う結末」的な展開かと見たがこの最終回を見ると2の選択の延長線上にある様に見える。未来が犠牲になったかと思ったら、中に入ってみたら未来が居た。そして未来と一緒に境界の彼方を元の鞘に収める事に成功したかと思ったら、中の未来はやっぱり仮想の存在で境界の彼方が元の状態になった以上もう中の未来は存在し続ける事は出来ない。

最期の未来、可愛かったよ、未来。
参考資料

でもこれが復活しちゃうんだ。何故かw
いや、確かに未来があのまま消えちゃあまり救いが無い。未来が復活してくれるのは喜ばしい事ではあるが、なんで?
参考資料

白の世界から黒の世界へと移転する時、うわーこれってTV版エヴァみたいな精神世界な話に突入しちゃうの?と嫌な気配を感じたが、やっぱり戦うならもっと具象性溢れる所でやって欲しい。


こうやって見るとどうしても京アニはムント様的な話よりは日常的なうふふな話の方が合うなあと言う気がする。でも私の好きだったたまこまーけっとはマーケット的にはあまり当たらなかった様だ。なんでや!たまこちゃん可愛いやろ!今日の放送の最後に映画化の告知が出たが、ラブストーリーってのはちょっと不安要素。たまこちゃんが好きだったみんな、たまこちゃんのラブストーリーを期待してる?
参考資料

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第11話

鈴鹿に夏目の秘密を握られてすっかり弱い立場となった春虎と夏目。夏目への仕打ちにおれが何とかすると言った春虎だが、逆に火に油を注ぐ結果となってしまい完全に使いっ走り。

塾が休みの日曜日だと久々にのびのび出来ると思ったら鈴鹿からの電話が入り、一度無視したものの今度は夏目の方に「出ろ」とメールが届き、そして背後に鈴鹿が立っていた。

着電を無視した罰として春虎は部屋を鈴鹿に見せる事になる。せまーいと言う鈴鹿だが、寮なんだから仕方あるまい。何故か虎グッズの多い春虎の部屋。やっぱり名前にかけているのだろうか。お約束の品がベッドの下に無いかと探すもののそこには無し。

つまらないと言うので今度は夏目の部屋へ向かおうとするが、夏目が激しく抵抗。しかし術の使い手としては流石に十二神将の鈴鹿の方が上で夏目を縛って封じて部屋の結界を破る。

でも入ってみたらいたって普通な感じの部屋。こっちにも虎の置物はあったけど。
しかし本丸はクローゼットだった。隠行の術でそれとなくしていたものの、明らかにクローゼットには部屋の結界以上の堅い結界が張られていた。これを破ろうとする鈴鹿に必死にもがいて抵抗する夏目。あまりの夏目のもがきに黙っていられなくなった春虎がコンを使って夏目を解放してやったら、夏目がそのコンを投げつけて鈴鹿を撃破。
参考資料
とりあえずクローゼットは守られたらしい。


しかしその事件のせいかコンが実体化したままになってしまった。仕方ないのでその日はコンを寮に残したまま春虎は塾へ。でも主人のそばから離れているのは面目が立たないとコンは春虎の虎のスタジャンを着て耳を隠して陰陽塾へ。そんな格好してもアルファとオメガの目は騙せない。まあアルファとオメガでなくても騙されないけど。

しかしこの中途半端な隠密行動が事件を引き起こす。昼時に見つかりそうになったコンは春虎達の所から逃走するのだが、逃げる途中でしっぽが他の生徒達に触れたり、虎のスタジャンだけ目撃されたりと言う事で、校内にトラの曲者が侵入したと言う事になってしまった。そしてこの陰陽塾は特別な結界とアルファとオメガの監視下にあるせいで、それを破った曲者とは大変危険な相手と見なされてしまう。

十二神将の木暮が到着!呪捜官も大量に到着!トラ!トラ!トラ!
この場面で「抜刀!抜刀!抜刀!」ってやって欲しかったなw

騒ぎが大きくなって困惑するコンだが、鈴鹿はこの騒ぎの実体をコンと見抜いていた。そしてコンがこの状態になった一端が自分にある為に、こっそりコンを逃がす手助けをしようとしたのだが、

これが十二神将の隠行の術か!
参考資料
単にスタジャン被ってかえって怪しい状態じゃないか。

それを木暮が発見。可愛い後輩達に徒なす曲者め!と無闇滅法分別皆無木端微塵剣を炸裂。
木っ端微塵になったのは春虎のスタジャンでした。

そんな事があったものの何とか外に出られたと思ったコンと鈴鹿だったが、大友先生はそんなに甘くないでー。

こってり絞られ、でもおかげでどうやらコンが実体化したままになったのは解いて貰えたらしい。流石だな、大友先生。
参考資料

ビンテージ物の虎のスタジャンを木っ端微塵にされた春虎だったが、コンも元に戻ったし、鈴鹿にまた明日なと。ちょっとはフラグ立てましたか、春虎。

それにしてもHな本とは何の事です春虎様とコンは言っていたが、春虎の様子は実体化していなくても常に分かってる訳だったんじゃないのか。渋谷のホテルに春虎と夏目が入った時に、常におそばに居る事をお忘れなき様にとか言っていたじゃないか。


1クール終了目前の回(あと1話あるけど)だったから今回は比較的日常エピソードになるんじゃないかなと思ったがその通りだった。でもそれこそあの渋谷のラブホ回以上にもっとはっちゃけてくれたらなとも思う。

| | TrackBack (0)

機巧少女は傷つかない・第11話

あくまで執事が強すぎる。夜々が全然敵わないじゃないか。アンリエットを庇いながらの戦いが不利だとは言ってもそんな不利が無くても多分全然敵わない。危うい所でロキが参戦。しかしロキのケルビムとてシンに敵わず停止させられてしまう。そこにさらにフレイが到着して、漸くシンはその場を引いた。雷真・ロキ・フレイの三人がかりでも多分勝てないんじゃないか。

戻ったシンとグランビル家のなんとか君との会話があまり固有名詞が頭に残っていないから分かり難い。例の雷真に暴かれて面目を失ったキングスフォート家の復権と何か関わりがあるみたいだが、そこの辺りがよく分からない。一応、アンリエットを質にシャルロットを動かして学院長暗殺を企てさせ、キングスフォート家復活の筋書きを動かしているみたいだが、グランビル家の立ち位置がよく分からない。そもそもシャルロットに学院長暗殺なんてマグナスが学院長についてる限り無理だと思っている。あくまで執事のシンもそのマグナスのオートマタがスコードロンでかかって来たら敵わないかも知れないと言っていた。シンが雷真達との戦いから引いた理由の一つはその火垂が見ていたからと言うのがあるのだろう。
参考資料

そんなシンとの戦いでまたも病院送りの雷真。アンリエットが側についていたが、相変わらずの姉の為に自分が死ななきゃと言う様子。そして明日までに学院長を暗殺しないとならないと言うのをうちあける。
参考資料

なんでそんな大事な事を黙っていたんだと、さっきまで寝込んでいたのに起き上がってシャルロットの所へ行こうとする雷真。お前が死んだんじゃお前を助けようとしてあんな事をしているシャルロットの行為が無意味じゃないかと。

アンリエットはフレイに任せて雷真はシャルロットの所へ。その頃シグムントがこのままでいいのかとシャルロットを説得していた。アンリエットの為とは言え、今のシャルロットの行為は自爆行為だからね。仮に学院長暗殺の約束を果たしてもあいつらがアンリエットを助けると言う保証はない。その上に雷真の信頼も失う。何も得る物がないじゃないか。

シグムントの説得でも心が変わらないシャルロットだが、ここに雷真がやって来る。フレイに借りたリビエラが臭いを辿って案内した。そうじゃないと都合良くシャルロットの所に来られる訳ないよね。

結局シャルロットの説得は拳と拳を交わす事でしか出来なかった。シグムントは雷真におまえは自分がラウンズ以上の力を持っていると思っている様だがそれは買いかぶりだと言うが、それに対して雷真は俺の夜々は最強だと戦う。でもシンに全然敵わなかったじゃん。

結局病院送りになる程の身体を厭わずに自分の所に来てくれた雷真の気持ちにシャルロットは考えを変えるが、それじゃ困りますねえとシンが再登場。相変わらずの強さで、夜々とシグムントの両方を敵にしても余裕だ。どうすんのこいつw

ところで今回途中で硝子が不機嫌そうに登場していた。
参考資料
あれは何だったんだろう。
硝子が雷真を学院に送り込んだ本来の目的から見たら今回の件に首を突っ込むのは全く割が合わないと言う事なんだろうか。

| | TrackBack (0)

ワルキューレロマンツェ・第11話

ジョストの大会はノエルとベルティーユが準決勝進出を決める。
参考資料
そして美桜も準決勝進出決定。ここまでの主要キャラの顔ぶれを見ると美桜は対戦相手に恵まれた方か。これ以前にノエルや茜やましてやスィーリアと当たっていたらそこでもう終わりだったろう。でもそれじゃ話にならんしw

そして準決勝枠の残り一つを決めるのがスィーリア対茜。茜は対戦相手に恵まれなかったなあ。既に有望株と謳われたリサと対戦して辛うじて勝ってるところに今度は毎年優勝のスィーリアなんだから。

圧倒的に強いスィーリア。茜はここでと言う所で全てかけての三段突き。二段まで思惑通りの動きで三段目を撃ち込んだが、リサとの対戦の時に痛めた腕が思う様に動かず槍を手放してしまい、スィーリアに逆に突かれて敗れる結果に。

負けた茜だが、茜に手を差し伸べておまえの三段突きは本物だ。二段突きと自由に組み合わせる事で最強の技になるだろうと。

そしていよいよ準決勝。ミレイユの残した言葉を胸にアスコット侯爵が学園にやって来る。その頃貴弘は未だ到着しない獣医師を待ちわびて学園の入口に立っていた。入って来た車が獣医師のかと思って止めてみたらそれはそのアスコット侯爵の車。なるほど貴弘が獣医師を見に行ったのはここにポイントがあったか。貴弘はアスコット侯爵にノエルがミレイユの為にジョストで戦って勝とうとしていると言うのを侯爵に伝える。侯爵の気持ちを動かすポイントだったのだ。

準決勝の第一試合は美桜対ベルティーユ。戦いを前に美桜はベルティーユに感謝を捧げる。うん、確かに勘違いとは言えベルティーユがジョストによる決闘を美桜に叩き付け、その結果としてジョストを覚えて貴弘の指導でベルティーユに勝ち、それ以来ジョストが好きになってここまで来たのだ。これは正真正銘本心からの感謝だね。
参考資料

なんだか知らないけど宿命の対決とアナウンスする東雲さん。そして戦いは今回も美桜の勝利だった。うーん、美桜の才能はあるのだろうけれども、ベルティーユ様の実力って一体。アンとエマは偶然の準決勝進出って言ってたしなあ。

準決勝の第二試合はノエル対スィーリア。最近めきめきと力を付けてきた有望株と言われるノエルだが、スィーリアは横綱相撲。その頃アスコット侯爵はミレイユが観戦しているバルコニーに到着していた。悪化する天候にひょっとしてまた侯爵は目の前で落馬して負傷するノエルを見る事になるのかなと思ったりしたが、そうにはならず。

雨中のフェイントもスィーリアから1ポイント取ったものの逆に2ポイントを取られる結果。こんな事までして勝てないのかと気落ちしかけたノエルだったが、ここであの貴弘のアドバイスを思い出す。気持ちを前に押し出すんだ!そう、気持ちを。その気を込めた次の対戦ではスィーリアに頭を狙わせて反則ポイントを奪取。

さらに雨中の激しい戦いは続き、ノエルはスィーリアに1ポイントのリードまでする所に至るが、体力の限界も見え始めた。なのにスィーリアは平然としてる。どんな体力だよ。

その頃、マレンゴーの生んだ仔馬はなんとか自力で立ち上がる段階へ。ここでジェイムスは貴弘に「こっちはもう大丈夫だ。大会の方へ行け。」「向こうでもお前を必要としている人がいる。」と、ジョストの大会の方へ行くのを促す。ここ、声優の飯塚昭三さんが上手いものだから言葉だけで「大丈夫だ」と言ってるのではなく、本当に心の底から「大丈夫だ」と言うのが伝わって来る。こんな言葉をかけられたら貴弘は後顧の憂い無く大会の方へ行ける。

気持ちだけでここまで戦って来たものの体力的な限界だと諦めかけたノエルに侯爵の侯爵家の紋章を掲げた声援。
参考資料
ジョストを憎んでいると言っていた侯爵とミレイユの声援にノエルはスィーリアに最後の戦いを。

ミレイユ、多分立ったね。
ミレイユも立ち上がる熱きジョスト。いやあ、ほんとにジョストで胸熱になるなんて夢にも思わなかったよ。

| | TrackBack (0)

冬のアニメ新番組で事前の浸透度が高いのはどれ?

GIGAZINEの新作アニメ一覧についたはてぶのコメントから拾った言及度合い。
総ぶくま数は353。昨年同期が362だったので大体同じ。因みに昨年冬の言及度合い1位はたまこまーけっと、2位はビビッドレッドオペレーションだった。

抽出対象データ→はてなブックマーク - 2014年冬季(新春)開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

順位作品名言及数
1スペース☆ダンディ10
2蟲師 特別篇「日蝕む翳」8
3咲-Saki- 全国編7
3pupa7
5銀の匙第二期6

2位がちょっと例外と言うか、『蟲師』特別篇「日蝕む翳」が入った。

前の記事で多分見ないと書いたスペース☆ダンディが1位に、そして最初から候補から外しているpupaが3位に入っている。いつも通りと言うか、はてな民と私は嗜好が異なっている。

咲と銀の匙は既に一定評価を得ている作品で、これら以外が入ってないとは、来期はあまり私が期待できそうな新作はないのだろうか。Wake Up, Girls!はちょっと楽しみにしてるんだがなあ。

| | TrackBack (0)

冬のアニメ新番組

1月期の番組改編に合わせた録画計画メモ

曜日時刻番組名開始
22:00東京MXとある飛空士への恋歌1/6
24:30東京MXそにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-1/6
26:05テレ東ディーふらぐ!1/6
24:30東京MX東京レイヴンズ継続
25:40テレ東ハマトラ1/7
18:20教育黒魔女さんが通る!!第2シーズン継続
24:30東京MX中二病でも恋がしたい!戀1/8
25:00東京MXいなり、こんこん、恋いろは。1/15
25:30東京MXマケン姫っ!通1/15
27:00東京MXお姉ちゃんが来た1/8
22:00東京MX未確認で進行形1/9
22:30東京MX凪のあすから継続
24:45フジ銀の匙 Silver Spoon 第2期1/9
25:00テレ玉ストレンジ・プラス1/9
25:15フジサムライフラメンコ継続
25:25東京MXGO!GO!5751/9
25:50テレ東Z/X IGNITION1/9
25:28TBS魔法戦争1/9
25:58TBS桜Trick1/9
24:30東京MXストライク・ザ・ブラッド継続
25:00東京MXのうりん1/10
25:23テレ東"Wake Up, Girls!"1/10
25:55TBS鬼灯の冷徹1/10
09:30テレ東ジュエルペット ハッピネス継続
22:30東京MX最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。1/4
23:30東京MXニセコイ1/11
24:00東京MX世界征服~謀略のズヴィズダー~1/11
25:00東京MXゴールデンタイム継続
25:30東京MX生徒会役員共*1/4
22:00東京MXノブナガン1/5
22:27東京MXみんな集まれ!ファルコム学園1/5
22:30東京MXウィッチクラフトワークス1/5
23:00東京MXスペース☆ダンディ1/5
23:30東京MXノラガミ1/5
24:00東京MXバディ・コンプレックス1/5
24:30東京MXウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル1/12
25:05テレ東ノブナガ・ザ・フール1/5
25:35テレ東咲-Saki- 全国編1/5
26:05テレ東となりの関くん1/5

東京MXが何をトチ狂ったのかは分からないが日曜深夜に7本も並べて来た。そしてその後をテレ東3本が繋ぐ。まるで一週間分の放送が一日で降り注いで来たと言う感じ。MXは枠を用意しているだけで枠を買ったのは制作側と言うのかもしれないが、ここで生き残るのは至難の業ですな。公式サイトを一見しただけだとスペース☆ダンディとバディ・コンプレックスとノブナガ・ザ・フールととなりの関くんを外そうかなとは思ってる。あくまでもサイトの印象だけど。

他の曜日ではハマトラとZ/X IGNITIONと鬼灯の冷徹を外す候補にしている。でも見てみないと分からない。あとは生き残った枠の曜日別密度のバランスとか。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第11話

よし、もう大丈夫。などと言いながら万里の顎の絆創膏はまだ取れないね。体調の方は復活したみたいだが。

で、海だ、海。
パリじゃなくてもいいのよ、と言う、約束された香子との海への旅行をどうしようかと考える万里。おまけんの方も本番が近づいて来て全体練習はあと2回しか出来ないと言う状況ではあったが、今はリンダの事を考えるのではなく香子の事を考えなくてはならない。そう言うねばならないってのはどうかと思うが。

と言う事で関東の海水浴場事情に疎い万里はおまけんの先輩にどこがいいのか聞いてみた。しかし具体的な場所の情報全然出ないな。お泊まりの方に話が集中しちゃってるし。まあ香子と行くと言えばそう言う方向の話になるかもしれない。しかし免許が無い、車が無い、だから電車でと聞いて先輩達はあのお嬢様を混雑した電車に乗せるのか、そりゃ無理だと言い出す。まあ今の万里に車が無いのは仕方ないとしよう。しかし電車だっていいじゃないか。踊り子号の指定席でも取って下田に行けば。或いはわかしお号の指定席取って鴨川に行くとか。べ、べつに聖地巡礼じゃないんだからねっ!マジで特急の指定席が取れたら香子でも問題ないと思う。大体、場所を選ばないと車で行く関東の海水浴場なんて途中の道路が渋滞して渋滞して渋滞して、たまったもんじゃない。ソースは私。

とは言え、そもそも万里には資金が無い。それはなかなか致命的だ。と言う事でバイトをしたいと香子に言うが、香子は言下に拒絶する。大学生なんて普通はバイトするでしょうと言う万里。えー、今時の大学生ってそうなの?確かに先日現在の国立大の授業料が私の頃の何倍にもなっているのを知った。万里の行ってるのは私大だし。

ちょうど通りがかって万里と香子を見かけた千波がお店に入って来る。バイトの話を聞いて自分が行ってる店のバイトとかどう?代官山のカフェだとか。見て分かった。代官山のカフェは私には合わない世界w 私の好みとしては内装がどうのよりもしっかりとした紅茶を出してくれる店が行動範囲に欲しいなあ。私の行く場所が悪いんだけど、皆無。そもそも紅茶の専門店は多くないけどね。
参考資料

香子がダメと言う理由ははっきりしている。万里と一緒に居られる時間が減るからだ。香子の不安も分からないでもないが、この束縛癖は鬱陶しい。何故万里が香子を好きになったのか理解出来ないし、光央が逃げたのはとてもよく分かる。

熱を出して倒れた時のお礼に万里はNANA先輩の所に行く。とりあえず先日替わりに払ってくれたお金も返すが、その折に金欠でバイトを探していると言う話をした事から、あのイケメンの柳澤ってヤツといっしょならすげえ金になるバイトを紹介してやる、私が仲介したら即OKだと言うので、たった一晩だけでお金になるのならと万里はこれを光央に持ちかけてみる。そもそも香子がバイトを嫌がるのは万里と一緒の時間が減るのが嫌な訳で、一晩だけならそれは問題ないだろう。

光央もこの割の良さそうな(でも胡散臭そうな)バイトに乗る事にした。光央の場合は住んでいるアパートからあんまり経済事情は良さそうに見えなかったからなあ。

で、実際行ってみたら確かに胡散臭かった。どこかの金持ちが主催する友人の為の誕生パーティーで、万里はメイド衣装の男の娘、光央はパンツだけの格好。そりゃメイド衣装は知り合いが誰も居ないし鬘も被ってるからあんまり抵抗ないんじゃないかな。でもパンツ姿はねえw ところで冒頭で万里は未だ絆創膏つけてるねと書いたが、ここであの絆創膏が生きてきてる。鬘まで被ってるので万里とは分かり難いが絆創膏のおかげでかなり一目瞭然。
参考資料

こんな格好を千波に見られたら・・・と嘆く光央。万里は千波ならこう言うのにはあまり抵抗ないんじゃないかと予想。そしてNANA先輩もなかなかきわどい格好だが、でもステージ衣装とそう大きく違わないよね。双子の悪魔と言う設定らしいが、その妹の方が実はリンダだった。リンダ分かり難い。
参考資料
一方でリンダは例の絆創膏のおかげで万里とすぐ分かる。「万里!」と声をあげたればこそ、万里の方はそれがリンダだと分かる。

そんな訳で「たった一晩」のバイトの筈が、香子には秘密にしてのリンダと一緒のバイトになってしまった。香子へ秘密と言うのは香子が万里のバイトを嫌がるから秘密と言うのが発端だったのだが、結果的にはリンダと一緒のバイトが秘密と言う形になってしまった。

今晩は電話に出られないと念を押したのにそれでも万里にかけて来る香子。
あの例の「あほりんだ、ばかばんり」の写真は香子が持ち出してしまっていた。だから不安なのだ。
にしても、うざいねw


あ!
またもモノクロームさんが!w
参考資料

| | TrackBack (1)

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。・第11話

フィノが戻らないのを探しに出たラウルはフィノが持っていた注文書を路上で発見。恐らく嘗て勇者専門学校で一緒だったクラインとブレイズがフィノを拉致したのだろうと推測する。それを聞いて驚くレオン王都店のみんな。なんでそんな事に。ラウルはこの時点でも何故フィノが拉致されたのか理由は言わずフィノを探しに。ノヴァがコンビニの二人にこの話をしたからラムディミアがすぐに何が起きたのか理解する。何しろレイドがペラペラ喋って行ったから。速攻でエルザと一緒に店を出て明日の休暇まで取っちゃう。
参考資料

ラウルはブレイズが残した言葉からひょっとしたらと廃校になったエヴァレッド勇者専門学校へ。はたしてそこにはブレイズが待っていた。しかもあの店でラウルが買おうかどうか迷った剣を携えて。フィノを取り戻しに来たラウルにブレイズがその剣で立ちはだかる。

簡単に倒されたみたいだけどw

ブレイズのこの場での役割は勇者制度のからくりをラウルに話す事。実はマジックアイテムの発達でいつでも魔王は倒せる状態だったのをほどほどの戦いにして魔王対勇者の戦いをずっと維持していた、なんだかまおゆうもこんな状態だったんじゃなかったっけ。これのおかげで俺たちは勇者と言う地位で生活できたんだ。それをお前はその関係の復活を阻んで勇者の地位を放棄したいのかと言うブレイズ。ブレイズなりの利得は、そう言う生き方もあるのかもしれないが、でも「勇者」と言う称号はそんな打算の産物じゃないよね。ラウルはそこをもっとはっきり言ってやっても良かった。

ブレイズを倒したラウルはフィノの所へ。拘束されたフィノを助けようとしたが、そこにとっておきの相手として登場したのはアイリ。
参考資料
第1話以来のHな勇者コスのアイリ来たw

アイリはラウルを手伝いに来たのではない。魔王の娘と知ったフィノを倒しに来たのだ。魔人によって家族を殺されたアイリはブレイズとは別の原理で動いていた。たとえフィノであろうと、いや、魔王の娘であればこそフィノを倒さずにはおいておけない。それを放置したら勇者になれなくてアマダでバニーの格好までして糊口を凌いでいた自分の存在意義を否定してしまうじゃないのと。

専門学校の優等生同士の本気の戦いは凄まじい。そしてその戦いの原因が自分であるのを見せつけられるフィノは辛い。レイドはこの二人の争いを止めるのはあなたが魔王を嗣ぐことですとフィノをけしかける。なかなかうまい攻め口だ。

その頃、フィノの戻る場所を壊滅せむとクラインがドラゴンに乗ってレオン王都店に侵攻。えー、一体あそこを誰が守るんだ。ひょっとしてラムディミアかなあと思ったら、ドラゴンの初撃はレオン王都店の強力な避雷針が防御。しかもそのドラゴンが何かに怯える。実は店長のセアラは並みの勇者では敵わない程の魔力の使い手で、そのセアラに怯えた挙げ句にドラゴンはあっさり片付けられた。店長はやっぱり只者じゃなかったんだ。

ラウルとアイリの渾身の一撃は両者相撃ち。いや、ラウルの胸には深々とアイリの剣が・・・って、暗い場面で剣の部分が短いから最初は胸に刺さっているのに気がつかなかったよ。あれはもっと長い状態でぐっさり刺さってないと。

自分のせいで二人が斃れたと思ったフィノはブラッドストーンと反応して魔王への道へ。

アイリは生きていた。辛うじて動いてラウルの方へ行ってみれば自分の剣が胸に刺さっている(だからそれをもっと強調してw)。ごめん、こんな事をする筈じゃなかったと今更悔やむアイリだったが、ラウルは喋れる。俺の亡き後はフィノを頼む。困ってるヤツを助けるのが勇者だろ。恨みを忘れろとは言わないが最後の頼みだ・・・って、ラウル、結構元気です。

胸に入れてあったフィノから貰ったお守りがアイリの剣を防いでいました!w
よかったーと喜ぶラウル。
参考資料
これ、絶対はい(ry

和解してしまい、しかもアイリがラウルに取り込まれたのを見たレイドは二人を抹殺しようとするが、その魔力をあっさり吸い取る魔法使い登場。そう、あのセアラ店長。ダイソンバイソンの掃除機は吸引力が落ちないのよ!とエルザの解説付き。レイド、ドライヤーやラジカセや挙げ句の果てに炊飯器の攻撃でまったくのかたなし。炊飯器は物理攻撃だったけどなーw

フィノを追うラウルはノヴァの頼みで駆けつけたヒラマツ老人の飛行艇で一路フジゼロックス山へ。
ヒラマツ老人、元気じゃんw

| | TrackBack (0)

アウトブレイク・カンパニー・第11話

的場から上層部が慎一の実績を高く評価していると聞かされ、良い気持ちになる慎一。でもこれはどう見てもその上層部の狙いが慎一の思っていないよくない方向に向いているフラグ。そしてもうひとつ、日本への大量注文をすると必ず一桁少なくしか送って来ないと言う不都合が起きていた。妙だよね。日本のお役所の仕事が一度ならずも毎回と言うのは。

そんな時にエルダントでまずい事が起きているのを慎一は知る。オタク文化にはまったエルダント帝國臣民が、あるいは新刊を奪い合い、あるいは新刊を読むまでは仕事をしないとか、あるいは自作ラノベに没頭するとか。

これで良いのだろうか。とりあえず慎一は注文品が注文どおりの数の入荷が無い点の改善を求めに的場に会いに行くのだが、エルダント帝國臣民がコンテンツの飢餓感を持ち出していると言うのを聞いて、的場はそれはとても結構な事だ、我々の目論見通りだと話し出す。

日本政府としては神聖エルダント帝國を経済的に大々的に影響下に置くのは難しく、何が出来るかと言う事でコンテンツ文化が未成熟な神聖エルダント帝國にはこの方面で影響を及ぼせるのではないかと考え、この慎一がやっている事業となった。やってみたら目論見以上の成果で、このままエルダント帝國臣民のコンテンツ飢餓感を煽れば神聖エルダント帝國をコントロール出来るだろうと。

君は嘗てのクーデター事件の首謀者が言っていた通り、侵略者なんだよ、と。
参考資料
オタク文化はアヘンかい。

驚く慎一だが、なんだろうこの的場の軽さは。こんな事をぺらぺらと喋るヤツが居るだろうか。こんな陰の目的なんて絶対話さず、君は伝道師なんだよと騙し続けるのが普通じゃないのか。君の代わりなどいくらでもいるんだよなんて脅しはどうにもならなくなった時の最後の台詞だろう。注文した荷物が数量どおり来ない事なんて、「あまりに多い注文は世間の耳目を引くから難しいんだよ。君だって分かるだろう?クソアニメと思われていたコンテンツが急に5,000だの10,000だの円盤が売れたら誰かが何かの為に仕入れているのが丸わかりになってしまう事くらい」と言えば、それなりに説得力はあるだろうに。

これを聞かされてしまった慎一は自分が文化侵略者だと分かってペトラルカのオタク文化のまるごと受容する言葉にもまるで喜べない。

挙げ句の果てには引きこもり。
出てこない慎一に、的場は我々はいつまでも待てない、君の両親の様にはねと最後通牒を告げる。

それでも出てこない慎一を外に出す切っ掛けを作ったのはミュセルだった。ずっと部屋から出てこない慎一の為になんどもなんどもオムライスを作っては部屋の外にまで来ていたのだ。そんなミュセルに帝國への侵略者である自分がもうここにいるべきじゃないんじゃないかと言い、事の次第を打ち明ける。でもミュセルは慎一のおかげでみんな色々変われた、だからここに居ちゃいけないなんて言わないでと言ってくれる。
参考資料

漸く慎一は何をしなくてはならないかを決めた。ペトラルカに急の謁見をお願いして、その場で提案する。
コンテンツを神聖エルダント帝國で自分たちで作っちゃいましょうと。

供給をコントロールする事で神聖エルダント帝國をコントロールしようと言う目論見だった的場は驚く。しかしなあ、そりゃおかしいだろう。遅かれ早かれ帝國内で「自分たちで作ろう」と言う機運は絶対芽生える。アニメーションはすぐには難しいが、ラノベや漫画はやろうと思えば神聖エルダント帝國に既にある道具だけで作れるからね。慎一に教唆されなくたって絶対漫画を描く人は出てくるって。ソースは私w だって、オバケのQ太郎が登場した時に、誰に何をどう言われたとかした訳でもなく漫画描き始めたもの。そしてこれまた誰かに何かを教わった訳でもなく、もーれつア太郎が出た時にはチラシの裏にコマ漫画描いていたもの。

だから的場、そして上層部の目論見なんて最初から思ったとおりにはならない筈だったのだ。
でもそれを破った慎一に的場の冷たい視線が向けられる。
それまで目を開けた事のないキャラが目を開ける時、よくな事が起きる。
参考資料

| | TrackBack (0)

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第10話・最終回

アクアギャラクシーで謳歌の泣いている顔を写真に撮れ。

そのミッションを強引に達成すべく奏はタマネギ濃縮エキスを謳歌に撃とうとして絶対選択肢によって自分に撃つ羽目になった。まあ自業自得で、こんなやり方で謳歌を泣かすのも本望じゃなかったろう。奏の無様な姿を見て逆に謳歌は喜んでくれた。

ショコラとゆらぎはホラーハウスがあるのを見つけ、みんなでそこに行こうと言い出す。その時の謳歌の反応が「もう子供じゃないんだからいい」と言う、これはどうやら怖いのが苦手なんだなと言うものだったので、奏はホラーハウスで謳歌の泣き顔を撮るチャンスとその話に乗る。

案の定謳歌は怖がって奏にぴったりとくっついた状態だったが、着ぐるみが追いかけて来た途端、もう我慢できずに逃げ出した。しかも逃げる時に奏のカメラを着ぐるみに投げつけたから奏のカメラ破断。どんだけヤワな作りなんだ。プールに持って来た位だから防水だったろうに。勝手に逃げ回る謳歌を奏が追いかける。ここのホラーハウスの仕掛けはどうなってるんだ。しつこく追い回してどーするんだ。

おかげでショコラ達とははぐれて分岐点へ。ここで絶対選択肢登場。左に行けばすぐに出口。右に行けば当分はこのまま。謳歌の泣き顔を撮るには右だろうとは思う奏だが、今の謳歌をずっとこのままには出来ないと左へ。でも、そもそもカメラを壊されてしまったのだから右に行ってもダメなんじゃ。

恐ろしさで幼児退行してしまった謳歌をおんぶして連れ歩く羽目となった奏。しかし奏の試練はまだまだこれからで、ゆらぎと絢女の抗争に巻き込まれたり、小凪の親衛隊にやられたり、このドタバタのうちに謳歌を押し倒してしまうが、この時のショックで謳歌が元に戻る。

ほっとしてうれし泣きする謳歌。これは実は「シャッターチャンスだ!」なのだが、カメラがない。ここに清羅が来てカメラを貸してくれる。泣き顔をだまし討ちで撮るのではなく、うれし泣きの顔を撮っていいかと聞いて写真に奏は写真におさめる。
参考資料

と言う事で、このミッションは達成。

いつものスマホを持ち込んでいればここでブルブル震えて分かる所だろけれどもプールと言う事でそれも無し。なんだか達成感が無い。

一方でショコラの様子がおかしい。心のもやもやが晴れないと言う。ショコラ、本当は奏の手伝いの為に地上に来たのに。

そしてここに絶対選択肢登場。1.ショコラに告白する。2.ふらのに告白する。3.謳歌に告白する。えー、そんなの選べない・・・、4.何かが起きる。
参考資料

奏の境遇だけを考えれば4以外を選べば無難なのだが、しかしそれは告白されなかった二人はどう思うんだと言うのと、こんな選択肢で告白して良いのかと言うのもあり、4を選ぶ。でも選んでから会った宴が「そんな恐ろしいものを選んでしまったのか!」と驚いた事で、これはアクアギャラクシーそのものが爆発する程の恐ろしい事になるのではないかと、急いでみんなを避難させる算段を考え、館内放送を使う事にした。

障害を乗り越えつつ、放送室に辿り着いた奏(勝手に入れるのかよ)。でもスイッチを入れたタイミングでショコラが奏が好きだと告白して来てしまった。この場面がリアルに放送される。ふらの達も聞いている訳だが、とりあえず普通に大切な子だよと。

と言う事で、呪いが解けた訳でもなく、ショコラの立場が大きく変わった訳でもなく、ふらのと謳歌についてはちょっとは前進があったけど(謳歌は大きかったかな)、それまでの関係が変わった訳でもなく、ゆらぎや絢女に関してはほとんど立ち位置が変わらず、結局そのままの状態で幕引き。
参考資料

まあしょうもないと言えばしょうもない作品でした。色々な意味で。ダメ判定はしないけど、もうちょっと突っ込んだ何かが出来なかったものかと。

最後の最後の選択肢は2番でお願いしたいので、そこのところ、よろしく。

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第10話

東京レイヴンズ・第10話

あの霊災騒動がそう言えば進級試験の時だったと言うのを思い出させる新学期。春虎達も二年生になって新入生を迎える。そしてその新入生代表が今回のサブタイの「神童」大連寺鈴鹿。
参考資料

ああ、今回のサブタイが「神童」と見た時はてっきり夏目か春虎が何か開花するのかと思ったのだが、こっちだったか。英文サブタイも見れば良かった。

その鈴鹿、十二神将の身分でありながらあんな不祥事をしでかしてのこの陰陽塾への入学とは思われるが、それにしたって普通におとなしく挨拶すればよいものをなんでまたこんなぶりっ子な挨拶を。その後のぶりぶりな態度は春虎への当てつけと言うのは分かるが、入学したばかりの時点では春虎の存在を知っていたのだろうか。やっぱり知ってたんだろうなあ。土御門の春虎と夏目が居ると知っていればこそ、壇上から春虎を見つけてあんな事を言ったのだろう。にしてもあんな場所で「ファーストキスの相手」とか、そんな話をするか。

当然ながらクラスに戻ってから京子を筆頭とした春虎への追及は厳しい。まあ確かにあれをどう説明するかね。そのままの話をしちゃたら鈴鹿の塾での立場が無くなってしまう。自分の兄を生き返らせたいばかりに禁忌を犯して反魂の術をして騒ぎを起こしたなんて前科者として見られてしまうから。

それにしても鈴鹿、さらに騒ぎを大きくする方向で春虎に絡んで来る。あの祭の夜にちゅーしたとか、話を大きくする事にこの時点でどんな利点があるのか。どちらかと言うとこの時点での本命は土御門夏目に会わせろと言う物の様なのだが。

今回はこの鈴鹿再登場のエピソードだけで1話を構成するのかと思ったら、またぞろよく分からんキャラが登場。ようじょキャラ。ようじょにご執心と言う、どこかの幼年幼女の味方アブネスみたいな嗜好なのか。そして見た目が一年生ぽいのに実は春虎よりも上級生とか。お前はこのタイミングで何故登場して来た。だって春虎が編入したのは半年以上も前の事なのだから、今になって絡んで来ると言うのはねえ。

神童と謳われ、春虎とのファーストキス事件でも騒がれ、新入生の中でもピカイチの筈の鈴鹿なのに、鈴鹿を探しに春虎がクラスに行くと何だか目立っているけど友達が居ないパターンに見える。
参考資料

無理矢理ながらお茶に連れて行くと、鈴鹿はこう言う店に不慣れらしい。つか、ハンバーガーの食べ方も分からないとか、これまでどんな生活していたのか。勿論鈴鹿はあの事件の時に「北斗」を消し去ってしまった事は春虎に対して負い目に持っている。あの時は確かにそうだったが、春虎も大切な人にもう再び会えない事になる気持ちは分かっている。

この話の中であの「北斗」は「誰か」が動かしていたもので、その誰かが分かればまた会えるかもしれないと思っていると言ったところで鈴鹿が何かにピンと来た。そして隠れていたつもりの夏目を暴き出し、あの時の巫女だった女の子が陰陽塾で男の子として生活しているのを知ってしまう。

あーあ、悪いヤツにしっぽを掴まれたなw
参考資料

| | TrackBack (0)

機巧少女は傷つかない・第10話

学院長を襲撃するシャルロット。そしてその崩落に巻き込まれるアンリエットと雷真。雷真を救助しようと崩落現場に突入しようとする夜々をキンバリー教授が引き留める。今お前が出て行ってはダメだ。なに、ヤツは悪運が強いから大丈夫さ。いや、前半はまあ分からなくもないけど、後半は全然論理的じゃない。夜々を止める為の方便か。
参考資料

しかし事態はその通りで、悪運の強い雷真はほぼ無傷。一緒に落ちたアンリエットに大丈夫かと手をさしのべてその後普通に地下通路を歩ける位に。あんな崩落があったのにアンリエットもぴんぴんしてるね。

どこにそんなものがあったのか分からないがカンテラを持って出口を求めて地下を歩き回る雷真とアンリエット。そしてぴんぴんしていたのは二人だけでなく学院長も同じだった。そして学院長にはマグナスが護衛についていた。マシンドールの火垂を伴って。

マグナスの機巧少女の中でもこの火垂は雷真にとって別格みたいだ。撫子とか呼んでいた。そうか、千石撫子か(違
参考資料

この火垂が居てくれたおかげで地下空洞の中で悪魔で執事ですからのシンに襲撃されても一応無事に済む。

このシンを送り出しているお坊ちゃまの素性がよく分からないのだが、ともかくシャルロットに学院長襲撃をさせている黒幕である事は確かで、シャルロットはアンリエットの命を質に言う事を聞いているらしい。ほとんど万能とも思える遠見術で崩落現場のアンリエットを見てたりしている。

でもどうやらこの事をアンリエットはどうやってか知っている様で、だからこそ自分が死ねばシャルロットがその脅迫から逃れられるだろうと、自殺を図っていたらしい。なかなか乱暴な理論だが筋は通っている。でもその自殺が悉く失敗したのはアンリエットの命を質に取ってるあいつが邪魔したからだろう。でもだとしたらあの飛び降りも雷真が助けなくても助かったんじゃないのか。

結局学院長ともども雷真とアンリエットは救出される。となると、まだまだシャルロットが脅迫を受けて動かされるのは続く訳だが、雷真はシャルロットもアンリエットも助けると言う。特に出来の良い兄/姉を持った境遇のアンリエットは放っておけないと。

雷真が救出されて戻ったと言う事で、フレイが見舞いに行こうとするが、部屋の中からは相変わらず夜々による怪しい会話が聞こえて入るに入れない。でもその途中で俺には婚約者がいるんだという言葉が雷真から飛び出した。それを聞いて見舞い品だけ置いて帰るフレイ。夜々はそんな話聞いてないと言うが、元々家同士で決めた事でしかも赤羽家があんな事になったんだから事実上破談だと言う。
参考資料
いやぁ、そう言う話に限って相手の女の子は諦めてなかったりするんだよw どうなるか分からんけど。

さて、面白いからと言ってシャルロットを動かすお坊ちゃま。
ちょっと素性が分からなすぎるので、こいつの素性が明らかになるのがこのシリーズの結末になりそう。

| | TrackBack (0)

ワルキューレロマンツェ・第10話

いよいよ戦いの朝。美桜・ノエル・茜・リサ・スィーリアは各々試合に臨む気持ちを高める。美桜はちょっと躓いたけど。

貴弘は騎士としてではなく、ベグライターとして今回の大会に出る決心をした様だ。じゃあ、誰の?そこに美桜がやって来て話があると言う事で、厩舎の外へ。なかなか切り出せない美桜が何とか貴弘に私のベグライターになってと言いかけた所でノエルが宣言。私と契約してベグライターになってよ!先を越された形になった美桜だが、これで自分も貴弘にベグライターになって欲しいと言う事を告げる事が出来る。そしてさらにそこにやって来た茜も。そしてリサも。わ、わたしのベグライターにしてやってもいいんだからね。

大御所様は最後の登場。スィーリアは今日こそ返事を貰うぞとやって来た。
参考資料

ジェイムスにベグライターとして参加すると言い放った貴弘だから、この時点では誰かのベグライターになるのを決めていたのだろうと思うが、その答えを言いかけた所で急報が入った。マレンゴーが産気づいたので至急来て欲しいと。

立ち去り際、貴弘は5人にアドバイスを残して行く。ノエルは気持ちを全面に押し出して戦えと。茜は綺麗すぎる型から時にはセオリーを破ってみろ。リサは試合を楽しめ。スィーリア先輩は誰が対戦相手でも全力を出して欲しい。そして美桜には練習の成果を全部出し切れと。スィーリアだけはどうやって勝てとかじゃないんだよね。もう頂点なので。

試合開始で主要メンバーは順当に勝ち上がって行く。おお、我らがベルティーユ様も格下相手では余裕の勝利ですなw
参考資料

そしてベスト8を決める戦い。リサと茜の組み合わせが行われる。対戦に先立ち、リサはフィオナを誘ったが、敵と馴れ合ってしまったリサなんてとこちらを向いてくれない。仕方なく一人対戦に向かうリサだが、あのササミがフィオナにまとわりついてしまった為にフィオナも試合会場へ。ところでフィノとササミの掛け合いって、同じ中の人の掛け合いなんだよね。

茜対リサの対決は同ポイントのまま最後にどちらが勝つかで決まる事になった。
それにしても騎馬対決いいなあ。

最後に茜は奥の手を出す。あの決闘の時に見せた2弾突き。同じ手は二度と喰わないと言うリサは2段目もかわすが、茜はもうひとつの技を持っていた。三段突きで結局茜の勝利。勝った茜、そして負けたリサにも貴弘のアドバイスは効いた様だ。
参考資料

なにさ結局負けちゃったじゃないのと言うフィオナに、茜の方がみんなと長くいた、その差が出たのだと言う。そしてフィオナもちゃんとした友達になってと。リサからも離れて孤立しかけていたフィオナだけどこでみんなの輪の中には入れそう。貴弘とは無理かもしれないがw

それにしても相変わらずよく分からないのが、貴弘はこの夏の大会に出られないと放校になる様な話なのに、大会に出ないでも問題ないフィオナとか玲奈とかどういう扱いなんだろう。貴弘の方が特別な理由があるのか。ウィンフォード学園に留学出来る条件が騎士などになると言うものとか。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第10話

昔の記憶の状態に戻った万里。リンダに、リンダに会わなくちゃと歩き出したものの身体が思う様に動かず前のめりに転んでまた今の記憶の万里に戻る。今の万里は何があったのかよく分からないものの、リンダに会いたいと言う気持ちだけが残っていた。

で、その翌日。顎の怪我から細菌でも入ったのか高熱を出して寝込む万里。ふと見るとあの写真が置いてあった場所に無い。香子の様子がおかしいのはベランダでの会話とあの写真を見たからだろうか。そこに置くのは不用意すぎるなとは思っていたよ。

万里は病院に行かなくちゃなんて言いつつ、フラフラで倒れてしまう。一人暮らしで満足に動けない状態の時は救急車かタクシー呼ぶしかないよ。たまたま隣があのNANA先輩で、しかも倒れたところに出て来てくれたおかげで病院に連れて行って貰う事が出来た。

病院での処置で何とかなったみたいだが、熱のせいか万里が妙な方向に饒舌。
「NANA先輩って東京砂漠でなめられまいと虚勢を張っているうちに本当に優しい隣人愛なんて忘れ果てて都会にかぶれて変わってしまった川口出身の過激なコスプレさんとばかり思ってました」
参考資料
川口じゃないと言われて、上中里でしたっけと言う万里だが、静岡から出て来て未だ半年も経ってないのになんでまたそう京浜東北線沿線に詳しくなったw だって普段は市ヶ谷と西荻窪の往復でしょ?京浜東北線は方向違いの路線だから東京に住み始めて半年経ってない人が蕨の近くが川口だの上中里だの言えないよ普通は。

病院からマンションに戻ったらそこにはリンダが待っていた。NANA先輩は万里をリンダに預けて部屋に引っ込む。と言う事でリンダが万里の看病をする事に。しかしお腹がなる位に空腹って事はやっぱり傷口からの感染での発熱かね。風邪とかそんなのだとあれだけ熱を出してる時にあまり空腹にならないだろう。

リンダは香子に連絡を入れてあってほどなくやって来た。しかしその様子はあの光央をぶつけた時の様な勢いで、これって浮気だよ!などと迫る。そもそも風邪で休んでいた筈だったのにとても元気だ。当然、仮病だったのだろう。まあすぐに冗談だよと言う訳だが。しかしその時の台詞は「多田君の恋人であるところのこの私が」などとリンダに誇示するが如く、いやまさに誇示する感じだ。

でもこの3人じゃ微妙に気まずいなと思ったらお笑い二人組も登場。なにやってんだ、お前等w
参考資料
この時に香子が隣がNANA先輩だったとは知らなかったし、そのNANA先輩とリンダ先輩が知り合いだなんて知らなかった、どうして言ってくれなかったのと難詰する位だから、そうなるとあの晩の二人の会話は聞いて無くて写真だけで疑心を抱いたと言う事なのか。

二次元くん、本名は佐藤隆哉って言うのか。

話が進むうちに迫って来た夏休みの話。リンダ先輩どうするのと聞かれておまけんの活動か帰省かなと。帰省なんて言うから実家はどこなんてふられて、これはまた不味い展開なのだがリンダはうまい逸らし方で海行きたいと。これに光央も二次元くんも食いついてきた。二次元くんが免許を持っているから車借りてこの面子で行こうと。

みんなが帰った後も夜遅くまで看病に残っていた香子。自分が彼女としてちゃんとしているか不安な香子はリンダ先輩みたいに出来るだろうかと。でも今の万里には香子だけが彼女なのだ。みんなで海に行くんじゃなくてふたりだけで行きたい。パリじゃなくてもいい。パリじゃなくても・・・って事は初めてのアレに行きたいのですな。
参考資料

| | TrackBack (1)

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。・第10話

今日も元気だ朝食がうまい。
「おいしいな、ラウルのウィンナー」
参考資料
狙いすぎですよフィノw

それにしても昨晩あんな事があったのに元気だなと言うラウルなんだが、先週の最後の場面は忘れてしまっていて、見返してしまった。だって先週の話のメインはフィノのはじめてのお給料でのお買い物だったから。最後の最後に襲撃があったんだよね。

張り切って仕事をするフィノに通販のお届け物。マヌケな勇者がひっかかる宝箱とか、手招き草とか、エルザが通販カタログを見せたら人間界の事情をよく知らないフィノがタダで物が買える便利な仕組みとばかりにレオン王都店で客が楽しめる(と思い込んでいる)グッズを買い集めてしまったのだ。こんなに沢山、今のフィノじゃ払えんだろ。誰が払うんだ。

こんなにもハイテンションで頑張るフィノに何か理由があるのだろうと思ったら、レオン王都店で頑張ってやがてはレオンのお店の店長になったら、魔王になれと言うあんな連中も諦めるだろうと言うフィノ。何しろ店長だ。魔王よりずっと格が上だ・・・・って事は、なんですかフィノさん、あなたは自分の父親の魔王よりもセアラの方が格が上だと見てる訳ですな。それはともかく、自分が店長になったらラウルは副店長になってずっと一緒にやって欲しいと言う。しかもその店はレオン魔界1号店の予定だそうだ。ああ、そりゃそこの店長はフィノじゃないとダメかもね。

ラムディミアの所に来客あり。あのフィノ様にはレオンの店員などやめていただかなくてはなりませんと言っていた和服男だ。レイド・ミラーリングはラムディミアにフィノの魔王位継承の手伝いをして欲しいと言って来たのだがラムディミアはあっさり断る。それを聞いたレイドはあっさり引き下がるものの、フィノが魔王位を嗣ぐ為の物もあるとラムディミアに見せる。いやあw、レイド、味方になるか分からない相手の所に来て、軽々しく計画を話すとか、どんだけ間抜けなんだか。

ラウルの方にも来客あり。嘗ての勇者予備校でラウル、アイリとパーティーを組んでいたクラインとブレイズだった。こちらも店を外してさわやかで昼食を摂りながら話を聞いてみたら、魔王が復活すると言う話だった。魔王の娘、すなわちフィノ・ブラッドストーンが魔王位を継承するから勇者制度も復活すると言う。そしてそのフィノがラウルの傍にいる事も承知。フィノが魔王位を継承したら晴れて勇者制度も復活し、我々は今度こそ勇者になれる、どうだ嬉しいだろうと言うクラインとブレイズだが、ラウルはあいつは魔王なんかにならないと訣別。
参考資料

その頃のフィノ、あの注文を聞いたもののお客さんの連絡先も聞いてなければ、品物の色すら聞いていなかったのその人を見つけて追いかけて何とかそれを聞き出す。これで初めて注文をとったどーと喜んでいたところを拉致される。

多分、と思ったが、その注文書を落として行くんだね。フィノが帰って来ていないと聞いたラウルは街中を探してその落ちていた注文書を発見。フィノの身に何かが起きたのを知るが、ラウル、一体どうやってフィノを見つけ出すか。

ひょっとしたら魔王復活の為の策動にクラインがアイリを呼び込もうとして、そのアイリから漏れるのだろうか。フィノは嘗ての勇者予備校に拉致されてレイドの所に。そこのはブレイズも居て魔王があっさりやられたから俺たちは勇者の道を断たれた。いや俺だけでなく、クラインも、アイリも、そしてラウルもだ、と嘗てのパーティーの写真をフィノに見せる。
参考資料
ラウル、フィノに自分が勇者候補だったと言ってなかったからなあ。

それにしても、典型的なマッチポンプ。魔王を復活させたい魔人側。魔王が復活する事で勇者の道が復活すると考える勇者候補生側。そしてさらにはどうやら魔王と勇者の戦いによって武器商売が出来ると踏んでいるアマダの連中。火のない所に争いを作り上げて利権を得ようとする面々の利害が一致したと言う事だ。

| | TrackBack (0)

舞台探訪・物語シリーズ セカンドシーズン・恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳・石神井公園駅

貝木が正月の二日から撫子の様子を伺うべく出かけるのですが、どこでどう繋がっているのか石神井公園駅が登場します。それにしても正月二日にこれだけの雪が積もっている東京なんて滅多にありません。きっとガリレイドンナと同じ世界線なのでしょう。

石神井公園駅南口。
参考資料
参考資料
現在、石神井公園駅は一応高架化が完成し、その高架下の部分の工事が盛んに行われています。第一期工事が終わり、第二期工事が始まっている段階です。そんな訳で、地上に見えている白い仮囲いがいつ撤去されて南口広場が出現するか予断を許しません。行くなら早く。来月、貝木の様に壹月貳日に訪問するのは如何でしょうw

これは上り3・4番ホームの所沢方面。
参考資料
参考資料
ライフのマークが目印です。

これは3・4番ホームのエレベーター。
参考資料
参考資料
1・2番ホームから写しています。

これは3・4番ホームの池袋方面。
参考資料
参考資料

実は物語シリーズのセカンドシーズンはイマイチだるい感じだったのですが、貝木は面白いですね。
会話だけの多いこのシリーズですが、それでも貝木のは面白い。

| | TrackBack (1)

アウトブレイク・カンパニー・第10話

古賀沼にお約束の展開をさせたところで、的場が駆け込んで来る。大変な事が起きてしまったと。

先日のサッカーの試合を録画したビデオファイルが流出。動画サイトに掲示されてしまい、自衛隊のどこの部隊が写っているのかの特定作業がはじまり、早晩バレそう。バレてしまっては今回のプロジェクトは全て中止にならざるをえないかもしれない。

せっかく特定秘密として自衛隊の隊員が家族にもどこに行くのか言わないで頑張っていたのに!

しかし慎一はうまい手があると言う。それならいっそ自衛隊と神聖エルダント帝國でPVを作って、あの動画はこの企画の一部画像が漏出したものだと世間に思わせる。自衛隊が全面協力した作品と言うふれこみ。しかも処々にパクリを入れて「これ、パクリ作品じゃねーか!」と世論を誘導して炎上させ「制作は中止になりました」で落とす。なるほど流れとしてはいいんじゃないだろうか。

と言う事でPVを作る事になるのだが、その許可をペトラルカに求めつつ、ペトラルカが主人公となって欲しいと言う。これ、慎一の本意はどの辺りにあったのだろう。本当にプラズマ・イリヤみたいな幼女体形の魔法少女ヒロイン作品が欲しかったのか、或いは最近蔑ろになってるペトラルカを立てたかったのか、あるいはもっと腹黒くwここでペトラルカに良い思いをさせておくのが得策だと思ったのか。ともあれペトラルカは大喜びでそれを引き受ける。
参考資料
参考資料
撮影が始まるが、パクリ炎上を惹起させる為とは言え、これは酷いw

一体どれがどれのパクリなんだと言うのは量が多すぎてもう分からないが、全編パクリと言っても良いほどで、これじゃ逆に釣りなんじゃないかとも思えるレベル。

ドラゴンを登場させる場面では本物のドラゴンを使って迫力を出そうとしたが、ドラゴンは鼻が敏感で特に制汗剤みたいなスプレーを使うのは厳禁と言った矢先に制汗剤をふりまく古賀沼。怒ったドラゴンの攻撃をモロに喰らった筈だが、一応命は助かってるね。でもこれで本物を使うのは断念して模造品を作る事に。

流石ゆきまつりで雪像を作っているだけあって凄いですねと言う出来映えだが、でも雪像を作ってるのは北海道の師団だけじゃないの?

山の向こうからこのドラゴンが顔を出すと言う手はずだったが、ここでまたもや古賀沼が制汗剤のスプレーを使用。たまたま近くに居たのかドラゴンがそれに反応して模造品のドラゴンは破壊される。そうとも知らずにドラゴン出現シーンを撮ろうとしている慎一達。魔法少女ペトラルカを乗せた装甲車両が進むがなかなかドラゴンが現れない。そりゃまあ破壊されてしまいましたから。でもその代わりに本物登場。おお!凄い迫力じゃ!って本物なので当たり前。

あれが作り物ではなく、本物だと言うのが入電して緊急展開をする神聖エルダント帝國軍と自衛隊。エルフによる制御も効かず、いよいよ神聖エルダント帝國軍でなんとかしなくてはと言う事態になった所で自衛隊が本気出す。
参考資料

現代の人間界の近代装備の火力。その威力はガリウスを筆頭に神聖エルダント帝國軍の面々を驚愕させるものだった。それにしても凄いな、あんな短時間で自走砲でもなさそうな物が用意出来たのか。圧倒的な近代兵器の火力に、ドラゴンは倒されないまでも退散して行った。あのドラゴンが・・・とそれ以上の言葉の出ないガリウス。

ペトラルカはやったぞ凄いなと喜んでいたが、これは神聖エルダント帝國軍の軍関係者にただならぬ衝撃を与えたと思う。今回は描かれなかったが、日本国の軍隊が本気を出せば自分たちの国をいつでも武力制圧出来るだろうと。

さて、そのPV、制作完了して試聴会をしてみれば、自主制作映画によくある様な「実際に見返してみたら黒歴史もの」となってしまった。特にペトラルカ。考えてみればペトラルカとか、今迄自分の声を録音して聞いた事などなかっただろうから、あの声は一体誰だとか当然なんだろうな。

試聴会は中止になったものの、PVの役割は充分に果たし、当初の狙い通りにパクリ炎上による制作中止となった。

| | TrackBack (1)

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第9話

対抗戦で勝った裏ランキングの5人に生徒会長からアクアギャラクシーの招待券。でもどうやらふらのは受け取らなかったらしい。その理由は一緒に行く事になるショコラや謳歌に比べて自分の胸が小さいのを奏に見られるのに抵抗があるから。重ねて奏が誘っても拒否したくせに、あっさり奏が引き下がるとうちの飼いヤギの餌にすると行って手にした。

宴の恐ろしい運転でも無事に辿り着いたアクアギャラクシー。宴の背が低いから首無しドライバーの伝説が流れているらしいが、だったら宴はどうやって外を見て運転してるんだ。

謳歌を泣かせろと言うミッションを強行する武器として奏はタマネギのエキスなどを配合した溶液を容易していた。強引だけど。ここでまた絶対選択肢。奏は心に浮かべた事がランダムに口に出てしまうと言うのが一番無難そうで選んだ訳だが、これは今回ずっとトラブルの元になるんだろう。

案の定、その事態はすぐに到来して、宴への絶対選択肢で高い高いをしたものの宴は「ああこれは絶対選択肢のなせる技か」と理解を示して事なきを得た様に見えたのに、幼児体形とか口をついて出てしまうから結局ぼこぼこに。これ、絶対選択肢のせいです、なんて言っても突き詰めればそう思った事が出て来た訳でどのみち宴には許して貰えなかったんだろうな。
参考資料

それ以外の3人はショコラも謳歌もゆらぎも各々好き勝手な方向を楽しみに行く。今回のミッションで言うならば奏は謳歌だけを追えば良さそうな気もするが、ご丁寧にみんなを探しに。

その途中で清羅・絢女・小凪にも会う。清羅が二人をねぎらいに招待したのだそうだ。その折りに清羅はまたも奏に意味深な言葉を残す。無理強いしちゃ痛い目に遭いますよ。目的の謳歌だけ追っちゃダメと。

その言葉もあったせいかゆらぎを探していたら、ゆらぎと絢女の二人は下僕達をしたがえての戦いになっていた。激しい戦いの末、下僕達はことごとく倒れた為に二人の直接対決。ゆらぎ、ピストルをそんな所にはさんで発射しちゃうぞはまずい。結局この戦いは相討ち。
参考資料

ショコラは水着男子のコンテストの飛び入り審査員になってるし。まあこっちは放置でいいんじゃないか。

肝心の謳歌はスライダーを満喫した様だが、奏も乗ってみろと強引にあててんのよでひっぱり込んでスライダーへ。謳歌が平気なのは良いとして、奏がこんなに恐がりだったとは。そのせいで思わず掴んだモノが謳歌の胸。でも降りてからの奏はそんな事を覚えてない。謳歌だけ意識してしまっていた。

奏はふらのにも出会う。こっそり後を付けてきたふらのだったが、そんな事はおくびにも出さないであのチケットは合成紙だからうちの飼いヤギは食べなかったから来ただけなのと。改めて一緒に遊ばないかと誘う奏にふらのはまた拒否するのだが、その折に水着似合ってるのになと言われてふらのの気持ちはまた一歩奏に近づいたかもしれない。

そんな事をしているうちに帰りの時間が近づいて来た。もうこれは強硬手段に訴えるしかないと奏はあのエキスをピストルに詰め込んで謳歌に撃とうとした。清羅には無理強いは酷い目に遭うよと言われていたのに。
参考資料

謳歌があんなもので無理矢理泣かされるのはちょっと嫌だなあと思ったら、清羅の忠告した事象がその直前に発生。絶対選択肢で奏は自分の鼻にエキスを発射する羽目になる。でもあの成分ならお尻の方がマシだったんじゃ?w

次回、もう最終回ですよ。
最近、10話アニメちらほら出てますな。

| | TrackBack (0)

東京レイヴンズ・第9話

逃げる鵺をバイク(式神)で追おうとする木暮。それに乗る夏目。自分の北斗が居れば誘き出しに有効だろうと。後から見たら誘き出のには役に立ってなくて、結局攻撃に有効だったんだけど。

冬児を追いかけていた春虎とはおそらく青山通りの路上で遭遇。しかしその目の前に六人部が立ちはだかる。でも木暮はこの先には行かせんと言う様な風で、春虎の通過は見逃してしまった。或いは夜光信者みたいだったので夏目には危害を加えなかったと言うところだろうか。

式神のバイクに乗って突進する夏目。コンはそれに春虎を乗せてくれるが、てっきり春虎がさっそうとバイクを駆るポジションに落とすのかと思ったら夏目の胸を鷲掴みにする方に落としたかw
参考資料

何とか外苑の中で鵺を修祓してしまおうとカラス天狗が攻撃をしかけるが、なかなかうまく行かない。カラス天狗達、あいつ頭いいとか言ってる。

その頃、元の場所では宮地を筆頭に十二神将の一部が修祓にとりかかっていた。フェーズ4ともなればこれだけ動員しないとダメなんだろうか。でも結構みんな余裕の表情してたね。鏡も宮地も。京子はこれがプロの祓魔官!と驚いていた。

夏目や春虎の方はなかなか鵺にダメージを与えられない。コンなんて勇ましく突っ込んで行っても指先で弾き返されちゃうし。
参考資料
弱い、あまりにも弱い。
このあまりの弱さが実は潜在的にとっても強い何かを胚胎しているんじゃないかとも思われる。

ところでこの鵺の逃走経路はどうだったのだろう。北斗に誘き出されて最初に姿を見せた時は神宮球場に取り付いていた様だったが、だったら春虎と落ち合った場所はどこだったのだろう。春虎が冬児と拳を交わしたのはあの国連大学本部前だったので、春虎が走っていた道路は青山通りだと思ったのだが。

春虎達が苦戦している所に、塾長によって送り出された冬児が到着する。塾長は冬児にかかっていた封印を若干ひろげ冬児の中に居る鬼を活かせる様にしてやる。封じ込めるだけではなく、鏡の様に鬼を使いこなしてみろと言う訳だ。土御門から授かったユキカゼにまたがって出陣するところへ天馬が春虎用の錫杖を持って来る。天馬も鬼を内在していようと冬児は冬児として仲間と認識しているんだと。

凄い式神ユキカゼに乗って冬児は外苑へ。冬児の投げた錫杖で春虎は鵺に大きなダメージを与えた様だったが、これでもまだ修祓できていない。しかし落下して動きを止めたおかげで夏目が修祓できる状況を作れた。
参考資料
夏目、見事に修祓出来るじゃないか。
まだ学生だと言うのに。

この様子をもう一方の鵺を片付けて見物に来ていた鏡が目撃。修祓は大したものだがこれでますます夜光信者に夏目が本物だと思わせたなとか、塾生をどう料理してやろうかと言う目をするが、その背後に大友先生。流石の鏡もこの大友「先輩」には底知れぬ何かを覚えている様で、うちの生徒に手出ししたらどうなるか分かっているんだろうなとの言葉にはそう簡単に逆らえそうにない。

しかし、それ以上に夏目達の前に出現した車に異様な感覚を感じ取る。
少しは回収しようと思ったのに(何を)修祓されてしまったかと言うその老人は蘆屋道満。
さしずめ、夏目達にわしの名前をよく覚えておけよと言う顔見せか。

| | TrackBack (0)

機巧少女は傷つかない・第9話

時計塔を倒したのはシャルロットとシグムント。まさに時計塔100周年行事を行っている最中で、学院長が祝辞を述べようとしていたタイミングだった。しかしなんでまたシャルロットがそんな事をしたのか。

居なくなっちゃったけど、髪が薄茶色のシャルロットに似ている子はフレイによればアンリエット・ブリュー、シャルロットの妹だそうだ。転校して来たものの、何度か自殺未遂をしていてその度に失敗していると言う。シャルロットも居ない、そしてアンリエットも居ない、とりあえず雷真はアンリエットから探す事にするが、それを手伝うと言うフレイがアンリエットの部屋からぱんつを持ち出す。
参考資料

ああ、犬たちに臭いを認識させるのねw

アンリエット、あっさり発見。雷真はシャルロットの事とか色々問い詰めるが、一度にそんな事言われても溢れるだけで、ここは夜々の出番。「あなたは狂言自殺で雷真の気持ちを惹こうとしているのですね?」

どこからそれが。いや、夜々らしいけど。
夜々に代わってフレイが問う。
「あなたは狂言自殺で雷真(ry」
ダメじゃん、フレイ。
参考資料

そんな茶番をやっているうちにアンリエット逃げちゃう。そろそろ夜会の時間と言う事で、フレイはそちらへ。雷真は夜々とシャルロットを探し続ける。と、そこにあのシャルロット登場。実はこの時まであのメガネ娘がシャルロットのふりをしていたんじゃないかと思っていた。でも雷真との会話を聞くとこれは間違いなくシャルロットだ。つまりシャルロットがメガネ娘の姿をしていたのか。

シャルロットとアンリエットはもう出会っていて、それによってシャルロットは妹も両親も無事だと言うのを知ったみたいだが、ひょっとしてこの妹の為にシャルロットは何かをやらされているのか。それにしても、シャルロットとアンリエットが似すぎていて、髪の毛の色が違うって言っても割合同系色だし、暗い場面じゃ区別つかないよ。唯一ネクタイの形が違うと言う点だろうか。喋れば声は違うんだけどね。

色々な謎を整理しようと雷真はキンバリー教授の所へ。時計塔を破壊したのは確かにシャルロットだろう。でもそれで負傷者は出ても死者は出ていない。おそらくシャルロットの標的は学院長だったのではないか。しかし学院長が狙われるのか。学院長を亡き者にする事で、「魔術喰い」騒動を無かったものにし、それによって復権しようというキングスフォート家の策略ではないかと予想された。シャルロットが事件を犯せば元々王太子に怪我を負わせたと言う悪評のあるブリュー伯爵家が騒動の中心であり、キングスフォート家は問題なかったと言う入れ替わりでの浮上を狙ったのだろうと。でもそんな証拠は無い。

その証拠があればいいんだなと言う雷真にキンバリー教授は証拠があれば問題ないと、完全に雷真を焚きつけている。
参考資料

翌日、相変わらずシャルロットとアンリエットを探す雷真だったが、学院長が破壊された時計塔の見聞に来ているのを見つける。ここはまたシャルロットに狙われる。それに気づいた雷真、そしてアンリエット。止めようとする雷真だが、既にシグムントの攻撃は放たれ、時計塔の地盤は崩壊。直撃じゃないから怪我で助かる?

| | TrackBack (0)

ワルキューレロマンツェ・第9話

夏のジョストの大会・・・の前にウィンフォード学園のミスコンが待っていた。などと話をふりながら、冒頭で貴弘が馬の世話をしている場面となったので、はてこの馬の出産が今回の話とどう絡むのだろうかと思ったら、この様子を見ていたアンとエマがベルティーユにその事を伝えた時に上の空で聞いていたベルティーユが勝手に頭の中で情報変換。「来週がマレンゴーの出産予定日。あとは心構えだ」→「レンコンの予定日に水野さんがグライダーに乗る」→「ミスコン、ベグライター」→「ミスコンで優勝した子のベグライターになる」
参考資料
どんな電波が働いてるんだよ!w

その結果、貴弘が今度のミスコンで優勝した人のベグライターになると美桜・ノエル・茜に伝わってしまう。そうと聞いたらと乗り気のノエル、スィーリア先輩が出るのにかなわないよと言いつつも貴弘がベグライターになるならと美桜、そしてそんな方法でと言いながらこれはチャンスなのかもと密かに思う茜、各々ミスコン出場を決めるが、さらにその話を聞いていたのが玲奈。この玲奈がリサにまで話をしてしまう。

水着の試着コーナーでノエル・美桜と茜・リサが鉢合わせ。みんなミスコンに優勝して貴弘を狙ってる。しかし、美桜の水着は「こんなので隠れるの?」とか言っていたのでもっと生地が少ないのを予想していたのだが・・・

買って来た水着を着て、ノエルは貴弘にアプローチするのだが、貴弘、全然気がつかない。強硬手段に訴えてノエルは水着エプロンの姿になってしまう。その場面に美桜が入って来て何やってるのと驚くが、ノエルはそう言う美桜だって下に水着を着てるんでしょ!とめくってみたらふつうにタイツ+ぱんつでした。だが、この場面、タイツ+ぱんつを見せるだけでなく「下に水着を着てるんでしょ」と言う重要なメッセージを実は残していた。
参考資料

リサはピンクのワンピースを選んだ。試着してササミに「どう?」と問いかけるリサだが、これがフィオナの癇に障る場面のみならず実は視聴者に先の場面ですんなりササミの行動を勘違いさせる場面でもある。とりあえずフィオナは最近のリサに腹を立てた。なにそんなに浮ついてあいつらと馴れ合ってるの!と。

しかしミスコン当日、鞄の中にあのピンクの水着が入っていない事にリサは気がついて真っ青になった。あの夜、リサの水着をまじまじと眺めていたフィオナだったが、まさかベッドの上にあった時点でフィオナが隠したらリサが鞄の中を探す訳がない。慌てててあちこち水着を探すリサをウィンフォード君に入っていた玲奈が見つけ、リサの後を追うが、貴弘と出会い頭に衝突。これって単なるラッキースケベイベント?と思ったらそうじゃない。玲奈はリサと一緒に水着を探すから、貴弘は代わりにウィンフォード君に入って案内をしてくれと。貴弘は暇そうだったから良いが、副会長の玲奈が着ぐるみに入って案内とか、生徒会はそんなに人手不足なのか。

ウィンフォード君に入った貴弘はササミがピンクの布を咥えているのを発見。これが玲奈が言っていたリサの水着か!とササミの後を追う。そう、ササミにリサは水着姿を見せた場面があったればこそ、この繋ぎは無理無く視聴者には入って来る。でも貴弘は実はリサの水着の色なんて知らないんだよね。まあ、いつもリサが可愛がっているササミが何か生地を咥えていたからひょっとしてと思ったのだろう。

ササミの後を追って入った部屋でその生地が水着ではなくてソックスだと分かるが、その部屋は実は女子更衣室だった。ぞろぞろと入って来るミスコン出場者、即ちこれから水着に着替える女の子達。貴弘は慌てて中に誰も居ませんよと言うフリをした着ぐるみと化する。

制服を脱いで下着姿になったノエルがウィンフォード君の着ぐるみ発見。この着ぐるみって肌触りがいいんだよねとスリスリする。えーw、あれが?それに乗って美桜もスリスリ。ほんとだーと言う声を聞いて他の女の子達も下着姿でスリスリ。貴弘、生きた心地がしなかったなw

ササミが咥えていたピンクの生地はソックスだった。じゃあリサの水着はどこに?まさかフィオナが手にしている紙袋の中に?フィオナ、そんな事しちゃうの?などと思うのはやはりミスリードで、フィオナが水着ならここにあるでしょ!と示したのは制服の下に水着を着ていたリサだった。いつも水泳の時は水着を下に着てるからと言う訳だ。

司会の東雲さんまでスク水になってこうして始まったミスコンだが、水着姿で一芸って、芸になってるのは茜だけですがな。あんなにミスコンに出て優勝なんて当然とか言っていたベルティーユさんが水着姿を恥ずかしがるとか、でも新鮮でそれはいいぞとか。
参考資料
そしてスィーリアは一芸でテディベアをとやりかけた所でスィーリアシュプレヒコールで今年もやれずじまい。

結局圧倒的な支持を集めて今年もスィーリアが優勝。貴弘は優勝した人のベグライターと聞いていた美桜達はがっかりした表情でひきあげるが、もとよりそれはベルティーユによるガセネタ。トラブルメーカーと言うか、お騒がせキャラとして欠かせないな、ベルティーユ。

結局、フィオナの持っていた袋の中は激辛    。
合宿回に引き続いてフィオナがリサから離れ孤立感が高まっているが、これはこの先に何か絡む事があるかな。

| | TrackBack (0)

ゴールデンタイム・第9話

光央を励ます会でよみうりランドに行った後、万里の家でお泊まり会。翌朝香子と千波が先に帰るのだが、あれ、ちょっと香子の様子がおかしい。ひょっとして夜中のベランダの万里と香子の会話を少しでも聞いたのだろうか。何しろ万里は叫んだからね。

翌日から香子は風邪と称して大学に来ない。お休みの話は何故か万里ではなく千波に来ている。翌週末も香子とは会えない万里。週があけた月曜日に漸く香子は大学に出てくる。でもおまけんの活動に出てもイマイチ香子の様子はおかしい。あの市ヶ谷駅の改札で「ジュリエットの登場」とか言って万里の前に出て来た香子とは別人ではないか。

衣装合わせで和服を着た香子を見て万里が頬を赤らめる。
参考資料
この万里は本当に香子の事が好きなのだから素直に感動してる。でも香子はそれを素直に受け止めているだろうか。雨宿りをしている所で香子が万里に質問を投げかけて来た。私の事は好きか?いつまで好きか?香子は不安なのだと言うが、この万里には何故香子がそんな事を言うのか心当たりなんて全然ない。でも泣く程に香子を自分が不安にさせた事だけは確かだと謝る万里。そこで何で不安なのか、なんて聞けないものか。
参考資料

でもそれを見ていた幽霊の万里は違った。香子を抱きしめて安心させようとしている今の万里を見て、過去にリンダを似た様に安心させようとした万里が居た。

リンダの実の兄をリンダに加えて万里も「あに」と呼んで慕っていた。えー、この兄、がリンダの実兄?w

今度婚約者を見せてやると言った兄に万里は楽しみですと答えたのだが、リンダはその婚約者の事で何か思う事があった。その相談を万里にしたのだが、実はその婚約者が浮気をしているのを見てしまったと言う。知らない男のアパートから出て来て、別れ際にキスしているのを見たと。

うわー・・・

こんなの黙っていられない。何もかもぶちまけてその女の人生を終わりにしてやると憤るリンダ。ちょっと感情に走りすぎているきらいがない訳でも無いが、イイ兄が騙されているとあってはそれも仕方ないかもしれない。万里の反応はと見ると、同じだった。

そこで二人はアパートで待ち伏せしてその二人が仲良さげにアパートに入って行くのを携帯で写真を撮る。片方が写真で片方が動画の方が現実味があって良かったんじゃないか。このまま踏み込んでもっと決定的な証拠をと言う万里に(踏み込むのかよ)リンダはちょっと頭冷やそうと。何もかも露わにしてその女を追い詰めるとしても、事が露見すると言う事はあの兄が傷つくと言う事でもある。それを恐れてリンダは写真を削除し、婚約者にもう二度と浮気なんてしないで、と説得する道を選んだ。そうして自分が黙っていれば兄は何も知らずに幸せになれるんじゃないかと。

ああ、それはお薦めしない。そんなヤツが自分の血縁に入るとか、絶対止めた方が良い。許せない人間が血縁にあると言うのはその先の人生で良い事なんて絶対無い。

全力でお止めする

帰り道のコンビニで万里もその点を指摘した。でも感情的に指摘したら逆にリンダを追い詰めちゃうだけだ。どうしようと膝を抱えるリンダに俺がずっと傍にいるからと慰める。

どうやってよ?と言うリンダに万里は
「リンダの声にいつも耳をすませている。雨が降ったり風が吹いたり花が散ったり影がさしたり、どんな気配にも俺はリンダの声を探す」
良い事言ってるじゃないか、万里。今は全部忘れてるけどな(仕方ないと言えば仕方ない)。

本当に万里を信じていいのと言うリンダに何故万里はそこで目を逸らすか!
まだ、気持ちが確定していなかったからか・・・

そして今。
香子が休んでひとりで居る万里にリンダが話をかけて来た。この万里、あんな事があったのにリンダに兄が居るのを覚えていない。兄に会って疲れたと言うリンダだが、じゃあやっぱりあの選択は良くなかった結果を生んだんじゃないのか。それとも相変わらず黙っているのが疲れたのか。

別れ際、リンダは万里に香子の事を大切にしてやれと言う。
「香子ちゃんの声にいつも耳をすませてあげな。雨が降ったり風が吹いたり花が散ったり影がさしたり、どんな気配にも香子ちゃんの声を探してあげて」
ああああ・・・
参考資料

しかし、その夜、幽霊万里が実体万里に出現した。
この話、幽霊万里が実体万里を眺めている形をとったが、心の深層でずっと事故前の万里が見ていたと言う扱いでいいんじゃないかな、ホラーとしてではなく。

しかし困ったね。
事故前の万里も事故後の万里も別に何も悪い訳ではないし、リンダと香子も真面目に万里が好きなみたいだし。

| | TrackBack (0)

« November 2013 | Start | Januar 2014 »