« 東京レイヴンズ・第8話 | Start | アウトブレイク・カンパニー・第9話 »

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第8話

対抗戦と言う衆人環視の中で清羅に好きですと言われて抱きつかれ、その最中にショコラに俺の事をどう思っていると聞いて奏さんが大好きですと言わせた極悪人の奏。当然、普通に登校出来ない。身を隠しながら登校するのだが、だったら思いっきり早く登校してどこかに隠れていろよw

教室に入ってみればふらのの様子が少しおかしいし、謳歌に至っては全くもっておかしい。ぱんつ見られた後遺症なのか、清羅やショコラの告白の後遺症なのか。そこに容赦なく清羅がやって来て奏にひっつく。まずい事態に奏は清羅を連れて外に出て、なんでこんな事をするのかを問い詰める。ここで清羅の含みのある発言。本当はこう言う役割はあの子がやるべきなのに、じれったいから自分がしてると。
参考資料

その、あの子。ショコラも今日はちょっとおかしい。いつもの脳天気な表情をしていない。そしてここに絶対選択肢が現れた。1.ショコラに抱きつく、2.ふらのに抱きつく、3.謳歌に抱きつく。2も3もダメだと思った奏はこの中では一番無難そうな1のショコラに抱きついた。

これがショコラに何かの刺激を与える。そしてその衝撃によってショコラの様子が全く変わってしまった。誰だお前。この優等生みたいな子は。
参考資料

家に帰っても今迄とは全く違う。ショコラが食事を作ってくれる。そしておいしい。一方でショコラはちょっとしか食べない。エネルギー効率が高いから少しだけの摂取で済むのだそうだ。じゃあ今迄の飽食は何だったんだ。

でもどうなんだろう。変わってしまったショコラは一緒に暮らすには暮らしやすい相手だが、なんだか可愛げが減った様な気がする。いくら、食べるのをお手伝いしますと言ってあーんしてくれても、お背中お流ししましょうと言っても。これは早晩元に戻るんだろうなと言う予感はした。

この際だからショコラの事情を聞こうと言う事で、説明を聞いてみたら、最初はショコラもまともで神の指令をこなしていた→ショコラ、頭への衝撃で記憶を失う→神、奏の所へ行けと指令→泥棒猫事件で更迭→チャラ神が後継(でもろくな引き継ぎが無くてよく分からない)→また頭を打って記憶復活(今ココ)。

結局今迄登場した話が整理されただけに見える。とりあえず奏にとっては諸悪の根源は泥棒猫ひきこもり神の前任の神。

この状態のショコラが奏に迫って来る。ちゅーしましょうと。そしてちゅーしたらこの呪いが解けると言う。本当なら願ったり叶ったりなのだが、奏はこの状態のショコラとちゅーしちゃっていいんだろうかと躊躇。そしてあとずさりしているうちにタンスにぶつかった結果、落ちて来た物がショコラの後頭部を打ってまたもショコラは記憶喪失に。

そんな訳でまたぞろ奏が食事を作ってやってショコラが食べまくると言う状態に戻るのだが、幸せそうに物を食べているショコラの方が可愛いよね。食費がどうなっているのか分からないが。
参考資料

学校でも元に戻ったショコラの方が人気がある。みんな色々差し入れしてくれるし。ふらのはちょっと影響を残したままだが、謳歌はスパッツで完全に防御されたぞーとスカートをめくった姿で教室に入って来る。謳歌のこの復活具合はどこから来てるんだ。スパッツの完全防御がそんなに安心なのか。

そこに清羅が入って来て、対抗戦に勝った裏ランキングの5人には副賞として旅行券を差し上げますのでみんなで行って来て下さいと奏に手渡す。ショコラ、就中謳歌は大いに喜ぶが、そこに非常な命令が来た。旅行中のアクアギャラクシーにて謳歌の泣いている顔を写真に撮れと。

こんな謳歌を泣かしちゃうの?
まあ泣くと言っても色々な意味があるけど。
うれし泣きってのもあるよね。

|

« 東京レイヴンズ・第8話 | Start | アウトブレイク・カンパニー・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58660991

Folgende Weblogs beziehen sich auf 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第8話:

« 東京レイヴンズ・第8話 | Start | アウトブレイク・カンパニー・第9話 »