« 東京レイヴンズ・第6話 | Start | アウトブレイク・カンパニー・第7話 »

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第6話

おまえら全員に俺が好きって言わせてやるぜ!などと絶対選択肢のせいで宣言してしまった奏。これでさりげなく言わせるのが難しくなってしまった。

残った4人の中で一番何とか言ってくれそうな小凪の所へ。奏は小凪のクラスでもすっかりお断りな人間として扱われるが、それでも小凪は素直にちゃんと相手をしてくれる。昨日あんな事を言ってしまったが、好きって言う意味はLOVEじゃなくてLIKEの意味で、自分がこんな言動してるものだからクラスの女の子からは白い目で見られていて、小凪からLIKEって言って貰えれば励みになると、一応凄くもっともらしい話をする奏。なかなか理詰めである。小凪は素直だからそう言う意味なら自分は奏の事を少なくとも嫌いじゃないので、好き・・・となりそうな所で親衛隊が介入。

惜しかったなw

ぼこぼこにされた後に小凪がやって来て、あの人達はなぜか私に声をかけて来る人達にあんな事するのと言う。ああ、ちゃんと分かってないんだ。事象だけは認識してるけど。親衛隊も発端は小凪を好きだからあんな事してるんで、そう言う意味であまり悪く思わないよと言ったのが、小凪には奏の優しさと受け止められ、さっきぼこぼこにされる前の好き(やや棒)よりはもっと発展した好きと言うのが聞けた。
参考資料
また親衛隊にぼこぼこにされるんですが。

次に向かったのは絢女。ファンの連中と昼食してると言うが、それはただ単にこしかけにしてるだけではないか。こんな相手にどうするのかと思ったら、やはり小凪に言ったのと同じ論法で。でも絢女はそれに対して「そんな言動をやめればよろしい」ととりつく島もない。

そんなに言って欲しければ、土下座して頼みなさいよと絢女は言う。土下座!最近流行ってるけど、そんな事を思いつつ、奏はここでミッションを達成しなければ大変な事になるので、土下座して頼み込む。これには絢女も驚いたが、それでもプライドが許さなくて低俗なゴミなんかの約束は守るに値しないと言い出す。これじゃ奏も八方ふさがりじゃ、と言う所に絶対選択肢登場。

選択肢の一つがその胸はシリコンでもってるとバラされたくなければ好きだと言えと脅せと言うのが出て来て意外な事実を奏に教える。そして口からついて出て来た「シリコン」が絢女の態度を変えた。何故知ってるのか。秘密が漏れるのを恐れた絢女は奏を人気のない更衣室へ引っ張って行く。

なんてヤツなの!人の秘密をネタに脅して、秘密にしておきたくば身体を自由にさせろ!だなんて!
参考資料
いや、そんな事までは言ってないのでw

奏の要求が単に好きと言う事だけなので、やむを得ずながらの絢女からどうにか「好き」の言葉を貰ってミッションはまた一歩前進。

次はやっぱりふらのかな。とは言っても一度失敗しているし、一体どこから攻めたものか。

そんな時にふらのが立ち上がったはずみでチラシを落とす。しろぶた君の着ぐるみショーイベントのチラシ。裏にはふらのが書いたと思われるしろぶた君ラヴなメモが。戻って来たふらのがそれを見て、これふらのの字だろと言いかけた奏をぶっ飛ばす。

でもこれで手がかりが出来た。しろぶた君の着ぐるみの中に奏が入って着ぐるみに対してふらのが好きって言えばいいじゃないか。でももうイベントが決まってるのに今から中の人になるなんてと思ったが、あのキャラは遊王子のキャラなので謳歌の一声でなんとかなった。この時にそんなに好きとふらのに言わせるのにこだわる奏に対して、その好きが人間的にと言う意味なのだと言うのを確認した謳歌はそれで胸のつかえが取れたという。LOVEの好きを自分以外の子に言わせ様としてるのかとモヤモヤしていたらしい。

首尾良くしろぶた君の中の人を演じて子供達にウケた奏は、目的のふらのが来ているのだろうかと見てみると、来ていた。触りたい、はぐしたい、そんなふらのの要求に応える奏。ふたりきりになった所でしろぶた君に心を許したふらのが自分の悩みを語り出した。ふらののあの妙な言動は奏に対してだけじゃなかったんだ。高校デビューを何とかしようとして完全に失敗していた。ただ、そんな変な事をしても奏だけはちゃんと相手してくれていたと。そんなふらのの頭をなでて慰めて、感謝のふらのはしろぶた君大好き!と。
参考資料

ミッション達成!と思ったそこに絶対選択肢登場。着ぐるみから出してくれと頼むか、ふらのの「素」の記憶をすっかり消去して、ついでに哲学者への道フォルダもすっかり消去するか。

そりゃいきなり言われたら哲学者への道フォルダ消滅はショックかもしれないが、ちゃんと考えたら1を選ぶとまさか中に奏が入っているとは思っていなくて話したふらのに取り返しの付かない傷を負わせる。それに対して2なら集めた写真のファイルが消えるだけじゃないか。あの手の写真なんて後から幾らでも代替が手に入るだろ。

結局奏は2を選んだ為に、着ぐるみの中で聞いたふらのの記憶を失いいつのまにかふらのが達成された事になっている。当然、哲学者への道フォルダは空っぽですw

|

« 東京レイヴンズ・第6話 | Start | アウトブレイク・カンパニー・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58575590

Folgende Weblogs beziehen sich auf 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第6話:

« 東京レイヴンズ・第6話 | Start | アウトブレイク・カンパニー・第7話 »