« 機巧少女は傷つかない・第4話 | Start | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第4話 »

東京レイヴンズ・第4話

春虎の東京での生活が開始。前回ハチ公前で集まってそこから舞台はどこになるんだろうと思ったが、陰陽塾のビルの雰囲気とEDの背景からどうやらこのまま渋谷が舞台になりそう。
参考資料

ビルの中に入ってみると狛犬がガードをしているらしい。春虎と冬児を認識し、しかも春虎の式神までも認識登録したと言う。ところで能力者にはこの狛犬がガードになるのかもしれないが、一般人が入って来ちゃったらどうするんだろう。幻視でも見せてビルの外に放り出しちゃうんだろうか。

塾長室に通されて挨拶をする春虎と冬児。そこで春虎は改めてこれまで夏目が一人で色々な目に曝されていたのを知る。今迄そんな風に夏目を一人放置していたのは春虎としては面目が立たなかったね。

担任の大友陣がやって来て二人を教室に案内する。名前だけの自己紹介をしたところで倉橋京子が大友にくってかかる。この時期に編入生があるのはおかしいと。おかしいと疑問を持つのは勝手だが、それを担任に言うな。倉橋京子以外の事情を知らない生徒ならまだしも、塾長が祖母だと言うじゃないか。だったら祖母に言え。
参考資料

意外な事にこれに夏目が強烈に反抗する。簡単に言っちゃうと「京子、お前の知ったこっちゃない、黙れ」みたいな言い草だからこれには京子が激しく反応するのも無理はない。いきなり険悪な展開に春虎が困ったなと両側の様子を見たら大友も冬児もこの状況を楽しんでいる。

休み時間(と言うかお昼休み?)に冬児が「さっきはすまなかったな」と百枝天馬に声をかけて、クラス事情と言うか京子事情を聞き出すのだが、ここは繋がりが分からなかったなあ。何故声を掛けた相手が百枝なのか、さっきはと言うのは多分自己紹介の時の騒動だと思うのだが、それにしては「さっきは」と言うのは指示語として他の事象も指していそうな言葉だし。

部屋に戻った夏目。この部屋がまたちゃんと紹介されてないんだよね。学校の寮?の様にもアバンの雰囲気から思えるのだが、それも特に言及されていないし。寮だとしたら塾からどれだけ離れているのかも。ひょっとして今回のコンテは色々と説明を描けていないんじゃないだろうか。

ベッドの上で父親から貰った護法式をつらつらと眺めていたら、それに反応していよいよ式神コン登場。見た目は獣耳尻尾のようじょ。はじめから春虎を慕っていて、春虎の言うがままに耳を触らせたり、尻尾をなでなでさせたり。そして尻尾がどうなっているのかと尋ねられたら服をずり降ろしてお尻まで見せちゃう。で、ここに夏目乱入。いくらなんでもノックして返事位待て、夏目。それにもしここが寮だとしたら男子寮と言う事になって夏目は易々と入って来られるのか。ひょっとして塾では完全に男と言う事になっているのだろうか。形だけの男装だと思っていたのだが。

コンは主に仇なす相手には容赦しないと言っていたが、次の日の学校で春虎がちょっと授業を心ここにあらずの体で聞いていて大友に注意を受けたら京子が春虎に噛みつき、それに対してコンが反応する。発端は授業に集中していなかった春虎が悪いんだが。
参考資料

コンに対して京子も自らの式神を出して一触即発。いくらなんでも教室でこれはと言う事で大友は良い機会だから式神勝負をしようと。そんな訳で場所を移しての式神勝負。あのコン一人で京子の式神二体と大丈夫なのかと思ったら、春虎まで参戦する。自分もまた式神なのだからと。言い分は分かったが、素人同然の春虎がどれだけ戦力になるんだろうか。

まあ、とりえあずこう言う勝負は途中から入った異分子の春虎が教室に馴染むには絶好の機会だね。

|

« 機巧少女は傷つかない・第4話 | Start | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58483590

Folgende Weblogs beziehen sich auf 東京レイヴンズ・第4話:

« 機巧少女は傷つかない・第4話 | Start | 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している・第4話 »