« 恋愛ラボ・第11話 | Start | 秋のアニメ新番組 »

サーバント×サービス・第11話

アドレス帳にはルーシー以外の女の子の電話番号なんて要らないんだなどと恥ずかしい事を言ってしまった長谷部はあれ以来ルーシーとはなかなか顔を合わせずらくなってしまった。そうして雲隠れしてしまうのだが、かと言ってそれじゃ大志は仕事にならないので長谷部を探している。ルーシーも長谷部を探すものの、みんなどこかでさぼってるんじゃないかと気に掛けていない。課長だけがじゃあ一緒に探そうかとルーシーを引っ張って外へ。いいのか、その格好のまま外に出て。

外ではバザーをやっていて、クッキーやぬいぐるみを売っていたが、そこで事件は起きた。課長が売り物のぬいぐるみと間違えられて親子連れに売られてしまったのだ。

困りましたね。うん?困りますか?
参考資料
千早がこう問うと三好も大志も困らないんじゃないかと言うが、ここの役所は決済は誰がやってるんだ!

課長を買った親子連れは未だ庁内に居るらしいと言う事で、ルーシーは親子を探しに行くが、仕方ないと言って一緒に探し始めた大志達がゴミ箱の中とかそんな場所を探してどうする。とりあえず親子を探せ。

探しあぐねて代わりのぬいぐるみに話しかけている場面をルーシーは塔子に見咎められる。もうぬいぐるみに話しかけるのに違和感無くなってるんだ。塔子が言うには図書館を探してみたらどうかと。本が好きなルーシーは目を輝かすが、今の今に至るまで庁内にある図書館を知らなかったのか。

行ってみたら親子連れと課長を発見。そのピンクのうさぎは売り物じゃないので、こっちと交換してくれないかなとルーシーが言ったら、女の子はそっちの方が可愛いからいいよと。課長、そこでぬいぐるみとしての自信を失ってどうする。

逃げ回っていた長谷部は屋上でパンの耳をお昼にしているルーシーと遭遇。ルーシーの食生活はやはりちょっとダメかもしれない。それでも育つ所は育っていると言うか、実家に居る時に育ったんじゃないかとも。偶然とは言え、話も出来て、ルーシーのはにかむ姿も見られたものの、またもルーシーに酷い目に遭わされてwへこむ長谷部。

後悔を後悔した件で譲二と食事をする約束になってしまった三好は鬱々としていたが、気を紛らわせる為に街へおでかけ。でも狭い市内、本屋では本を探すルーシーに出くわすし(ルーシー、「かわいいインテリア」ってのを探していたのか。どんな読書傾向なんだろう)、ゲーセンの前ではぽっかり穴の空いた心を癒すべく太鼓を叩く長谷部と出くわす。エロ・・ギャルゲーのCGをフルコンプしたのにボーナスCGがしょぼかったとか言うが、そんな事をしている暇があったらルーシーでも誘ったら?と三好の言葉の弾丸が飛ぶ。
参考資料

ケーキ屋の前では塔子の所に行くのにケーキを物色している千早と遭遇。千早、様々な状況に対応すべく大量のケーキを購入。一方公園ではその関係者の筈の大志がぼーっとしている。休みの日は塔子が勉強する邪魔にならない様にこうやってる事が多いと言うが、

なんで千早とお出かけしない!
大志ダメすぎだろ。
大志の場合は三好の言葉の弾丸にやられても自業自得。
参考資料

ドーナツ屋の前では課長に会うし、挙げ句の果てに田中さんにも会ってしまって休日なのにみっちりお相手を。

なんとか前向きに譲二と食事をする事になった三好だが、酒が進む譲二は長谷部の話しかしない。長谷部以外の話題を何かと言われてはにかみながら銀行の仕事の話題になったのを見た三好は、ああ、この人は長谷部が関わらないと真っ当な人なのかもしれないとうっかり安心してしまう。安心して呑めない酒をくいっと行ったらそのままばたんと。

お姫様だっこで運んでくれた譲二に三好の彼に対する酷い評価が少しはマシになったかもしれない。
でも根底でダメだと思うぞ、譲二も。

|

« 恋愛ラボ・第11話 | Start | 秋のアニメ新番組 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58197455

Folgende Weblogs beziehen sich auf サーバント×サービス・第11話:

« 恋愛ラボ・第11話 | Start | 秋のアニメ新番組 »