« ファンタジスタドール・第10話 | Start | 犬とハサミは使いよう・第12話・最終回 »

きんいろモザイク・第11話

陽子みたいに寒さに強くなるよとアリスがコートを脱ごうとするのを綾が陽子はバカだから大丈夫なのよと止めて、あっさり踏みとどまるアリス。つまり陽子はバカってのを認めているからなのだが、果たしてこれまでのテストの結果とか日頃の言動から陽子と忍ではどっちがアレなのだろう。

イギリスのクリスマスは本来的なクリスマスなのに日本のクリスマスは恋人と過ごす日みたいになってるよねと言うアリスだが、まだ一年も日本に住んでいないのにもうそんな所まで知ってしまっているとは。クリスマスを歪めて何かごめんねと言う陽子達だったが、一番浮かれていたのはイギリス人のカレンだった。学校でサンタコスしてるよ。

クリスマスのプレゼントにカレンが欲しいものは愛。陽子の様に何か凄い物を期待したが、漠然と愛だった。でも綾はそう言うプレゼントって素敵、お小遣いアップとかでなくと感動するものの、クリスマスのプレゼントがお小遣いアップと言うのはちょっと夢がなさ過ぎる気もする。

クリスマスはうちでみんなでパーティーをしたいと言う忍の提案で大宮家に集まる事になった。その準備としてイルミネーションを飾り付ける忍とアリス。この辺はクリスマスの飾り付けが盛んで有名なんですよと言う忍の言葉は本当にその通りで、舞台として設定されている大宮家があるらしい京成臼井駅の南の染井野はクリスマスイルミネーションで有名な所

ただ、大震災後の節電機運でもこの頃みたいにやってるんだろうか。

そんな訳でこの風景はあながち誇張と言う訳でも無い。
参考資料

せっかく集まったので全員でもうちょっと何か盛り上がるかと思ったらトランプは陽子と綾がやってるだけだし、忍とアリスが雪が降らないか窓から眺めるのを勇が寒い気持ちで覗いてるしwと言う感じでプレゼント交換の場面も無く終わってしまう。まあプレゼント交換はこの後にアリスが固まるネタにされているので仕方ないか。

アリスと忍でプレゼント交換したものの、開けるのは明日のお楽しみですよと忍に言われて気がせくアリスは日付が変わったとたんに忍をせっつくが、それはちょっと気が早いと言うもの。翌日、プレゼントを開けてみたらアリスから忍へは熊のぬいぐるみ。一方、忍からアリスには石・・・沢庵石の様な、石。忍はイギリスで拾ったとても大切な石ですと言うが、この忍のねじの狂いっぷりはやはり普通じゃない。

アリス、固まらざるを得ないw
参考資料

クリスマスが終わったら次はお正月。しかし怖い夢を見たと言うアリスの悲鳴で正月が始まる。
参考資料
それにしても肩脱ぎの勇・・・

その結果アリスがおかしくなってしまった。英語しか話さない。いや、イギリス人なんだから英語しか話さないのはあまりおかしくないが、日本語が流暢だったアリスとしてはおかしい。でもそれ以上におかしいのはその喋っている内容じゃないだろうか。そんなどこかのテキストにありそうな文章を脈絡無く喋るのは絶対おかしい。

こうなっては頑張って会話をしましょうと言う忍は例のハロー英会話を。

しかし、ハローが通じない!
いや、普通なんだけど。

漸くアリスが事情を説明してくれた事では、すっかり日本人以上に日本人らしくなってしまっていたアリスが夢の中で忍から外国人らしくなくなったアリスなんて用済みですよと言われてショックを受けて英語だけを話す様にしていたのだと言う。

忍から嫌われる恐れがアリスをここまでに!


Cパート

いや、それ夢オチって言わないw
それにしても、さらっとお父さんは蒸発とかw

|

« ファンタジスタドール・第10話 | Start | 犬とハサミは使いよう・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58215177

Folgende Weblogs beziehen sich auf きんいろモザイク・第11話:

« ファンタジスタドール・第10話 | Start | 犬とハサミは使いよう・第12話・最終回 »